ブラックレオパード(黒豹)マテリアル終了

(11月23日追記でマテリアルの注意事項を書きました)
(11月27日カラフルガラス質感を追加しました)

ブラックレオパード(黒豹)のマテリアル設定が終わりました。
まとめの段階でどうしても気になる所が出てきたら修正するかもしれませんが、ほぼ之で決まりにしようと思います。

↓まず基本のモノクロのメタル質感でレイトレース無しでレンダも軽いマテリアルです。

Metal m01

↓次は白金、メタルにレイトレース反射ノードを加えました。
レイトレース設定でレンダするとそれなりに周囲を反射してレンダされますが、レイトレース無しでもそれなりにレンダされます。
白金(プラチナ)は見た目、銀やアルミなどと同じですが、何しろDAZでもプラチナ会員というくらいだし高級なんであります、という訳で白金と言う事にしていただけるとありがたい(^^;

Platinum m01

↓はブラックガラス_レイトレーシング、半透明っぽい黒ガラスをイメージしました。
一番黒豹らしい質感かもしれません。
之もレイトレース反射ノードを使っていますが、レイトレース設定でなくてもそれなりにレンダされます。

BlackGlass_RayTracing  m01

↓(11月24日追加)
ブラックガラス_レイトレーシングはシーンによって使い辛い場合があるようなので、レイトレースノード無しのマテリアルを追加する事にしました。
ブラックガラス_ノン_レイトレーシングです、もし上のレイトレースブラックガラスで上手く行かない場合は此方をお試しください。

BlackGlass_Non_RayTracing m01

↓はレイトレースを使った透明ガラスです。
ガラスの犬のレイトレース質感にブルー着色しました。
キンとしたガラスの透明感を保ったまま着色できるよう工夫が要りました。
之はレンダ設定でレイトレース設定する必要があります。

Ray tracing glass m01

↓(11月27日追加)屈折レイトレースノードを使ったカラフルガラス質感です。
上記透明ガラスにカラフルな色を充てました。
もはや黒豹でもなんでもなくなりましたが思いついてしまったもので(^^;

Ray Colorful glass m01

↓は豹柄のテクスチャマップを充ててレイトレース反射ノードを充てました。
これもレイトレース設定でなくてもそれなりにレンダされます。
黒豹でなく普通の豹柄の豹になりました(^^

Leopard Spots01

・・・・・・

後はポーズ集だけになりました。
幾つか造っているのでそれを調整しつつ、もう少しばかり造り足してみます。
満足できる出来とは言えないまでもやれるだけの事はしました、いよいよ長い旅も終わりです。

・・・・・・
追記

まだ配布前ですがマテリアルに付いて留意点を書いておきます。
どうやらPoser6~7でレイトレーシング設定レンダした場合、マテリアルによっては不正な影が出るようなので一応Poser8推奨と言う事にします。

480burogu06-6-1.jpg

①P6P7でレイトレーシング切りでレンダした場合、どのマテリアルでも支障はありません。

②P6P7でレイトレーシング入りでレンダしたばあい、不正な影が彼方此方出ます。
 マテリアルによってとても気になります。
 尚、レイトレーシングノードの無い(メタル)と(ノン レイトレーシング ブラックガラス)質感は関係ありません。

③P8ではレイトレーシング入り切り関係なく綺麗にレンダできます。

どうやらP6P7ではポリゴンが大きいと影が出るのではないかと推理していますが分かりません。
P8ではなんら支障はないので一応P8推奨にしました。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

いよいよ完成ですね。すごく楽しみです♪

Poserってガラスのリンダリングすごく難しくありません?
はるさんがVueやCarraraでレンダリングしたガラスわんこ見てると無性にVueやCarraraが欲しくなります。

豹柄のテクスチャがけっこう違和感なくてちょっとびっくり!

No title

ブラックガラスが一番かっこいいですね。
白金・・・しろがねは、今「からくりサーカス」を読んでいるので反応したりして。ちょっとだけ黄色味入れてチタンというのもありかな?
カーボンファイバーというのもアリかもですね。
豹柄もかっこいいものに仕上がっていますね。
顔部分、額から目、鼻へかけてクマドリしたような模様が有るとなおいいかもです。

NooNさん、こんにちは(^^

ノロノロながら確実に歩を進めてようやく此処までたどり着きました♪

ガラスはやっぱりVueやCarraraには適いませんね。
私の設定が及ばない事もあるかもしれませんが、やっぱりPoserは人フィギュアを対象にしているんだなと思います。
人肌の表現は負けてないですから。

豹柄は先日ブログに書きましたが、思いついて貼ってみた所意外と似合って自分でも驚きました。
リアルなフィギュアだと毛並みの方向性だとか描かないといけないので難しいと思うのですが、こういう置物風だと充分使えるのではと試しました。
それまで、どういうテクスチャ画像にしようか見当も付かなかったので助かりました。

miluraさん、こんにちは(^^

ブラックグラスは一番多く種類を造りました。
フレネルノードを使ったのもかなり良い感じまで持っていけたんですが、今一ポリゴンの輪郭が出なくて此方の反射ノードを使ったのにしました。
反射ノードは屈折ノードより計算は速いし設定も楽なんですが黒は難しかったです。
全くの黒だと鏡になってしまうし、ポリゴンが黒つぶれしないようにも難しかったです。
もし良ければ配布後チタンとか試していただけたらと思います。

テクスチャマップをかっこよく描くセンスがないのでクマドリなど難しいですね(^^;
モデリング以上に難しいのではないかと思います。
之は配布とか考えずに練習目的で描いてみようかと思います。

これはすごい

モデリングの段階でもかっこよかったですが、こうしてマテリアルが付くと壮観ですね。メタル豹柄が似合ってます。ガラスや金属の質感はVUEのプリセットを当てるだけ…の私にはsannziさんの匠の技がまぶしすぎます。

niseisyaさん、今晩は(^^

私もガラスや金属はVueではプリセットで済ませています。
というかプリセットで充分満足してしまうので、あえて自分で造ろうと言う気がおきません。

Poserはそういう質感作りが難しいだけに何故かかえって燃えてしまいまして(^^;
ライトや背景で大きく違ってくるので、主に背景をとっかえひっかえしながら設定しました。
色んなシーンでも同じようにレンダできるようにするのは無理ですが、なるべくそれに近づけるのを目標にしました。

勢揃いですね(^^;

DAZとかのプロモの様に勢揃いですね。

4っつ目のなんかはそのままスワロフスキーのサイトにある超高価なガラス細工そのものです。
かなり綺麗にレンダリングされている思います。

これらがあの"おめめ"になると思うとちょっと吹いてしまいますけど。
背景も落ち着きのある良い物を選ばれております。 こういう部屋が私も欲しいです。(現実にも、バーチャルにも(^^)

thattori43さん、今晩は(^^

Poserに限らないのかもしれませんが、マテリアルの違いで全く違うフィギュアに見えて面白いですね。
特にPoserはそう感じます。

先日スワロフスキーのガラス細工を見る機会がありました、照明の為もあるかと思いますが、それこそダイヤみたいに小さな光が沢山輝いて見えて綺麗でした。

部屋はDAZのプラチナで買いました。
マテリアルがいろんな場所に対応できるように試した其の一つです。
実はグラスドッグの時も使っているのですが、それこそマテリアルを変えたら違う部屋に見えてしまいました。
プロフィール

SanziSannzi

Author:SanziSannzi
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード