ガラスの黒豹改めブラックレオパード(仮名)

前回までガラスの黒豹と名前を付けていましたが、ちょっと気取ってブラックレオパード(黒豹)なんてのはどうだろうと思ってます。

モデリングのうち造形が終わったので一旦まとめようと思います。

①前回の下絵を基にメタセコイヤで3Dモデリング開始。
 まずは胴体から。

②まるでアシカみたいですね~
 そこで胴体の一部を選んで、

③ニョキッと伸ばし足を作ります。

④同じようにしてシッポと耳と口を造りました。
 前回はシッポと耳は別に造りましたが、今回は胴体から全て引き出す方法で継ぎ目無しの一体型にしました。
 この段階からPoserに読み込み、質感設定も兼ねてテストレンダを始めました。
 非効率なのかもしれませんが、やっぱりレンダ画像にすると修正すべき所がわかって良いです。

⑤今回は口をモーフで開けようと思い牙を造って入れました、其のイメージ画です。

B-burogu02.jpg

↑モーフでこんな具合に開けば良いのですが、牙が上手い具合に動きに合わせて動くかなど未知の部分も多いです。
爪も造り足の中に引っ込めた。これもモーフで飛び出させる予定です。

↓質感設定は今回も何個か試してみたいと思っていますが、第一案は真っ黒にするのではなく白金仕上げを目差してみようと思っています。

550black leopard02-7

・・・・・・
これからのブラックレオパード(仮名)

この後、メタセコイアでUV展開、其の後フィギュア化の為のパーツ分けです。
前回のガラスの犬はフィギュアメニューの対称は体全体の左右対称はできましたが、腕や足、個々の対象は動作しませんでした。
これはどうやらパーツ名を人フィギュアと同じにしなかったからではないかと予想しています。
今回は人フィギュアと同じパーツ名にして試してみようと思ってます。

コメントの投稿

非公開コメント

本格的

おはようございます!

ブラックレオパード、グラスドッグからさに進化されていますね。
3面図を丁寧に作成されているのも見習わなくては思いました。
ポリゴンモデリングもいよいよ本格的になり、
よりリアルな造形になっていくのを目の当りにしてスゴイな~っと目がパチクリ状態です。
やはりsannziさんのデザインセンスが光っています。

私はこの押し出しモデリングをくつぎけんいち先生のブログ”萌えろ!CG道場+”で教わりました。
メタセコイヤを使ったいのししのモデリングですが、
生まれて初めてモデリングというものを体感する事が出来ました。
(ただその後が挫折の繰り返しですがーーTT)。
しかしsannziさんの一連のオリジナルフィギュアのようなCoolなものは私には作れていません。
sannziさんのように常に学習・実践されている姿を拝見すると、
私ももっと勉強しなくてはと思うばかりです。

mamomamoさん、今日は(^^

確かに3面図を描いた効果がありました。
特に上面図を描いていて良かったです、こういうオリジナルフィギュアを造る時はイメージをしっかり持つ為にも必要かもしれません。
体手足の長さの比率だけは忠実に造ったので、其の他はかなり自由にデザイン、モデリングしたにも関わらずなんだかリアルっぽくなったように思います。

>私はこの押し出しモデリングをくつぎけんいち先生のブログ”萌えろ!CG道場+”で教わりました。
メタセコイヤを使ったいのししのモデリングですが、

あ!そのページは私も見ました、でも当時まさか自分がこの様な動物を造るとは思わなかったので試していませんでした。
もしあの時真面目にやっておけばもっと早くこういうタイプのフィギュアを造っていたかも・・・
他所でこういうフィギュアのモデリングを覚えたいと言うコメントもあったので、探し出して次回のブログで紹介してみようかな。

絵造りは良いアイデアが浮かばなかったり、ソフトを使いこなせなかったり、PCパワーが足りずに辛い思いをしたりする事が多いですが、其の点モデリングは一歩一歩前進している実感があるし楽しくて良いです。
勿論絵造りも続けていきますけど。
mamoさんの服つくりはモデリング以外にも多様なプログラムの知識が必要だし凄いなと思ってます。

迫力あり

「ブラックレオパード」って名前はmacの新OSかと思ってしまいます。(^^)
豹らしい体形になってきましたね。SF映画とかに出てくる動物ロボットの
ようです。やはり、目は光ったりするのでしょうか。

ロデムっぽくなってきましたね~。

それにしても綺麗に造形されますね。メッシュの形状を残したモデリングというのはいたずらにメッシュを増やすのではなくメッシュの1面1面が重要な意味を持ちそうでかえって難しそうな感じがしますね。

漆黒が確かに似合いそうです。目を3角形寄りにするとロデムそのものになりそうです。

こういうのを見てると私もHexをいじりたくなってきます。 あっ、でも私の場合はCR2まで作り上げる根性が無いのでPP2みたいな。(^^;

かっこいい!

グラスドッグもお見事でしたが、ブラックレオパードもかっこいいですね。顔のアップに惚れました。もし私が外人さんなら「WOW,COOOOOOOL!」と叫んでいることでしょう(笑)。
ところで「対称」のところはどういう意味なんでしょう?私はよくリボンのパーツがある服を作りますが、「r_Ribbon」「l_Ribbon」って感じで「r」「l」を付けさえすればPOSERは左右対称のパーツと認識すると思っていましたが…。

はるさん、今晩は(^^

そう言えばMACのOSは猫族だったですね(^^
本当に有るかもしれない。
ちょっと置物を逸脱してロボットぽくなったかもしれません。
でもアンティーク置物でも肉食獣を描く時は結構怖く造形されているので良いかなと思ってます。
目はVueで発光などさせても面白いかも!
追記・・・
そういえば画像掲示板の切子のキャンドルグラスを見ました、Vueであんな風に光らす事が出来るのですね、とてもリアルで綺麗な灯でした。

thattori43 さん、今晩は(^^

やっぱりロデムを連想されましたか!
黒豹=ロデム、日本人には大きな影響を与えているのですね。
ロデムは意識せずにあくまで黒豹を参考にしたのですが、自分でもぽくなったと思います。

メッシュを活かす造形はモデリングの練習に良いのではと思っています。
この状態からさらに細かくポリゴンを刻みまして、筋肉の隆起など掘り込めばリアルな造形も可能ではないかと。

mamoさんはHexでされてるそうですが、もしかしてUV展開などHexの方が綺麗に出来るのかな・・・
メタセコも歴史があるしポリゴンモデリングでは負けてないと思うのですが。

niseisyaさん、今晩は(^^

顔はやっぱり一番難しかったです。
目や耳だけポリゴン数を増やす訳にもいかないし、
増やせば出来るというものでもありませんけど(^^;
これからもずっと難しいだろうなと思います。

対称はポージングの時、例えば左脚だけ動かしてフィギュアメニューの対称から、左脚を右脚にコピー、を適用すると右脚が左脚と同じポーズになります。
所がガラスの犬ではそうなりませんでした。
之は推理するに決められたパーツ名の時だけ適用されるのではないかと思ったわけです。
つまり腕や脚などPoserの人フィギュアと同じパーツ名にしないと適用されないのかも知れないので、それを確かめてみようと思ってます。

No title

着々と進んでいますね。
口を開いた顔つきがメカっぽくてかっこいいです。

miluraさん、こんにちは(^^

確かにメカぽくなってますね。
気分はやはり置物シリーズなんですけど、動くともうサイボーグ豹にしか見えないかも(^^;
口より目のほうがよりメカっぽく見える要因なのかもしれません。
質感設定で置物に見えるように出来ないかなと思ってます。

すごい!!

sannziさん,こんにちは。今度はブラックレオパードなんですね。グラスドッグのモデリングの記事を読んでいても感心するばかりで、今回のブラックレオパードでも”ニョキッとな"と簡単に書かれていますが、実際やったことない私には”そうなんだ”と思う反面何もわかっていません。ただただ、後ろから応援するだけです。その上、完成品をありがたくいただいてすごいなぁと使わせていただくばかりで、心苦しいのですが何も出来ずにすみません。

koutyaさん、今晩は(^^

ニョキッは前回のやり方を思い出しながらやりました。
こうしてブログに残しておくと自分でも参考になる記録になっていて良いです。
でもやり方は分かっていても形状によって違うし同じようには行かなかったです。
私も作りながら分からない所が次々出てきますが、それを解き明かすのも面白くなりました。
今回もどのくらい完成品と言えるものが出来るか分かりませんが、配布と言う目的があると自分でこっそり造るより励みになって良いです(^^
プロフィール

SanziSannzi

Author:SanziSannzi
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード