二胡姫 月夜 と、お~い、はに丸?!

(1月18日、二胡演奏家のにこーるさんのブログ、(彩雲追月~くるくる猫目日記・改)で今回の絵をご紹介いただきました。
こうしてリアルで演奏されている方からご感想などいただけるのは、とても貴重な体験でありました。
また二胡の名曲や、解説も見聞き出来るので、興味のある方はご覧いただけたらと思います。)

久しぶりに二胡演奏の絵を作成しました。
題名は(二胡姫 月夜)です。
(大きな絵はartistsideにアップしました)

j800Erhu princess16-2

(主なフリーアイテム)
二胡、及び、御堂、電脳箱庭はるさん
寒椿、バーチャル博物館様。

・・・・・・・・

随分以前、此処のブログを開設する前、作成していた二胡絵を、二胡演奏家のにこーるさんという方に見つけ出していただきました。
又、ブログ(彩雲追月~くるくる猫目日記・改)でもご紹介いただきました。
ブログを拝見するにつけ、趣味の範疇を超え、もう立派な演奏家といえる打ち込み用に、すっかり感化されてしまいました。
それがきっかけで、前回は気持ち的に趣味の範疇で作ったのをもう一歩進めて作ってみたいと、新たに二胡絵にチャレンジしました。

新たなチャレンジ、その一
マイキャラ、二胡姫作り!!

今までキャラクターはフリーや販売品に頼っていましたが、おおよそ始めてマイキャラ作成に挑みました。
キャラ作りはPoserという、主に人物や動物を扱うCGソフトで行います。
今回のキャラ作りは、海外サイトで販売されている(Victoria 4)という女性フィギュアを元に行いました。
ごく初歩的な改造例だと思いますが、顔や体を改造するには↓の様な変形ダイアルをチマチマ動かして行います。

400bErhu princess02

↑図のダイアルの上下に、多数のダイアルが並びます(T_T;)
本職の人は、各ダイアルの効果を熟知して行うのですが、初心者だとそういうわけにも行きません。
で、結局すべてのダイアルを片っ端から回すという方法で試しました(T_T;)
それはそれで難しかったのですが、これでも初歩的なんだそうです、ベテランになると、マグネットなんちゃら~、や、モデリングソフトを使って、自前で変形ダイヤルを作ってしまうのだそうです。
で、なるべく二胡姫のイメージに合うように調整した結果↓

300bErhu princess01

あんまり変わらない、と言われそうだけど、これ以上手を加えると変な顔になってしまって、これで止めました。
これにお化粧をします。
と言っても、これは自力で行う力量も時間もないので、お気に入りのお化粧皮膚セットを充てました↓。

300bErhu princess01-4

最終的に絵に使った時には、自力で出来る範囲で、軽くお化粧を施しています。
派手な京劇の娘役の写真を参考に、ごくごく微妙に控えめに入れました。

そして、二胡姫をPoser内で操作し、二胡を演奏するポーズを取らせます↓。

bErhu princess04-3

密かにセクシーに@@!というのも意識していたので、少しばかり大胆なポーズになりました、ごめんなさい(T_T;)
元々、POserはこう言う風にフィギュアにポーズを取らせ、絵を描くときのバーチャルモデルに使用するためのソフトだったと聞いています。

これに、背景に小道具など並べて演奏舞台ふうにすれば、絵として完成するのですが・・・

・・・・・・・

チャレンジ、其ノ二
背景を作るぞ!!
ちなみに前作の二胡絵は、市販の背景セットに木を入れたりして作成しています。

以前から山水画のような背景を自作したいと思っていました。
こちらは何度か試しているのですが、今だ道半ばです。
二胡姫は一応、二胡を弾く妖精という設定なので、それにふさわしい背景を作りたいと思いました。
と、思うのは簡単だったのですが、御蔭でなかなかまとまらず、ジレンマに陥り堂々巡りをしばらく続けてしまいました。

やがて、脳内に中島みゆきの(地上の星)が、繰り返し鳴り響くようになり、これやーまずいと思っていたとき、さきほどのにこーるさんのブログで(月夜)という名曲を聞くことができました。
なんでも劉天華という近代二胡の創始者の作曲なんだそうです。
するとありがたい事に肩の力が抜け、月明かりの中、演奏する二胡姫のイメージをすっと、思い浮かべることができました。
イメージさえ浮かべば作ることはできます。

背景はVueという、自然再現専門の風景CGソフトを使いました。
簡単に説明するとPoserで作った二胡姫のデータをVueの中にいれ、周りにイメージに合った山や大地を作成して配置します。
それに木や花や建物を入れ、今回は月夜の空を設定しレンダリングしました。

bErhu princess04

詳しくはとても書ききれませんが、山水画風の山々は、今回はVue付属のツールで作りました。
しかしそれだけでは限界を感じてきたので、いずれ他モデリングソフト専用ソフトで作って、それをVueに持ち込んでみようと思ってます。

・・・・・・

続きまして、下の絵は何者、かつてNHK教育テレビで一世を風靡したお~いはに丸君??

bErhu princess05-2

いいや、はに丸くんにあらず、しかしてその実態は、当ブログでお年玉にと配布したハニワ君初号であります@@!
なんとniseisyaさんがはにわ君用にとハニワ君鎧セットを作ってくださいました@@!
驚いたの何の@@!

bErhu princess05-2

はにわ君についていない手指も一本一本全てモデリングされて、立派な手になっています。
以前からモデリングのうまい方だとは思っていましたが、まずこれに驚きました。
しかし、まだまだ驚くのには早すぎました、なんと@@!

bErhu princess05-3

あののんき顔のハニワ君が怒り顔の魔人に大変身してしまいました@@!
兜には、ご存知の方ならよくわかる、たがねまで打ち込んであるではありませんか@@!
大魔神をご存知の方もそうでない方も、一度pixivのniseisyaさんのページを見ていただけたらと思います。

niseisyaさん作、(ハニワ君鎧セット)はコチラpixivページからどうぞ↓
(ハニワ君鎧セット) 


大魔神で一番好きなシーンは、穏やかな顔をした武人石像が、いよいよ動き出すシーンです。
何回見てもセンスオブワンダーに満ちております。
この大魔神鎧で、映画のその名シーンを作ってみようかなと目論んでおります。
先程も書きましたが、山水画に出てくるような、武人像が安置されている岩山をモデリングして、Vueに持ち込んでうまくいくか試してみたいです。





テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは、三児(sanzi)さん!

Poserを使われているテクニックは、すごいなといつも感心してます。
今回は大魔神が大うけでした。


あ!あおば映治っさん!

いらっしゃいませ(^^
いつもマンガ、楽しませていただいております。
Poserは以前は海外の漫画家などが、デッサン用に使っていたとも聞いた事があります。
今は立派なCG作成ソフトになっております。

大魔神鎧はネットのお知り合いの方に作って頂いたのですが、私も最初見た時には、あまりに驚いてしまって、夜眠れなくなってしましました(^_^;)
こう言うアイデアが出るなんて尋常ではないですね。

祝・完成!!

わ~~~っ、
すごい!
いつも三児さんの作品は予想を超えます!
実は心配していたんです。
ジレンマに陥ってると言ってみえたし、
沈黙が長かったので・・・。

今回、キャラクターも、背景も作られたんですね。
二胡姫、すごい美形ですね。
背景も中国の山水画をほのぼのとした暖かなイメージに
作り変えたようで、“月夜”のあの感じです。

背景のない方の絵だとよく分かりますが、
かなり力を入れて弾いている感じがあります。
力学的にも研究された成果ですね。
こんなにリアルな二胡絵ってないでしょう。
(“月夜”、美しい曲ですが、実はとても一生懸命
弓ひかないと弾けないので・・・。)
ちょっとポーズが大胆で、焦ってしまいましたが^^;)

また、拙ブログの方でもご紹介させていただきますね。
まずは、ご完成おめでとうございます。
そして、お疲れ様でした。




にこーるさん、今日は(^^

お祝いありがとうございます(^^
でもご心配かけてすみません((^^))。
以前だと、少しこれは続けても作れそうもないなと思ったら、すぐ切り替えて他の絵やモデリングを始めていました。
でも今回は自分の納得のいくまで続けることができました。
にこーるさんの地道なレッスンの記録を見るに付け、行き詰った時ほど、本当は達成するべき壁が見えている時なのだと気づかされました。

二胡姫は、まだまだ、原型のフィギュアの造形に頼っている所がありますが、今後も徐々に改良を加えていこうと思っています。
ベテランの方もかなり時間を要する作業のようです。
山水画は雪舟の描く、ファンタスティックな世界観を描けたらなと目論んでおります。
あのゴツゴツした山や岩はまだできないのですが、今回は月夜を聴いたイメージだったので、この丸っこい山で良かったと思います。

二胡ポーズは張雅玲さんのコワ・・・いえいえ迫力のある演奏がかっこいいなと思い、イメージしていました。
二胡を演奏したことのない身には、リアルで演奏されている方に見ていただくのは空恐ろしい事なのかもしれません。
でも、受け入れてもらって良かったです。
今回も出来るだけ弓や二胡の持ち方を調べて絵にしましたが、もっと情報を集めて良い二胡絵にしていきたいです。

セクシーポーズの部分は、リアルの女子演奏家は決して取らないポーズですね(^_^;)
まあ、夢の部分だと思って、之からもおおらかに見てやってください(^_^;)

またもや、ブログでご紹介してくださるとのこと、作った甲斐があります。
ありがとうございます。

No title

二胡姫 月夜
お見事ですね。
あまりに凄すぎて驚くばかりです。

ところで、マイキャラ作成ですけど
実に難しいですね。
どうすれば、上手くキャラをつくれるのか
多くの初心者の方が一番知りたいことではないでしょうか。
その方法について、詳細に解説しているような記事がどこかに
あるのかも知れませんが
Fancy Pool は今までそんな解説を見たことがありません。
結局、自己流で試行錯誤を重ねながらやるしかありません。

ところで、Vue は、とても強力なツールですね。
Fancy Pool は、無料版の Vue Pioneer を
少しだけ触ったことがあります。
Vue を使ってるPoser使いは多いですが
Fancy Pool は、そこまでの余裕がありません。

ハニワ君の人気、すごいですね~!
ちなみに Fancy Pool も
ハニワ君で絵をつくっちゃいました。

Fancy Pool さん、今晩は(^^

二胡姫は途中でジレンマに陥り、先に進めない状態が何日か続きました。
今まではすぐ諦めて他の絵に移ったのですが、こういう時こそ新しい展開が望めるのだと気がついて、頑張ってみました。
また、次にやってみたいこともはっきりしてきたし、良かったです。

そういえばFancy Poolさんは可愛いキャラ作りを続けられていますよね。
マイキャラ作りは、以前roseから、好きな俳優などをイメージして作ったほうが、しっかり作ることが出来るとアドバイスを受けたことがあります。
今回はすっかり忘れていて、出来たあと思い出しました、勿体無い(^_^;)
それとM3の各モーフの和訳も見た事があります。
多分kyotaroさんもブログだったと思うので、今後のこともあるし捜してみようと思います。
ただ、皮膚のテクスチャまでとなると、私は多分そこまではやらないと思います。
精々既存のテクスチャの改造程度ではないかと。
今思い当たる試行錯誤はそんな感じです。

Vueは、どういう地形を作りたいかはっきりイメージできていたら、とても扱いやすいソフトです。
なのでまずどこまではっきりイメージが持てるかが先立って肝心だと思います、今回特にそう思いました。
今ではPoserが主になりましたが、私はVueから初めてPoserフィギュアが読み込めると分かって、Poserを買いました。
Poserを使っているVue使いも多いと言えるのではないでしょうか。

ハニワ君、まさかこういう展開になるとは、私も思ってもみませんでした(^_^;)
自分でも毛をはやしたり面白がって作ったので、とても驚いています。
Fancy Poolさんがどういう具合に絵にされたか想像もできないので、楽しみです。

新作

寒い日が続いております。お変わりございませんでしょうか。
新作拝見。これは・・大胆な大股開きポーズ。(^^);
月夜の幻想的な山水画でございます。この女性は月の精霊かも
しれません。二胡と御堂のご使用ありがとうございます。

なるほど、V4の顔を調整されて制作されたのですね。Poserの変形
ダイアルは難しく、なかなか気に入った顔や表情になりません。
いつも、変な顔になって・・「ん、もう、やめた」となります。
音楽を聴きながら作業をする・・いいかもしれません。気持ちが
リラックスする音楽が良さそうです。ふむふむ。。

niseisyaさんの「はにわ君」も頂いてきました。これはすごい。
「大魔神」をデフォルメした造形が素晴らしいです。

はるさん、今晩は(^^

先日の週間天気予報で寒さも今日が底、と聞きました、もうしばらくの辛抱ですね。
関東も積雪がすごかったらしく難儀されたことと思います、はるさんもお変わりないでしょうか。

やっぱり大胆だったですかね(^_^;)
まあちっとは夢を持たせていただきました。
思えば和風の絵を始めた時から、山水画風の地形作りのチャレンジを始めたように思います。
今年はもっとそれを極めてみたいです。

私も以前M3で将軍吉宗評判記の大首絵を作った事があったのですが、それはデフォルメしたおかしな顔でした。
美形に、というのは細心の注意力が要りますね。
もっとV4のイメージから遠ざけたかったのですが、今回は限界でした。
今回は二胡の音楽を聴いてイメーシが固まって、確かに良かったです。
いつもは音楽を聴かなくても、興に乗ると、頭の中に好きなメロディーが響いてくることが多いです。
もっとも、地上の星、が響いてきたときは、行き詰まった時が多いです(^_^;)

niseisyaさんのはにわ君鎧には本当に驚きました。
手の造形は、子龍を作った時、難しさはわかっていました。
それがもうほとんど完璧にできております。
鎧の飾り模様も完璧だし、今、なんとかそれを活かせる絵ができないか試し中です。

思い起こせば、はるさんが二胡を作成してくださったので二胡絵ができたのでした。
当時は二胡と胡弓の違いもろくろく知らなかったです。
今更ながらありがとうございました。

No title

幻想的な風景ですね。
まさに山水画の中に入り込んだようです。

Vueのモデリング機能は、いわゆるモデラーソフトのような自由なモデリングはできませんが、メタブロブやブーリアンなどで『それなり』のことはできます。
でも細かくモデリングしたい場合は、他でモデリングしたものを読み込んだほうがいいと思います。
岩山のモデリングはVueでディスプレイスメントマッピングをした後でポリゴンに変換するとかなりそれっぽい物ができますが、かなり重くなるのが問題です……

かめととさん、今日は(^^

アドバイスありがとうございます。
私も今まではVueのツールでなんとか水墨画のあの独自の地形を作ろうと試してきました。
実力のある方だとわかりませんが、すくなくとも私は限界を感じました。
という訳で、実はMetasequoiaで今試し中です。
Metasequoia3バージョンから実装された彫刻(スカルプト)機能で、かなり上手く岩感がでるとわかりました。
昨日twitterに途中結果をアップしています。
https://twitter.com/sanzi_sannzi
これで今まで出来なかったことが表現できるようになり、喜んでいます。

>Vueでディスプレイスメントマッピングをした後でポリゴンに変換する、
↑う~む、これは知らなかった、どういうふうになるものか、試してみます。

こんばんは。

ふとした出来心で作った「鎧セット」を大々的に紹介して頂いて恐縮です。埴輪に足が生えているのを見た瞬間、大魔神を作らねばならないという天命(笑)を感じてしまったのです。…でも実は、お褒め頂いた手の造形も親指の付け根の角度などに不満があるのですが、ある程度作りこんだ後に気付いたので修正できず、「今回はデフォルメだからこれでいいや」と妥協してしまっています。顔もメタセコのスカルプトを使えばよかったのかもしれませんが、不慣れだからと使ってません。今回の記事を読むとsannziさんの探究心を見習わねばと思います。
それにしてもsannziさんがそんなに大魔神がお好きとは思いませんでした。今回資料を集めた中に海洋堂の可動フィギュア「特撮リボルテック 大魔神」なんてのもありましたよ。(もしかしたら既にお持ちとか…?)

niseisyaさん、お早うございます(^^

ハニワ君にはもったいないような優れた衣装を作成していただきまして、改めてありがとうございます。
鎧の縁取りとか、飾りライン、ベルトのバックルとか、とても細部にこだわって作ってあるのもとても良かったです。
鎧を着せたとき、足をもっとしっかり作っていれば良かったなと思ったのですが、その足のおかげで作ってもらえたのなら、このチビな足で良かったのだなと思いました(^。^)
親指の不満は少なくとも私にはわかりませんでした。
剣を握った時などとてもかっこいいし、完璧に思えます。
ライン表示にすれば良くわかるのですが、顔も力を入れて作成されていますね。
目の造形など、とても真似できないです、私もこんなふうにモデリングできたら良いなと思いました。
それに大真面目な顔をしているのに、体がハニワ君体型なので、いいに言われぬユーモアがあって良いです。
スカルプトはポリゴンラインが崩れてしまうので、顔のような繊細な造形には向かないのではと思いました。

「特撮リボルテック 大魔神」見てみましたが良いのがあるのですね、知りませんでした。
まさか可動式モデルがあるとか!
私が持っているのは、ちょっとチープなソフビ人形だけです(^_^;)

はにゃ~

三児さん、これはまたスゴイですね!
こんな風に背景って作られるんだ∑(◎□◎;)
今回の絵はいつもと雰囲気が違ってびっくりしました。
なんとも素敵な雰囲気(*^^*)
ほくほくと癒されながらスクロールしたら、、、はに丸くん。
怒ってるハニワ怖いよ!はにゃ~。

ささみさん、いらっしゃいませ(^^

ささみさんに絵を見てもらえるようになる前、随分和風の絵を作っていました。
その時は大概こうやって背景を作っていました。
3Dデータで市販されているものは、大概西欧風なので、自然と自作することが多くなりました。
今度新しい方法を思いついたので、もっと水墨画風にチャレンジ中です。

ささみさんだと、大魔神はご存知ないですね、きっと。
男の子の世界では随分有名なキャラなのですが。
怒ると正も邪も踏みつけてしまう荒神様なので、本当に怖いです、驚かせてすみません(^_^;)

こんばんは

今年は、はにわ君でスタートですね
しかも素敵な衣装まで~
さっそくDLしました。
これからゆっくりはにわ君で楽しめそうです。

二胡姫も素敵ですね
満月かな?明るい月夜ですね
月夜も安心~

なるっちさん、今晩は(^^

ハニワ君は、思いつくままに気楽に作った思いがあったので、まさかこういう展開になるとは思ってもいませんでした。
これはもうniseisyaさんが、この衣装というか、鎧を作ってくださったおかげです(^^
なるっちさんだと、ハニワくんや、他のフィギュアにも着せてしまいそうですね。

二胡姫は満月です。
月夜という二胡の名曲を聴きながらイメージしました。
夜のシーンで逆光なので、本当は月明かりだけでは顔もわからないくらい真っ暗なんですが、それでは絵にならないので、かなり明るくしました。

妖艶

こんばんは!

二胡を演奏するポーズが妖艶です。
早速公約を実行されていますね^^
背景もやはり素晴らしいです。
私も音楽を聴きながらPCに向かうことが多いのですが、
曲に影響を受けることが多い気がします。
目を閉じてゆっくりアイデアなどをーーーと思いつつも
実際は寝てしまいます^^;タハハ

それとハニワくんの人気が凄いですねっ。
はるらんまんさんのブログでハニワくんが鬼のような面をつけている絵を拝見して驚きました。
niseisyaさんの作品だったのですね、
手指や装飾類の作りこみも素晴らしいと思いました(特に顔が出てくるのにビックリしました)。
ハニワくんの影響力は計り知れませんねv-291

mamomamoさん、今晩は(^^

今回は、演奏家の方に見てもらえるのは、とても貴重だと思い頑張って作りました。
にこーるさんは前作の二胡絵を、教科書のような正確な演奏スタイルの再現というより、ファンタジーとして認められたんだと思って、今回もどちらかというと背景に力を入れました。
演奏スタイルはネットで色々調べて、あんまり恥ずかしくないレベルに出来たと思いますが、背景は一時、全く先に進めなくなってしまいました。
そんな時、二胡の名曲、月夜を聴くことができ、この絵のイメージを思い浮かべることができました。
今回に限らず、音楽から影響を受けることは多いですが、もしかして聴くことにより、リラックスできることの影響も大きいのかもしれません。
確かにリラックスしすぎて寝ることもありますけど(^_^;)

埴輪君は、本当にお気楽に作ったので、この展開に自分でも驚いております@@!
あんまりniseisyaさんの鎧のモデリングが立派なので、ちょっと恥ずかしい気もします(^_^;)
私も手指の作り込みに驚きました。
思えばmamoさんも、手袋を作成されているし、作ろうと思えばフィギュアの手もリアルに作成できるのでしょうね。
そうそう、怒り顔が兜の中からヒョコット出てくるのには、あまりにユーモラスで吹き出してしまいました(^^
プロフィール

Author:SanziSannzi
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード