FC2ブログ

Victoria4FaceJewelry(V4の顔ジュエリー)

DAZのV4(Victoria4)の顔を宝石に見立ててオブジェを作りました。
作製するきっかけとなったのはアールヌーボー期の有名なルネ・ラリックという工芸作家の作品でした。
特にインスパイアされたのがトンボの精という作品名で、トンボの体に美しい女性の顔が乗っているジュエリーです。
グロテスクと言えばグロテスクなんですがとても美しい作品でした。
今までも作りたかったのですがやり方が思いつかず、今回不意に思いついて試しました。
尚デザインを真似したという事では有りません、真似しようにも今の所できませんけど、少しでも近づいていきたいです。

(画像クリックでわずかに大きくなります)
3-800VictoriaFaceJewelry01.jpg
大きな絵はartistsiderenderosityにもアップしました。

metaseqにV4の胸像をインポートし、それを基に加工、継ぎ足しなどしてジュエリーの土台を作りました。
それをposer8にインポートしV4の顔を入れマテリアル設定しました。
さらにPhotoshopでレタッチを加え質感など整えました。

これは以前から有る方法でご存知の方も多いと思いますが簡単にまとめてみました。
水着など体にピッタリした衣服は簡単につくれるそうです。
ただ要注意なのは元になるフィギュアのジオメトリーを一部でも使うので配布はしてはいけないという事です。
それは販売品でもフリーのものでも同じだと思います。

まずmetaseqにPoserでエクスポートしたobjデータを読み込みます。
今回は胸像だけ読み込みました。
それを予定した仕上がりにそって切り込みます。

顔だとこんな具合です。
burogu01-1.jpg
ちょっと怖いですね、すみません、Poserをやっているとこういう事が麻痺してきます(^^;
実際やってみて分かったのですが、この方法でお面を作るのは意外と簡単そうです。
以前もどこかで見て知っていたのですが難しそうでやっていませんでした。

胸なども自分のデザインにそって切り分けていきます。
といってもどうしてもポリゴンに沿った形になるので、できるだけイメージにそった形にする為、継ぎ足したり幾分加工も必要になります。
burogu02.jpg
メタセコでは大体こんな感じになります。

今回工夫が必要だったのは切り口をどうするかでした。
そのままでは厚みのないペラペラになってしまいます。
そこで縁取りを丸いパイプ状で包んでしまうことにしました。
そんな時今まではメタセコのプラグイン(ラインを四角形面化 Ver0.10)というのを使っておりました。
所が昨年パソコンが壊れて修理から戻り再インストールした所、これが全く使えなくなっていました。
設定など間違っていないと思うのですがline2face.iniが読み込めないと出て出来ません。
困った、という事で変わりに見つけてきたのが(Caliber Ver1.01ーラインから角を丸めたパイプを生成するMetasequoia用プラグイン)でした。
これが上手く働き無事完成でした(^^
尚ラインを作るために(アウトライン Ver1.00)というプラグインも使いました。
これらのプラグインはForum3D Wikiのメタセコイア・プラグインのリンク集 で見つけることが出来ると思います。
もしかして他にも使えるプラグインがあるかもしれません。
(6月16日修正)はるさんのコメントで(Caliber Ver1.01ーラインから角を丸めたパイプを生成するMetasequoia用プラグイン)がDLできないと分かりました。
私は以前DLしていたのですが今まで(ラインを四角形面化 Ver0.10)を使っていたので今回自分のHDから捜し出して使いました。
もしこの記事を見て彼方此方捜していた方がいたら申し訳ありませんでした。
私のPCでは使えませんが(ラインを四角形面化 Ver0.10)も、それに(アウトライン Ver1.00)もMASHという所で配布中です、そちらをお試しください)


尚、shadeでも同じように出来ると思います。
その時は縁取りはshadeのcreateメニューにある(掃引・円)で全く同じようにできます。

V4はいつものpinoさんのbabyfaceA4です、多少手を加えています。
今回のテクスチャはManiHoniさんのMH Anny for V4A4です。

ジンタイリング01 (永遠不変)

先日(陰陽太極図を描いてみた。)でも書きましたが、今暇を見てIllustratorの勉強をしています。
特にエッシャーの書くようなタイリングアートはどのようにすれば描けるのか興味を持ってやってます。

それで作品を作ろうと言う訳ではなくどうやれば同じ形を敷き詰めるタイルが描けるのか好奇心からです。
でも勿論それを応用して作品が作れればと言う下心もあります。
今回はPoserフィギュアを使って同じ人体をタイルに見立て並べたら面白い絵になるのではないかと思い試しました。
(画像クリックでわずかに大きくなります)
800Zin-Tiling01.jpg
大きな絵はartistsiderenderosityにもアップしました。

題名のジンタイリングは人体(ジンタイ)とタイリングを合わせた私の造語です。
下絵の陰陽マークの勾玉を並べたような所はIllustratorで描き、Photoshopで仕上げました。

ポーズを変えずにV4を複製し90度づつ回転させながら4体並べました。
左手で前方のV4の右足爪先をつかむようにして4体を繋げるようにしたのですがポーズ付けが予想以上に難しかったです。
最後の一体だけは少しだけ腕の角度の調整が必要になりました。
理屈では全く同じポーズなので調整なしで繋がるはずなんですが違うという事は何か間違いがあるということだと思います、これからの課題です。

ついでに今作っているエッシャー風鳥のタイリングです。
550Tiling01tori.jpg
え!鳥に見えない、ごもっともです(^^!
しかしながらとりあえず左右上下対象でない形状のタイリングに成功しました。
エッシャーの場合鳥と魚とか人とトカゲとか、違う物の組み合わせ、しかも大きさを変えたり形を変化させたりなので、やっぱり凄いなと思うし、どうやれば自分でも作る事が出来るのか興味の尽きないところです。

ついでにもう一つ、Illustratorで描いて背景の下絵にした(4連勾玉模様)です。
前々回の陰陽の書き方を応用して書きました。
550rinne01.jpg

何ゆえ急にこういう事に萌え始めたのかというと類さんのHPで紹介されている(ずばり、あなたの理系度チェック!)をしたからです。
なんと80点でした。
自分でもあるいは他の方にもそう思われていなくても立派な理系なんだそうです。
自信を持つようにわざわざアドバイスまで書かれていました。
にわかには信じられませんが(自分でもまだ言うかと思いますけど)信ずる者は救われるです。
こういう理系の絵作りも進めていこうと思います。





(卵姫) 魔法の目覚め

卵姫01(孵化ふか)の続編として作ってみました。

卵から生まれた卵姫は魔法に目覚めいろいろ使い始めたようです。
でも人をビックリさせて喜んでいる程度の余り役に立たない魔法のようです。
(卵姫は私が作った空想のお話です)

renderosityartist sideにもアップしています。

j550(Princess of egg)Awaking of magic

モデルさんは前作と同じpinoさんのbabyfaceA4 ですが、少し大人っぽく見えるようにカスタマイズしています。

今、EggArtをモデリング中です。
蓋を色んなタイプで作っていますがその中の一個が出来たのでとりあえず絵にしてみる事にしました。

egg-01

今回の卵姫の絵では之をトランスマップで抜いて網目模様にしています。
これに扉の留金やボタンを品良く付けたいなと思ってます。
まだ蓋の種類を増やしたり台座も造れないか試したいです。

尚、今回Poser8Eのレンダリング機能の目玉Indirect Lightingを初めて使ってみました。

550Indirect Lighting

Indirect Lightingはkyotaroさんが流転四界ぶろぐ で解説されています。
正確な事は是非そちらをご覧ください。

以下はあくまで私の使用感です。
Indirect Lightingは間接照明つまり「拡散光」をレンダリングできるらしいです。
しかし「拡散光」がどうもよくイメージできない?

でkyotaroさんの完成図や解説の絵を見て、例えば皮膚の拡散色を、その皮膚から僅かに発光させてレンダリングできるのだとイメージしました。
確信犯的誤解釈だと思います(^^;
でも当たらずとも近からず?だと思います。
上の図は右がオン左がオフですが明らかに右半分の皮膚の拡散色が輝いて見えるのですがいかがでしょうか?


ライトやレンダリング設定などほぼkyotaroさんが示されたとおりです。
時間は掛かりますがわずかIndirect Lightingにチェックを入れるだけなのでその点では楽で良いのではないでしょうか。
但し・・・困った事が・・・

!!(PoserScene (.pz3)が使えない?)

私だけかもしれませんが・・・
どういう訳だか分かりませんが、一度セーブして読み込んだシーンデータでは、なんとIndirect Lightingレンダリングが出来ないのです。
つまり、一度やり始めたら最終レンダリングが終了するまでPoserを閉じられないのです・・・

又、髪の毛はIndirect Lightingはハードらしくレンダリングは途中で止まってしまい使用出来ませんでした。
背景を含めたレンダリングも今回の絵の場合は出来ませんでした。
人物と衣装だけIndirect Lightingを適用してレンダリングしています。

しかし皮膚や衣服の輝きはとても魅力あります。
一癖も二癖もあり使いこなすには前途多難と感じますが、人の肌や衣装の輝きが随分違うと思います。
適材適所で使っていけたらなと思います。

ありえない交差

ありえない物体シリーズです。
今回はありえない構造で交差する棒をモデリングしました。
タネ明かし・・・の前に
前回ペンローズの三角を作成した時、YAYAちゃんのお相手に男の子の人形がいたらどんなに良いだろうと思いました。
どうしてもその思いで居たたまれなくなり遂にYAYAちゃんの作者sioneさんにお願いしました。
有り難い事にsioneさんは快く引き受けて下さいました。
新しい私のトリックアートのアクター、RON君にニュードレスのYAYAちゃんです!!

sioneさん作画です、私もこの後紹介用の絵を作成するつもりです。
sione-ron-yaya

可愛い(^^
二人とも元気にありえない物体の上を駆け回るイメージです、sioneさん、本当に有難うございました。
さざなみ(sioneさんのサイトです)

それではタネアカシを・・・まず完成の絵です。
大きな絵は此方
renderosity(海外)
artistside(国内)

2-550Impossible intersection

今回は頑張って棒の面取りをしました。
少しづつモデリングも進化しております(^^
不得手な解説より見てもらうのが一番だと思います。

01burogu Impossible intersection

実は真ん中の柱が上下別れていて下が手前、上の方は横の棒より後ろにあるのでした。
その為後ろの棒は見た目、前の棒と同じ大きさに見えるようにわずかに拡大しています。
その為上に乗っているRON君もそれに合わせて大きくしています。
絵の真ん中にいる青い服のRON君が一番奥にいるのでした。

前回ねじりの三児などとかっこいい事を書きましたが、今回はねじりませんでした(^^;

ありえない物体02 (ペンローズの三角)

先日当ブログで予告したありえない物体(ペンローズの三角)がようやく完成しました。

英国の数学者ロジャー・ペンローズが考案した不可能立体で、かのエッシャーも大きな影響を受けたそうです。
エッシャーの有名な無限階段もペンローズの不可能な階段を基にしているそうです。

・・・であっけなくタネ明かしします(^^;

まず完成の絵ですが、大きな絵は以下に有ります。

renderosity(海外)
artist side(国内)
(クリックで大きくなります)

2009年09月19日ありえない物体02 (ペンローズの三角)


まずペンローズの三角をmetaseqでモデリングしました。
metaseq上での完成図です。

Penrose triangle00

ペンローズの三角としてはほぼ完璧にモデリング出来ていると思います。
最初これはどうやってモデリング出来たものかと考えあぐねましたが、2Dのペンローズの三角の絵をじっくり見てある事に気が付きました。
それは
この↓Vの字面の組み合わせ3面で成り立っている図形であると!!
同じVの字形を回転させて配置しています。

Penrose triangle-m01

尚各Vの字面は以下の通りねじれて奥行きを出しています。
私のトリックアートはねじれが重要に思えます、ねじれの三児です。

Penrose triangle-m02

さてmetaseq上では完璧に思えたもののいざPoserに持ち込むと破綻が出たり詳細な陰の描写ですぐバレてしまいそうでした。
そこで微調整をしUVをしっかり貼って木目のテクスチャを貼りました。

で、最終的なPoserではこうなっています、少し斜めにすると仕掛けが良く分ると思います。

Penrose triangle-p

よりばれ難くするために(もう此処でばらしてしまったけど)sioneさんのYAYAちゃんや雰囲気出しの建物を背景に置いてレンダリングしました。

他のフィギュアも試しましたが、単純な構造によるポーズの付けやすさや、小さくてもわかり良いこと、もちろん可愛さで今回もYAYAちゃんに頑張ってもらいました。

後ホトショで色彩、明度の調整程度の後処理をしています。
プロフィール

SanziSannzi

Author:SanziSannzi
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード