FC2ブログ

春・妖精・悪戯

前回のブログで書いたとおりこの程PoserPro2012というのにP8からサイドアップグレードしました。
それで使い始めにかなり綺麗になったという被写界深度とか、今までなかった機能を幾つか試していました。

変な絵ですが其の過程で色々それらを試せると思いついたのが↓の絵です。
(クリックで幾分大きくなります。大きな絵はartistsideにアップしました)

800SpringFragrance04-05x.jpg

まず被写界深度ですがこれは流転四界ぶろぐの記事(Poser Pro 2012の被写界深度)でkyotaroさんが書かれていたので其の確認でもありました。
今まで綺麗に被写界深度を描き出すのを苦手にしていたので楽しみにしていました、結果は全く記事に書かれているとおりで満足のいくものでした。

ただ今までず~っと勘違いしていたことにも気が付きました。
Poserの被写界深度のボケ具合はカメラの設定のfStopで調整します。
之の数値が大きいほどボケ具合が大きくなると勘違いしていました、所が実は其の逆で大きくするほどボケは小さくなります。
今まであまり使っていなかったからでもありますが、Vueではブラーと言う数値を大きくするほどボケが大きくなるからそれも勘違いした要因でした。
おかげでボケを抑えようとfStop0.1とか極端に小さくして、その結果ボケが大きくなりレンダ時間も極端に掛かるようになり嫌になって止めていました。

blogSpringFragrance1.jpg

色んな所ですでに書かれていることではありますが自分用の覚書として書き留めておきます。
①表示メニューのガイドのFocus Distance Guideで
②ピント合わせガイドを表示する。
③カメラのパラメータウインドウの焦点距離でピントガイドをフィギュア等に合わせる。
④fStopでボケ具合を調整する。

このfStopはカメラ用語らしいです、今までバカチョンデジカメしか使ったことが無いので馴染みが無かった(^^;
やっぱりCGソフトはカメラをシミュレートしてレンダするものが多いのでちょっとは知っておかねば・・・

今回は被写界深度以外にPoserのマテリアルルームで大気ノードの距離感も共用しています。
ちなみに今回の設定は↓のようにしました。

blogSpringFragrance4-x.jpg

距離感を有効にするのはこれ以外にシーンの背景に何か無ければいけません。
スカイドームとか唯のポリゴン板でも良いのでシーンの背景に隙間が無いように置いてレンダリングします。
尚、ボリュームにもチェックを入れると光の筋なども表現できるようです。
今回は難しくてそこまでやってないですが以前futenさんがやっておられました。

・・・・・・

次に試したかったPro2012の新機能がGrouping オブジェクトです。
詳しくはPoser覚書の(PoserPro2012を触ってみる その1)をどうぞ。

記事を読んだ時、多くの花弁等をランダムではなく意図的に並べるのに便利ではなかろうかと思い付きました。
例えば↓図のように幾つかの同色の花を一つのGrouping オブジェクトにまとめ全て其のサブセットに含めて保存します。

blogSpringFragrance2.jpg

それを今回は三色分作りました。
後は色の濃い花を中心に白い花を外側になるようそれぞれのGroupinを読み込んで適当に配置してみました。
その後さらに一輪一輪位置を微調整しています、此処まで来ると意外と楽でした。
被写界深度のボケ具合ばかりでなく色彩からも中心(スカート(^^?)から外へパッと広がって行く感じが出ないかなと思ったからです。
実際やってこういう配置が苦手なPoserでもかなり使える手段ではないかと思いました。

それとこのGrouping オブジェクトを使うと内部のアイテムを全て同時に拡大縮小出来るなど便利なことがまだまだありそうです。
例えば服を着せたフィギュアを全てGrouping オブジェクトに入れ、そのGroupingを拡大縮小するとフィギュアも服も全て追随して変化します。
今までいちいち服をフィギュアのボディーにペアレントしないと出来なかったことなのでこれは便利です。
又、削除もGroupingを削除することでいっぺんで出来ます、今までフィギュア、服と個別に削除しなければダメでした。

・・・・・・

後、之は使うまで便利さが分からなかったシーンの保存です。
実際使ってみるとフィギュアのポーズや表情を変えるなど気になるところでどんどん保存しておけば、失敗した時いつでも好きな状態に戻れるので思う存分試行錯誤を試す事ができました。
注意点としてはそういう使い方ではLoad New Sceneで読み込むことでした、Import Sceneでやってしまうとフィギュアも小道具も何もかも2重になってしまいます。 

blogSpringFragrance3x.jpg

全て終了したら要らないデータは削除すれば良いわけです。
これはこれからも大いに活用できそうです。

・・・・・・・

後書きになりましたが↑のキャプチャ画像はPoserPro2012の作業画面を自分の作業しやすいようにカスタマイズしたものです。
ちょっと見た目がP7みたいですが確かにPro2012のものです。
その時LibraryWindowだけがまるでPoserから独立したようになり困ってしまいましたがF3Dで質問して解決しました。
もしかしてデフォルトの方が慣れれば良いのかも知れませんがご参考までに書いておきます。

F3Dの(スレッド: PoserPro2012のLibraryWindowだけ残ってしまう事に付いて。)

・・・・・・・・

キャラクターはMayu for V4・kobamaxさんとbabyfaceA4・pinoさん
衣装はMMJSBforV4A4・mamomamoさんとfantasy tunics of V4A4と妖精の羽・sioneさんです。

二階座敷(和風展参加賞)・HONEYさん
その他DAZの茶室庭園セット等

====================

先日、銀狐(Ras)さんのブログ(菜の花や月は東に日は西に)内に書かれているデジタル金銀箔セットを頂きました。
なんとpsdファイルとPoserでもすぐ使えるPoserマテリアルのセットでした。
psdファイルでの使い方の解説まで付いておりました。
↓レイヤー付きなので自由に加工できます。
Gold08-00.jpg
ほしい方はメールすれば配布してもらえるそうです。

3DCGと組み合わせて使われていましたが2D絵での背景にもよいように思えました。
早速以前Illustratorで描いたバラの絵の背景として使ってみました。

Gold08.jpg
 
Silver04.jpg

心なし絵に品格が付いたような(^^
上、金箔がIllustratorで花の絵を描き始めた頃の作、下、銀箔が去年Illustratorのリアルイラストに憧れて同じバラをモデルに描いたもの。
こうして熱が冷めて冷静に見比べてみると稚拙さは有るものの、上の方のいかにもイラレっぽいバラの方が味があって良いような気もします。
描く時、其のつもりは全く無かったのだけど金箔の上に重ねるとまるで和の絵のようにも見えます。
おかげで2枚の絵を見比べる良い機会になりました。
プロフィール

SanziSannzi

Author:SanziSannzi
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード