スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第11回和風展の出展2作品について。

第11回和風展が、今年は諸事情により、4月から5月に変更に成りましたが、無事開催されました。
尚、展会場、運営管理のT2さんによると来年からは5月開催とするそうです。

出展期間が終了したので、今回は作品のまとめをしようと思います。
 
今年は二作品を出展しました、まず一作目は(蔵の中・幻想)です。
(クリックで大きくなります)

1200Warehouse04.jpg

以下出展の時書いた説明コメントです。


 蔵の中、幻想

横溝正史の耽美小説(蔵の中)より、その一節から妄想を膨らませて絵にしてみました。
と言っても、誰でも知っている読んだ事の有ると言った小説でも無いので、簡単に書いておきますと。

とある蔵座敷に美しい姉弟が暮らしておりました。
二人は肺の病に侵されておりまして、小説の書かれた昭和10年の頃は隔離するしかない病だったようで、それで蔵の中に籠って暮らしていました。
弟にやさしい姉でしたが、死の近づいてきた緊張感にとうとう気まで侵されて、ある日弟を無理やり押さえつけて、その腕に針で刺青を入れてあげると言いだしました。
姉は歌舞伎の役者絵が好きで、何枚か貼って観るのを楽しみにしていましたが、その中の特に好きな(五代目菊五郎 弁天小僧)の刺青を、弟の腕に自ら彫ってあげようとしたのでした。

とまあこんな感じの一節で有ります。
この後小説は合わせ鏡の様な虚実が前後して描かれる展開に成るのですが、知っている方も知らない方も、妄想をたくましゅうしてご覧に頂ければ幸いです。

主な使用アイテム。
HONEYさん。
蔵座敷(第10回和風展参加賞)・行灯・大名時計・鼓・折鶴・羽子板・簪。

hisayanさん。
階段箪笥(第10回和風展参加賞)。

tweetyさん。
開閉番傘(破れ傘に加工してすみません)。

三次。
チューリップ(第10回和風展参加賞)・文化人形。

PosePro11でレンダリング。



以下より詳細に追加説明おば・・・

映画化もされており、どちらかと言うと映画の方が有名なようで、あらすじを読んだところ、小説とは少し筋書きが違うようです。
もしかして、映画の方でご存知の方が多いかもしれませんが、私はそれは見た事が無く、小説の方から着想しています。
説明文の中に書いた(五代目菊五郎 弁天小僧)の役者絵、と言うのはたぶん絵の中のふすまに貼っている絵ではないかと思われます。
小説に書かれている絵の記述を基に調べたら、ほぼその通りの絵を見つける事が出来て、驚いたし嬉しかったです。
小説自体は横溝正史の創作したフィクションですが、描かれた世界は当時の現実に根ざして書かれているので、しっかりリアリティーが感じられるのだなと思いました。

そして私にとってこの絵の肝はtweetyさんの番傘で有ります。
ご覧の様にMetasequoiaで加工して、ボロボロにくり抜いております。

bWarehouse01.jpg

赤マルで囲った部分ですが、ドクロの形にくり抜いてみました。
観る人に死や不吉とか不安を予感させるのではと期待しての事でした。
曖昧なので気が付いてもらえないかもと思ったのですが、あまりにあからさまだと品が無いと思い、もし気が付いたら面白いと思える程度に留めました。
例え気が付いてもらえなかったとしても、自分として一番工夫した部分で有りました。
従って、各アイテムの配置や構図等、この番傘を中心に構成していきました。



続いて二枚目は(時の蜃気楼)です。
(クリックで大きくなります)

1200Mirage at time03

以下出展の時書いた説明コメントです。


時の蜃気楼

月明かりの中、荷馬を江戸へと引く二人の前に忽然と出現した蜃気楼。
それは昔語りに聴く竜宮城か、はたまた遠く異国の風景か、それとも未知との遭遇(レ・ミ・ド・ド・ソ)か。
だが、それこそが時の蜃気楼が映し出した、おおよそ百五十年後のこの地の風景で有ろうとは、想像だにする事は出来なかった。
(と此処まで書いて、果たしで自分は百五十年後の世界を予想しうるであろうかと、ふと思いを巡らすのであった。)

「プラント工場」 バージョン35、第10回和風展参加賞・お堂・電脳箱庭はるさん。
P4馬用荷馬馬具・石灯籠・M3用着物セット・M3町人髷・ぶら提灯・HONHYさん。
M3草履・hisayanさん。

使用ソフト・Vue2015Complete・Poser11Pro
 


より詳細な説明をば・・・。
此方の方は時間テーマのSFです、元ネタはありません。
最初シンプルな工場夜景の絵にしようと思って作成を進めていました。
しかし不意に僅か150年程度昔は江戸時代だったのだなあ、偉い変化したものだ、そう思うと感慨みたいな気分を抱いてしまいました。
その気持ちを一枚の絵に出来ないものかと試みたのがこの絵です。
之は大変だと思ったものの、背景に勿論はるさんのプラント工場を、前景にはるさんのお堂と、江戸暦HONEYさんのアイテムで江戸時代の風景を配して、何とかまとめてみました。

でも本当に大変なのはライティングでした。
工場夜景の写真を参考に試みてみたのですが、何しろ不夜城プラント工場、夜間いつでも緊急事態に対処できるように各メーターやバルブの調整が出来るように、要所全てに照明が施されているのだそうです。
その無数のランプによる照明感を出すのが非常に難しかった。
細かい事ははしょりますが、Vueのエコシステムと言う便利な機能ではライトが使えないとわかり、結局複製散布で無数のライトを配置しました。
その上で、如何にも有りそうな場所には、目立つようにカメラに向けたスポットライトを追加で配置しました。

bMirage at time01

まだよりリアルなライティングが有ったと思うのですが、今回は之が限界でした。
 


今日の後書き。
元々Poserクラブと言う所から始まった和風展ですが、今やPoserに限らず色んなCGソフトを使った展示会に成りました。
幸いこれからもT2さんのご尽力で開催されて行きそうなのでほっとしています、私の干支マスコット作りもですが、年に一度というスパンも良いのかもしれません。

さて今後ですが、まずはガラスの馬の仕上げが優先です。
その合間に前々回書いた(ZBrushCore)というスカルプトモデラーソフトの勉強を始めました。
ZBrushCore超入門講座と言う参考書まで用意しました。
何しろ勉強をすると途端に睡魔に襲われる持病持ち(T_T)なので、一日数ページずつ、でも必ず毎日少しずつでも進めています。
今の所・・・

bZBrushCore01.jpg

こんな感じ・・・
感の良い人なら一日で進みそうな所ですが、此処は焦らず進めて行こうと思ってます。

そして、そして!
いよいよ自作VRです。
待てば海路の日和あり。
先5月25日に、メール配信されるShade3Dマガジンで「月イチ新連載!「VRコンテンツへの道」!!」という企画が始まりました@@!
全く取っ掛かりの無かったVR自作ですが、之で光明が見えて来ました。
なんでもShade3Dだけでなく、 Unityと言うソフトも使うのだそうです。
Unityは名前だけは聞いた事が有って、ゲームを造り易くするユーティリティーかな~~位の認識です、違うかもしれない。
まずShade3D部分は問題ないと思うのですが、 自分がUnityが使えるかどうかです。
もし Unityが使えるの前提の解説だと、相当難しく成るかもしれません。
でも五里霧中だったこれまでと違って、確実に前に進めそうで、とても嬉しく思っています。


スポンサーサイト

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

プロフィール

SanziSannzi

Author:SanziSannzi
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。