FC2ブログ

CHEEK TO CHEEK

前回ジンタイリング01 (永遠不変)を作成したときこれを続けて行くには人体デッサンや人体構造をしってポージングする必要性を感じました。
しかしながらその経験や知識はさっぱりありません。
とは言え、もしデッサンの教科書とか人体構造の本など揃えていざ勉強となるとすぐ飽きて止めてしまうと思います。

そんな折、F3Dのお題でダンスが主題されました。
私は映画好きなのですぐかつての名ダンサーであり名優でもある。フレッド・アステアを思いました。
この際ポージングの練習にもなると思いポスターや録画していた名場面を見ながらこの絵を作成しました。

アステアと彼のダンスパートナーとして有名なジンジャー・ロジャースの踊るシーンを参考にしています。
顔や体形までは似せていません。

(CHEEK TO CHEEK)は参考にした映画トップハットの挿入歌で今ではジャズのスタンダードナンバーとして有名です。
こうした映画が作られた頃のアメリカは大恐慌を脱出できるかどうかと言う瀬戸際の頃で、とても厳しい社会情勢だったと思います。
それだけに映画では真ギャクの豪華絢爛、夢の世界が描かれたのだと思います。
その為か見ていて元気付けられる良い映画が多いです。

(クリックで少し大きくなります)
800CHEEK TO CHEEK02
artistsiderenderosityにもアップしました。
MH Ash for M4 by ManiHoni
babyfaceA4 by pinoさん(今回はかなり変更しています、此処まで変えると返って失礼なような気もしますが、何しろbabyfaceA4が無ければ気に入った顔は出来なかったのは確かなので)

男性の髪はP8付属Ryan用のHair1の形がアステア風に近いと分かり(額の広さ、生え際のM字度など)M4に合わせてかぶせてみました。
髪型が同じでないのでメタセコで要らない部分(ポニーテール部分など)削除して使用しています。
さらにホトショで微修正しました。

・・・・・・

前回のタイリングアートの話題の続きです。
前回のコメントでHONEYさんに家紋の描き方のページを紹介していただきました。
家紋の幾何学的本格派の描画方は目から鱗でこのようなページが存在するとはとても驚きました。
タイリングアートの描き方にもとても参考になりそうです。
又、各家紋の形の美しさや面白さにも触れる事が出来ました。
しかしながら、より感動したのは下部にあるオマケの◆和柄・和の模様・和のデザインのページです。
今までも和の模様や文様のHPはみた事は有ったのですが、これだけ充実して紹介されているページは初めてです。
書店で素材集のCD本は見たことはあったのですが、数としてはこれだけ有りませんでしたし、各模様の解説もこれほど充実していなかったと思います。

その中から特に面白そうで自分でも描けそうな(角繋ぎ)をIllustratorで描いてみました。
kakutunagi2.jpg

順番は逆ですが、
①が完成図です。
見事に四角の図形がタイリングされて並んでいます。
さてこんな場合はどうすれば再現できるかと言うとタイルの一片はどの範囲になるのか見極めるの第一歩です。
この場合赤で囲った所が元になる一片のようです。

②はそこだけ抜き出しました。

③これを描くには真四角の格子を描いておくと便利と思い20pixelの真四角で升目を描きました。

④で緑と黄色で塗り分けて必要な枠組みを描きました。

⑤でそれに黒い線で縁取りをしました。

⑥で(20pixel×8=)160pixelずつ上下にコピーして複製して並べました。
これから緑と黄色を抜けば①の完成図になります。

こうしてまねしながらだったので描けましたがまことに見事な幾何学模様だと思います。
こうやってエッシャーよりはるか以前タイリングアートは布地の柄などで確立されていたのですね・・・なんだか感慨深いです。
ふと気が付けば洋服などの柄でもいくらでも似たようなのを目にしておりました。
Illustratorのとても良い練習になります、これからも時間を見て続けていこうと思います。
プロフィール

SanziSannzi

Author:SanziSannzi
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード