ステンドグラスルーム パース

(付記 5月12日 artistsideのウィークリーに選出されました。)

CGを始めてからずっと憧れていた事の一つに建築パースがありました。
建築デザイナー等がプレゼンやデモンストレーション用に作製するのだと理解しているのですが、絵画の芸術的な建物の絵とは違う、洗練されたアートとしての魅力を感じておりました。
そこでIllustratorでステンドグラスが描ける様になったら、それを使った部屋を造って是非チャレンジしてみたいと思っていました。
本物のパース図とは違うかもしれませんが、パース作家さんの描く室内パースにインスパイアされ自分なりにリスペクして作った絵としてみてもらえたら幸いです。←英語の意味は当然良く分かっておりませんです(^^;
artistsideにはもっと大きな絵をアップしました(↓クリックである程度大きくなります)。

s800-3-0StainedGlassRoomPerspective01.jpg

まずIllustratorで描いた絵が↓の①です。

23-04StainedGlass01.jpg

ヨーロッパの古い教会のステンドグラスの絵だったそうですがそれを参考に鉛筆で下絵を描きました。
幾何学模様のフレームの構造を探りながら描き、ワッカの中の模様はアレンジしました。
①はそのままテクスチャとして使っています。
②は黒い枠を抜き出したもので、それをホトショで加工しステンドグラスの継ぎ目のわずかな膨らみを表現する、③バンプマップにしました。

以下IllustratorからShadeへの覚書程度の事ですが、に興味のある方だけでも見てもらえればと。

↓次にその一番外側のペジェ曲線だけ抜き出しShade12にエクスポートしました。
(注)この時、Illustrator8EPS、透明なしでセーブしないとShadeに読み込めません。

23-04StainedGlass02.jpg

①下のほうが抜けているのはShadeでひとりでに閉じられた線形状になるからです、もし最初から閉じた線形状をインポートしてしまうと二重の線形状になってしまいます。

③その閉じた線形状を自由曲面に入れ、それを複製し移動したり伸ばしたりする事により立体的な窓枠形状にしていきました。

又其の線の一部を抜き出し、他の自由曲面に入れる事により壁や天井まで出来ました。
床を除くフロアーの全ては最初に入れたIllustratorのペジェ曲線から出来ている訳です。

・・・・・

8角形縦長のドーム状の部屋が出来ました。
この後、室内パースではカメラ位置、設定をしっかり決めてしまうのが良いようです。
高さは人の立ち位置から座り位置、焦点距離は人の眼の50mmより広角にした方が部屋の収まりが良いそうです。
そこで今回は35mmにしました。
之はPoserやVueで室内シーンを造る時も応用できるのではないかと、

・・・・・・

後は照明です。
まがりなりにもパースにチャレンジだったので現実でもありえる照明器具を置いて、それで全てまかなう事にしました。
そうなるようにフロアーを造る時Shade内に定規を置き作製しました。
天井にダウンライト(天井に取り付け下方向に照らすライト)それを補う電球2灯内蔵のフロアランプを造って四つも置きました。
部屋自体はそれで足りそうに思えました。
其の後Poserからウエディングドレス姿のV4(ビクトリア)をインストールして入れました。
大きさは想定どおり、やや天井が高めに感じられる程度に読み込まれました。
所がV4がどうにも暗い・・・
V4に合うようにすると部屋が白飛びしてしまう、どうも天井が高い為かも。
考えあぐねた挙句、部屋の質感の反射率を大きく変えピカピカ反射するようにしました、之で随分明るくなりました。
又結婚式場などで記念撮影をするときスポットライトを当てていたのを思い出し、新たに小じゃれたスポットライトを造り置きました。

・・・・・

最初想像したステンドグラスルームと感じが違ってしまいましたが、予定していた、
Illustratorで描いた絵を元にしてステンドグラスルームの自作、それを部屋の壁に反射させて煌びやかにする。
室内灯の自作はできました。
之で終わりではないですが、自分としては室内パースのイメージに一歩近づけたと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

完成お祝い

いよいよ、パース画の完成ですね。おつかれさまでした。
部屋全体がクリスタルで出来ているような不思議な空間を感じます。
なんといってもステンドグラスが猛烈にきれいで、壁の反射も見事。
四隅の照明スタンドもモダンな作りですね。

奥の壁に映った人物の影は無いほうが自然かもしれません。この建物
の場合、光はステンドグラスの窓と天窓から差し込むのがメインの光源
となり、人物に当てる補助光は目立たないようにしたほうがいいような
気もします。
なるほど、このあたりの照明に試行錯誤されてご苦労されたのですね。
確かに難しそうです。私だったら、半日で諦めてしまいます。はい。

ふと、案が浮かんだのですが「和風ステンドグラス」とか「行灯ステンド
グラス」とか「切り絵ステンドグラス」・・うーーん、難しそうだけど何かに
使えないかなぁ。と考え中。(^^)

はるさん、今晩は(^^

棟上お祝い・・・じゃないけど有難うございます。
どうにもマニュアル通りに明るさ設定したら暗くて、
部屋を作るとき定規を当てて造ったのですが、そこの所はいまだに分かりませんが、単位を変えてほぼ対処しました。
それで部屋の明かりは充分になってもV4を立たせると暗くて?
ちょうどこの絵のスカートのような感じになります。
それで人物に当てる補助光スポットライトを付けました。

はるさんはCADもされるのでパース図もお詳しいかもしれないと思っております。
部屋で写真を撮るときフラッシュを炊いたりスポットライトを当てないと暗い写真になってしまうので、一概に間違っているのではないかもと思うのですが、成る程、白いボリューム光筋を出してしまうと不自然に見えるのかもしれませんね。
artistsideでもその補助光ボリュームライトが整合性を出すのが難しいようなコメントをいただきましたが同じ事だったかも。

V4を入れてとたんに照明が難しくなってしまいましたが、おかげでこの反射する壁が出来たと思います。
今見直すと之はパース図形態の万華鏡だな~などと思えたりします。

はるさんがステンドグラスをやると昭和ノスタルジー溢れる情緒豊かな作品になりそうですね。
之は負けないように私も精進しないと(^o^
プロフィール

SanziSannzi

Author:SanziSannzi
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード