3Zi_SkyBall.zip?とSSS?

☆4月3日3Zi_SkyBall.zipに関するIBLライトマテリアル設定のIBL Contrastの説明で、文中と図に間違いがあったので修正しました、申しわけありませんでした。

まずforum3dのお題でレンダ■春眠暁を覚えずと言うのに(眠り姫TY2)というのをアップしてきました。

550Sleeping beauty Ty

TY2用衣装MMH-NeckForTY2はmamomamoさん。
Garden Collectionと桜の木はDAZ。
桜吹雪とテスト用3Zi_SkyBall.zip(下記詳細)は三児でした。
PoserPro2012レンダリングです。

実はこの絵で二つのことを試しました。
一つは今の所PoserPro2012最大の話題のSSS(Subsurface Scatter(表面下散乱))です。
ちょうどkyotaroさんが詳細に前編解説後編解説を書かれています。
特に前編はSSSとは何か基本的な解説になっているのでVueやShade等他CGソフト使用の時にも参考になりそうです。

私はこの解説を読む以前にマテリアルルームのWacroに付いているAdd Skin Subsurface Scatteri...云々と言うのでSSSを試していました。

550SSS01.jpg

①のAdd Skin Subsurface Scatteri...ボタンを押すと②のSubsurface Skinノードが自動的に配置設定されます。
先ほどのkyotaroさんの前編解説によるとSubsurface Skinノードと言うのは人肌に特化したSSSノードなんだそうです、なるほど・・・

550TY200.jpg

レンダリングオプションでSubsurface Scatteringにチェックを入れてレンダリングしています。
①がTY2オリジナルマテリアルのWacro、Add Skin Subsurface Scatteri...適用前、②が適用後です。
同じに見える・・・と最初思ったのですがよ~く見ると②の方が確かに皮膚の柔らか味が表現されているように見えるんですが如何な物でしょうか・・・唇の辺りが良く分かります。
kyotaroさんの後編解説を読むと最新のキャラマテリアルだと基本的な要素を残し他は削除してから設定すると言う事ですが、TY2はほとんどその基本的なノードだけ使われているので、この方法でも簡単に設定出来たのだと思います。
之はWacroを使った受動的な方法ですが、kyotaroさんの後編解説にはもっと能動的で汎用性のある方法が書かれているので試してみようと思います。

・・・・・・・・・・・・・

次にこれはPro2012だからと言う訳ではないですが前から作ってみたいと思っていたPoser用スカイドームです。
これもkyotaroさんのランタイム探索もうちょっと探索が大いに参考になりました。

難しかったのは之が本来の目的のVueによるスカイドーム用HDR画像の作成です。
やり方自体は以前にも紹介した下記ShadeHPで紹介されていますし何回か作ったこともあります。

Vue つまみ食い! Shadeユーザーのための連携講座 1

ただ単にVueでHDR用レンダするだけではスカイドームに貼ったとき不自然になりだめでした。
結局Vueの背景つくりでカメラの高さを1.5メートルから2メートル辺り(人の目の高さ)に置いて足元の周りが平坦な空間になるようなシーンを作って風景を作成すれば、比較的スカイドームに使いやすいHDRが出来るのではないかな、
と言うのが今の所の結論です。

そいう具合に造ったのが↓のHDR(之はブログ用に縮小しています)です。

b3Zi_SkyBall_04.jpg

之を実際スカイドームに貼り付けPoserに読み込み真ん中に鏡状にした球を置いてレンダしてみました。
球の配置やカメラ設定はkyotaroさんの前編解説に書いてある方法です。
但しIDLレンダではなくIBL AOレンダリングです。
IBLライト用の画像にも同じこのHDR画像を張っています。

550b3Zi_SkyBall_02.jpg

鏡球は影が付いているので地面の上に置いてあるように見えますが実際はスカイドームの真ん中辺りに浮いています。
PoserのGROUNDをマテリアルルームで影のみ受ける設定にして地面の影を付けています。
之がほぼ思い通りできたので(眠り姫TY2)に使ってみました。

・・・・・・・・
以下3Zi_SkyBall.zipの説明。
・・・・・・・・

結局スカイドームと言うのは面反転球体(半球)の事でした。
スカイドームについて書かれた記事ではないですがもうちょっと探索文中の
(面は内向きに、UVも内側から見た方向と一致するようにする。)
之ができたらスカイドームが出来るのは確かです。
これは面反転した球をUV展開し、そのUVを左右逆に張替え、球の向きを前後180度回転させPoserに読み込んで作りました。実際あいうえお・・・と書いたダミーのテクスチャを貼って内面から見たとき正常に表示されるか確認しました。
多分間違っていないと思うので出来た小道具を↓に置いてみます、尚、試験的に作ったものなので今後間違いや修正もあるかもしれません、その際はご容赦ください。
P8で造ったのでP8でももしかしてP7でも同じ事が出来ると思います。

3Zi_SkyBall.zip 

何でSkyDomeでなくSkyBallなのかというと文字通り球体だからです(^^;
残念ながら自作HDR画像は容量が大きすぎて添付できません、
Poser付属や既成のHDR画像を繋げて面白いことが出来るのではと思いまとめてみました。
色々実験してもらえたら幸いです。

試しにPoserPro2012に付属(PoserPro2012コンテンツ、デフォルトランタイムのTexturesフォルダの中のHDRVFXフォルダ内の)のHDRVFX_pond_01_v_002.hdrを使いました。
建物はHONYEさんの二階座敷です、PoserPro2012 IBL AOレンダしています。
カメラ焦点距離は20mmです。

550-3Zi_SkyBall-05.jpg

まずマテリアルルームで3Zi_SkyBallについているテスト用画像を別の(今回はHDRVFX_pond_01_v_002.hdr)に張替えます。

4803Zi_SkyBall_07.jpg


ついでに同じHDRI画像をライトのIBL用画像にも貼り無限光源を補助用に一灯使っています。
↓図のようにIBL Contrastは1.0にしています。

5503Zi_SkyBall_05-3.jpg

全体の配置としては↓こんな感じ。

5503Zi_SkyBall_06.jpg

・・・・・・・・

ちょこっと日記

この程先日の大垣市共催コンテストDigital Artist Contest 2012の賞品が届きました。
Shade 13 Professionalのサイドアップグレードを希望していました。

ShadeProfessional02.jpg

何しろこれでShadeのプロになりました、ソフトだけだけど。
プロバージョンだと今後のアップグレード代金も増えるし迷いましたがPro版を手に入れる千載一遇の機会だと思い決めました。
毎回Shadeのアップグレードの度に言っているようだけどソフトだけ良いのを持っていて使いこなせないのは恥ずかしいので何とか勉強して有効的に使えるようにしたいです。
プロフィール

SanziSannzi

Author:SanziSannzi
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード