ネコマスコットの続き

前回のブログで書いたネコマスコットがだいぶ形になって来たのでまとめてみます。
下絵に描いた猫とずいぶん感じが違ってきましたがこれは想定内というか、2Dでは今一ぼんやりしたイメージしか思い浮かばなかったので、3Dでモデリングしながら顔形のイメージを固めていきました。

bCat mascot12

途中ras_silverfoxさんから(祈り猫)なるものを紹介して頂きました、本当に可愛い(^o^
此処の直立する猫たちをみると彼らは決して猫背ではないという事が分かります。
そこで猫背を意識していた下絵をすっぱり切り替えて背筋を伸ばし、お腹とお尻をポッチャリにしました。

今回は出来たらPoserのトゥーン対応にしようと思って意識してモデリングしています。
それには模様や目の瞳やハイライトまで全て材質を細かく分けてモデリングする必要がありました。
↓まだ途中ですがMetasequoiaのキャプチャ画面はこんな感じ。

bCat mascot13

これで本当にPoserでトゥーンレンダできるのか試してみました。
↓Poserで表示スタイルをCartoon W/Linesにしてプレビューレンダリングした結果。

bCat mascot12p

まあまだ細かくPoserでもマテリアル調整しないといけないのかもしれないけどかろうじてトゥーンになっている感じです。
↓は普通にレンダしてみました。

bCat mascot12t

やっぱり此方の方がいいかな・・・あんまりトゥーンには自信が持てません。
今後は手や足に肉球付たり出来たら首にかける鈴を作るつもりです。
尚今後の展開等細かいことはtwitterでも日記風に綴っております、宜しかったら下記からどうぞ。
@sanzi_sannziの twitter

・・・・・・・

次にもう投稿期間はすぎましたがF3Dの(お題でレンダ■トゥーン)に叫びを出してみました。

550The Scream04

何を叫んでいるかというと実はこのネコマスコットを仕上げて出してみようかと下心を持っていたけどとても間に合わないと思い、かと言ってまともなトゥーン絵も出来そうもないと叫んでしまった始末であります。

木の橋は電脳箱庭はるさんです、ムンクの元絵のイメージにピッタリの橋があって良かった。

・・・・・・

オマケ
先日偶然見たNHKのクローズアップ現代で紹介されていた(TED)がなかなか興味深かったので書いておきます。
世界の様々な分野の人物が18分のプレゼンテーションを行なう講演会だそうです。
日本語訳したビデオサイトもありました。

Translations Talks in 日本語

と、紹介しなくてもとっくに有名なのかもしれませんが、私は初めて見ました。
18分という長さが手頃で色々なアイデアがわかりやすくプレゼンされ、これを知っていれば益する事が多いのではと感じたのであえて書いておくことにしました。

コメントの投稿

非公開コメント

ますます・・

「ねこマスコット」・・略して「ねこマス」でしょうか。(^^)
形が固まってきましたね。大きな耳とぽてっとした胴が印象的です。
「祈り猫」は「ちょうだい猫」の検索でも似たような画像が出てきます。

「ムンクの叫び」は同じ構図の画が5枚もあるとか、中央の人が
「叫んでいる」のではないとか・・最近知りました。難解な画です。
そんなことを知らなくてもインパクトのある作品でございます。

はるさん、今日は(^^

そう言えば名前をまだ考えていませんでした。
さてなんと名付けますか(^^?

大きな耳は最初から決めていたんですが顔等は随分最初と違ってきました。
実際の猫を見たりしていくうちにイメージが変わってきたようです。

私もこの前美術番組で見るまで叫びがそんなにあるとは知りませんでした。
何でも周囲の叫び声に思わず耳を塞いでいる図なんだそうですね。
はるさんの木の橋が妙にムンクの叫びの世界に似合っていて助かりました。
背景の水面や空に合わせてぐにゃっと揺らいで見えるところ等、原画以上かも(^^

こんばんは(^^

 個人的には3Dのレンダリングでトゥーンをやる事があるとは思ってもみなかったのですが、やってみてやっぱり2Dでのお絵描きもたまにはやってみたく思いました。 手で描きたくなってしまう衝動に駆られますね。

猫のマスコットですが、「うーん、どこかで見た事が。。」と思って思い出してみたのがアニメでやってた宮沢賢治さんの「銀河鉄道の夜」(ますむらひろしさんかな?)のキャラに雰囲気が似てるかなぁと思いました。
この映画は見た事が無いのですが、雰囲気がどこか記憶に残ってました。
映画、観てみようかな。

thattori43さん、こんにちは(^^

私はトゥーンはとても無理だと思ったのですが、お題をよく見るとレタッチでトゥーンっぽく見えれば大丈夫とあったのでなんとか出せました。
でもレタッチでもトゥーンは難しいですね。
手書きでやって3Dトゥーンに見せる・・・というのも自分には難しいです(^^;

ますむらひろしさんの猫を意識していなかったのですが、出来上がってきたのを見ると自分でもちょっと似ているかもと思います。
漫画単行本とか映画版銀河鉄道等を何度か見たことがあるからなんでしょうか。
映画は色彩がとても綺麗でした。
今度同じスタッフによる(グスコーブドリの伝記)というのが公開されるので機会があれば見に行ってみようと思っています。
プロフィール

SanziSannzi

Author:SanziSannzi
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード