FC2ブログ

ブラックレオパード(仮名)対称コマンドの謎!?

ブラックレオパードのボーンの組み込みと調整が終わり、Poserで動かせるフィギュアになりました(^^
まだモーフの組み込はしていませんが一区切りなのでまとめてみようと思います。
(クリックで大きくなります)
800black leopard04-04-2

↑同じネコ族?と言う事でポーズ付けに励むポザネットたか子さんの図。

衣装はmamomamoさんの新作MMKnitOnePset06ForV4です。
すでにあちらこちらで見かけるので皆様ご存知ではないでようか、首周りの自然な動きのモーフが見事です。

キャラクターはpinoさんのbabyfaceA4です、少しアレンジしています。

観覧車の置物は電脳箱庭はるさんの大観覧車です。

・・・・・・

それでは途中経過を・・・

UV展開はテクスチャマップを描く為のテンプレート造りになります。
ここらは機械的作業なので軽く書きますが、なるべくテクスチャマップを描き易いように胴体と手足を繋げました。
本当は全て一体に繋げた方がいいのでだけど、やり方が良く分からないし、繋げば繋ぐほど歪みが大きくなるので背中とお腹に分けました。 

black leopard03-03

・・・・・・・

次にフィギュア化の為のパーツ分けとフィギュアメニュー対称(英語版ではFigure-Symmetry)の謎です。

今回は試してみたい事がありPoser付属の人フィギュアを参考にパーツ名をつけました。

black leopard03-04

↑赤枠の所が人フィギュアのパーツ名を写し取った所です。
Poserのフィギュアメニューに対称と言う項目があり、フィギュアにポーズを付けるとき、其の中の左右反転や左腕を右腕にコピーを適用させるととても便利です。
所が前回のガラスの犬では全く効きませんでした。

そこで、もしかしてある定められたパーツ名にしなければ有効にならないのではないかと推理しました。
最初、Poser3の犬のパーツ名を参考に試してみました。
すると人フィギュアと同じ名前で同じ順列のパーツ名の所だけ有効になる事がわかりました。
(Poser3犬は全てのパーツで対象メニューが有効です。何故なのかは謎です。)

成る程ど思い人フィギュアのパーツ名を充てる事にしました。
それを元にフィギュア化したら全ての対象メニューが有効になり成功しました。

550black leopard04-03

其の過程で、ちょっと不思議な事を発見したので書いておきます。

black leopard04-06

↑例の一つとして右手です。
メタセコで作製したパーツ名は(rHand)でした。
ところがPoser上ではフィギュアパーツ名が(Right Hand)と表示されます。
どうやら左右対称が全て有効になるパーツ名はPoserが自動的にrをRight、lをLeftと書き換えて表示するみたいです。
もしかしてどんなパーツ名でも、Cr2の対になるパーツ名を全てrからRightにlからLeft書き換えたら有効になるのかなと思っています。
そんな単純なものでもないかもしれないけど。

尚、私は今まで階層の編集ウインドーのボーン自動生成を利用していました。
しかし、はるさんブログのお返事コメントを読んで思い出しましたが、Poserのボーン設定では、似たようなフィギュアからボーンを移し換えるのと、Cr2をテキストエディタで著作権に関わる部分を削除してジオメトリーを自作のものに書き換えてしまうという方法もありました。
今回のようにほぼP3犬と構成が同じフィギュアの場合、Cr2の書き換えの方が簡単かも知れない。
又そうしたら左右対称もそのまま受け継ぐ事ができるかもしれない。
次回似たようなフィギュアを造る時、上手く行くかどうか試してみようと思います。



プロフィール

SanziSannzi

Author:SanziSannzi
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード