(雲の峯幾つ崩て月の山) 受賞果たしました

大垣市共催コンテストDigital Artist Contest 2012に応募した(月の山)が無事金賞受賞果たしました。
幸先良くartistsideのウイクリーに選出されていたので手ごたえは感じていたのですが、金賞と知ったときは呆然としてしまいました。
それは毎回此処を見て下さる方々のおかげでCGを続けてこられたからも大きいです、感謝しています。

・・・・・・

大垣市共催コンテストDigital Artist Contest 2012結果発表ページ
(注、IE9だと完全に表示されづ、ras_silverfoxさんの受賞作品が表示されないようです。Firefoxだと完全に表示されます。追記3月1日IE9でも正常に表示されるようになったようです)

大垣市情報工房入選作展示コーナー

なにより審査コメントで(芭蕉の句の世界を非常にうまく表現され)と書かれてあったのでほっとしたし嬉しかったです。
余り知識の無かった俳句の世界を自分の世界にどう引っ張り込んで絵に出来るか、最初迷ったし悩みました。
それがうまくいったのだなと思うと感慨深いし自信にもなりました。

次に興味深いコメントは背景の山が中華っぽいので意見が分かれたという部分です。
実は違う意味でマイナス対象になるかもと思っていました。
それは被写界深度をあえて使わなかったからです。
この山の線画風の仕上がりが気に入り、被写界深度を与えるとそのマテリアルが潰れてしまい、どうしようか迷いました。
結局審査の時減点対象になるかも(リアリティーが減じるので)というのは覚悟して、思い切って一切被写界深度を使用しない事にしました。
所が実際はそこではなく中華風に見えるからでした、之にも心当たりがあったのでやっぱりと言う思いもありました。
最初芭蕉が句を詠んだ月山をVueの地形で再現しようとしてうまくいかなかったからです。
中途半端にあいまいな地形で絵にするよりも自分のイメージの月山、中国或いはそれに影響を受けた日本の古典的山水画をVueで再現した方が面白い絵に成るかなと思って、結果的に自分でも中華風かなという山になりました。

・・・・・

元々どこか自分でも日本語で参加できるコンテストを捜している時、ras_silverfoxさんに教えていただいたのがこのコンテストでした、もう三年目になります。
自分と相性が良いのかおかげで銀、銅、金と三連続受賞を果たしました。
記念に此処でまとめてみようと思います。
(全てクリックで大きくなります)

まず初挑戦銀賞受賞の(緑の卵姫)です。

S-1024Green egg Princess

何しろCGコンテスト自体未体験だったので気分だけは金賞とる意気込みで作ったのを覚えています。
そうでないと受賞はとてもままならないと考えたからでしたが、内心は本当に受賞できるとは思わずにいました。
今思うと旧PCでよくも此処まで造りこめたものだと思います、何度もVueはおろかPC自体もフリーズ再起動を繰り返しながらの戦いでした。
今改めて見直すとインパクトあるけどちょっと怖い(^^;

・・・・・・

次が昨年の銅賞受賞の(富嶽三十六景+One3D )です。

800fuji-lake+One3D.jpg

この時はコンテストが開催されているのに気が付くのが応募締め切り間近と言う状態で慌てました。
しかも和風展、青色申告と重なりとにかく間に合っただけでも良かったと思うくらいで、銅賞貰えたのが自分では奇跡的という思い出があります。
全てShadeで灯篭風風景画に仕上げた作品で、レンダが最終日の夜になっても終わらずスリリングな思いをしたのを覚えています。

・・・・・

そして今年の(雲の峯幾つ崩て月の山 )です。

記念に見本の字をはずして張っておきます。

1150The mountain of moonlight07

・・・・・

今回3DCGを効率良く作成する手順のようなものを自分なりに覚えたのも大きな成果でした。
これからは本当にそれでうまくいくか、CG画、モデリングとも試して行こうと思います。
これからも宜しくお願いいたします。

・・・・・・・

お知らせ!今年も第六回和風展が開催されます。

Wafu6_L.jpg

詳しくは和風展会場http://www.wafoo3d.com/wafoo/をどうぞ。

コメントの投稿

非公開コメント

おめでとうございます!

金賞おめでとうございます。自分の和風展の準備に追われてしばらくコメントしてませんでしたが、素晴らしい作品は拝見していましたので、「流石」というか「やはり」というか、ある意味納得の受賞です(←なんだか偉そうな言い草ですみません…)。改めてsannziさんの凄さを再認識しました。銀賞のras_silverfoxさんの作品も素晴らしく、「プレ和風展」という感じですでに楽しませていただいてます。
もう一度、本当におめでとうございます。和風展も楽しみにしています。

すごい!

おめでとうございます。大きな画面で見ると、なおすばらしいですね! また、自分の小物を使ってもらった絵が受賞したとは、まるで自分が受賞したような喜びです(←大きな勘違い)。
発想がお見事です。ありきたりの風景画しか考えられない自分を反省…

niseisyaさん、こんにちは(^^

お祝いいただき有難うございます。
私も先にウイクリー頂いていたので手ごたえは持っていたのですが、よもやの金賞で昨晩は唖然としてしばらく眠れないくらいでした。
図らずも之で金銀銅と受賞出来た事に気が付いて、それも嬉しかったです。

自分が時代劇推進委員(なんだか限りなく自称に近いですが(^^;)なのに実は和風は難しく感じていました。
でも今まで毎年和風展に参加していたことで今回の受賞に繋がったと思います、有難いです。

rasさんも受賞されていたのですね、何故か私の見るページではrasさんの絵が掲載されていなくて教えていただけなかったら知らないところでした、有難うございます。
自分だけ他のページを見ているんだろうか、不思議だ・・・

私もniseisyaさんの和風展の絵、楽しみにしております、去年の意表を突く豆腐小僧が忘れられません(^^

HONEYさん、こんにちは(^^

お祝いいただきありがとうございます(^^

もし一緒に受賞したように思ってもらえたら光栄です。
審査コメントには書いてありませんでしたが、やっぱりこの部屋や遠州行灯が評価に影響していたのは確かだと思います。
特に障子の特徴的な格子良いですよね、これからもお世話になる部屋だと思っています。

私はHONEYさんのリアル江戸のような世界をレンダするのはほぼ諦めました(^^;
本当はリアルを極めてこその幻想世界なのかもしれませんけど。
やっぱり深い理解や知識が有ってこそ出来るCG江戸時代なんでしょうね。

おめでとうございます!

金賞おめでごうございます! (^o^/ 涙、涙..
artist sideの発表のところを見てガッツポーズをしてしまいました。(^^;
過去3つの作品を通して見てみるとやはりどれも絵に深みがあると思いました。
どうすればこういう絵がひらめくのだろうと想像し、また、じっくり手間を掛けた落ち着きが感じられます。
どれも色使いもとても美しくて素晴らしいです。

審査の言葉にも「斬新」とありましたが、それを良い意味で使用されていると思いました。

これからのsannziさんのCGライフにもっと弾みがつきますね。
和風展も楽しみに鑑賞させて頂きます。(^o^/ っと鑑賞専門係より。(^^;

thattori43さん、今晩は(^^

お祝いいただきありがとうございます(^^
昨夜artist sideで金賞だったよとお祝いコメントを頂いて、私も驚いて発表ページを見てみました。
一番上に掲載されていたので本当だったんだとしばし呆然としてしまいました。
斬新だったというのはVueの謳い文句である(まだ誰も見た事の無い世界を・・・)云々をやれたからかなと思います。
そこだけはやれたかもと自信がありましたので、実際は依然やったカフェ盆の発展型だったのですが・・・
カフェ盆の後記にコンテストや和風展などで又やってみたいと書いているのが、いみじくも予感みたいなのがあったのかなと思います。
 
過去の三つは銅賞の北斎の絵の3Dだけが心残りです、まだまだ行けるかもと思っています。
CGの腕が上がって気力が沸いたらリメイクしてみたいです。
他の二つはやれるだけはやったのでもう良いかなと思います。

thattori43さんは今お忙しそうなのでなかなか勧めにくいですが、年一回行われますので、いずれ和風展にもご参加お願いします(^^

おおー!

金賞おめでとうございます!
Poser仲間として嬉しい出来事です。
以前からsannziさんは、ただ者ではないと感じていましたが私の目に狂いはなかったですな。
過去の2作品もそうですが、発想が素晴らしいです。

hisayanさん、お早うございます(^^

お祝いありがとうございます(^^!

何者だと聞かれれば「ただもの」です。(←あるPoser仲間の名文句)
思い起こせば歴史に疎い自分なんぞが入っていいものだろうかと思いつつ、hisayanさんの時代劇推進委員会の門をくぐったのが巡り巡って今回の受賞に繋がったように思います。
年に一度とはいえ和風展に参加して絵を作るには、それなりに意識して和風の絵をみたり調べたりしましたので。
モダン盆栽から盆景に興味を持ったのは確実にそう言う過程が有ったからです。
和風展の運営、参加賞の作成など大変だと思いますがこれからも楽しみにしております、宜しくお願いいたします。

金賞おめでとうございます♪

やっぱり一番良い色の受賞は格別ですよね。
なんというかデジタル切り絵みたいなユニークな雰囲気がおもしろい。
芭蕉どころか短歌と俳句の区別も怪しい私ですが、なんとなく愉快な気分になるsannziワールド、素敵です!

ここのところ日本を出たり入ったりしてたのでCGライフからすっかり離れてしまっていたのですが、私もなんか作るぞ~って気分になりました。

NooNさん、今晩は(^^

お祝いいただき有難うございます(^^

>短歌と俳句の区別も・・・云々
↑いや~、そこの所は私も似たり寄ったり(^^;
という事でそこは置いといて・・・

成る程切り絵みたいという見方は面白いです。
というのも背景の山々は宇宙に届くくらい(Vueの中の事ですが)大きくし遠くに置いています。
その結果立体感が損なわれ雲も手前の盆景の雲と違って平たく見えます。
その為墨絵で描いた様な平板な世界に見えるのですが、そこを見てもらえたのかな!
今回は被写界震度を使ってないので尚一層切絵みたいに見えるのかもしれません。

なんと国際的な生活をされているのですね。
どおりで作成される女性像がたとえ和の絵でもどこか異国情緒を感じさせる、例えば昔の西洋画家が想像力を働かせて描いた和の国の麗人の絵のような。
制作意欲が出てこられたようで何よりです、帰国早々のようですが近々和風展が開催されますが如何な物でしょうか(^^

おめでとうございます

金賞おめでとうございます。
いつもながらアイデアが素晴らしいです。
そして銀賞にras_silverfox、銅賞に類さんがいらっしゃって皆さんすごい・・。

hidekunさん、今晩は(^^

お祝いいただき有難うございます(^^
最初はどう月山の句を絵にすればいいのかアイデアが浮かばずうろうろ試行錯誤していました。
以前作成したモダン盆栽を思い出してそれからは一気にアイデアを煮詰めることが出来ました、ほっとしました。

どういう訳かrasさんの絵だけ結果発表ページに表示されず、危うく見逃すところでした。
Firefoxだと巧く見る事が出来ました。
rasさんにしても類さんにしても私には真似できない画風です、見ていて勉強になります。

偉業

おはようございます!

金賞受賞おめでとうございます。
もう”凄い・凄い・凄いーーー”の連呼です!
室内のショットでありながら雄大な印象を受けます。
CGだけでなく美術に対する関心・素養も重要なのだと改めて思いました
(全部私には抜け落ちているものばかりTT)。
だんだんとsannziさんの背中が遥か遠くにーー。

mamomamoさん、今晩は(^^

お祝いいただき有難うございます(^^

それがなんだか日にちが経つに従いまして、金賞など頂いて気恥ずかしい思いもしてきました(^^;
私ではとても出来ない技術やセンスで作成された絵もありましたし、でもその中から選考して頂いたので喜んで受け止めようと思っています。
やっぱりこうしてCGを作成するようになって美術関連に興味を持つようになったのは確かです。
それまで行かなかった美術館や展示会に足を向けるようになったし、関連の本も読むようになったし、素養がどれくらい身に付いたかは別ですけど。
PC持つまでは自分がCGやるなどと夢にも思っていませんでしたが、振り返ると良い趣味を持てたなと思います。
mamoさんにはモデリングや洋服作りですっかり置いてけぼりされてしまいましたが、自分に出来ることでしっかりついて行こうと思います(^^

やったね! 金賞

おはようございます。

人から高評価されるのってむっちゃすごいことですね
作品の風景の構図とかもいろいろ考えていて
sannziさんの作品のレベルの高さを感じました。

これからもsannziさんの作品を楽しみにしています。

あ!なるっちさん、今晩は(^^

お祝い有難うございます(^^
自分でも日本語で気楽に参加できるコンテストを捜して教えていただいて始めたコンテストでした。
よもやそこで金賞いただく日がこようとは、勿論参加するにはそれを目標に張り切って作成していましたが驚きました。
最初金とわかったときはビビッてうろたえてしまいました(^^;

これから金を取ったからには変な絵を作れないな~とか妙に力まないで、冒険もして楽しい絵を造って行きたいです、宜しくお願いします。
プロフィール

SanziSannzi

Author:SanziSannzi
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード