スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3Zi_GlassHorse(ガラスの馬)の配布

ガラスの動物シリーズの最新作、3Zi_GlassHorse(ガラスの馬)が出来ました。
(クリックで大きくなります)

12003Zi_GlassHorse03.jpg
 
①3Zi_GlassHorse(ガラスの馬)はPoser用の馬の置物マスコットです。
フィギュアなので好きなポーズを取らすことができます。

②ポーズは馬の歩く・トロット・ギャロップ・ジャンプ等、12種類が入っています。
(クリックで大きくなります)

12003Zi_GlassHorseP01.jpg

③馬の前後足にインバースキネマティクス(IK)が設定してあります。
フィギュアメニューからオンにすると有効に成ります。
フィギュアメニューの対称(シンメトリー)でポーズの左右対称が使えます。

アームスタンドにもインバースキネマティクス(IK)が設定してあります。
同じくフィギュアメニューからオンにすると有効に成ります。
Arm03を掴んで動かすと、位置合わせが楽に成ります。

④マテリアルはガラス・金属質感等、11種類が入っています。
ほとんどkyotaroさんのPoser11用のSuperflyレンダマテリアル集、
http://rutenshikai.blog63.fc2.com/blog-entry-556.html
を参考に作成しています。
(尚、Poser11のSuperFly用のマテリアル設定でリンダリングしているため、FireFlyではレンダリング結果が違ってきます。
ただしFireFlyでも似たようにレンダリングされるように設定されています。

DSではマテリアルを再設定しないといけないと思います。ポーズ等の動作は支障なく使えると思います。)
(クリックで大きくなります)

12003Zi_GlassHorseM01.jpg

☆(追記、尚、M6マテリアルはPoser10及びPoser11のみに入っているマテリアルノードが使われているため、下位バージョンのPoserではレンダリングされません。他にも下位バージョンでは、見本の絵の様にレンダリングされない可能性があります。)

⑤飾り台(ArmStand)のスタンドにガラスの馬がペアレントされています。
移動したり拡大縮小させる時は、ArmStandのBodyで調整するとやり易いと思います。

⑥従来のガラスの動物シリーズにサイズを合わせた為にかなり大きいです。
なのでArmStandに合わせて、サイズを20%に縮小して入れています。



宜しければ下記リンク先skydriveからどうぞ。

3Zi_GlassHorse(ガラスの馬)のDownload。 

尚、今回はアームスタンドも他のフィギュアや小道具に使えると思い、別ファイルでアップしました。
馬に付いているのと同じものですが、一々馬と分けて使うのも面倒と思い、別ファイルでアップしました。

3Zi_ArmStand(アームスタンド)のDownload。 





子供の頃(結構大人に成っても)、動物の絵を描くの好きで、中でも馬の絵を描くのが一番好きでした。
なので捜してみると、沢山馬の絵の資料が有りました。
自分でみても一向に上手く描ける様にならなかったので、それらの資料は無駄に成ったと思っていましたが、結局それが今回、大いに役にたちました。

今後はメール配信されるShade3Dマガジンで「月イチ新連載!「VRコンテンツへの道」!!」の二回目で紹介されている「Substance B2M 」と言うソフトを勉強してみようと思います。
折よくSteamで割引中だったので買っておきました。
直接VRには関係ないですが、テクスチャマップ造りがより本格的に造れるソフトのようなので、自作アイテムを造る時にも役にたちそうです。

ZBrushCore超入門講座の勉強は、ガラスの馬が追込みに成った時点で、しばらくサボっていました(;^_^A
勿論又、再開します、きっぱり!

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

うまうま

sannziさん。こんばんは。
「ガラスの馬」いただきました。
ありがとうございます。ポーズ集も生き生きとして、
なかなかのリアル具合でございます。
今回のマテリアルはPoser11のSuperFly用との事のようで
残念ながらPoser9では期待したような仕上がりには
ならないようなので、無念です。

はるさん、今晩は(^^

早速お持ち帰り、又お試し有難うございます
無事動作したようでホッとしました。

下手ながら、馬の絵をカッコ良く描きたくて、沢山資料を集めていたので、自分でも有る程度自信を持ってポーズ造りが出来ました。
kyotaroさんのSuperFly用マテリアルは、P9等のFireFly用のマテリアルも含む、一粒で2度おいしい二重構造に成っておりまして。
私もそれを踏まえて設定はしたのですが、ガラス質感をFireFlyでもこの絵の様にするには、背景やライティングが難しく成ると思います。
ただしメタル系の質感では、簡単な設定でもかなりこの絵に近づけるのではないかと思います。
一度お試しいただけたらと思います。

頂きました

毎度頂いてます。
配布有難う御座います~。
早速テストして遊んでます。
グラボの調子がイマイチでSuperFlyは試せませんのでいつものFireFlyでテストしてます。スマートなデザインが三次さんらしく洗練されてますね。
ポーズもあって便利でした。

真仁堂さん、今晩は(^^

Twitterでラオウと黒王の絵拝見しました。
ラオウに変化したリトルカウ、兜なども作成していただいたのでしょうか、流石のカッコ良さです。
メタル系の黒いボディーのガラスの馬もカッコ良かったです。
あれだけの背景だと、やっぱりSuperFlyレンダは厳しいかもしれないですね。
でも黒光りして綺麗で、FireFlyでも十分だと思いました。
ポーズ造りは自分でも楽しかったです、色々遊んで頂けたら幸いです。

ガラスの馬の質感

おはようございます、sannziさん!

「ガラスの馬」ということで、どんな仕上がりになるのかなあと、わくわくして待っていました!

さすがsannziさんですね!!
無色透明な「ガラスの馬」だけでなく、薄青、薄黄色、薄紫、薄緑などのいかにもガラスでありそうな質感。綺麗です!!

馬のポーズも決まってますね!!
sannziさんは、馬の絵を描くのが一番好きだそうで、確かに馬は歩く、走るが動物で一番絵になりますね!

そして、ラオウと黒王の絵とのことで見てみました。馬が立派だとこんな使い方をしたくなっちゃうと思います。

あおば映治さん、今晩は(^^

実をいうと、色々な色のガラス質感は、ベテランの方の作製した質感集の色をちょこちょこと変えただけでした(^-^;
完成度が高かったので、下手にいじれなかったと言うのが本当の所です。

馬のポーズは、本棚や棚の奥にしまい込んだ本を引っ張り出したら、忘れていた資料が沢山出て来ました。
余りに上達しないので、自分の才能の無さを思い知らされて忘却の奥にしまい込んでいた黒歴史、と言うと言いすぎですが・・・
でもこんな時に役に立つとは、好きな事は何でもやってみて無駄な事は無いですね。

ウシ君ラオウはカッコ良く決まっていて、観ていて嬉しく成りました(^^
私もガラスの馬に色んなフィギュアを乗せて遊んでみたいです。

綺麗!

「ガラスの」と聞いて黒豹さんの時のようなカットガラスタイプかなと勝手に想像していたのですが、ガラスは元より陶器にもブロンズにもなりそうな滑らかでとても美しいお馬さんですね。
マテリアルも本当にガラスっぽいですし、鬣と尻尾の形もお見事です。今回の目玉はマテリアルなのかもしれませんが、形状も綺麗なのでSuperflyレンダでなくてももちろん絵になると思いました。
ポーズもこれまた並べてゾエトロープにできそうですね!

先程twitterのytetsuさんの画像を見ましたが、あちらも凄いクオリティーですね。ytetsuさんの技術ももちろんですが、色んなマテリアルで上手く描画できるのはガラス用にUV展開が上手になされているからなんだろうなぁとも思いました。

有難く頂戴いたします~♪(^^)

tweetyさん、今日は(^^

私も最初はカットガラスタイプにしようかなと思ったのですが、馬やシカの様に足が細い動物は、どうにも面を省略して角々にするのが難しかったです。
でもカットガラスタイプは好きなので、チャレンジしたいですね。

マテリアルはほとんどkyotaroさんの設定だよりでした(^-^;
Superflyばかりでなく、FireFlyでも綺麗になるよう、二重構造設定されていました。
ポーズはあんまり細かくしてもと思って、之だけに留めましたが、ゾエトロープ対応にもっと作成する事も出来そうです。

ytetsuさんのDSを使った質感も綺麗でした。
なかなかあれだけの透明質感を出すのは難しいと思います。
果たしてUV展開が、透明や金属質感にどれだけ影響するのか分かりませんが、後で後悔しないように設定しておきました。
タイルパターンだと、影響が出るのではないでしょうか?

お持ち帰り有難うございます(^^
またモミモミ君を乗せたり、いたずらさせたりして遊んで頂けたら幸いです。
モミモミペパクラも楽しみにしていますモミモミ( ◠‿◠ ) 。

御礼

sannziさん、こんにちは

「ガラスの馬」いただきました。ありがとうございます。
PoserからDXFで書き出して、Bryceにインポートしてみましたが、
問題なく動作いたしました。とりあえずご報告です。

私も昔、絵の練習のために、いろいろな資料を集めました。
馬の写真集は適当なものがなかったか、あっても高価だったのか、
競馬雑誌を参考にした記憶があります。(^^;

舞矢さん、今晩は(^^

早速試して頂いて有難うございます(^^。
ブログの絵、拝見しましたがBryceレンダも綺麗でした。
そう言えば舞矢さんはBryce使いでもありますよね。
床に映る影まで、ガラスのコースティクスが表現されていて良かったです。

舞矢さんはやっぱり日本画を描かれていたのでしょうか。
確か日本画関係の美術館に勤めておられたとか、CGでもそんな感じがしますし。
競馬雑誌は思いつきませんでした(^-^;!
成程~、洗練された馬が出場するので、良い参考に成りますよね。
私の場合、動物絵の描き方とか、そんなのが主です。
写真は使われていないので、そんなに高価では有りませんでしたが、子供には十分高価な物でした。

蛇足(笑)

絵を描くのが好きで、昔は油絵とか日本画も遊びで、かじりました。
日本画は、本格的な岩絵の具を使うのはムリなので、
岩彩(泥絵の具)ですけども。(^^;

資料を集めてたのはアニメータ時代で、仕事場には資料と称して
雑誌や切り抜きの類が、マジで山になってました(笑)。

舞矢さん、今晩は、其の2(^^

やはり日本画を描かれていたのですね。
和の絵具を使っておられたというのは、かなり本格的に学んでおられたのだと思います。
私の絵は例え和風でも無国籍と言われますが、舞矢さんのCGは和の雰囲気が感じられるのはその為かなと思います。

し、しかもアニメーター@@!
すっかりあちらの方・・・あちらの方と言うのは不適切かな(^-^;
もとい・・・プロとして、お仕事で描かれていたのですね。
いよいよ資料集めも大切だったと思います。

いただきました

ガラスの馬、ダウンロードさせていただきました。美しい造形,充実したマテリアルに加えてポーズの見事さが感動モノです。この調子でいくと、いずれ「ガラスの動物園」ができそうですね。
ちなみにうちのメインPCはネットにはつないでいないので、POSER11は買ったものの未インストールで残念ながらSuperflyレンダはできません…。ネット用PCを介して一時的にネットにつなげるのかもしれませんが、私の場合イラストマテリアルが主なのでSuperflyの恩恵は少なそうで、イーフロへのお布施でもいいかなと思って放置しています。

↑それにしても舞矢さん、和風展で戴いたコメントから「昔まんがを描かれていたのかな」と思っていましたが、アニメーターだったとは…プロでしたか。

niseisyaさん、今晩は(^^

ダウンロード、有難うございます(^^。
造形はもうちょっとこうしてみたかった、と言うのがどうしても出来なくて心残りな部分も有りますが、今は精一杯でした。
ただ、ポーズは自分が思った以上に関節がうまく動いてやり良くて、作っていて楽しかったです。
このガラスシリーズは、CG造形の練習で始めたのですが、いつの間に4回目に成ってしまいました。
マスコット動物だけではアイデアが煮詰まるので、之からも作って行こうと思います。
ガラスの動物園が出来るまでは自信ないですけど(^-^;。

POSER11はきっとダウンロード版を買われたのですね。
インスト出来ないのは残念ですが、イラスト調が主な方にはSuperflyは余り関係ないかもしれないですね。

舞矢さん、以前、日本画美術館の管理をされていたと聞いた事は有ったのですが、よもやアニメーターをされていたとは@@!
本当に和風展の参加者は色んな方がいらっしゃるのですね。

黒歴史(爆笑)(^o^;;

本文の内容と、関係ないレスになって申し訳ありません、、(^^;

アニメーションの仕事をしていたのは、かなり昔になります。
まだ、全部の行程が手作業の時代で(歳がバレバレw)、彩色は1枚づつ
筆で絵の具を塗っていたのですから、隔世の感があります。

マンガやイラストも遊びで描きましたが、なにせデッサン力がなくて、
全然ダメでした。(^^ゞ
アニメーションで生活できないので、ゲーム業界に走ったり、
浮世絵美術館のスタッフをしたり、才能がないと雑用で凌ぐより
ありませんでした。。(汗)

舞矢さん、今晩は、其の3(^^

まあ、黒歴史と言うと大げさですが、相当な費用も掛けて資料を集めたのに、一向に役立てられなかったので、自分として黒歴史なのでありました(^-^;

自分の様な趣味を持っている者にとって、アニメーターとか漫画家とか、ましてやゲーム業界は憧れの存在で、そう思う人は多いと思います。
でもそこまでたどり着ける人は一握り。
そういう経験が有ると言うのは、ただ憧れていたばかりの自分などにとって、やっぱりすごい事だと思います。
と、言いつつ、自分も石ノ森章太郎さん漫画の描き方とか、アニメが出来るまでと言う特集雑誌を買ったりしていました。
今も話題に成りますが、相当アニメ業界は就業環境が厳しいらしいですね。
NHKでもこのままだと日本のアニメが心配だと言ってました・・・

iCloneでは動かせなかったので残念です

こんばんは。
とても美しい馬ですね。
たくさんの方が綺麗にレンダリングされていて羨ましいです。
私の場合は、iCloneに移植すると胴の一部がくびれてしまい、マテリアルもなくなってしまうので、動かせず、非常に残念無念です~

月川拓海さん、今晩は(^^

iCloneの事はさっぱり分からないので、原因は分かりませんが、月川さんに使ってもらえないのは残念ですね。
マテリアルはPoser独自なのが多いので他ソフトで使うには、再設定しないといけないのかなと思います。
ブログ文中にも書きましたがPoserの下位バージョンでさえ使えないのが有るようだし。
とわ言え、ダウンロード、又ご報告、有難うございます。
プロフィール

SanziSannzi

Author:SanziSannzi
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。