森の中のありえない物体

・・・・・・
まず最初に告知があります(^^
今年もPoser和風の祭典hisayanさん主催の第五回和風展が開催されるそうです。

(期間は投稿期間が3月1日(火)0:00~3月10日(木)23:59(終了)
コメント投稿期間が3月1日(火)0:00~3月14日(月)23:59(終了)としたいと
思いますので、多数の参加をよろしくお願いします。)

と言う事です、参加賞も色々用意されているようです(此方)
会場は此方です。
Wafu5L.jpg


・・・・・・・

大変長く掛かってしまいましたが、ようやく新しいありえない物体シリーズの絵が出来ました(^^
雰囲気が森の中のバンガローあたりのウッドデッキみたいになったので、題名は(森の中のありえない物体・Impossible object in forest)と言う事にしました。

(クリックでわりと大きくなります)
800Object impossible in forest
(atistsideにもう少し大きな絵をアップしました)

トリックモデリングはわりと早くできたのですが、どう絵にすればいいのか迷いに迷ってしまいました。
理想的に言えば、はるさんのエッシャーの無限階段みたいに建物のモデリングとしても成り立っていて、しかも其の一部がありえない物体になっていると言う事です。
こんなに時間が掛かるのだったら建物モデリングに挑戦してみても良かったかな~と思います・・・

モデリング及びレンダリングはShade11です。
森の中風に見えるのはShadeでHDR画像を光源として使っているので、其の映り込みを利用している為です。

棒の上の男の子はsioneさんにトリックアートで活躍する元気な男の子として作ってもらったRon君です、長い事この種のトリックアートを作製していなかったのでお休みさせてしまっていました、申し訳ありません。
女の子Yayaちゃん、可愛い文鳥マスコットもともにsioneさんです。

頭にかぶっている魔法の帽子とウサギのしゃらくん用サロペットはmamomamoさんです。

アイプー帽子はマダムさんです。

・・・・・・

それでは恒例種明かしです(^^

前回途中経過で書いたように下の台に写り込んだ虚像でもトリックが反映されている事に気が付き、一からより完璧になるように作り変えました。
結果最初のモデリングよりシンプルにする事により出来る事が分かりました。
↓結果はShadeの四面図で見ていただくのが一番わかり良いと思います。

Impossible object in forest01

↑ご覧のように真中の縦棒が奥に歪みながら引っ込んでいて、カメラ目線から見たときだけ真っ直ぐに見えるようにしました。

↓なので少し角度を変えると真中の棒が歪んで見えます。

Impossible object in forest02

↑照明の為か左も少し歪んで見えますが・・・それにしても何故このモデリング方法だと下の台に写った虚像までトリックが成り立つのか謎です、
理解するにはきっと数学的知識が必要なのだと思います。

↓モデリング法としては最初まず真中辺りから奥に曲げて其の後、真っ直ぐに見えるよう実際ディスプレイに定規を当てて修正して行きました。
其の時②の下、右面図が見た目、変化無い様に修正するのがミソでした。

Impossible object in forest03-2

↑最初のモデリングは真中の棒を二つに分けて行っていましたが、下の台に写った虚像までトリックを反映させるにはかえってシンプルに一本にした方がよいと気がつきました。
又結果的に其の方が簡単でした。

初心に戻ってトリックアート

今年最初の(年賀状は除いて)ブログ記事は初心に戻って書くことにしました。
此処の初心とはなにか!ブログ名に三児の(トリックアート)と有ります。
最近もそれっぽいものは作製しましたが、そろそろ其の名に恥じない事を書かないと嘘つきになってしまいそうです(^^;

それで今回は私なりの、ありえない物体の作製手順を記事にすることにしました。
(過去記事①ありえない物体②ペンローズの三角③ありえない交差など)

まず・・・・・・

①でIllustratorで正確な絵を描きます。
次に②でわざと間違った絵を描きます、こうするとありえない物体の絵を簡単に描く事が出来ます。

550b1_ImpossibleObjectAi01.jpg
大きな絵はartistsideにもアップしました。

次に・・・・・

今回はshadeで簡単な立方体を作り絵に合わせて組んでみました。
shadeだとモデリングしながら質感設定、ライト設定やカメラの位置、最終的なレンダリングまで出来るので、こういうトリックアートには向いているのかもしれません。
何故なら質感、ライティング、カメラ位置、ひいてはレンダリングの環境設定までどれか一つ狂ってもトリックが成立しなくなるからです。

①でIllustratorの絵を参考に正しく見えるモデリングをしました。
②で間違った方の絵に見えるようにゴニョゴニョしながら改造しました(^^

550b2_ImpossibleObjectAi01-2_image.jpg

↑ほぼ思ったとおり出来たものの何か変さが足りません・・・

そこで・・・

①細い横棒三本で縦柱を縫い止めるように改造してみました。
②でそれも間違っているように改造しました。

550_4_ImpossibleObject_image.jpg

之で今回のありえない物体の基本は完成です。
後は半人前モデラーのたしなみとして角のまるめを行いました。
Shadeの自由曲面の角の丸めは、まるでパズルのようで難解ですが一旦分かるとポリゴンより早く簡単に出来てしまいます。
Shade12だとプリミティブで角の丸い柱があるかもしれないので、其の場合は最初からそれを使えばもっと簡単かもしれない。

↓角を丸めテクスチャを貼り、ライティング、環境設定を軽く行いレンダしてみました。

550-5ImpossibleObjectAi01-7_image.jpg

テクスチャを貼るとばれるのではないかと思いましたが逆に眼くらまし的な効果があるように思います。
最もごまかしの効かない影も程よく付いたようです、良かった。

(ちなみにテクスチャは前回お年玉付き年賀状で配布したChiyoPaper_materials(千代紙マテリアルズ)の七宝と麻の葉文様です。
其のうち麻の葉文様はパターンの棒が一本抜けているのに気が付き描き変え1月4日に再登録しました。もしご面倒でなければそれ以前にDLしていただいた方は再DLしていただけると幸いです。)

之にまだ何も発想が浮かびませんが、周りの風景とかフィギュアを付けて絵にしてみたいと思っています。
其の為、種明かしは次回に続く(^^;
もし絵が出来なくても種明かしはします。

「魅惑のDC展」に参加してきました。

まだ開催中で感想は早いですが、
エロティシズムがテーマという事で、勝手にショッキングできわどい展示会になるのではと予想していましたが、女性陣が主催という事でとても快い絵が中心になっているようです。
↑一部を除いて(^^;

画としてみるのも面白いですが、どうやってDCシミュレートしたのだろうと不思議な絵も多く、それを推理しながら見るのも楽しい展示会です。
そういうのはDC展示会ならではだなという発見でした。
会場は此方です。

↑クリックで飛びます、なんだかカッコいいなあ(^^

私は猫のたか子さんシリーズという事で2枚出展しました、シリーズといっても二枚で完結です。
↑、と書いたけど続きが観たいというコメントがありちょっぴり嬉しいので、又たか子さん絵を作成するかも(^^;
まだ開催中という事で見本の文字入りで此方には掲載します。
2枚ともPoser8Eレンダリングです。

550Hand fechi

babyfaceA4 by pino
V4 NailCollection(DAZ) by aoaio
Super Bob by Bice & outoftouch
KittyCat for V4/A4/M4/H4 by Rae McFarlane - Digital Original


DC China Dress for V4 by kyotaro
Texture Set for DC China Dress for V4 by jezebelich

動く額縁(MovingFrame01)・MovingWall01(動く壁))by sannzi
それと簡単ですが肩から掛けているケープ(というのだろうか)も作りました。
見本の絵はどちらにしようか迷った中華風のテクスチャになっています。

・・・・・・・

2枚目は和風にしました。
今では余り見なくなりましたがマイペット写真ブームの先駆けとなった猫鍋にヒントをもらいました。

550PotCat.jpg

babyfaceA4 by pino
V4 NailCollection(DAZ) by aoaio
Super Bob by Bice & outoftouch
KittyCat for V4/A4/M4/H4 by Rae McFarlane - Digital Original

(DC)oiran costume for Vicky4/Zashiki - hana (reception room of restaurant)/bunraku_musume /折り紙、福寿草の鉢、及び ボケの花瓶刺し 以上江戸暦の HONEYさん。
人形ケース by 電脳箱庭はるさん
MMT-ShirtSetFor01V4A4 by mamomamoさん。

ちょこっと日記
こつこつと進めていたIllustratorの勉強は一通りという意味では一応終わりました。
最後まで後回しにしていたテキスト編集は意外と面白かった・・・といっても余り使う事は無いと思います。
展示会のイベントも終わってなんだか気が抜けたけど、なんとかイラレを活かした画作りがしたいなと思います。
あ!↑まだ展示会自体は終わってません、まだまだ開催中です(^^

ビクトリア4 トリプル(森の妖精)

先月のジンタイリング01(永遠不変)の続きです。
今回はDAZのVictoria4を立たせたポーズで3体組み合わせました。

(大きな絵はartistsideにアップしました)
○一時非表示になっていたrenderosityの絵が再び復活していました(^^
どうやらサムネの絵がヌードに見えた為らしいです。
1100Zin-TilingTriple01.jpg

前回は最後の一体でわずかに足や手先の修正が必要でしたが、今回は全く同じポーズでのタイリングに成功しました。
↓のポーズをpz.2ファイルにして他の2体に充てました。
1-Victoria4 triple01

それをボディーのY軸で3体なので360÷3=120度ずつ回転させ組み合わせました。
前回今一しっくり来なかったのは体の回転をボディーと腰(Hip)両方を混ぜて行ってしまったためでした。
今回はポーズを決めるときは腰(Hip)だけで行い、三体の角度合せはボディーのY軸のみで行いました。
その時ボディーのX・Z両軸は0度のままです。

さてこの絵に使ったツタの衣装は見つけた当時初心者だった私にとって衝撃的な衣装でした。
有名なYAMATO氏のツタ衣装です。
その時まだPoserのコンフォーム衣装の事が分かっていなくてこんなの身に付けさせて少しでも動かしたらスポット脱げ落ちてしまうのではないかと本気で期待・・・ではなく心配しました(^^;
思えばDAZに登録してVictoria3を手に入れようと思ったきっかけになったのかもしれません。
PCが故障した時、データをなくして捜したのですがアドレスが変わっていてなかなか見つかりません。
このシリーズはなるべく裸体に近い衣装でしたかったので、ようやく捜し出しました。
POSER++の中にありました、Clothの、27th,Mar,2004Vine (for Aiko3 / for Vic3 / for Vic) というのがそれです。
今回はPoser8内蔵のWW2でV4用にコンバートして使っています。

モデルさんはテクチャは一番私のV4A4キャラで使用頻度の高いAiko 4 Isa, Realistic Texturesです。
体型はその作者mutedbansheeさんの大人の妖精キャラLyla for V4です。
今回は裸体に近いので念のためにこのキャラにしました。
顔は違います、私のイメージに合わせてV4デフォの顔にわずかに手を入れて使いました。

又前回どうもポーズに無理があるというか不自然な感じがあったので今回はそこにも気を使いました。
肩には流転四界ぶろぐで紹介されていた肩専用モーフ!SimpleDetails!V4M4 Bundleが入れてあります。

・・・・・・

↓はこの絵の前にF3Dのお題、時間で提出したクロノスの妖精です。
5506-Time tiling01-1

この時に上記の腰とボディーの位置合わせダイアルの使い分けに気が付きました。
さて回転は360度割るフィギュア数で良いのですが後は3D座標軸上の位置合せです。
今回は目検討で行いました。
これではまだ不確実な要素がありますので次回はこれもダイアル数値入力だけできっちり行いたいと思います。
やってみなければ分かりませんがその手がかりも作製しているうちに思い浮かびました。

Victoria4FaceJewelry(V4の顔ジュエリー)

DAZのV4(Victoria4)の顔を宝石に見立ててオブジェを作りました。
作製するきっかけとなったのはアールヌーボー期の有名なルネ・ラリックという工芸作家の作品でした。
特にインスパイアされたのがトンボの精という作品名で、トンボの体に美しい女性の顔が乗っているジュエリーです。
グロテスクと言えばグロテスクなんですがとても美しい作品でした。
今までも作りたかったのですがやり方が思いつかず、今回不意に思いついて試しました。
尚デザインを真似したという事では有りません、真似しようにも今の所できませんけど、少しでも近づいていきたいです。

(画像クリックでわずかに大きくなります)
3-800VictoriaFaceJewelry01.jpg
大きな絵はartistsiderenderosityにもアップしました。

metaseqにV4の胸像をインポートし、それを基に加工、継ぎ足しなどしてジュエリーの土台を作りました。
それをposer8にインポートしV4の顔を入れマテリアル設定しました。
さらにPhotoshopでレタッチを加え質感など整えました。

これは以前から有る方法でご存知の方も多いと思いますが簡単にまとめてみました。
水着など体にピッタリした衣服は簡単につくれるそうです。
ただ要注意なのは元になるフィギュアのジオメトリーを一部でも使うので配布はしてはいけないという事です。
それは販売品でもフリーのものでも同じだと思います。

まずmetaseqにPoserでエクスポートしたobjデータを読み込みます。
今回は胸像だけ読み込みました。
それを予定した仕上がりにそって切り込みます。

顔だとこんな具合です。
burogu01-1.jpg
ちょっと怖いですね、すみません、Poserをやっているとこういう事が麻痺してきます(^^;
実際やってみて分かったのですが、この方法でお面を作るのは意外と簡単そうです。
以前もどこかで見て知っていたのですが難しそうでやっていませんでした。

胸なども自分のデザインにそって切り分けていきます。
といってもどうしてもポリゴンに沿った形になるので、できるだけイメージにそった形にする為、継ぎ足したり幾分加工も必要になります。
burogu02.jpg
メタセコでは大体こんな感じになります。

今回工夫が必要だったのは切り口をどうするかでした。
そのままでは厚みのないペラペラになってしまいます。
そこで縁取りを丸いパイプ状で包んでしまうことにしました。
そんな時今まではメタセコのプラグイン(ラインを四角形面化 Ver0.10)というのを使っておりました。
所が昨年パソコンが壊れて修理から戻り再インストールした所、これが全く使えなくなっていました。
設定など間違っていないと思うのですがline2face.iniが読み込めないと出て出来ません。
困った、という事で変わりに見つけてきたのが(Caliber Ver1.01ーラインから角を丸めたパイプを生成するMetasequoia用プラグイン)でした。
これが上手く働き無事完成でした(^^
尚ラインを作るために(アウトライン Ver1.00)というプラグインも使いました。
これらのプラグインはForum3D Wikiのメタセコイア・プラグインのリンク集 で見つけることが出来ると思います。
もしかして他にも使えるプラグインがあるかもしれません。
(6月16日修正)はるさんのコメントで(Caliber Ver1.01ーラインから角を丸めたパイプを生成するMetasequoia用プラグイン)がDLできないと分かりました。
私は以前DLしていたのですが今まで(ラインを四角形面化 Ver0.10)を使っていたので今回自分のHDから捜し出して使いました。
もしこの記事を見て彼方此方捜していた方がいたら申し訳ありませんでした。
私のPCでは使えませんが(ラインを四角形面化 Ver0.10)も、それに(アウトライン Ver1.00)もMASHという所で配布中です、そちらをお試しください)


尚、shadeでも同じように出来ると思います。
その時は縁取りはshadeのcreateメニューにある(掃引・円)で全く同じようにできます。

V4はいつものpinoさんのbabyfaceA4です、多少手を加えています。
今回のテクスチャはManiHoniさんのMH Anny for V4A4です。
プロフィール

Author:SanziSannzi
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード