エッグアート作成中@@卵?

突然ですが今インペリアル・エッグ作成中です。
名探偵コナンの世紀末の魔術師2でキーアイテムとして扱われていてTV放送もされたので、見た方も多いのではと思います。
その見事な描写が印象的で記憶に残っていたのですが、現代ではエッグアートと言う名称で広く親しまれているのがわかり、実物を見ることも出来ました。
インペリアル・エッグはロシア皇帝アレクサンドル3世が作らせた作品の名称らしいので、3Zi_EggArtという名称にする事にしました。

b3Zi_EggArt02-2.jpg

なぜ今回作ってみようと思ったのかというと、mamomamoさんの新作バレー衣装(MMBalletCostumeForTY2)を着せたTY2を、オルゴールを仕込んだエッグアートの中に入っているバレー人形に仕立てた絵を作って見たいと思ったからです。
卵の上部をパカット開けると↓

b3Zi_EggArt02-1.jpg

中にTY2が入っているという仕組みです。
卵のドーム状の蓋はフィギュア化して開閉するようにしました。
此処までフィギュア化は完了したのですが、問題はテクスチャ描きです。
テクスチャ描きを始めるとどうにも眠くなってしまうくらい苦手意識があります。
今回はそれを払拭すべく頑張ってみることにしました。
とりあえず↓こんな感じ。

b3Zi_EggArt02-3.jpg

まだ表だけで内側は白紙のままです。
出来たらディスプレイスメントマッピングも作りたいのだけど見当もつかないところです。
本当はもっと早くできるつもりだったのですが、意外とテクスチャ描きが長く掛かりそうなので一旦ブログにまとめました。

@@!・・・今日のエッグアートtwitterで日記感覚で掲載中です(*゚ー゚*)

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんはです。(^^

なんかすごいのご存知ですね。 工芸品でしょうか。
ロイヤルコペンハーゲンとかが作ってそうな感じを受けました。
エッグアートの方は良く出来てますね。どうやって作るのだろう? 卵だと思うとなんかインテリアとして飾るのも難しそうです。

表のテクスチャはsannziさんっぽいですね。(^^
そのままオルゴールの様なオブジェですね。

新作ですね

これは素晴らしい作品になりそうな予感がします。卵が閉じている状態から
花が開くように殻が徐々に開いていく・・そんなアニメーションが見てみたく
なります。(^^);

thattori43さん、今晩は(^^

エッグアートの方は街の小さな喫茶店で同好の方々の展示会があり、実物を見ることが出来ました。
卵といってもダチョウの卵など、かなり大きく頑丈なようでした。
表面は細かく彫り込みがしてったようです。
透かし彫りも多いですが、私ののは表裏2層になっているので、ちょっとその再現は難しいです。

インペリアル・エッグの方は本や映像でしか見た事がないですね。
工芸品には間違いないですが、もう国宝級なんではないでしょうか。

表のテクスチャはブログにアップしたいので急遽作りました。
透かし彫りは無理でも、せめてディスプレイスメントマッピングで浮き彫りに見えるようにしたいのだけど・・・

はるさん、今晩は(^^

実は私もフィギュア化して開いたとき、花びらのようだと思いました(^^
もしかしてテクスチャは花びらのように見えるように描いたら良いのかもしれないですね。
よくなるかどうかはテクスチャ次第だと観念して・・・というくらいな気持ちで苦手克服しようと思ってます(^^ゞ

こんばんは (^^

よくホテルの宝石店などでコレクションされてますよね。
ジュエリーのはめ込まれた繊細な金銀細工のデコレートにはため息ものです。
上下がぱかっと外れるものは見かけますが、花びらのように開くのは初めて見ました。
今から仕上がりが楽しみです♪

NooNさん、今晩は(^^

なんと、ホテルのショップでも販売されているのですね。
私のところではなかなか実物が見られず、展示会があるときなどしか目にしてないです。
映画のオーシャンズイレブン等でも出てきましたが、取り上げ方等を見ると欧米諸国でも珍しい工芸品ではないかと思います。
実物で見たのはダチョウのかなり大きな卵で、前後に扉がついていて、ヒンジで開閉するようになっていました。
私のデザインは中に入ったバレリーナをレンダし易いように花びらが全方向に開くようにしました。
金銀細工はモデリングすると大変な事になるで、今回はディスプレイスメントマッピングでなんとか近づけないかな~と目論んでおります。
それとも後で小道具のジュエリーをデコレートするとか。

こんばんは

宇宙船の睡眠カプセルに似てるようにも見えて素敵ですね
sannziさんの創作力に関心してます。
完成が楽しみです。

なるっちさん、今晩は(^^

た、確かにSF映画に出てくる何かのカプセルのようでもありますね!
実は今テクスチャ描きに挑んでいるのですが四苦八苦しております。
自分でも想像力不足を実感してしまって、まいってしまいそうです。
でもなるっちさんのコメントを見て励まされました、ありがとうございます(^^

真骨頂

こんばんは!

3Zi_EggArtのフォルムがとても綺麗で、仕掛けも見事ですネ!
(フィギュア化されて開閉可動とはーーー芸が細かいです(驚))
確かに花びらのようにも感じます。
v-238
又、ショーなどの舞台装置としても活用出来そうに思いました。
テキスチャーも含め完成がとても楽しみです^^

mamomamoさん、今晩は(^^

実はもっと早くバレエ人形の絵にできると思っていたのですが、いい加減な所で済ませてしまうのが納得できずなかなか絵にできません、すみません((^^))。
最初はどこぞでオルゴールの小道具を見つけて絵にするつもりだったのですが見つからづ、いっそ自分で作ってみようと思いました。
その時以前からエッグアートを本格的に作ってみたいと思っていたのを思い出しました。
展示会などあると出かけて実物を観察したりしていました。

確かにTVの歌謡番組などのステージにありそうなセットにも見えますね。
聞くところによると芸大出身者等がああいうセットを作っているのだそうです。
私もそういうセットを見るのが好きで憧れていました。
少しでも近づけるようにテクスチャ描き、頑張ってみます。

こんにちは

インペリアル・エッグですか、そういうものがあると初めて知りました。sannziさんの世界にぴったりなアイテムだと思います。仮テクスチャもsannziさんらしさが感じられるアールデコ調(←で合ってますか?よくわかっていないもので…)で、繊細で美しいですね。Illustratorまで駆使して3Dに留まらず様々な作品を製作されるsannziさんに「テクスチャが苦手」なんて言われると、私なぞ立つ瀬がありませんよ…。
私の愚痴はおいといて、完成が非常に楽しみです。

niseisyaさん、こんにちは(^^

インペリアル・エッグは私はアニメや映画で知りました。
その後、エッグアートという現代工芸品として作られている実物を見ることが出来ました。
卵の薄い殻を削ったりデコレートしたりして出来ている構造自体面白かったです。
でも西欧ではかなり昔からイースターエッグとして作られていたみたいです。

苦手というのはなかなか興に乗れないからです。
モデリングはある程度形が見えてくると、寝るのも忘れるくらい夢中になれるのですが、模様描きはなかなかそうなれません。
途中で集中力も途切れて眠くなってしまいます。
実際やるとレンダしながら全体を見て調整しないといけないし結構面倒なんですよね。
でも今回はモデリングよりテクスチャマップの方が仕上がりに重要な要素となるので、苦手克服のためにも粘って仕上げてみます。
やっぱり、意識しないでもアールデコ調になっていくのかなと思います。

No title

このインペリアルエッグってテレビで見たことあるようなないような。
イースターエッグと混同してるのかな…これは全然違うか。
世界まる見えとか、そういう世界のものを紹介する番組で見たのかもしれません。

中にフィギュアを入れると良い感じですね。
本当に人形みたいです。
不気味なテクスチャにしてクリーチャーを入れても面白いかも。

かめととさん、今日は(^^

そう言えば世界まる見えだったか、世界ふしぎ発見等の美術館探訪等でも見た気がします。
なんでもインペリアルエッグの正式名称はインペリアルイースターエッグと言うのだそうで、イースターエッグである事は間違いないです。
見たことはありませんがマリーアントワネットも豪華な装飾イースターエッグを愛でていたという事なので、もしかしてインペリアルエッグのような感じだったのかもしれません。

エッグアートは実物を見た事がありますが、陶器製の人形が入れてありしました。
それでバレー人形を入れたらと思いつきました。
中にはオルゴールが仕込まれて人形がクルクル回るのもあるそうです。
今ハロウインの時期だから不気味系のエッグも似合うかもしれないですね、今作っているテクスチャは不気味ではないですけど、そう言うクリーチャーも似合うような感じになってます。
プロフィール

SanziSannzi

Author:SanziSannzi
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード