桜吹雪3Hi作成中

(2月18日追記 今回掲載した桜姫のプロモ画が(artistside)にてウィークリー一位に選考されました。)

前作、Poser用小道具(桜吹雪セカンド)を作成してからはや3年、新しい桜吹雪を作成中です。
ほぼ作成は終わり、後はデータの整理やまとめと言う段階まできたので、今のうちに前作との違い等、覚書しておこうと思います。

①まず、前作ではデータ軽量化のためにポリゴン数を切り詰め、花びらをアップにすると角々して切り紙の感がありました。
今回は以前よりPC環境も高度化してきているし、ポリゴン数を増やし、アップにしても耐えられるように整形しました。
3HiとHiが付くのは、そのハイポリゴンを示します、とは言えギリギリまでポリゴン数を抑えて作成しています。
又、前作では一つの花びらを散らしていましたが、今回は3種類に増やしました。
3種類とは言え、より自然な桜吹雪に見えるのではないでしょうか。

b360CherryPetal3rd01.jpg


②そもそも(陰)と(影)の違いとは@@?

次は(陰)と(影)をどうするか、実は前作からどうしようか悩んでいた問題でした。
まず(陰)と(影)、同じカゲでややこしいので、簡単に説明しておきますと、↓

bCherryPetal3rd07-3.jpg

上図の壁に出来た桜の花びらのカゲが(影)です。
そして花びらの直接光が当たらず、暗くなった部分が(陰)です。
普段日本では(陰)と(影)の区別を付けて言ったり文に書いたりすることはないと思います。

私は以前から昔の日本画や浮世絵になぜ陰や影が描かれていないのか不思議に思っておりました。
現代の超精密画に負けないくらいの花鳥画を描いている画家たちの作品でさえ描いていない、何故?
本など紐解いて調べているのですが、今だにはっきりわかりません。
しかし、かように日本人は、カゲをそもそも気にしない民族らしいです(^_^;)
その点西欧諸国ではカゲを、特に西欧絵画など描くとき重要に思っているらしく、陰と影をきっちり意識しているようです。
そしてそれはCGを作成する場合も同じで、リアリティーを出すにはしっかり区別して作成したほうが良いとされています。
と言っても普段はCGソフトが程よくやってくれますが。

③それではまず花びらの(影)から。

前作の桜吹雪セカンドでは影を付けないと不自然だろうと思って付ける設定にしていました。
所が何回か使っているうちに、上図のように壁にボツボツと桜吹雪の影が着くとかえって不自然だと分かりました。
なぜなら紙より薄い花びらなので、光が透過し、壁に濃い影が出ることはないと思えたからです。
精々薄い淡い影が出るくらいなものではあるまいかと・・・
という訳で、今回は全て影が出ない設定にしました↓

bCherryPetal3rd07-4.jpg

↑(影)が消えて(陰)だけが残りました。
すっきりしてこの方がよいと思いました。
もし影が欲しい方は、特性パレットで影を入にしてもらえればと思います↓

bCherryPetal3rd09.jpg

④次に、今回一番頭を悩ませた(陰)の問題です。

初期状態では陰が濃く出ています↓

bCherryPetal3rd08-1.jpg

先程も書きましたが、桜の花弁は光をかなり透過させると思うので、これでは不自然です、重く見えてドスンと地面に落ちてしまいそうです(T_T;)
これをずっと悩んでいたわけで、今回は是非この問題を回避したいと思っておりました。

そこで光を透過なら新Poserの機能のサブサーフェス・スキャタリングSSS(日本語だと表面下散乱、よくわからない訳だけど、半透過光に違えども遠からずだと思う)だと思いつきました↓

bCherryPetal3rd08-2.jpg

色々試してみたものの、余り思わしい結果は出ませんでした。
まだ工夫が足りないのだと思いますが、或いはバックライトを使わないといけないのかもしれません。

そこで最後の手段、今回は環境値を上げる方法を取りました↓

bCherryPetal3rd08-3.jpg

裡面も(実際は光は透過していないけど)明るくなりました。
こうすればよいというのは最初からわかっていましたが、これは多少不本意な思いもありました。
それはPoserで環境値を上げると、暗いシーンでも明るく光って見えるためです。
まあ、不自然といえば不自然なわけです。
そこでギリギリ値を抑え、バンプマップも作って貼り付け、リアリティーが少しでも保てるようにしました。
もしこれでも裡面が暗いと感じたら、その環境値(図、英語版ではAmbiento_Value)をマテリアルルームで上げれば(或いは使いたくない時は0にすれば)よいと思います↓

bCherryPetal3rd04-4.jpg

以上のパラメータをシーンに合わせて調整、或いは全く新しくマテリアルを作成していただけたらと思います。

・・・・・・・

これでようやく花びらの質感マテリアルが決まりました(^^
最後にマテリアル確認用のプロモ画を作成しました、題して桜姫です(#^.^#)。

↓クリックで大きくなります(1000×1000)(artistsideにもっと大きな絵でアップしました)。

1000CherryPetal3rd-09.jpg

Poserの被写界深度で遠近感を出しております。
此処まで大きく花びらを接写することはないと思いますが、花びらの角も取れ丸くなり、不自然な濃い陰もとれているのが解ると思います。

使用アイテム
お人形キャラ(A4_Ami) 那々@alongtimeagoのPOSERメモさん。
衣装、MMTD01ForV4A4 mamomamoさん
3Zi_EggArt01(3Zi_エッグアート01) は私三児でした。

・・・・・・・・

冒頭で書きましたが、ほとんどデータはできております。
次回は配布になると思います、モーフで桜吹雪が広がるようなエフェクトも作っていますが詳しくはその時に。
2は周囲に均等に広がったけど、3Hiは風の向きを感じられるようなモーフを考えています。
今、散らし用のプロモ画を作成しながら最終的な調整中です。

・・・・・・・・

お知らせです、今年も和風展が開催されます。

第七回 和風展

Wafu7L[1]

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

Amiをかわいく使ってくださってありがとうございます。
桜の花びら、今回も楽しみです。
今日はとても寒いのですが、三児さんの作品を見ると、春を感じて暖かい気分になれます。

那々さん、おはようごさいます(^^。

Amiちゃん、やっぱり可愛いですね(^^
今回はお人形というより妖精といった感じで使用させていただきました。
桜吹雪はいま拡散モーフの最終調整中です。

本当に寒さ本番になりましたね。
朝起きるのが辛かったです。
それももうわずかだと思いますので、那々さんもお体に気を付けておすごしくださいませ。

こんちは

エッグアートに素敵なお人形いいですね
エッグアートの台のハートもかわいいです
mamomamoさんの衣装の色と周りの色もマッチしてます。
さすがsannziさん これからの季節も考えて作品を作ってますね

それに比べてわたしの作品は季節感なし ^^;

ひらひら

お! 新作は「桜の花びら」ですか。
これからの季節に活躍しそうな部品になりそうですね。
なるほど「影」と「陰」の問題ですか。うーーーーん、難問です。
ほとんど考えたことがありませんでした。(^^)

SSS・・Poserでは使ったことがありませんが、薄い葉っぱとかに
使うと効果的・・という記事を読んだような気がします。

雪とか花吹雪とかでいつも迷うのが、モーションブラーとか
被写界深度とかをどうするかでして。レンダリングに長時間
かかるのがイヤで、別画像にしてペイントソフトでぼかして
合成したり。。

なるっちさん、今晩は(^^

今晩は(^^
お人形に桜吹雪、さてその背景は、と思ったとき我がエッグアートを思い出しました(^^
実際に絵にしてみたら、ハートが入っている模様や全体の色合いも桜に似合っているようで良かったです。
mamoさんのこの衣装はファンタジーにも使えるだろうなと思って試したらやっぱりそうでした。
季節感を考えるのは、アイデアが行き詰ったとき等も、いいアイデアのヒントになったりして結構便利です。
なるっちさんも季節によって、衣装や背景の色彩を工夫されているように思います。

はるさん、今晩は(^^

もう2月も10日、なんとか桜の季節に間に合うように完成出来たらいいなと思っております。
以前から花びらの陰と影をどうするか迷っていて、今回はそれを解消しようと努めました。
西洋では影と陰は元々違う言葉としてあるようです。
それがおんなじカゲの日本ではなかなか違いが理解できないのではと思っています、自分もですが。
音読みにするとインとエイ、全く違うのですが、そうすると意味さえも単なるカゲとは違う意味合いを持つようですね。

sssはかなり粘って一時成功したと思ったのですが、それは一定の照明をした時だけでした。
成功させるにはライティングもそれらしく配置しないといけないのかなと思っています。

私も被写界深度は時間が掛かって嫌でした。
しかも失敗したら又長時間かけてレンダし直さないといけないし、
でも今回はカメラ手前の僅かな桜吹雪だけにブラーが大きく掛かるだけだったのか、以外に早くレンダできました。
なんだかPoserの被写界深度の設定の勘所がわかったような気がします。

No title

今日の絵も、とても綺麗です。
桜吹雪がとても効果的ですね。
(陰)と(影)の違いのお話は
とても興味深かったです。
でも、解説の内容が Fancy Pool には難しすぎて
理解できないところがありました。
Fancy Pool は、まだまだ勉強不足のようですね。

桜吹雪~♪

本当にすばらしいですね(><)
気持ちが浮き立つ桜吹雪。
こうやって説明を読むと、細やかな心配りの技術が満載なのですね。
こういう作品を見ると、3Dもやってみたい。。。とか無謀な事を思ってしまいます(^^;)
久々に見ているだけでウキウキする絵を見ました♪
ありがとうございます(*^^*)

No title

先程「ささみ」で投稿したの、やまだ柚実です(--;)
すみません~~。

二胡弾きのにこーるです。

こんばんは。
影と陰の違いだとか、随分難しいことに取り組んでおられたのですね・・・
桜の花びらのあの質感をCGで再現するのは、確かに難しそうです。
制作途中の記事を読んでもさっぱり分かリませんでしたが、
最後の絵を見たらなんだか、
ほ~っ・・・と
心がやわらぎました。
感涙。
ちょっと疲れることがあったので。
からくり卵が蓮の花のうてなになって
優しくて可愛らしい桜の妖精ですね。
とってもいいですよ(^^)b
桜、早く咲くといいですね、待ち遠しいなぁ・・・。

Fancy Pool さん、今晩は(^^

お褒めいただいてありがとうございます。
元々桜吹雪の出来具合を確かめたいと想定した絵でしたので、効果が充分出るような配置にしました。
以前の桜吹雪でもなかなかうまく散らすことができず不本意な思いもしましたが、(陰)と(影)が思ったのに近く出来たのも手伝って、思いの他うまく散らすことができました。

(陰)と(影)は私も自分で桜吹雪などアイテムを作らないと、はっきり自覚することは無かったと思います。
以前から理屈は知っていたのですが、そういう違いがあるから何なの、というくらいでした。
日本人は影を描かなくても、多くの西洋画家に影響を与えた浮世絵など作成しているので、そんなに気にしなくても良いのかもしれません。

やまだ柚実さん、今晩は(^^

もちろん前回コメントを頂いた時も、ささみさん=やまだ柚実さんだと認識しておりました(^^
メールがささみさんだったので。

説明を読むと細やかに感じられるかもしれませんが、実は大層大雑把な性格でして(^_^;)
本来ならもっと早く気がついて理解できて解決できていたはずなんですが、桜吹雪も三作目になって、ようやく解決策に近づけた気がします。

リアルでクロッキーをされている柚実さんだと普段から陰は意識して描かれているのだろうなと思います。
3Dをやられてもすぐ影と陰を活かされた絵を作成されそうです。
でも出来たらずっと手描きの民族衣装絵を続けて欲しいです(#^.^#)

にこーるさん、今晩は(^^

なるほど!二胡弾きのにこーるさんでよいですね、これからそうします(^^

私も少し前までは影と陰の違いなどあまり気にしていませんでした。
昔の日本画や浮世絵など見ると、本来は日本人にとって気にする事でも無いのでは、などと思ったりします。
今の日本画ではそうも言っていられないと思うのですが。

いよいよ発表会が間近なにこーるさんに、少しでも和んでいただいて此方こそ嬉しいです。
先程はよく分かりもせずにお気楽に頑張って、などと書いてしまってすみません。
でもにこーるさんなら大丈夫と思っているのは本心です。
というか毎年経験を積んでこられているので、私が大丈夫等というのはおこがましいのかもしれませんね(^_^;)

花のうてな、美しい言葉ですね!
最近言葉は言霊ということもあるし、とても大切なのではと思っています。
花のうてな・・・この言葉を大切にした絵も作成してみたいです。

桜っ

こんばんは!

なんと桜プロップの新作がーーっ。
しかも更にパワーアップ!
今までsannziさんのCherryPetal2ndをレンダする際は、
別レイヤーでCasts shadowsはOffにしてレンダしていました。
又新たな発見確認が出来そうです^^

それとプロモ画がとても綺麗ですね。
衣装を使って頂いて光栄です。

>Poserの被写界深度で遠近感ーーー
最近NewPCでようやくレイヤー無しでレンダ出来るようになりました。
トホホーーー。
(私自身は未だにロースペックでスローですが^^;)

桜吹雪3の完成を楽しみにしています。
v-238

mamomamoさん、今晩は(^^

CherryPetal2ndを作成してから、気がつけばもう3年経っていました。
その間我がPCもmamoさんのPCも進化したし、世間も概ねそうであろうと思って、ちょっとばかりデータ量を増やしてリニューアルする事にしました。

やっぱりmamoさんもCasts shadowsは切りにされていたのですね。
私も前回は影が無いのは不自然だろうと思って入にして作成したのですが、いざ自分が使うだんになったら、つぶつぶの影がどうにも邪魔で、結局切って使用していました。

プロモ画はmamoさんがブログで紹介されていた那々さんのAmiを使わせていただきました。
mamoさんのパーティードレスで、お人形或いは妖精といった感じに仕上がって良かったです。

私も以前のPCでは全景だけ別レイヤーでレンダして、後ろをレタッチでぼかす等、苦しいことをやってました(^_^;)
昨年新PCにしてようやくPoserの被写界深度が、効果も綺麗な状態でレンダできるようになりました。

桜吹雪はようやくデータもまとめる事ができました、もうじき配布できると思います。
でもmamoさんの新作のプロモには間に合わなかったですね、ちょっと残念です。。
でも私がもたもたしている間に新作を2着も出されて、私から見るとハイスペックなmamoさんですv-238
プロフィール

SanziSannzi

Author:SanziSannzi
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード