(三次マスコット動物園)へのリンク用記事です。

常に当ブログのトップになるよう設定しています。
3Zi_Mascot_Zoo500-2.jpg 

sanzisannziTwitter600.jpg 
新しい記事は下記記事からです。

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

第12回和風展の正式告知と、ほおずき(第12回和風展参加賞用)について。

本年も(第12回和風展)が開催されます。

作品投稿機関 2018年5月1日(火) ~ 2018年5月15日(火)
コメント投稿機関 2018年5月1日(火) ~ 2018年5月31日(土)

投稿規定等等、詳細は下バナーリンクからどうぞ。

DagbCTzUQAAEj-P[1]
(バナーはroseさんが作成されました、自由にお使いくださいとの事です。)

(注)昨年規定から、全裸表現の禁止を追加、と変更されています。



前回も書きましたが、私も参加賞を作成しました。
今年はホオズキです。
無事完成したので、一応プロモ絵を作成しました。
(クリックで大きくなります)(今回もpixivに投稿しました。)

1024_3Zi_hoozuk03.jpg

ホオズキを盗りに来て、見つかってしまった妖精、みたいな絵です。
(主な使用アイテム。)
キャラクターはpinoさんの(babyfaceA4)です。
妖精(蝶)の翅はtweetyさんです。
ホオズキ及び、妖精ドレスカタバミ((3Zi_オキザリス)は私三次でした。



以下、三次_ホオズキ(3Zi_hoozuki)に含まれる内訳です。
配布は投稿期間が終わってからなので、まだまだ先ですが、之から自分も出展用の絵の作成を始めるので、早めにまとめておきました。

三本のホオズキと、それを三本立ての鉢植えにした4種類を造りました。

bHoozuki02.jpg

尚、オマケで鉢だけも作ったので、好きなようにホオズキや他の植物を植える事が出来ます。

bHoozuki06.jpg

4種類の実を造りました。

bHoozuki03.jpg

その内(hoozuki_open)は皮をモーフで開閉できます。

bHoozuki05.jpg

実だけだと小さくて、Poserに読み込んだ時、良く分からないので、8角木皿を造って載せました。

bHoozuki04.jpg



今日の後書き。
(第12回和風展)、私の参加賞は置いといても、和の本格モデラーさんの参加賞も有ると思うので、お楽しみにご参加くださいませ(^-^)。

と言う自分は之から参加作品の作成に取掛ります。
一つだけ作品のアイデアはあるので、何とか初日に出展しようと思ってますが、実際取組んでみないと出来るかどうかまだ分かりません。
2作目以降はアイデアが浮かぶかどうかで、何作行けるか決まると思います。

それでは皆様のご参加、また作品を楽しみにお待ちしております(#^^#)。

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

Casablanca(カサブランカ)

前回に続き、花の絵のシリーズで、今回の花は(カサブランカ)です。
(クリックで大きくなります。)(今回もpixivに投稿しました。)

1024OrientalLily04.jpg

キャラクターはキャラクターはpinoさんの(babyfaceA4)です。




花はtweetyさんが作成された【OrientalLily】、花屋で良く目にする別名カサブランカです。

bOrientalLily01.jpg

モーフの(Bloom)で花の開き具合、leafで葉っぱの垂れ具合、その他茎の長さ調整も出来ます。
つまり一本で何種類もの百合が表現できる訳です。
その他、一輪だけののも有り、上の絵で髪に付けたコサージュとして使用しました。
前回の絵に使った【BloomingRoseFrame】と組み合わせると、花束も作れるようです。
汎用性が高く色んなシーンで使えそうです、之からが楽しみなアイテムであります。



そして今回も前回作成した黒ホリ(3Zi_BlackHorizont)を使用しました。
黒ホリの壁をマテリアルルームで白に変更、白ホリにしました。
その壁をPoserのマテリアルルームでアンビエント(環境光)カラーも白にし数値を上げると発光し、パネルライトとして使用できます。
各壁面がパネルライトに成るわけです。

bOrientalLily02.jpg

この絵ではVolue0.3、一番上のカサブランカの絵ではVolue0.6で使用。
Volueの値で明るさ調整が出来ます。
その他、カラーでライト色も変えられます。
自分が思った以上に、之から多様に使えそうで、自画自賛かもしれませんが、之も之からが楽しみなアイテムに成りました。



今日の後書きに変えまして、今日のお知らせ(#^.^#)。

TwitterでT2さんが和風展の開催日を発表されました、
(第12回和風展は5月1日~5月15日に開催します。)
との事です、めでたしめでたし(#^.^#)。
投稿規定は開催日以外、前回と同じではないかと思いますので、一応リンクを貼っておきます。
https://img.forum3d.net/wafoo-kitei/
もしかして変更が有るかもしれないので、その時は修正しておきます。

と言う訳で、今年も和風展参加賞を作成中です。
今回はホオズキです、昨年と違って和風植物です(^^。

b_hozuki08-1.jpg
三種類作ったので、鉢植えの時、三本立てに出来ます、各大きさはまだ調整予定です。
また三種類有ると、地植えの時、各大きさや向きを変えると群生も出来るのではと思っています。

b_hozuki08-2.jpg
(木の皿ははるさん作で付いていません。)
枯れた、と言うか熟した実は、モーフで皮が開閉できるようにしました。

今これだけ出来ています。
まだ、形やマテリアルを調整しますが、大方こんな感じに成ると思います。



薔薇の絵と、黒ホリ(3Zi_BlackHorizont)の配布に付いて。

花の絵シリーズ第二作を作成しました。
今回の花はtweetyさんの【BloomingRoseFrame】です。

800BloomingRoseFrame07-1jpg.jpg


他、主な使用アイテム・・・
キャラクターはキャラクターはpinoさんの(babyfaceA4)です。
最奥の草は、私の3ZI_Cyperus(シュロガヤツリ、和風展参加賞用)です。

今回はtweetyさんの薔薇に妖精が包み込まれているシーンにしたかったです。
幸い【BloomingRoseFrame】は、多様なモーフで花をシーンに散りばめるのに最適なアイテムでした。
妖精の胸のブラは花冠モーフを応用、頭飾りと腰の花は、本体から一論切り離し、複製を繰返し配置し、開き加減を調整するモーフで変化を付けました。
今後、他の花の絵を作成する時も、シーンのデコレーションとして多様に使えそうです。



次はこの絵の為に作成した黒ホリ(3Zi_BlackHorizont)について。

最初の目標としては、花の写真で目にしていた、黒バックで花が浮き上がるような絵にしたかった、
そこで背景色を黒にしてみたのですが、

BlackHorizont01-1-2.jpg

なんだか折角散りばめた薔薇が、平面的な薔薇の絵を張り付けたように見えます。
何かが黒バック写真と違う、

リアルカメラの撮影法が解れば参考に成るかもしれないと調べたら、、黒バック撮影には、黒ホリゾント、一般的に黒ホリと言う撮影設備が使われていると分かりました。
簡単に言うと室内全てを黒壁にした撮影スタジオです。

黒ホリならPoser11の場合、GROUNDを黒にしたら出来るのですが、残念ながらそれではIBLライトが使えない。
非表示にしないとドーム状の天井が、全天球型ライトをさえぎってしまうからです。
それならばと、メタセコで蓋の無い黒い箱を造りました。

BlackHorizont01-2.jpg

↑、白い線は真っ黒で形が解らないので描き加えました、実物には付いてません。

その中にシーン全てを入れてレンダリングした所、

BlackHorizont01-3.jpg

おわかりいただけただろうか・・・
と言うか立体感に大きな違いが出たので驚いてしまいました。
思うに、まずIBLライトがカメラの有る方向以外さえぎられている事、また壁が黒いので、壁からの反射光が無く、前方向からのライティングの陰影が際立っている事が大きいのではと思っております。

之でかなり思っていた黒バックの花の写真に近づけたので、花の位置や、ライティングを再調整して仕上げました。



之からも使えると思ったので、小道具に仕上げました。
シーンに合わせて、モーフでXYZ方向に拡縮できます。
transformダイアルでも拡縮できますが、動きがちょっと違います。
Yは上方向だけに、Zは前方向だけに拡縮します。

BlackHorizont02-2.jpg

おまけで、四方また背面の色をそれぞれ変えられるようにしたので、CGソフトのマニュアルで見かけるような、こんな絵も作れます(#^^#)。

BlackHorizont03-1.jpg

簡単な小道具では有りますが、興味のある方、色々実験してみたい方はどうぞ。
①黒ホリ(3Zi_BlackHorizont)は、Poserで黒バックでレンダリングする時、使用する小道具です。

②黒壁の蓋無し箱に成っているので、黒バックで仕上げたい時、シーンを中に入れてレンダリグすると、リアルカメラで撮影する時の、黒ホリ効果が期待できます。

③特にIBLライトを使う時、大きな効果が出るようです。

④注意点としては、特にPoser11ではGroundを非表示にする事です。
Groundを非表示にしないと、IBLライトが使えないからです。





黒ホリ(3Zi_BlackHorizont)のdownload。 





今日の後書き・・・
青色申告も予定通り終わり、久しぶりにブログに広告が出る前にアップ出来ました。
又、落着いて絵作りに励めたので、色々工夫する事が出来、純粋に絵作りを楽しめました。
次回も出来たら広告が出る前にアップしたいですが、少し早めに和風展の参加賞造りも始めたいと思っています。
今回はホオズキを予定しています。
もし満足いくよう出来たら、そのホオズキで絵にするかもしれません。

今回もpixivに投稿しました。

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

水仙とニンフ

久しぶりにCG絵中心のブログ記事にしてみました。
ギリシャ神話から着想した絵です。
(クリックで大きくなります。)

1200-3Zi_SUISEN

ギリシャの神話の時代、ナルキッソスと言う大層美しい青年がおりましたが、彼は人を愛する事を知らぬ、又、傲慢な性格をしておりました。
彼を思い慕う幾人ものニンフたちが、冷酷な仕打ちを受け泣かされていました。
その内の一人のニンフは、思い余って女神ネメシスに、彼にも人を愛する心を与えてくださいとお祈りします。
女神は願いを叶えますが、ナルキッソスは泉に映る自分の姿に恋慕し、勿論叶わぬ想いの余り、泉に身を沈め息絶えてしまします。
やがてナルキッソスは泉の辺に咲く水仙に身を変え、ニンフはようやくナルキッソスを手にし思いを遂げる事が出来たのでした。



と言う妄想を絵にしてみました。
モデルさんはPoser用のニュウーフェイス、(Project Evolution)さんです。
衣装が無かった(現時点では幾つか販売されているようです)ので、イメージに合うよう作成してみました(後述)。
水仙は第9回和風展の参加賞用に作成したものです。

レンダリングはPoserPro11です。
背景はMetasequoiaで、IllustratorCS6でテクスチャマップを作成しました。
photoshopCS5でレタッチ仕上げました。



前述のニンフ衣装をダウンロード登録してみました。
Project Evolutionはどこまで普及するか分からないし、この絵用に作成したダイナミッククロスなので、余り需要は無いかと思いますが、之からも需要の有る無し関わらず配布できるものは配布してみようと思っています。

600-3Zi_Ev_Cloth00.jpg

絵の中のバラの花束や花冠はtweetyさんの【BloomingRoseFrame】です。



3Zi_Ev_Clothのdownload。



①3Zi_Ev_Cloth(Project Evolution用衣装)はPoser用フィギュアEvolution用に作成したダイナミックドレスです。

②ドレス、ベール、の二つのダイナミッククロスと、小道具の背中リボン(帯の結び目)がセットに成ってます。

③materialsにそれぞれ二種類のマテリアルセットが入っています。

④ドレスはEvolutionのbodyに、ベールはheadにペアレントして読み込まれます。

⑤背中リボンは腰辺りに読み込まれますが、少し背面後方(Z値ダイアル-0.15)に読み込まれます。ドレスのダイナミックシミュレーションの時、ドレスへの干渉を避ける為です。シミュレーションが終了した後、Z値ダイアルを0に設定してください。

又、背中リボンは左右の端っこをヒラヒラさせるモーフも付いています。

bProject Evolution07-3

追記)シミュレーションの主な注意点としては、
シミュレーションの設定で「布の自己衝突」にチェックを入れる。

bProject Evolution07-1

ダイナミックコントロールの屈伸抵抗を10にする、程度でしょうか、此の数値はポーズによって違うとは思いますけど。

bProject Evolution07-2

(尚、ダイナミックシミュレーションの詳細はtweetyさんがブログで解説されています、参考になります。人任せですみません。)





今日の後書き・・・。

と言うか、自分的には、もう一つの主題なんですが、
今回からpixivにも投稿してみようと思っています。
モデリングだけならこのブログだけで自己完結、満足出来てしまうのですが、絵が中心となると此処だけでは寂しいというか、モチベーションがいまいち保てません。
やっぱり何処かのギャラリーにアップしてみたいと思ったのですが、いざそう決めると自分で思った以上に緊張してしまい、また迷いが出てしまって、なかなか絵作りが進みませんでした。
きっとこの一年余りの、マイブログだけの気安さに慣れきってしまっているからだと思います。

少なくとも干支マスコットを造り終えるまでは何とか此処だけで続けられるものの、その後は心許ないです。
pixivに投稿したからそれが払拭できるかどうか分かりませんが、やってみない事には何も進みません。
とにかく始めてなので、投稿方法を今から調べてみようと思います。

因みにpixivには花を主題にした絵を中心に作成して行ったらどうだろうと思っています。
花は自分で作成したもの、之から作成していくものもきっとあるし、フリー・有料アイテムも結構あります。
又、今回の様に神話とか物語とか花言葉とか、単にデザイン的面白さを主題にしても良いし、ネタ探しもやり易そうです。
幸い次回は前述したtweetyさんの【BloomingRoseFrame】が有ります。

すぐ次回作に取掛りたいのですが、今、例年恒例、青色申告の真っ最中で(^^;!
やはり気に成って集中出来ないので、此処は申告からさっさと済ませて次回作に取掛ろうと思っています。
昨年は経理上、何も特別な事は無かったので、今週の申告受付開始日までには終わらせられるのではないかと予定は未定・・・。
それではpixiv投稿がうまく行ったら、後ほど此処でご報告します。



追記)と言う訳でご報告(^^
無事pixivに投稿出来ました。
此方です。

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

プロフィール

SanziSannzi

Author:SanziSannzi
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード