FC2ブログ

(三次マスコット動物園)へのリンク用記事です。

常に当ブログのトップになるよう設定しています。
3Zi_Mascot_Zoo500-2.jpg 

sanzisannziTwitter600.jpg 
新しい記事は下記記事からです。

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

4次元超立方体による幻想

(4月14日追記)
本年もytetsu(T2)さんの和風展を開催するとの告知が有りました(^^。
(今年の和風展は投稿5/1-5/15、コメント5/1-5/31で開催します。)
(尚、(チャイルドポルノを含む)アダルトカテゴリーとみなされる可能性のあるものは禁止としますがそれ以外の規定は例年通りです。)
との事です、私からもご参加宜しくお願いします。





事の発端はサルバドール・ダリの《超立方体的人体(磔刑)》と言う絵の奇妙な題名に興味を持った事でした。
超立方体とは何ぞと調べて行くうちに、いろいろ面白い事が分って来て、それ元に空想して絵にしました。
(クリックで大きく成ります)(pixivにも投稿しました。)

1200Hyper-cube04.jpg

フィギュアはDAZのV4です。
衣装はSioneさんのTunicDressです。
髪飾りOrientalLilyはtweetyさんです。
銀弧ras_silverfoxさんの(Vue用ガラス質感)



以下、かなり高度な数学の世界なので、自分には根本的な所が理解不可能、故に解説も無理なので、何処を面白いと思ったか、という事を箇条書きする事にしました。

①ダリの絵の題名の超立方体とは4次元超立方体の事で、文字通り4次元の立方体です。
ダリの絵のキリストの磔に使われている十字架状のブロックはその展開図です。
例えば3次元のサイコロ状の立方体は展開図にすると次元が一つ下がり2次元の平面に成ります。
本来4次元の立方体は見る事は出来ませんが、展開図にして次元が一つ下がる事によって3次元に成り、見る事が出来るように成ります。
まず之の考え方が面白いと感じました。
3次元の立方体の展開図は平面図11種類に成りますが、之が4次元の超立方体の展開図となると、一つ次元を落として3次元のブロックを組み合わせた展開図に成ると言う訳です。
コンピューターで計算した所、全部で261種類有るという事が分っているそうです。
その内の何種類かをメタセコイヤでモデリングしてみました。

bHyper-cube02.jpg

ダリの絵に使われているのは真ん中の展開図です。
どうもこれが展開図だと言われてもピンと来ませんが、4次元の世界で組立てると超立方体に成るのです、多分。
これ等は絵の中の小道具として使いました。

②そしてこの絵の本題にした4次元超立方体の影について。

4次元超立方体を見る他の方法として、3次元の世界に影を映すと言う方法が有ります。
サイコロの影は壁等に2次元の平面として映ります。
では之が4次元超立方体の影と成ると、三次元の立体となって三次元空間に映る事に成ります。
なーんとなく理屈が分かり、そこで之は面白いなと思いました。
図版などネットで見つけて4次元超立方体の影の輪郭線をメタセコイヤでモデリングしてみました。

Bcube01.jpg

之は影なので4次元超立方体そのものでは有りませんが、回転する動画を見ると、とてもエキセントリックな動きをします。
(ウキペディアより。)
初見では一体どういう動きをしているのか理解できませんでしたが、観察を続けたら内側の立方体が外側の立方体といつの間にか入れ替わっているのだと分かりました。

③この4次元超立方体の影の動画を見て、箱の内側が実は外の世界だった、と言うのを絵に出来たら面白いのではないかと思いつきました。
箱の中は外で、入ったはずの箱が目の前に有り、再び入ったら又外で、の繰り返し。
私の空想なので教養雑誌の挿絵と言ったような根拠の有る絵では有りません。
高度な数学や数式の世界をネタにして、面白い事を空想して絵にした位に思ってもらえればと。





前回、和布展参加賞用に君主蘭かノボタンを考えていると書きましたが、ノボタンの方が和風展には馴染むと思い、ノボタンに決めました。
以前撮っておいた写真を元にテクスチャマップを作成し、それを元にモデリングの最中です。
まず、葉っぱや花、蕾を造りました。

Bnobotan08-1.jpg

まだ調整中ですが、仮の枝を造り、一枝造ってみました。

Bnobotan08-2.jpg

木の枝を描く時、枝は円錐状に細く成って行くのではなく、節ごとに段階的に細く成って行くと言う法則が有ります。
植物学的にどうかは分かりませんが、描いたりモデリングしたりする時、知っておくと助けになる法則です。

又、木全体はフラクタル構造に成っているので、一枝出来たらその構造を繰り返していけば木全体も組みやすく成ります。
と言っても木を一から造るのは初めてなので難しい事が有るかもですが、これらの事を念頭に地道に造って行けば何とかなりそうです。





今日の後書き。
ブログのカテゴリーとしては久々トリックアートにしました。
と言ってもトリックとしてはごく初歩的な合わせ鏡を使いました。
今回の様な高度な数学の世界は、自分には理解できないまでも、色々空想する事は出来たし楽しい経験でもありました。
また数学や物理学の解説書等読んだり教養番組で見たりして、楽しい空想を思い浮かべる事ができたら絵にしてみたいです。

次は和風展までに何とかノボタンを仕上げようかなと・・・
おっと展用の絵も構想しないと、ちょっと大変かも(^^;。




テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

宇宙ガラスとLaFemme。

昨年、宇宙ガラスという手工芸品を写真で見て知りました。
2センチ程のガラス玉の中に宇宙を閉じ込めたように見える為、そう呼ばれているそうです。
今回は神秘的かつ美しい宇宙ガラスを何とかPoserで表現できない物か試してみました。
それとPoser界の新星フィギュアLaFemmeの事についても。
(クリックで大きく成ります)(pixivにも投稿しました。)

1200cosmos_glass03.jpg

主な使用アイテム。
tweetyさんのPOSER用【Angel】の翼。
Kyotaroさんのマテリアルセット(KyosSFMaterials)
私の(Project Evolution)用DCドレス(3Zi_Ev_Cloth)、ダイナミックドレスなので、LaFemmeに無理やり着せております。
他、髪はDAZの(Gwenith Hair)、建物は随分昔購入していたeg_archcolです、まだ有るか分かりません?。



まず既にPoserユーザーはご存知の方が多いと思いますが、Poser用の新フィギュアLaFemmeの事について。
絵の中で宇宙ガラスを抱いているのが(LaFemme)です。
今の所、100%OFFです、ただしrenderosityでは、他に何か$3.50以上買わないとチェックアウトできない仕組みに成っているようです、私が買ったときはそうでした。
V4に変わるのではないかと期待されているようですが、衣装も髪もまだまだ之からだと思います。
ただ、V4等と違って必要なモーフインジェクション用ポーズフィルも入っている一体型と言うのは大きいです。
既にフリーアイテムも出ているようで、之から期待出来るんじゃないかと思っています。



そしてもう一つの主題、宇宙ガラスです。
モデリングは球体と輪っかのラインのみで簡単でしたが、自分にとって最も難しい材質設定を、今回もKyotaroさんのマテリアルセット(KyosSFMaterials)を使用して仕上げる事が出来ました。
非常に実験的で実用性はほぼ無いと思いますが、自分としては結構面白い仕上がりに成ったので配布してみます。
関心を持たれた方だけでもダウンロードしていただければと思います。

癖の有るアイテムなのでまずは説明からします。

☆、まず一番の要注意はPoser11の「SuperFly」専用である事、FIRE FLYでは上手くレンダ出来ません。

次にレンダリング設定のロードプリセットでハイクオリティー以上を選ばないと上手くレンダリング出来ません。
之は透明度と屈折率、及び反射が設定して有る為、光の内部反射を何回か繰り返さないといけないためです。

その為宇宙ガラスの角度や、外部の背景やライティングにも大いに影響を受けます。
之はリアルの宇宙ガラスも同じで、それが特徴にも成っています。
今回は見え方の違うA・B、2種類作りました。

☆まずは一個目(3Zi_A_cosmos_glass)です。

600-3Zi_A_cosmos_glass01-2.jpg
600-3Zi_A_cosmos_glass02-1.jpg

↑お分かりいただけたでしょうか、皆同じ物ですが、X軸の角度を変えただけでこんなにも違ってきます。

☆二個目の(3Zi_B_cosmos_glass)です。
此方は底に虹模様の発光マテリアルを仕込んでいます。
実物の宇宙ガラスは、底面に色や模様を付けた反射材が仕込んである様です。
その仕組みを真似しましたが上手くレンダリング出来なかったので、一番結果が似たように思えた発光マテリアルを仕込んでみました。
Aより虹模様グラデーションがはっきり出るように成っていますが、ただし角度によっては、それがはっきりしすぎて物足りないかもしれません。

600-3Zi_B_cosmos_glass01.jpg
600-3Zi_B_cosmos_glass02-1.jpg

一番上の絵はAの方を使いました、どちらを使うかはケースバイケースではないかと。





何分にも癖の有るアイテムでは有りますが、宜しければ下記リンク先skydriveからどうぞ。

(3Zi_cosmos_glass)のdownload





今日のおまけ。
背景設定でチョット特殊な方法を取ったので、もうひと踏ん張りして書いておきます。
絵には表示されていませんが、私の(3Zi_SkyBall)と言うのを最奥部に使っています。
一般的にはスカイドームと言われているアイテムです。

b3Zi_01cosmos_glass03-1.jpg

今回はそれに無料のHDRイメージ配布サイト(HDRI Haven)から星空のHDRI画像をDLして貼り付けました。
(3Zi_SkyBall)には仮の画像を貼っているので、それと張り替えます。

b3Zi_01cosmos_glass03-2.jpg

唯今回は背景が荒く見えたので、宇宙の絵をホトショで描いて平面ポリゴン(Poser付属の平面ポリゴンでも良いのじゃないかと思う)に貼り付け画面に収まるよう配置しました。

b3Zi_01cosmos_glass04-2.jpg

600-3Zi_B_cosmos_glass02-2.jpg

(HDRI Haven)には他にも湖とか室内とか、色々有るので張り替えても楽しいです。

尚、(3Zi_SkyBall)もskydriveの(3Zi_cosmos_glass)と同じフォルダに置いているので、実験したい方はお使いください。

追記・実験で使えるよう、ホトショで作成した宇宙の絵も追加で入れておきました。

追記2・(3Zi_SkyBall)に張り付けたHDRI画像はIBLライティングの様な役割も兼ねています。この辺りはkyotaroさんの(ランタイム探索)がとても参考に成ります。





と言う訳で、やっと今日の後書き(^^;。
今まで書いたブログ記事の中でも一番大変だった、ブログに更新期限切れで広告が出て焦りもした。
とわ言え、私の実験に興味の無い方は、宇宙ガラスがどんなものか、新星フィギュアLaFemmeがどんな感じか分かってもらえればそれで充分です。

さて次は暇暇を見て和風展の参加賞作成を始めようかなと。
前回ブログ記事でブリキロボットをと書きましたが、新たに植物の題材が出て来ました。
数年前、花が咲かずに諦めていた君主蘭に蕾が付いたのです、もし無事花が開いたら行けるかもしれない。
もう一つ、地味な植物ですが、ノボタンに花が咲いた時、数葉写真を撮っていたので、之もモデリング可能です。
どちらかと言うとノボタンの方が和風展には似合うかもしれない。
今の所、今年も恒例、植物アイテムで行こうかなと思っています。






テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

ペガサス

tweetyさんのPOSER用【Angel】に入っているガラスの翼を私のガラスの馬にくっ付けてみました。
今回はその他、海底軍艦の続きと、和風展用の参加賞について考えている事が有るので、そのまとめです。
(クリックで大きくなります。)(pixivにも投稿しました。

1200Pegasus04a.jpg

主な使用アイテム。
tweetyさんのPOSER用【Angel】LPG用【SandalSET】
銀弧ras_silverfoxさんの(Vue用ガラス質感)。
私の(ガラスの馬)でした。


本来はtweetyさんのローポリゴンガール用の天使セットでしたが、私のガラスの馬に着用したのも紹介されていたので、私も試してみました。
翼の美しい構造が刻み込まれており何と言ってもカッコ良いです。
Vueの透明ガラスだと、その形状を活かすライティングが難しく、一時行き詰まりましたが、思い出して以前いただいていたrasさんのVue用半透明ガラス質感を使用しました。
オパルセント・グラス、或いは月光色ガラスと言うのでしょうか。
翼の細部も淡いグラデーションも綺麗に表現されており結果成功でした。

雲海上を飛ぶペガサスとLPG天使ちゃんを描きたかったので、背景は雲だけにしました。
取り留めも無い雲だけで遠近感を出したり、ある程度構図のまとまりを感じさせるのは難しかったです。
でもVueの雲は好きなので、その雲を極めようと密かに目論んでおります(#^.^#)。





続いて前回のniseisyaさんから(POSERフィギュア 河底軍艦)の続きです。
その後、海底軍艦VSものを2作造りました。
まずはVSノーチラス号です。
(クリックで大きくなります。)(pixivにも投稿しました。

1200Gyouten05.jpg

続いてVS宇宙戦艦です。
(クリックで大きくなります。)(pixivにも投稿しました。

1200_Y_Gyouten03.jpg

宇宙戦艦ヤマトはshare cgで見つけました。
(Battleship Yamato/Starblazers)
ただしマテリアルが設定されていないので、自分で設定しないといけません。
全部は大変なので、自分の用途に合わせて必要な部分だけ設定すれば良いのじゃないかと思います。

スチームパンクの中でも特に好きなのがレトロフューチャー(昔の人が考える未来の姿)でした。
さらにその中でも好きだったのが海底軍艦、海底二万マイルのノーチラス号、そして禁断の惑星のロボット、ロビー・ザ・ロボットでした。
よくよく考えてみたらレトロフューチャーはロビー・ザ・ロボットだけでしたが、私の気分的には三つともレトロフューチャーです。
(クリックで大きくなります。)

800Gyouten06.jpg

よもやその三つがPoserアイテムとして揃えられるとは!!、とても嬉しかったです。

主な使用アイテム。
niseisyaさんの(POSERフィギュア 河底軍艦)

ノーチラス号はレンダロで購入、ロビー・ザ・ロボットは同じくレンダロのフリーアイテムでした。
入手が随分以前だったので今も有るのか分かりません?。





続いて勝手ながら今年も和風展が開催されると想定して(#^.^#)!。
今年の参加賞は何にしようかと考慮中です。
例年だと植物ですが、今年は準備が整いませんでした。
と言うのも自分の場合モデリングする対象の植物の実物がないと造れないからです(T_T)。

そこでいきなりですが我がブリキロボットの御紹介を(#^.^#)。

600IMG_0628.jpg
600IMG_0629.jpg
600IMG_0630.jpg

自分はコレクターでは無いですが、気が付けばいつの間にか数台のブリキ玩具を収集していました。
いずれも鑑定団に出てくるような大層な品ではないです。
ロビー・ザ・ロボット一体を覗いてほとんどが雑貨屋さんでアンティーク風味のインテリアとして売られていた物で、値段も普通の玩具程度です。
でも肝心なのが、いずれも金属製かつゼンマイや電池で内部の金属機械で動くという事です、なんともこれまたスチームパンク的要素を感じていて、それで好きなんだと思います。

何故ブリキロボット自慢を始めたかと言うと、この中の一台をモデリングして参加賞にしようかなと思っているからです。
何処が和風かと疑問に思われるかもしれませんが、戦後ブリキ玩具こそが復興の一翼を担い、かつ日本の玩具製造技術を世界の頂点に立たせたと・・・受け売りですが聞いていたからです。
今の所、一番上の赤いのか三角頭のいずれかを考えています。
赤い方は(Zippo)さんが可愛いのを既に作成されています。
なのでもし自分が造るとしたら、ある程度アレンジしたロボットに成るだろうと思います。





今日の後書き。
と、此処で自分も、読んだ人の気分もどんよりさせるお知らせが~~(^^♪。
今年も遂に税務署から青白申告のお知らせが。
去年も税理上は之と言って特別な事は無かったので、提出開始の来月18日までには仕上げて提出出来るのではないかと思っています。
従って新たな絵造りやモデリングや上記の参加賞等は、それが終わってからに成ると思います。





テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

ビックリ仰天号!!。

niseisyaさんから(POSERフィギュア 河底軍艦)を頂いたので、ビックリ仰天して今日の予定を返上してレンダリングしてみました。
(クリックで大きくなります。)(pixivにも投稿しました。)

Gyouten01.jpg

実はAmazonで超合金轟天号と言うのが売っていまして、欲しいけど自分には高嶺の花、虚しい思いをしていましたが之で報われます。
確かに手には取れませんがデジタルの中で自由に背景を組み鑑賞できます。
またこれでもかと言う稼働ギミック@@!。
先頭部のドリルのモデリングもですが、もう流石niseisyaさん品質としか言いようが有りません。

今回はVueの海底シーンの中に置いただけでしたが、創造を膨らませてシーンを組んで、より豊かなスチームパンク及びセンス・オブ・ワンダーの世界を楽しみたいと思っております。
有難うniseisyaさん(#^.^#)!!。

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

プロフィール

SanziSannzi

Author:SanziSannzi
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード