スカイボール二作とガラスの鹿!?

先週と今日、前回のスカイボールを使った絵を2作アップしました。
まずartistsideに投稿したスカイボールinSSS_TY2です。

5503Zi_SkyBall_TY201.jpg

もう一枚はF3Dのお題でレンダ■家・建物に投稿した(やっぱり恋するバルセロナ)です。

550Barcelona04-1.jpg

両方共3Zi_SkyBallとIBLにそれぞれVueで作ったHDR画像を貼り付けてAOレンダしています。

上の建物群はDAZのLa Piazza Realistic Mediterranean Town、下はn21 Party Avenueです。
両方共当時使うあてもないまま一目惚れして購入してしまいました。
特に上の方は新PCにしてようやくまともに読み込めて使えるようになりました。
下のガウディー風味のアパートメントはただもうビックリして思わず買ってしまいましたがな(^^;

両方共TY2の衣装はmamomamoさんのMMSlimDsetForTY2です。
モガ帽子はkyotaroさんです。
M3キャラはMH M3 ReBirth by ManiHoniさんです。
衣装はISO Casablanca openfullshirtとISO Casablanca Suit Set、以上ISOPさんと女子部闇部隊(Dark Division)の皆様です。スペイン男ってこんな感じではないかもしれないけど(^^;

・・・・・・・

次に久しぶりに3Zi_GlassDog(ガラスの犬)を引っ張り出しまして、主にレンダリングで使っている三つのソフトでSSS(Subsurface Scatter(表面下散乱))設定をして試していました。

480GrassDogSSS01.jpg

Vueも試しましたがいまいち自信が持てず研究中です。
PoserはkyotaroさんのそのものズバリTIPS、鉱物SSS、を参考にカメオで使われていそうな材質にチャレンジしてみました。
この中で特に重要と感じたのはSSSを適用するアイテムの大きさに合わせてSSSの表面下の度合いを調整するという事でした。
今まであまりアイテムの大きさを意識していなかったので、特にこれからCGを続けるには意識しなければいけないとわかりました。

これはShadeのSSS設定にも応用が効きました。
3Zi_GlassDogを50センチばかりに定規を使い大きさ設定し、SSSの減衰距離というのをそれに合わせて調整しました。
Poserの場合と単位が全く違いますが概念は同じだと感じました、おかげで割と簡単に設定方が理解できました。
そこで!@@

・・・・・・・・
ガラスの鹿

久しぶりにモデリングしたいという意欲が湧いてきました、それは各ソフトでSSS設定するにはいい題材と思い立った新しいガラス動物フィギュアです。
まずはブラックレオパードを作るとき、候補の一つだった鹿を題材にしてみることにしました。
まだIllustratorで下絵を描いている段階ですが、描いているうちに徐々に気分が乗ってきました、多分次はガラスの鹿を作成することになると思います、クリックで大きくなります。

800GlassDeer01.jpg

側面図だけで4日間掛かってしましった、正面図は今日描いてみたけど明日見たらきっと変なところが見えてくるので多分修正すると思う。
モデリング中に修正して行っても良いかもしれないけど、なるべくこの段階でデザインを詰めたほうが結局早いのではないでしょうか。

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは(^^

実は私もHDRlabsとかでフリーのHDRI素材を拾って来て色々試してたりします。(^^;
なかなか満足のいくレンダリングが出来なくて難しいです。 HDRI自体から勉強してたり。(^^;
今はPoserとD|Sを行ったり来たりでこの球体背景の特訓をしております。

絵は気球が良いアクセントになってますね。私もそのうち作るか入手しようと思ってたのですが欲しくなってしまいました。

動物シリーズ、次は鹿君のモデリングですか。
楽しみにしております。(^^

thattori43さん、こんばんは(^^

HDRI画像は色々使ってみて空と海だけのシンプルなのが一番使いやすいと感じてます。
私が作ったのを配布できれば一番簡単で良いのですが何しろ一枚20MB以上あります。
今配布用に使っている場所の残り容量が少なくなってとても配布できません。
HDRIばかりでなく之からも配布を続けるには、そろそろ配布方法を他ののに変えなければいけないと思っています。

それとカメラの焦点距離やスカイボールの大きさを場面によって変えると案外うまくいくかもしれません。
今回の二枚の絵はどちらもカメラの焦点距離を20ミリ程度で使っています。

気球は以前DAZでフリー配布されたものです、なかなかデザインも凝っていて気に入っています。
唯、今はもう有料になっているかも・・・

ガラスの鹿はできるならガラスの犬や黒豹より良いのを作りたいと思ってます。
その他、小竜とか作っているのでそういう今までの経験が生かせれば良いのだけど。

爽快感

おはようございます!

2枚の絵ともにメルヘンチックで可愛らしく、そして心地良さを感じます。
衣装も使って下さって嬉しいです。

やはりsannziさんのShadeはProバージョンなのですネ!
私はBasicさえ使いこなせていません(TT)

>SSSを適用するアイテムの大きさに合わせてSSSの表面下の度合いを調整するという事でした。

普段あまりPoserの絵を作っていないので(汗)、感心しきりです。
kyotaroさんのTipsも是非拝見してみようと思います。

そしてsannziさんフィギュアに新たなお友達が!
ガラスの鹿さん、とてもスタイルがいいですね。
完成が楽しみです^^
私もそれまでになんとかMyPCの環境向上しなくてはっーーブツブツ

mamomamoさん、こんにちは(^^

空の背景をVueで作ったのですがいずれも爽やかな春の空を適用してレンダリングしました。
ヒロ・ヤマガタさんの気球が浮かんだ絵が爽快感が有って好きなので気球も浮かべてみました。
そしてmamoさんのこのTY2衣装がどことなくモダンなヨーロッパの街並みに似合っていてインスピレーションが沸く手助けになりました。

先日のコンテストの商品のShadePro13です、初レンダです。
真っ先に一番気になって楽しみでもあったSSSを試しました。
難しいのではあるまいかと思ったのですが、kyotaroさんのPoser用TIPSでSSSの基礎知識が出来ていたのですんなり設定方がわかりました。

今回の新しいガラスの鹿を作ろうと思った切っ掛けの一つは、各CGソフトで出来るようになったSSS設定をしてみたかったという事が大きかったです。
昨日からモデリングに入ったのですがもう以前の方法を忘れて四苦八苦してます(^^;
どうせやるならガラスの犬や黒豹より良いのを作りたいのですけどね・・・
後でmamoさんの新作をいただいて試してみようと思います。
ますます斬新なデザインになって素敵な衣装が出来たみたいですね。
本当はmamoさんのようにPCの環境に関わらず素晴らしい作品を作成出来るのが理想的だと思っています。
プロフィール

SanziSannzi

Author:SanziSannzi
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード