FC2ブログ

富嶽三十六景+One3D

付記 3月24日
結果発表があり無事銅賞入賞していました。
色が派手になった事と、2D絵のようになったのを気にしていたけど、審査員評では逆にそれを評価されていました。
プロの審査員の方から見るとモデリングはまだまだ不慣れなのが見えていたのだろうと思う。
入賞者の一番下にぶらさっがっていたので、審査員の間でもこれは駄目だ、いやわしは絶対通すとか、もめたのではなかろうか(^^;
去年の銀賞から一つランクは落ちたけれども2年連続は嬉しい。
まぐれではないのだと分かって嬉しい。
大垣市情報工房の展示場の様子とレポート
 

昨晩ギリギリでartistsideでDigital Artist Contest 2011のコンテストに(富嶽三十六景+One3D)を登録する事ができました。
(↓、応募企画では他でアップ禁止など無いのですが、一応念のため見本文字入りでクリックでそこそこ大きくなります)

800Edo  Heisei08_image

葛飾北斎の作品の中でも好きなシリーズ富嶽三十六景の内、「甲州三坂水面」を題材にしました。
トリックアートと言って良い不思議な浮世絵です。
湖面に映った逆さ富士の絵なのですが、上半分は夏の風景、しかし湖面に映った世界は冬の景色です。
富士山の位置も明らかにずれている事から異世界を一枚の絵に融合させたものだと思っています。

それをヒントに実態の富士山を過去に湖面の富士山を現代に例えて、過去現代を融合させた絵を想定しました。

まず、浮世絵のShadeによる立体化です。
最初感じを掴むためIllustratorでステンドグラス風に描いてみました。

b3ST-Hokusai42_fuji-lake.jpg

其の絵を元に想像を膨らませてShadeの自由曲面で立体的にモデリングしていきました。
今回はポリゴンを一切使わなかった為かメモリー的には余裕でいけました。
唯、最終日、全面ガラス質感のためか最終レンダリングがなかなか終わらずヒヤヒヤしました。
なにか無駄な設定などしているかも知れないので、いかに早くするか今後の為に調べてみようと思ってます。

何しろ浮世絵の3Dモデリングによる立体化は初めての経験です。
本当に作れるかどうか分からず、思いついたは良いものの、之でいこうと踏ん切りをつけるまでが迷ってしまって大変でした。
何しろ時間的に途中で行き詰ったらやり直しが出来ないだろうなと思ったので、

最初の脳内完成図では上記Illustratorの絵に近い、落ち着いた感じになる予定でしたが、見る見るうちに派手な万華鏡みたいな世界になってしまった(^^;
願わくはもっと試行錯誤したかったけど、下準備はしていたものの実作業は第5回和風展参加後だったので兎に角参加できて良かったです。
反省点は多々ありますが、そういう事は今後役立てればと思ってます。
プロフィール

SanziSannzi

Author:SanziSannzi
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード