FC2ブログ

ガラスの鹿 。フィギュアマテリアル設定完了(ほぼ)

ガラスの鹿のモデリング、フィギュア化に続きマテリアル設定もほぼ完了できたのでまとめます。
尚。SSS(Subsurface Scatter(表面下散乱))はPoser9 PoserPro2012専用なので、一旦ガラスの鹿をアップしたあと別データでだそうかなと思っています。

以下の五つのマテリアルを組みました。

①これはデフォルトにしようと思っているブロンズ質感です。
他のマテリアルがレンダ手法で異なる結果が出易い中で比較的汎用性が高いと思えたので。
またテクスチャマップを使っているのでVueやShadeなど多ソフトとの互換性もある程度取れるのではないかと思っています。
Rasさんに頂いたデジタル金箔と銀箔をブロンズ風に加工して使っています。

b5GlassDeer02-01.jpg
b5GlassDeer02-06.jpg


②次は石を磨いたような質感、それこそSSSっぽい仕上がりですがPoserのレイトレースノードのフレネルを使っています。
フレネルは視線に対して正面は透けて見えエッジ部分は周囲からの光を反射したりして影響を受け・・・と説明しようと思ったけど変に間違得ているといけないので止めておきます(^^;
とにかく本格的な高度なレイトレースレンダ手法です、実はこれを使うとこの鹿の場合不正な線のような影が出たので他のノードと組み合わせて出ないように工夫しています。
室内と屋外です。

b5GlassDeer02-02.jpg
b5GlassDeer02-07.jpg

何故、室内室外二枚なのかといえば今までのガラスの動物を作った経験上、透明要素のある質感は室内と室外とでは随分感じがちがってしまう事があるので両方試す必要を感じたからです。
なのでマテリアル設定はどうしても時間が掛かってしまいました。

③名実共にガラスの鹿です。
これが一番時間が掛かってしまいました、これもフレネルです。

b5GlassDeer02-03.jpg
b5GlassDeer02-08.jpg

④カラーメタル質感を作ってみました。

b5GlassDeer02-04.jpg
b5GlassDeer02-09.jpg

⑤最後はグラデーションカラーガラスです。
以前ガラス類の展示即売会で似たような質感を見たことがありなんとか入れたいと思って作りました。

b5GlassDeer02-05.jpg
b5GlassDeer02-10.jpg

・・・・・・

今後の鹿

このマテリアルの細部で目等気になるところがあるのでもうちょっと詰めてみます。
その後ポーズをもうちょっと作ってデータとしてまとめて梱包し、出来たら次回のブログでアップしようと思っています。

冒頭でも書きましたがSSS(Subsurface Scatter(表面下散乱))質感は鹿の大きさも合わせて変えないといけないので、良いのができたらPoser9 PoserPro2012専用データとして別に出した方が良いのではと思っています。

プロフィール

SanziSannzi

Author:SanziSannzi
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード