FC2ブログ

ジオメトリックガール(幾何学的女子)

(7月1日金曜 artistsideのウイークリーに選出されました)

意外と知られていないのではと思うのですが、DAZのVictoria 4.2(V4)には4種類のローポリモデルが存在しています。
ポリゴン数の多い順から(LOD:V4_LOD_17K・LOD:V4_LOD_4K・LOD:V4_LOD_2K・LOD:V4_LOD_1K)の四つのobjデータでGeometriesのDAZPeopleフォルダに入っています。
Poser用ではなくDAZ Studio用に入れてあるらしいです、Poserでの使い方は後ほど。

以前からそのローポリの表面がまるで幾何学模様で出来たような造形に見えて美しいと思っていました。
今回はそれを活かした絵にチャレンジしてみました。
それゆえ題名はジオメトリックガール(幾何学的女子像と言いますか)にしました。
室内のモデリング及びレンダリングはShade12Standardで行いました。
(↓クリックで大きくなります、artistsideにはより大きな絵をアップしました)

s800-4V4_LOD03-02.jpg
 
このローポリV4_LODはV4.2をインストールすると一緒にインストールされるのですが、私は随分長く知らずにいました。
PoserからV4キャラをVueやShadeにインポートしたさい、度重なるメモリー不足に悩んでいた時、HONEYさんやT2さんの情報で存在を知ることが出来ました。
V4_LODは4種類用意されていますが、今回は下たから2番目に低ポリゴンのV4_LOD_2Kを使いました。
Poserでの使い方を間単に書くとCR2BuilderなどテキストエディタでVictoria 4.2.cr2を開き、Geometriesの参照先をblMilWom_v4b.objからblMilWom_v4b_LOD:V4_LOD_2K.objに書き変えます。

具体的には
(figureResFile :Runtime:Geometries:DAZPeople:blMilWom_v4b.obj)→(figureResFile :Runtime:Geometries:DAZPeople:blMilWom_v4b_LOD:V4_LOD_2K.obj)
と言った具合です、2箇所あるので2箇所とも書き変えます。
ついでにfigure nameもV4_LOD_2Kと書き換えておくとPoserで使う時スッキリします。
↓最後に名前をV4_LOD_2K.cr2と書き換えて保存します、けっして上書き保存しないように。

bV4_LOD01.jpg

↓上がフラットシェーディングラインのプレビュー、下がレンダリングしたもの。

bV4_LOD02.jpg

↑V4_LOD_17Kなどそのまま使えそうですが、モーフが使えないのが多くキャラデータが使えなかったりします、例えばA4モーフはインジェクションしても動作しません。
やっぱり多人数レンダの時、その他大勢で使うのが実用的なようです。
一度造っておいてライブラリーに登録しておくと便利です。

ファンタジードレスはsioneさんのV4A4-TunicDressです。

背景の部屋やランプは全てShadeの自由曲面で作成しました。
Shadeのボリュームライトと言うので光の筋を出してます。

bV4_LOD03.jpg

ステンドグラスと床の模様は前回書いた方法を応用しIllustratorで幾何学模様を作製して使いました。

sbV4_LOD04.jpg
プロフィール

SanziSannzi

Author:SanziSannzi
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード