3Zi_スプーン&お皿(3Zi_Spoon&Plate)の配布

前々回、配布した3Zi_スープカップ(3Zi_SoupCup)の追加アイテム、スープ用スプーンとお皿(3Zi_Spoon&Plate)を作りました。

(↓クリックで僅かに大きくなります800×800)(artistsideに大きな絵をアップしました)
800SpoonPlate06.jpg

今回はスプーンとスープカップを置くための大きめのお皿を作りました。
大きな皿を作ったのは、前回の敷皿だとスプーンの置き場が無かったからです。
さらに皿単体でスープ皿としても使えそうだったのでスープ入の皿も作りました。

スープのmaterialsの切り替えはは(3Zi_SoupCup)に入っているものが共通で使えます。

スプーンとお皿用のmaterialsは4種類入っています。

bSoup Spoon03

宜しかったら下記リンク先skydriveからどうぞ。
3Zi_スープカップ(3Zi_SoupCup)が必要ですが下記リンク先と同じ場所にあります。

3Zi_スプーン&お皿(3Zi_Spoon&Plate)のDownload 

・・・・・・・・

ほかの使用アイテム
3Zi_GlassDog(ガラスの犬)
桜の髪飾り(3Zi_CherryCorsage)
sannzi_RavenRoseHairCorsage(バラのヘヤコサージュセット)此方は下記ぽーざーくらぶにあります。
(バラのヘヤコサージュセット)フリースタッフコーナーにあります(Downloadには、ぽざくらへのログインが必要です。

部屋、家具などはDAZのDreamHomeです。

・・・・・・・・

さて次回のモデリングはメジロの続きです。
しかしながら他の事をしているうちにモデリングを始めた頃の夢を思い出しました。
それは、
卵の中からゼンマイ仕掛けの小鳥が出てきて動き出す・・・正確な名前は今思い出せませんが、からくり小鳥です。
もしモデリングが少しでも上達出来たら、作ってみたいと思っていました。

余談ですが、
幸いオルゴールの動く機械小鳥は実物を見た事があります。
なんとピーピー鳴き声まで発するという精巧なものでした、リアルスチームパンクと言いましょうか。
鳴き声の仕組みも見せてもらいました。
きっとICチップかなにかで音が出るのだろうと思っていたら、中にゼンマイ仕掛けで動く吹子が仕組まれていて、それで鳴き声を出していました、その精巧さに感激してしまいました。

↓はそのイメージです。

bmejiro05.jpg

この絵では卵に3Zi_EggArt01を使っていますが、勿論からくりメジロ用に新たに作ります。
メジロも機械仕掛け用に作り替えます。

・・・・・・・・・

メジロは多分時間がかかると思いますが、その合間に第八回突撃中華展の画も作成しようと思ってます。

先日二胡弾きにこーるさんのブログで、今まで作成した二胡絵を二胡画ギャラリー風にまとめてもらいました。
なんと贅沢な事でありましょうか。
その(きっかけになった『二胡姫』)としてご紹介頂いたのが(第四回突撃中華展)で出展した「オリエンタルの響、二胡 」でした。

(クリックで大きくなります)
042[1]

まさかこの絵がご縁で二胡を演奏される方とお知り合いになれるなどと思いもしなかっただけに、感慨深い思いがします。
なので今回はもちろん二胡画で(^。^)
少しずつにこーるさんに二胡の事や名曲のご紹介、また作成した画の感想など受けてイメージを膨らませています。
思えばこれも贅沢なことです。

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは~。
スプーン&お皿、いただきました。プロモ画像のテーブルのアレンジがお洒落ですね。ちょっと高級なレストランで実際にありそうな雰囲気です。
メジロの方もsannziさんのアイデアでどう変身するのか、楽しみです。(ス、スチームパンクですか…?)

もれなくお皿まで・・

「sannziさん、春のパン祭り」素敵なお皿とスプーンいただきました。
いよいよ「メジロフィギュア」の再開ですね。なんとカラクリ式に
なるとは楽しみです。

niseisyaさん、今日は(^^

お持ち帰りありがとうございます(^^
今回は追加アイテムでささやかなものになりました、何か使いどころが出てきたとき、思い出して使ってくだされば幸いです。

オルゴールの機械仕掛けの小鳥は、動きだけでなく、鳴き声でメロディーまで奏でるという、まるでファンタジー映画に出てくるような芸術品でした。
蒸気は使っていませんが、ゼンマイを使って動くというのが、スチームパンクの映画や小説に出てきても変でないとう見事さでした。

はるさん、こんにちは(^^

今でも山崎パン祭りというのはしているんですね(^。^)!
言われてみるとこういうお皿をコマーシャルで見たことがあったような気がします。

メジロは結局作り直しになってしまいそうですが、球体関節っぽいデザインにすると、そのモデリングも面白そうです。
入れ物の卵も、独立して使えるエッグアートにするつもりです。

No title

スプーンとお皿、いただきました~。
前にいただいたカップもまだ使えてないんですけど。

二胡を演奏される方とお知り合いになれたとはすごいですね。
二胡に限らず楽器を演奏できる方ってすごいと思います。
僕はカスタネットくらいならなんとか……

かめととさん、今日は(^^

お持ち帰り有難うございます(^^
カップ共々シーンの構成要素として使える時があったら、思い出して引っ張り出してもらえればと思います。

私も楽器演奏される方はかっこいいなと常日頃思っています。
自分は弾けないので尚更です(^_^;)
自分でも調べられるだけ調べて絵にしてるのですが限界があります。
それをこうして二胡弾きの方に見てもらえて、幸運だと思っています。

No title

スプーンとお皿、とても良いです。
スープカップと合います。
色使いとデザインは流石です。
実物も作って売って欲しいくらいです。
きっとめっちゃ売れますよ。
でも、困ったことに
冒頭のテーブルの絵が素晴らしすぎて
これ以上の絵はFancy Pool には
出来そうにはありませんね(笑)

贅沢とは恐れ多い^^;)

勝手に二胡姫と呼んでいましたが、
『オリエンタルの響、二胡 』が正式タイトルだったのですね(^^;)
なんにしても、この可愛い二胡姫のおかげで、
こちらこそ思いもかけず、CG作家さんとお知り合いになれて幸運でした。
でなければ、一生知らないで過ごした世界です。
もともと絵は大好きでしたが、
三児さんの作風が私のイメージする世界と、
ド★ストライクだったんですね。
その上、愛する二胡をテーマに描いていただけて、
毎回新作を見せていただくのがとても楽しみです。
私の方は好きなものを自分のブログに書いているだけで、
三児さんの作品を宣伝する効果はあまりなくて、申し訳ない・・・。
もっと多くの人に作品を見ていただけたらなぁ・・・と
いつも願っているんですが。

Fancy Pool さん、今晩は(^^

スプーンと皿、気に入っていただいて嬉しいです(^^
今回のデザインは前回のスープカップに合わせて、似合うように作成しました。
最近の食器のデザインはこのようなシンプルなのが多いみたいです。

私もDSではもはやFancyさんにはかないません。
気になるのはテクスチャの切り替えマテリアルズがPoser専門で、DSでは出来ないということです。
小道具だとポーズマットファイルは使えないのでマテリアルズで作ってあります。
ところがDSではPoserのマテリアルズは使えなのだそうですね。
使えないということは無いけどとても面倒だとも聞いています。

にこーるさん、今晩は(^。^)

私もにこーるさんの絵の題名のつけ方はとても好きです。
二胡姫というのも、にこーるさんが付けてくださった『二胡姫』がとても気に入って、私も使うことにしました。
之からも素敵な題名を付けて頂ければ有難いです。

またド★ストライク@@!というのも嬉しいです。
そのように評価していただけると、之からも自分の好きな絵を続けようという勇気がもらえます。
のんきな私でも時々限界を感じ・・・まあそこまで深刻ではないですけど(^^ゞ、そういうこともあるにはありますので、とても助かります。
二胡は自分では弾けないので、そういう自分が画を作っていいのかなという不安感はどうしても持ってしまいます。
ブログで取り上げていただいて、そういう事も払拭できましたし。

私も前々回、mamomamoさんの衣装絵をアップしたとき、宣伝効果はあまりないかもと思い、申し訳ないような気がしました。
でも自分がにこーるさんにブログで掲載していただいて、そういう事は関係なく嬉しかったです。
mamomamoさんも喜んでいただけたようだし、応援したいという気持ちが大切なんだなと思いました。
いえ、勿論にこーるさんには充分応援効果は頂けていると思っていますけど(^^

それとほかの方はいざ知らず、絵つくりにはいかにモチベーションがモテる題材が持てるかが一番大切だと思っています。
それがなければそもそも絵作りなど出来ません、常にそれを捜している感じがしています。
でも、にこーるさんのおかげで、之からも二胡画という続けられそうな題材が得られて良かったと思っています。

いただきました

コメントを書き込んだつもりが書けていなかったようで、事後報告になってしまいましたが、スープカップと一緒にダウンロードさせていただきました♪ブログにもリンクを貼らせていただきました。
内容が盛りだくさんなので、置いてクルクル回して眺めているだけでも楽しいです(^^)スープも本当に美味しそうです。

tweetyさん、今晩は(^^

お持ち帰り有難うございます。
スープカップとセットになっているので一緒にダウンロードしていただいて良かったです。

ブログ拝見しました。
モミモミがタンポポヘッドになっていてビックリです(^。^)
でも微笑ましくて良かったです。
また4月のイラストにまで使っていただいて有難うございます。
モミモミは元々トゥーンレンダリング用にできないかと作っていて、途中で断念して普通のフィギュアにしてしまいました。
それがすっかりトゥーン猫になっていて嬉しかったです。

それと記事中に<(ポリゴンの)裏面の影がやたら濃かったり…>という記述がありましたが心当たりがあります。
そちらのブログにコメントが書けないようなのでこちらに書いておきます。
特にDCシミュレーションで、ポリゴンの裏面の黒い影は自分もやたら悩まされることが多いです。
その解決法として「ノーマル_前」にチェックを入れるというのがあります。
勿論単に照明の関係ということもありますが、DCだとその関連性が高いです。
その仕組みなど詳しくは下記、流転四界ぶろぐ、を参照してください。

http://rutenshikai.blog63.fc2.com/blog-entry-78.html

もし関係ない影だったとしてもPoserのポリゴンの裏表の記述もあるので面白いのではないかと・・・
このブログは、かなり論理的にPoserを解析されているのでtweetyさんのような自作派の方には参考になる記事も多いかと思います。

後ほど此処のリンク集にもtweetyさんのHPリンクを貼らせていただきます。

ドールハウスみたい

スプーンとスープカップを置くための大きめのお皿
これらを見ていると3DCGとはイラストのようで
イラストでないなぁと思うんです。

小物とか並べていると、まるでドールハウスの世界のようです。
既成の小物にオリジナルの物を足していくことで、どんどん
リアルに膨らんでいくって感じで。

イラストだと見えない所は描かないけれど、3DCGだとしっかりある。
という事は、こだわり出したらキリがないんですけど、それはマニアとか
にとったら、そこがヤリガイなんでしょうね!!

あおば映治さん、今日は(^^

今回は珍しくリアルな感じににできないかなと思いつつ、ライティングをしました。
というのも、食器やスープのカタログみたいにしたかったからです、出来たらおしゃれな感じでと(^。^)

Poserは元々ホビー要素の高いCGソフトなので、気楽に楽しめるよう色んな背景素材が販売されていて、数が出る為か高品質、リーズナブルなお値段が多いです。
なので舞台セットを組む感覚で自分の世界を演出できます。
言われてみるとドールハウスを組む感覚に近いかも、なるほどと思いました。

2DCGだと、背景素材や模様素材等、CD入り本が売られていたりフリーで配布されたりしていますが、感覚としてはそれに近いかも。

私は自分のイメージにぴったりの素材がない場合は自作しますが、やっぱり作るのも、他の方の絵に登場しているのを見るのもヤリガイなんであります(^^

アップグレード

おはようございます!

スプーンとお皿を頂いて帰ります。
ありがとうございます!
さらに充実しましたね。
sannziさんのプレゼン画がいつもながら美麗なので、
見惚れてしまいます。
コザージュが可愛いアクセントになっていて、
使い方も参考になります。

からくりメジロも楽しみです。
新たなトリックアートのお目見えを心待ちしています^^

それと二胡の演奏家の方とお知り合いになられて、
改めて素晴らしいと思いました。
音楽と絵ーーーアートという線上の交点での出会いに運命的なものを感じます。
私はアートには程遠いので、sannziさんの背中を遠くからじっと眺めていようと思っています
(あ、でもストーカーでありません^^; 念のため)

mamomamoさん、今晩は(^^

本品もお持ち帰りありがとうございます(^^
また先日はカップを素敵にレンダリングしていただいて嬉しかったです。

レンダロの販売用のプレゼン画はレタッチ不可なんだそうですね。
その点自分は納得がいくまで作成出来るので良いです。
実は今回のプレゼン画はmamoさんのスープカップの静物画的レンダ画像に刺激を受けまして、人物無しで作成してみました。
ついつい、コサージュやらガラスの犬やら並べ立ててしまいました(^_^;)

からくりメジロは二胡絵が完成間近なので、その後になるかと思います。
卵の形はどうしようとか構想は大まか固まりました。

おっしゃる通り音楽関連の方との出会いは今まで考えてもいなかったので、運命的だったのかもしれないですね、大切にしなければ。
自分も以前はもうアーティストですね、とせっかく褒めていただいても、自分はそのような大業なものではないと否定していました。
でもCGとは関係のない、にこーるさんに認めていただいて素直に受け入れることが出来ました、というか、その方がよいと思いました。
という訳で、mamomamoさんもしっかりとアートされています。
私がそうだとするとmamoさん、なおもてです(#^.^#)

いや、mamoさんにストーカーされるとしたら三児冥利に尽きるというものです(;>_<;)
というか次回レンダロで新商品を出されるときは、またぞろ追いかけていきますが、ストーカーではありませんので念のため(^_^;)
プロフィール

SanziSannzi

Author:SanziSannzi
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード