スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人魚鉢そしてカフェボン十二単

第六回和風展に全三作投了してきました。
Wafu6_L.jpg
作品投稿期間は終了しましたがコメント投稿期間は2012年3月15日(木までです。
和風展会場は此方http://www.wafoo3d.com/wafoo/

・・・・・・・・・・

(第六回和風展三児盆景三部作、其の二) 人魚鉢

(盆景ではないですが水の中に盆景を作るつもりで作成しました。
少しソフト耽美の世界にしてみました。
一応恥ずかしくも物語りを考えたのですが、それは見る方のご想像にお任せいたします・・・)

↑などと物語りはあえて書かなかったのですが正解でした。
作品コメントで、はるさんとniseisyaさんが的確に要点をまとめてくださいました。
私が下手に物語などつけたら興醒め間違いなしでした。
(↓まだ開催中ということでかなり小さく、展終了後大きな絵と差し替えるかも、覚えたいたら)
550Water potted plant01-06

実はこの絵にはヒントに成った絵が無いでもないです、触発されたというか・・・
ウォーターハウスというヴィクトリア朝画家のニンフを描いた絵です。

「ヒュラスとニンフたち」 下から三番目の絵。

余り知られていない画家かも知れませんが、現代ファンタジー画家にかなり影響与えている画家ではないかと思わせる画風です。
絵に似せようと言うつもりは全く無かったですが、なんとなく雰囲気が出ていれば良いなと思っていました。

(使用アイテム・敬称略)

江戸切子(人魚鉢) by 電脳箱庭halrunman

人魚 babyfaceA4 by pino 髪 結綿 割しのぶ by HONEY

とろけかかっている青年 "Alois(アロイス)" for DAZ Michael3.0 Reduced Resolution by jezz (textures)MH M3 ReBirth by ManiHoni  衣装 M3Enbi by hisayan M3Enbi PGPTexture by lazyrose 時計textures Material for M3 Tailcoat by kyotaro

鬼百合 by HONEY 金魚は那央希さん。

他P5骸骨、DAZの睡蓮等々。
Vue8Completeレンダです。

・・・・・・・・

(第六回和風展三児盆景三部作、其の三) カフェボン 十二単 

「カフェボンとは文字通りコーヒーカップ等に似せて作った鉢等を使って楽しむモダン盆栽の一種です。
室内のインテリアとして、今まで盆栽と関わりが無かったような幅広い年齢層で人気があるそうです。」
(↓此方もまだ開催中ということでかなり小さく、展終了後大きな絵と差し替えるかも、覚えたいたら)

550Cafe Bonn Part 2-06m

例え展にアップしたサイズの絵でも各フィギュアが小さすぎるのでPoserで大きくレンダしてみました。

550Cafe Bonn Part 2-b01

絵の中心はこの二人です、二人ともkobamaxさんの真由さん、使っただけで和風と言う出展規定が適ってしまうのではないかという和キャラです。
どうやったのかと言うと、まず十二単を着た真由さんの方を巨大化したコーヒーカップに乗せ、DCシミュレーションをしました。
その後mamoさんのスカジャンを着た真由さんの方を900倍900%に拡大してそのコーヒーカップを掴ませました。
尚、コンフォーム衣装・髪などは真由(V4)のボディーにチェンジペアレントしておけば、真由(V4)のボディーを拡大するとそれに追随して大きくなります。

(使用アイテム・敬称略)

Mayu for V4・Two faces for Aiko3.0 by kobamax
Hair band Collection by Henriette Hasenclever
MMJSBforV4A4・MMYukataForA3 by mamomamo

V4DC壷装束・DC十二単 by hisayan

文楽人形 by HONEY

盆景用鉢は自作しました、他・ DAZで購入の室内セット、花、食器セット・レンダロの髪、コンテンツパラダイスの小鹿等。
此方もVue8Completeレンダです。


・・・・・・・

展後記、
人魚鉢作成中はせいぜい二作が限度かもと思っていました。
所が!
余りに調子よく作成できたので「盆景なら何作でも作れる」と勘違い、思い上がってしまって「(第六回和風展三児盆景三部作、其の二) 人魚鉢」などと説明文に書いてしまいました。
最初の盆景が大鎧だったので閉めは十二単の盆景にすれば良いと簡単に考えてしまったからです。
結果的にすぐ誤りであったと思い知りました、
同じようなシーンで背景やアイテムをとっかえひっかえするだけでは全く面白みの無い、造っていてもつまらない作業になってしまいました。
このままではとても続けられない、と気が付いて、展終了間際、心機一転、全く違うコンセプトにして三作目が出来ました。
それが決まるまで苦しかったですが、決まったらかなり集中して夢中で作成できました。
疲れたけど諦めずに良かったです。

今後、

この程私もPoserPro2012のユーザーになれました。
今までのPoser8とは違う部分が多々有るそうなので何とか使いこなせるように研究してみようと思ってます。
特に楽しみなのがSSSと被写界深度とより実用的になったというIDLです。
今までの私のPCでは事実上使えなかった機能なので楽しみです。

コメントの投稿

非公開コメント

おつかれさまでした。

三部作とも十分楽しませていただきました。まったく趣の異なる発想に脱帽です。
ところで、私もWin7,64bitの導入を考えているのですが、32bit版のソフトのインストがうまくいくのか心配です。また、インスト出来たとしてもうまく動くのか心配です。PoserPro2012も頭にあります。
最近導入されたと伺いましたので、あつかましくも恥ずかしくもお聞きします。PCの感想などもお聞かせいただければ光栄です。

koutyaさん、今晩は。

koutyaさんも和風展参加おつかれさまでした。
手巻き寿司の絵などほのぼのとして楽しませていただきました。

Win7,Win7,64bitの導入の事ですが、私の場合一番心配だったのが以前から使っていた経理ソフトでした。
何しろ古くて開発会社ももう無いソフトでです。
経理ソフトは仕分けなど自分に合ったように育てて行くソフトなので心配していました。
そんなおり、T2さんにそれ程心配しなくても従来のソフトも使えると教わって思い切って導入しました。
念のためインストールの時、管理者として実行すれば良いと言う事でした。
全くT2さんのおっしゃるとおり古い経理ソフトも難なくWin7,64bitで動作しております。
Poser8も32bitソフトであるにも関わらず快適に動作して、もし先日Pro版のセールが無かったらこのままP8でも良いかなと思うくらいでした。
これは私の場合であって、はるさんの64bitPCではP8があまり上手く動かないときいています。
はるさんのお話を聞いて私もどうしてなのか対処法とかわかりませんでした、環境によって違うのかも。
他のもろもろのソフトも皆移行して動いています。
唯一買い換えなければいけなかったのが年賀状ソフトの筆王だけでした。
之はWin7,64bit対応版に買い換えなければ起動出来ませんでした。
私はPC自体の知識は必要最低限しか無いので、今言えるWin7,64bit導入の感想としては以上のような事だけです。

新PCの感想としては以前やりたくても出来なかった事が何でも出来るようになったなと言う事です。
もっと低スペックで素晴らしいCGを作成されている方もいますが、自分としては以前のままのPCでは3DCG楽しむ限界に来ていたのかもと思います。
今まで使ったいたビスタのホームバージョンが今年4月でサポートが終わるとセキュリティーソフト関連から連絡が入ったので良い買い替え時でもあったのかも。
もしプロ版だったらまだ何年かサポートが続くそうなので、Win7もホームよりプロが良いかも知れません。

No title

こんばんは。
和風展ではsannziさんはじめ皆さんの力作で楽しませて頂きました。「人魚鉢」に書いた長文コメントは読み返すと赤面ものですが、はずしてはいなかったようでホッとしました。リンク先の絵を見て納得、画面構成は違っても共通する耽美な雰囲気が感じられます。
いつの間にか和風展は自分にとって春の恒例行事と化しつつあります。和風展がなければ和の文様に興味を持つこともなかったかもしれませんし…。また来年が楽しみです。

こんばんは(^^

趣向を凝らした作品の数々をありがとうございました。
流石にExhibitionとなるとレベル高くていろいろ学ばせて頂きました。
(それが自分に生かせるか?は別ですけど。(^ ^;)
個人的にはシュールな感じの其の二が好みなのですがどれもレンダリングが
綺麗ですね。(私もVue買おっと!(^^)

和物は少ないのでこれをテーマとした展覧会はそれだけでも皆さんの創意工夫が
見られてとても参考になりますし、良い祭典ですね。
今回はリアルにその過程も見れて嬉しかったです。

niseisyaさん、こんにちは(^^

勿論皆さんの和の絵の発想のバラエティーの豊かさに驚かされる事が多かったですが、そういう意味ではなんと言ってもniseisyaさんの絵が一番でした。
毎回どんな絵を出されるのか想像も出来ないし楽しみでもあります。

人魚鉢のコメントは乱歩の夢の部分が特に印象的でした。 
私も人魚に囲まれている青年が自分が夢を見ているのか現実なのか分からないまま其の世界にとろけこんで行く、というような事を書きたかったのですが上手くまとめ切れずにいました。
ウォーターハウスの絵はもう久しくやりたいと思っていましたが今回ちょこっとだけ、恐る恐るといった感じで試してみました。
普段忘れていてもこういう時思い出してしまうのはやっぱり私を惹きつける何かが有る絵なんだと思います。
私もPoserやって和風アイテムや和風展に巡り合わなければ和の芸術にそれ程関心を持たなかったかもしれません、良かったなと思ってます。

thattori43さん、こんにちは(^^

Exhibitionといってもそれ程堅苦しいものではないので、規定もかなりゆるいですし、来年はthattori43さんも是非(^^
参加賞も出ますし、今までの参加賞も二年遅れですがもらえる仕組みになってます。

其の二は以前からやりたかった題材でしたがなかなか絵として纏め切れずにいました。
はるさんの江戸切子がVueレンダすると綺麗なので其の中に風景を閉じ込めたら私でも出来るのではないかと思い試してみました。

Vueは風景から室内までカバーできるしPoserとの連携も良く扱いやすいソフトです。
ただグレードアップが頻繁に行われるので自分がついて行けるグレードを選び、それに自分のやりたい機能が備わっているか確かめて購入するのも大切かもしれません、難しいところですけど体験版を使えばなんとか確認できるかもしれません。

珠玉の三部作

こんにちは!

和風展は大盛況でしたネ!
私も画らしきものをチマチマ作っていたのですが、
毎度のトホホの出来栄えだったので断念しました(+_+)

盆景三部作はどれも甲乙つけ難い見事な出来栄えですね。
アイテム数が多いのに整然としている点など、構成力も素晴らしいと思いました。
(レンダにしても、私のPCではレイヤーの張り合わせがやっとです^^;)

>900倍拡大してそのコーヒーカップを掴ませました。
圧巻です(驚)
衣装も使って頂いてありがとうございます^^
まさか和風展でみることが出来るとはっ!
とても幸せです。
v-238
それとsannziさんのWin7 64bitのコメントを拝読して、かなり心揺られています。
う~んーーーどうしましょ。

mamomamoさん、今晩は。

惜しい!
久々mamoさんの絵を和風展で見たかったです。
第一回目だったか可愛いだけでなく見事な和風の絵でした、
来年また開催されると思うので気が向かれたら是非、楽しみにしております。

新PCにしてから面白いようにアイテムを入れられるので閃きがあるままホイホイ入れて楽しみました(^^
それをどう配置するかも楽しみでした、生け花の本や番組など見てセンスを磨けないだろうかと目下目論見中です。
いずれmamoさんも新PCにされると思うのですが私は確かにWin7 64bitにして新しい世界が開けたのを実感しています。

900倍というのは正確には900%でしたね(^^;
後で書き換えておかねば、
実は最後の絵は途中で行き詰って白旗挙げる寸前でした。
そんな時ぼんやりライブラリを眺めていてmamoさんのこの衣装が目に留まり、一瞬でこの絵の完成した姿が思い描けました、不思議な感覚でした。
Poserのいい所の一つだと思うのですが、アイテムで閃きが生まれるという事が確かにありますよね、助かりました。
和風展と言う事でどうしても和のアイテムに思考が縛られぎみでしたが、本当はもっと想像力を広げて色んな可能性を探っても良かったわけです。
一見、今流行のアイドル系衣装のようですが、このクラシカルな部屋にも似合うデザインでもあり長く使える傑作だと思います、有難うございました。
プロフィール

SanziSannzi

Author:SanziSannzi
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。