怪談ノスフェラトゥ

昨晩forum3dの(お題でレンダ■過去のお題リベンジ)で(怪談ノスフェラトゥ)を提出しました。

以前一度吸血鬼ものをアップした事があり、スタイリッシュな怖さを出したのだけど、すっかりお笑いになってしまった苦い思い出があり、リベンジのつもりでした。
ところが過去のどのお題を見ても其の絵が見当たりません、F3Dだった事は間違いないのだけど一体あの絵は何処へ行ったのだろう・・・

(注!クリックで大きくなりますが、ホラ~の苦手な方はご注意ください)
800Nosferatu02.jpg

ノスフェラトゥとは、ホラー映画の解説書には必ず出てくる吸血鬼映画の元祖と言える無声映画です。
版権の関係でノスフェラトゥとなっていますが実際の原作はブラム・ストーカーの吸血鬼ドラキュラです。
先日BSプレミアムで放映される事を知り慌てて録画予約しました。
怪物映画というだけでなく映画史的にも有名な映画だったので見られて嬉しかったです。

私が以前聞いた話ではノスフェラトゥを演じた舞台役者マックス・シュレック氏は、初めてメイクアップした自分の顔を鏡で見たとき、あまりの怖さに失神してしまったそうです。

今回は何故か日本に現れたノスフェラトゥが官能的な浴衣美人に襲い掛かると言う設定です。
映画では貞淑な人妻にうつつを抜かし時を忘れ、朝日を浴びて消えてしまいましたが、果たしてこの官能浴衣美人はノスフェラトゥを倒す事ができるのでありましょうか・・・

ノスフェラトゥはM3RRの顔を一生懸命いじってみました。
M3RRはDAZのM3のローポリ版ですが耳が尖ったり顔の変化にも多様なギミックが仕込まれて、今回のような用途にはM3やM4より最適なフィギュアです。
テクスチャはjezzさんのaloisを加工しました、なにしろ元がjezzさん作なので結構吸血鬼らしくなったと思います。

浴衣はmamomamoさんです、DCに変換しています。
官能浴衣美人はkobamaxさんのTwo faces for Aiko3です。
高級旅館に見立てた部屋はHONEYさんの書院座敷です。

☆追加でライティングの事も少し書いておきます。

レンダリングはPoserです。
夜のシーンだったのでIBLの画像にPoserランタイムのTexturesフォルダからHDRVFX>HDRVFX_albany_night_v_002ccを指定しました。
HDR画像なので、マテリアルルームでライトノードのIBLコントラストを1に設定しました。

他にもノスフェラトゥは影の使い方が特に評価されている映画なのでスポットライトを2灯使いました。
其のうち一灯は木の枝が細かく写っている影用の画像を繋ぎました。
そうすると細かい枝が血管のように見えて吸血鬼映画の雰囲気が出るのではと思いました。

・・・・・
ポリゴンワンコ作製日記
・・・・・

どうせ造るのならと思い出来るまでをミニ日記風に記録しておく事にしました。
途中で頓挫する可能性もありますけど(^o^;
それではポリワンコのモデリングが終わったところから始めます。

↓前回書いたUVマップの展開図です。
フィギュアに模様を張らない場合は必要有りません。

uv550GlassDog2.jpg

↑上の方の一番長いのが頭首胴の背の方、その下が腹の方です。
頭、首、胴、とばらばらにした方が正確なUV展開が出来るのですが、そうすると頭から胴体まで続くような柄を入れるのがとても難しくなります。
何処まで繋げるかバラスかが毎回悩みどころです。
この絵をテンプレートにして柄を描くとポリゴンワンコに模様を貼り付けることが出来ます。

↓いよいよPoserに持ち込んでボーン設定です、コレをやっておくとポリワンコに自由にポーズを取らすことが出来ます。

550Greyhound04-2.jpg

取り合えづ頭と首の関節の調整が出来ました。
このとき囲いの所の元が yTran zTran xTran という所をそれぞれに合わせてTwist Side-Side Bend と書き換えておくと仕上がりがスタイリッシュになります。
実は最近気が付きました(^^;

550Greyhound05.jpg

↑頭、首が動くようになりました(^^
こうしてフィギュア化するとポーズごとに何個もモデリングしなくてもすむ訳です。
動かしても各ポリゴンの面が妙に歪まずにレンダリングできたのでひとまず安心しました。
後は地道に各関節の調整が続きます。
目標は座ってお手です。

コメントの投稿

非公開コメント

bone

sanziさんこんにちは。bone設定ではいつもうまく行かずに頭を抱えています。bone設定の図を見て思ったのですが、私は頭の根っこのところで首と頭を切り替えていました。sanziさんの切り替え点を見るとsanziさんは頭の根っこより胴に近いところで切り替えていらっしゃいます。このほうが動きがいいのでしょうか?

koutyaさん、こんにちは(^^

私のは自分の好きなように工夫しいしいしているので、ボーン自体はあまり参考にならないと思います。
其の自由気ままに工夫して上手く行った時の快感が面倒さや難しさを陵駕してしまうので続けられてます(^^;
今、思いついたのですが、動物フィギュアを作製される時はPoser付属の犬などを参考にすると効率的だし確かなのではないでしょうか。

>私は頭の根っこのところで首と頭を切り替えていました。

私も最初同じようにしていました。
今までのパンダなども同じでしたが、今回は首と頭部が斜めになっている為か上手く行きませんでした。
そのため色々工夫してみた所、図のような位置で上手くいきました。
今後後ろ足が尚難しくなりそうですが、同じような感じでジタバタしながらやってみたいです。

なるほど

ご返事ありがとうございます。
動物や虫などを擬人化したモデルにBoneを仕込むとき苦労していましたが、マニュアルどおりでなくカットアンドトライでケースバイケースで動きやすいように仕込むほうがいいようですね。確かに、フィギャー化したモデルを参照してうまく動かなかったことがたびたびあり途中で放り投げた(元のモデルのせいにして)ことが多かった記憶があります。
お題にレンダでsanziさんに教えていただいた”メタル”を出そうかと思ったのですが、sanziさんの推測(DAZの仏像やレンダ結果)が大当たりでしたので恥ずかしくなり控えました。何かの機会に、それとなく出させていただきます。

koutyaさん、今晩は(^^

私はものぐさなのでマニュアルも最初覚えたTIPSを使いまわしてワンコ造りしています。
以前ポザクラブで閲覧できた凄く簡素なマニュアルなんですが、オリジナルフィギュアを作成する最小の基本的な情報が的確に含まれていました。
私は紙に落としているので良いのですが、今では見られなくなっているのが残念です。
なのでそのマニュアルに含まれていない事は、そのつど工夫しつつ作成しています。

でもPoserの場合動く人形に特化しているソフトなので、他ソフトに比べるとフィギュア化は元々簡単なのではないかと思われます。

あ!私のために控えられてると心苦しいです(^^;
大仏など偶然私も持っていただけでして、是非お題にもチャレンジしていただきたいです。

再チャレンジ

sanziさん、変なことを書いてお気を使わせてすみません。sanziさんのせいではありません!自分なりにお教えいただいたチップスを完全消化して自分なりのテーストに出来ていないだけです。いつかきっと黒光りを使った絵を出したいと思っています。
ワンコばかりに目を取られて「怪談ノスフェラトゥ」を詳しく見ていなかったのですが、影の血管網は木の枝でしたか。そういわれれば・・・ですが、あれはホラー模様です。

koutyaさん、おはようございます!

了解です(^^
あせらずに進めれば良いかと思います。
納得できる絵がいつか出来ればいいですね。

あ、血管を何故か血脈と書いていた、おかげで気が付きました、修正しました、有難うございます。
以前から木を見上げては枝がまるで人体図の血管網みたいだと思っていました。
枝ばかりでなく葉の葉脈もそうですよね。
枝も葉脈も養分を葉っぱや芽や花に送る働きをしているのだから血管に似ているのかな~などと想像していました。
それで木の枝を影に使ったら血管網のように見えたのかも。

ノスフェラトゥというんですね。

こういう怪人の映像はステレオタイプなホラーのイメージとして
時々見かけますが、有名な映画だったんですね。
知りませんでした。

sanziさんは以前の作品でも使われていましたが
「シーン内に存在しない物体の影が投影されている」という
技法はちょっと真似してみたくなりますね。
もっとも、私が作ってるような画では使いどころがないのですが(笑)

アークさん、今晩は(^^

私は世界映画怪物大図鑑(^^;とかいうのを愛読していたのでノスフェラトゥは子供の頃から良く知っていました。
日本だと、悪魔が来たりて笛を吹く、のポスターとかもろ之でした。
もしかしてスターウォーズとかハリポタの悪の大ボスもこの流れを汲んでいるのかも・・・

影はライトの拡散色に画像を繋いで使っています。
一番面白かったのはステンドグラスを繋いだときです。
まるでステンドグラス越しに陽が射したような効果が出た事でした。
本格的なレイトレースを使わなくても時間も早く済むし綺麗に描けました。
プロフィール

SanziSannzi

Author:SanziSannzi
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード