(三次マスコット動物園)へのリンク用記事です。

常に当ブログのトップになるよう設定しています。
3Zi_Mascot_Zoo500-2.jpg 

sanzisannziTwitter600.jpg 
新しい記事は下記記事からです。

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

モミリータゴスロリ衣装【Gothic&Lolita for MOMILITA】

今回は、前々回でもご紹介しました3Zi_MOMILITA用にtweetyさんが作成されたゴスロリ衣装の追記記事です、。
(クリックで大きくなります)

Idle stage03

絵のステージは、PSVRの『初音ミク VRフューチャーライブ』の中の、ミクと二人だけのアンコールステージを真似してモデリングしました。
女の子は私の(3Zi_MOMILITA)です。
そして衣装はtweetyさんの【Gothic&Lolita for MOMILITA】です。

bIdle stage02

詳細や解説、またダウンロードは、今回もtweetyさんの【Gothic&Lolita for MOMILITA】記事ブログでどうぞ。
↑私が解説するより分かりよいと思います(^^;

絵の中や上図の左側のモミリータがお姉さんに成っているのは、tweetyさんによる調整で、手足や頭のサイズを調整してあるからです。
私は最初拝見した時、手塚治虫の名作、不思議なメルモを思い出しました。
アイドルステージにはお姉さんモミリータの方が良くに似合います。
前々回も書きましたが、この衣装で名前のモミリータから連想する通りのゴスロリ人形になりました。



ステージは、今の所VRで一番感激したPSVRの『初音ミク VRフューチャーライブ』の中の、ミクと二人だけのアンコールステージを真似してみました。
ゲームレビューはなかなか難しいので、興味のある方はyoutubeで『初音ミク VRフューチャーライブ』、またその中の【初音ミク】愛の詩【VR Future Live】等を見てもらえれば雰囲気は分かってもらえると思います。
元々ミュージカル映画等のダンスシーンの背景セットが大好きだったので、すっかりはまってしまいました。
Poserでポーズを造り、
Metasequoiaでステージや浮遊物やハート等もろもろをモデリングし、

bIdle stage01-1

それらをVueに読込んで質感設定とレンダリングをしました。

bIdle stage01-4

元より一枚絵でVR空間を表現する等と無茶な話では有りますが、あまりにその美しさ楽しさに圧倒されたので、作成したいという衝動に駆られました。
Metasequoiaで、どうやれば不定形の三角の組合せで出来たドームを再現出来るかとか、Vueで不思議な色彩をどう設定するかとか、工夫するのがとても楽しかったです。

背景はドーム状に成っており、光源もVueの360度天空光なので、もしVueがVRに対応すれば、この中に入る体験が出来るのではと思います。
今の所、自分には自力でこの絵をVRゴーグルに読込むすべはさっぱりわからないので、VueやPoser,またShade3Dが対応すれば良いなと言うのが夢で有ります。

余談ですが、
初音ミクを最初に注目したのは、ニュースで流れたNYでのライブ映像でした。
電子の歌姫が海外の聴衆の中に出現して歌う、しかも聴衆も違和感も持たず熱狂している。
なんだ之はと、とても驚いたのを覚えています。
最近では故冨田勲さんが開いたミクさんと共演のクラシックライブコンサートです。
冨田勲さんをもってして引かれる魅力がある、VRミクを見て、いずれ電脳世界の歌姫として大成していくのではと感想を持ちました。



さてVR(バーチャルリアリティ)を実際体験した感想は・・・

名作ウルトラQの石坂浩二さんによるナレーション、(あなたの目はあなたの体を離れて、この不思議な時間の中に入っていくのです。 )の世界。
そういう事は、おおよそ予想はしていたものの、自分の想像を軽く凌駕する世界が広がっていました。
VRは体験しないと分からないとよく言われます。
私見ですが、紹介ビデオ等では分からない大きな部分は、その空間表現ではないかと思います。
大空や海中、宇宙空間等の広がりが実感できる、その中にいる感覚、之は予想以上でした。

それと音のVR化、これも体験するまで、その重要さ不思議さが分かりませんでした。
ヘッドホーンで聞くのですが、空間の音源の有るべき場所から音が聴こえる。
頭を上下左右に振っても音源の場所がゆるぎない、だからより現実感を感じられるのではと思いました。



今日の後書き
情けない話ですが、先日まで目がメバチコ(ものもらい)を患ってしまい、余りCGやVRは出来ませんでした。
今後もどのくらい出来るか分かりませんが、少しづつVR関連を書いていこうと思います。
勿論中心はPoserを中心としたCGや自作モデリングの発表ブログで有ります。

おっと和風展、そろそろ和風展も考えておかねば・・・


テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

2017年元旦、明けましておめでとうございます(^^

本年も皆様のご多幸と、充実のCGライフをお祈りいたします。
 
600-3Zi_KarakuriChicken08.jpg

主な使用アイテム
【Gothic&Lolita for MOMILITA】tweetyさん。
モミリータのポーズはwing-Aoさんの(wA-3Zi_MOMILITA-Pose)から。
3Zi_karakuriChicken(三次_カラクリチキン)
モミリータ用ヘヤーかむろ3(Zi_MO_Hair KAMURO)
3Zi_MOMILITA(モミリータ)



本年もささやかながら、お年玉をご用意しました。
やはり、卵から出てくるのはヒヨコが良かろうと、カラクリヒヨコを造りました。
3Zi_karakuriChick(三次_カラクリヒヨコ)です。

3Zi_Chick04.jpg

表情は目の三つのモーフで変えられます。

3Zi_Chick02-2.jpg

使用には3Zi_karakuriChicken(三次_カラクリチキン) が必要です。
インストールすると、3Zi_karakuriChicken(三次_カラクリチキン)と同じ、各フォルダにインストールされます。
使用法は3Zi_karakuriChicken(三次_カラクリチキン) と同じです。



宜しければ下記リンク先skydriveからどうぞ。

3Zi_karakuriChick(三次_カラクリヒヨコ)のDownload



次にお正月にはちょっと寂しい話題ではあるのですが・・・
前回の後書きに書きましたが、今まで私が参加していたartist sideが本日サービスを終了しました。
最後に投稿した(思い出)の絵です。
(クリックで大きくなります)

1200artist side04

もう見られないので、artist side内の自分の絵のコーナーで、最初に投稿したのは何時だったか確かめたところ、2009年04月25日でした。
何の絵だったかもう忘れていたのですが(Coming of magic)という絵でした。
上の絵内の左端上の絵です。

artist sideはe-frontierと言う、ソフト販売会社が運営するギャラリーでした。
私の主に使用しているPoser,Vue,,shadeという三つの3DCGソフトを日本で販売、或いは代理販売していました。(Shadeは現代別会社)。
この三つのソフトは互いに連携してCGを作成できるというのを、売りの一つとして販売されていました。
上の絵も全てそうですが、私もそれを活用して絵を作成していたので、之からartist sideの閉鎖が、これ等ソフトにどのように影響していくのか、意識せずにいられないと思っています。

と、いきなりめげそうな話題は之くらいにして・・・



お正月にふさわしい之からの抱負というか、初夢話を(^^

上記artist sideの自分の作品コーナーを見ていて気が付きました。
モデリングを始めてから、明らかに絵作りへの情熱が減っている、之は単純に時間の問題ばかりでなく、一つの絵の構想に集中できていないからだと思います。
余りに手を広げすぎて無理をしたのではないか・・・
そこで・・・
今年はもっと手を広げる事にしました(^O^)!
文脈が変だぞ、反省するのではないのか、おまい・・・

しかしながら、あまちゃんさんも言っている「成るように成るから」。

自分に出来ると思っていたけど出来ない事、逆に出来ないと思っていたのに出来てしまった事。
結局やってみないと分からない。
それならやりたいことは何でもかんでもやってみようと。

今、思っている事をメモってみると、

①VR、技術力も知識もない自分には絵空事の段階ですが、どんな簡単な物でも良いから、自分の造った電脳空間の中を、自由に歩き回ってみたい、何か作ってみたい。

具体的に見てもらうと一例が之です。

之→(Glen Keane – Step into the Page

一昨年、之を見たときすごく衝撃を受けました、まるで魔法です。

出来るものならやってみたいと思っていたけど、まだまだ先の事だと思っていた。
それが昨年、それが出来るという機器とソフトが発売になりました。
昨年はVR元年、頑張ってそれを可能にするOculusと言うVR機器を入手しました。
(ついでながら、以前から此処で書いていたPSVRも手に入れました。これはゲーム用なので、時間泥棒されそうでコワい。)

それが叶ったら、YouTube みたいな投稿サイトで投稿してみたい。
そう言うサイトは海外には有るようですが、プロ級の方用です、よくわからないけど。
日本にはまだ無いようですが、VRが普及すればその内出てくるかも。
YouTubeにはすでにVRコーナーが有りますが、それは360度ビデオと言うタイプのVRで、私の思っているのとは違います。
でも案外360度ビデオなら手持ちの3Dソフトで作れるかもしれないので、研究はしてみようと思ってます。
その為には動画の作り方も研究しないと。

②2D絵も描いてみたい。

③・・・
夢と言うより実現に一番近いのは、本来描きたかったのに忘れていたテーマの3DCG絵を作成していきたい。
勿論モデリングも続けて、マスコットやモミリータのより完成形も造りたい。

自分でもあきれるくらい広げてしまったが、やりたい事は何でもやって、見事に散ってみせようと・・・と、せめて散らないようにだけはしたいなと。
ええ~、お正月早々、他人の夢物語位つまらぬ物はないと思いますが、長々お付き合い、有難うございました。

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

3Zi_karakuriChicken(三次_カラクリチキン)

2017年酉年のPoser用マスコットが出来ました。
その名も3Zi_karakuriChicken(三次_カラクリチキン)です。

8003Zi_KarakuriChicken03.jpg


①3Zi_karakuriChicken(三次_カラクリチキン)は酉年の干支を題材にしたPoser用のニワトリエッグアートのマスコットです。
(卵)3Zi_Karakuri_Eggも(ニワトリ)3Zi_KarakuriChickenもフィギュアなので、好きなポーズを取らすことができます。

②(ニワトリ)3Zi_KarakuriChickenは(卵)3Zi_Karakuri_Egg内のStandにペアレントされています。
動かしたり拡大縮小するときは、(卵)3Zi_Karakuri_Eggの(Body)を設定すると(ニワトリ)3Zi_KarakuriChickenも追随して設定されます。

③ニワトリ、卵それぞれPoserのスーパーフライレンダラー(SuperFly)用・ファイヤーフライレンダラー(Firefly)用・他のソフトにインポートして使う為の(Zero)が三種入っています。

又、各々2種類のテクスチャマップを用意しました。

600b-niwatori15-1.jpg

④(ニワトリ)3Zi_KarakuriChickenは、卵のスタンドに立った用と、卵から切り離して単独で地面に立たせた用のポーズファイルを用意しました。

⑤(卵)3Zi_Karakuri_Eggはニワトリが立ったとき用と、卵の中に納まったとき用の二種類のポーズフィルが入っています。
具体的にはスタンドの高さが上下します。

⑥、ニワトリを切り離した(卵)3Zi_Karakuri_Eggは、エッグアートとして、中に別のフィギュアを入れたりして遊べるのではと思います。

b-niwatori17.jpg

おさるさんは今年の干支マスコット(3Zi_momimonkey)
衣装はniseisyaさんの三番叟セットです。

⑦(ニワトリ)3Zi_KarakuriChickenは(Head)の4種のモーフで、顔の表情を変えられます。

600b-niwatori16-1.jpg




宜しければ下記リンク先skydriveからどうぞ。

3Zi_karakuriChicken(三次_カラクリチキン)のDownload。



お知らせ。
最初の絵の、卵の中にちょこんと座っている女の子はゴスロリモミリータです。
(モミリータのポーズはwing-Aoさんの(wA-3Zi_MOMILITA-Pose)から。)
tweetyさんが(3Zi_MOMILITA)用にゴスロリ衣装を作成してくださいました。
きっと名前がモミリータなので、ゴスロリ衣装を作成されたのだと思います。
同じくモミリータ用の付けまつげと合わせて、これぞモミリータの完成形だと思います。

600-3bf49ad273d867d6808bce4795ed18af[1]

【Gothic&Lolita for MOMILITA】のダウンロードや解説はtweetyさんブログでどうぞ。

と、之だけのお知らせ記事ではもったいないので、年明けにもっと詳細な記事にしようと思ってます。
それ用に考えている絵の構想が有ります。



今日の後書き。
今年も無事干支マスコットを造る事ができました(^^
後残すところ、猪・犬・二つ飛ばして虎の三つに成りました。
まだまだですが、でも先が見えたような気もします。
飽きっぽい自分が、同じ趣味を続けられたのは、干支作りが有ったからと言うのは事実だと思います。
少なくとも造り終えるまではCGも此処も続けよう、続けられるかもと思っていたのですが、その先は考えていませんでした。

でも、今年全く新しい目標、と言うか造ってみたい事が出てきました、それは!
今年はVR元年@@!
この事は早くも今年の2016-03-16の記事の後書き追記に書いています。
そこで・・・、

おっと、これ以上は年明け、お年賀ご挨拶記事で書こうと思います。
 
最後に成りましたが、私がお世話に成っていたartist sideは、2016年12月31日にサービスを終了する事に成ったそうです。
この事についてはとても今回まとめきれないし、何とか年内に最後のご挨拶絵を作成し投稿したい事も有り、之もお年賀の記事に書くことになると思います。


テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

二胡姫 月夜パート2

(11月19日artistsideにてウイクリー1位に選出されました。)

お知り合いの二胡奏者にこーるさんが、上海へ二胡修行の音楽留学を果たされました。
二胡の先生に成るという夢を果たされ、さらに高みを目指しての留学です、驚くばかりです。
と驚くばかりで何もできませんが、せめてもとお祝いに二胡姫の絵を久しぶりに作成させて頂きました。
(クリックで大きくなります)

1200nikohime04.jpg
 
主な使用フリーアイテム。
二胡は電脳箱庭はるさん。
中華椅子は流転四海kyotaroさん。
楓の落ち葉は私の(落葉セット2 改)でした。



絵の題材は、にこーるさんのブログ記事で知った二胡の名曲(月夜)です、題材にしたのは今回で2回目です。
留学生活をつづったブログ(上海は今日も青空。)でも紹介されています、抒情豊かな名曲で、今回もぜひ題材にしたいと思いました。



今回は月夜の風景も描きたかったのでVueで作成しました。
Vueの月ではイメージに合わなかったので、月の画像を探し出してメタセコの球に、Z軸方向から焼付けてみました。
横から見ると、画像が歪んでいるのですが、正面からしか見ない背景用だったので、これで充分でした。
600moon01.jpg

それをPoserに取り込み小道具かしました、今後も使う事が有るかもと思ったからです。
480moon02.jpg

それをさらにVueにインポートし使いました。

遠景の塔は上海の東方明珠電視塔(とうほうめいしゅ-でんしとう)と言うらしいです、観光写真でよく見かけます。
これは写真からαマップで切り抜いて造りました、言わば書割です。
ばれないようにウンと遠景にしてぼかしました(^^;
実は・・・・・・



今日の後書き。

・・・・・・・実は、
前回の後書きにも書きましたが、モミリータヘヤーを作成中、我がPCが絶不調に陥り、まだ稼働しているうちに思い切って新PCを導入しました。
来年位に世代交代させようかなと思っていた事と、もし稼働しなくなったら、後から必要なデータが出てきた時、取り返しの効かない事に成ってしまうと思ったからです。
案の定、取り忘れたデータが何個か出てきたので、何回かブートしなおしました。

新PCは今回もドスパラから仕入れたゲーミングパソコンです。
CGやるならゲーミングパソコンにしていれば間違い有りません、江戸暦のHONEYさんも言っていたくらいだから間違い有りません(#^.^#)!
でも今回の大きな変更点はシステムディスクCをSSDにしたことです。
話には聞いていましたが、起動が早く快適で、SSDの評判の良さを納得しました。
それとメモリーを思い切って32GBにしました、これだけあれば、いくらシーンにアイテムを詰め込んでもフリーズする事は無くなると思います、
どのくらいレンダリングが早くなったか分かりませんが、以上2点が大きな変更点に感じました。

という事で今回が新PCでの初作品作りに成りました。
各ソフトのカスタマイズも作成しながらだったので時間が掛かりましたが、無事作成できました。
PCお引越しは、まだカスタマイズが終わらないソフトや、どうしても起動できない古いソフトが有り、完全移行にはもうしばらく掛かりそうです。

後書きその2・・・・・

いよいよ今年も来年の干支マスコット作りの時期に成ってきました。
例年と違い、アイデアはすでに有るので焦ることはないのですが、寅年のように間に合わないと後々悔しい思いをする事になるので、まずはデザインからしっかり決めて、着実に進めて行こうと思ってます。


テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

プロフィール

Author:SanziSannzi
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード