FC2ブログ

人魚鉢そしてカフェボン十二単

第六回和風展に全三作投了してきました。
Wafu6_L.jpg
作品投稿期間は終了しましたがコメント投稿期間は2012年3月15日(木までです。
和風展会場は此方http://www.wafoo3d.com/wafoo/

・・・・・・・・・・

(第六回和風展三児盆景三部作、其の二) 人魚鉢

(盆景ではないですが水の中に盆景を作るつもりで作成しました。
少しソフト耽美の世界にしてみました。
一応恥ずかしくも物語りを考えたのですが、それは見る方のご想像にお任せいたします・・・)

↑などと物語りはあえて書かなかったのですが正解でした。
作品コメントで、はるさんとniseisyaさんが的確に要点をまとめてくださいました。
私が下手に物語などつけたら興醒め間違いなしでした。
(↓まだ開催中ということでかなり小さく、展終了後大きな絵と差し替えるかも、覚えたいたら)
550Water potted plant01-06

実はこの絵にはヒントに成った絵が無いでもないです、触発されたというか・・・
ウォーターハウスというヴィクトリア朝画家のニンフを描いた絵です。

「ヒュラスとニンフたち」 下から三番目の絵。

余り知られていない画家かも知れませんが、現代ファンタジー画家にかなり影響与えている画家ではないかと思わせる画風です。
絵に似せようと言うつもりは全く無かったですが、なんとなく雰囲気が出ていれば良いなと思っていました。

(使用アイテム・敬称略)

江戸切子(人魚鉢) by 電脳箱庭halrunman

人魚 babyfaceA4 by pino 髪 結綿 割しのぶ by HONEY

とろけかかっている青年 "Alois(アロイス)" for DAZ Michael3.0 Reduced Resolution by jezz (textures)MH M3 ReBirth by ManiHoni  衣装 M3Enbi by hisayan M3Enbi PGPTexture by lazyrose 時計textures Material for M3 Tailcoat by kyotaro

鬼百合 by HONEY 金魚は那央希さん。

他P5骸骨、DAZの睡蓮等々。
Vue8Completeレンダです。

・・・・・・・・

(第六回和風展三児盆景三部作、其の三) カフェボン 十二単 

「カフェボンとは文字通りコーヒーカップ等に似せて作った鉢等を使って楽しむモダン盆栽の一種です。
室内のインテリアとして、今まで盆栽と関わりが無かったような幅広い年齢層で人気があるそうです。」
(↓此方もまだ開催中ということでかなり小さく、展終了後大きな絵と差し替えるかも、覚えたいたら)

550Cafe Bonn Part 2-06m

例え展にアップしたサイズの絵でも各フィギュアが小さすぎるのでPoserで大きくレンダしてみました。

550Cafe Bonn Part 2-b01

絵の中心はこの二人です、二人ともkobamaxさんの真由さん、使っただけで和風と言う出展規定が適ってしまうのではないかという和キャラです。
どうやったのかと言うと、まず十二単を着た真由さんの方を巨大化したコーヒーカップに乗せ、DCシミュレーションをしました。
その後mamoさんのスカジャンを着た真由さんの方を900倍900%に拡大してそのコーヒーカップを掴ませました。
尚、コンフォーム衣装・髪などは真由(V4)のボディーにチェンジペアレントしておけば、真由(V4)のボディーを拡大するとそれに追随して大きくなります。

(使用アイテム・敬称略)

Mayu for V4・Two faces for Aiko3.0 by kobamax
Hair band Collection by Henriette Hasenclever
MMJSBforV4A4・MMYukataForA3 by mamomamo

V4DC壷装束・DC十二単 by hisayan

文楽人形 by HONEY

盆景用鉢は自作しました、他・ DAZで購入の室内セット、花、食器セット・レンダロの髪、コンテンツパラダイスの小鹿等。
此方もVue8Completeレンダです。


・・・・・・・

展後記、
人魚鉢作成中はせいぜい二作が限度かもと思っていました。
所が!
余りに調子よく作成できたので「盆景なら何作でも作れる」と勘違い、思い上がってしまって「(第六回和風展三児盆景三部作、其の二) 人魚鉢」などと説明文に書いてしまいました。
最初の盆景が大鎧だったので閉めは十二単の盆景にすれば良いと簡単に考えてしまったからです。
結果的にすぐ誤りであったと思い知りました、
同じようなシーンで背景やアイテムをとっかえひっかえするだけでは全く面白みの無い、造っていてもつまらない作業になってしまいました。
このままではとても続けられない、と気が付いて、展終了間際、心機一転、全く違うコンセプトにして三作目が出来ました。
それが決まるまで苦しかったですが、決まったらかなり集中して夢中で作成できました。
疲れたけど諦めずに良かったです。

今後、

この程私もPoserPro2012のユーザーになれました。
今までのPoser8とは違う部分が多々有るそうなので何とか使いこなせるように研究してみようと思ってます。
特に楽しみなのがSSSと被写界深度とより実用的になったというIDLです。
今までの私のPCでは事実上使えなかった機能なので楽しみです。
プロフィール

SanziSannzi

Author:SanziSannzi
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード