2014年干支マスコット作製開始。

毎年造り続けている、恒例干支マスコット造りを始めました。
来年は午年、という事で馬マスコットです。
実はモデリングを始めて、最初に造ったのがハニワ君でした(後に(ハニワ君初号)としてリメイクしました)。
そしてそれに対になるように造りたいと思ったのが埴輪の馬でした。
好きだったNHK教育テレビの(おーい!はに丸)の影響も大きかったです。
その時造ろうとしてみたのですが、まだまだそれだけの技量が無く、すぐ諦めて止めていました。
そこで、この際、来年の干支マスコットは、ハニワの馬に再チャレンジする事にしました。

出来たらniseisyaさんの(ハニワ君鎧セット)を着せたハニワ君初号を乗せたり、他のマスコット達を乗せて遊べるようにしてみたいです。

まず鉛筆で下書きをしました。
東京国立博物館のブログにハニワの馬の解説があったので参考にしながら描きました。
↓下手だから例によって小さく(^_^;)

b3Zi_HaniwaHorse00.jpg

それをIllustratorに取り込み、モデリングの下絵にまとめました。
まず、はだか馬の下絵から。
最初本体、装具、鈴等装飾品を一体で仕上げるつもりでしたが、こうして下絵を描いているうちに、分離して作製した方が良いと思うようになりました。
こうしてIllustratorで下絵を描き始めた時点から事実上のモデリングの開始です。

b3Zi_HaniwaHorse05-1.jpg

次に装具、装飾品などを描きました。
埴輪の解説によると、埴輪の馬が作製された頃、モデルになった馬には結構オシャレな格好をさせていたらしいです。

b3Zi_HaniwaHorse05-2.jpg

上の二枚を合わせるとハニワの馬の完成です。

b3Zi_HaniwaHorse05-3.jpg

装飾品は詳細に描いてないですが、モデリングしながら作製して付け足していこうと思ってます。
以上Illustratorで描いた手順で3Dモデリングをしていこうと思う訳です。
今回は本体と装具装飾品の一部をMetasequoiaで、
装具の紐類をShadeで作製しようと思ってます。
やってみないと分かりませんが、紐類は体に密着させねばならないので、ラインフィットが使えるのではないかと期待しての事です。

之を元にしてMetasequoiaではだか馬をモデリングしました。

b3Zi_HaniwaHorse05-5.jpg

之に装具や装飾品を付けたら、ハニワの馬っぽくなるのではと期待しています。
首や足は球体関節的にクルクル動くようにするため、少し埴輪と違う形にしました。
今の所、こんな感じです。

・・・・・・・

今後は一旦間を置いて、形を見直し、それをPoserでフィギュア化し、関節の動きなど見て、巧く行かない場合は修正したりします。
之で良いとなったら、装具装飾品の作製になります。
装身具を造ってから本体を修正するのは大変なので、慎重に進めようと思ってます。

・・・・・・・・

おまけ、今回作業前にMetasequoiaのバージョンを3から4に変えました。
その覚書です、興味のある方だけでもどうぞ。

今まで無料だったのが今回から有料になりました。
それでも変えたのは、今まで覚えたノウハウがあったからが大きかったです、有料になったからと言って、それを捨てる訳にはいかない。
それに特にPoser用のモデリングをする時、親和性が高かったし。
エディションは自分には充分に思えたのでスタンダードの方です。

直接のきっかけは、試用版で試したサブディビジョンサーフェス、ウェイトを使ってみたいなと言うのがありました。例えば鞍を造る時、初期では丸みを帯びた造形を↓
(図はEX版使用中のものです)

b3Zi_HaniwaHorse02-1.jpg

部分的にウエイトを掛ける事により、任意のエッジや丸みを出す事が出来ます↓

b3Zi_HaniwaHorse02-2.jpg

之を使ってみたいと思いました。

其の他、良かったのが、突然異常終了した時の、其の時点での作業内容の自動保存です。
Vueにもありました。
一度だけ経験しましたが、Vueのそれと比べるとデータが少ないためか、確実に回復するようでした。

それと、曲面をフリーズする時、新規オブジェクトとして作製できるのも意外と使えました。

残念だったのが、従来のプラグインが64ビット版では使えないと言うことです。
例えばアンドゥの使用メモリが64ビット版だと8182MBなのに32ビット版だと最大で512MBしか使えません。
プラグイン必須のモデリングもあるので、今の所32ビット版を使わざるおえません、大きなデータを扱う時不自由しそうです。

それと、今まで出来た、オブジェクト名や材質名のコピーペーストが出来なくなった事です、之は結構不自由に感じました。

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

プロフィール

SanziSannzi

Author:SanziSannzi
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード