空山鸟语(空山鳥語)

第八回突撃中華展に参加してきました。
題材は前回予告通り二胡画です。
二胡弾きにこーるさんのブログでご紹介いただいた空山鸟语(空山鳥語)の世界を想像しながら絵にしました。

(クリックで倍の大きさになります800×800)
800Erhu Princess Bird Chirping07

と、一旦中華展にアップしたのですが、このCG二胡を作成された電脳箱庭はる老師(老師は老人という意味ではありません(^_^;)先生という事らしいです)から二胡が小さいのでは、という意見をいただきました。
前回の二胡絵では、にこーるさんから弓が小さいのでは、という意見をいただいていました。
二胡自体は今までと同じ縮尺で使っていたので、その時はカメラ目線の角度で小さく見えるのかもと思っていました。
でもここに及んで、これは根本的にどこか違っているのではと思いいたりました。
この二胡姫はDAZのVictoria4というフィギュアを使っています。
以前からV4は大きいと聞いていたので調べてみたら、なんと身長180Cm!
う~む、はるさんがもし専属モデルTenTenちゃんの身長に合わせて二胡を作られたとしたら、二胡をV4に合わせて、かなり大きくしないとバランスが取れなくなります。
という訳で、二胡だけ大きくして再レンダしてみました↓
(此方もクリックで大きくなります)

800Erhu Princess Bird Chirping08

どうでしょうか、
大きすぎるような気もするけど、今回の二胡姫は髪が上の方にボリュームがあるので、このくらいが良いような気もします。

・・・・・・・

空山鸟语(空山鳥語)とは思うに雲上の山の頂きで、小鳥のさえずりと共演して二胡を弾く、というような意味ではないかと思う。
なかなか絵になる曲だと思い題材に決めました。

使用アイテム
"V3 Cheongsams" by PhilC Design
Lumen Hair by SWAM
他、小鳥と草、DAZ製
 
二胡、電脳箱庭はるさん
松、HONEYさん
中華椅子、kyotaroさん
ブーツ(MMBoots-01ForV4A4)mamomamoさん
sannzi_RavenRoseHairCorsage by sannzi ぽざくら(バラのヘヤコサージュセット)フリースタッフコーナー
・・・・・

今回は前回の二胡画で試みた書き割りの山や背景作りを、さらに進めてみました。
まずIllustratorで背景の素になる絵を描きました。

b480Erhu Princess Bird Chirping02

これをバラバラに分解して背景に使うパーツを作りました。

bErhu Princess Bird Chirping03

Illustratorなのでこうして描いたパーツをバラバラに分解できます。
専門的な話ですが、そのパーツをPoserの平面詳細というのに貼り付け、αマップというので抜いて使っています。

二胡姫が演奏している足場と岩だけはMetasequoiaで立体的にモデリングしています。

bErhu Princess Bird Chirping04

それらをPoser内でシーンに組み立てました。

bErhu Princess Bird Chirping01-2

まるで舞台セットのようになりました。
こうして見ると随分奥行のあるセットです。
完成画はこれだけの立体感が出ていない、もうひと工夫必要なようです。
悔しいので中華展のサムネイルには、この絵を小さくして使用しました、ちょっと小さすぎて見づらいけど・・・

・・・・・・・

今回はとにかく背景の手つくりに努めました。
最初に作った二胡姫の絵は、プロの方の描いた背景画を使用しました。
もちろんそれでも素材を活かすということで良いのだと思います。
また、その方が完成度の高い絵が出来るのかもしれませんが、それに頼っていてはいつまでも我が心の中の理想的な書き割りの背景ができないと思い、怠け心に鞭打って作成しました(T_T;)

さて明日からはいよいよメジロ作りをしようかなと。

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

本当に舞台のようですね

三児さん、お久しぶりです♡
なんとも幻想的ですね~。美しい。
そしてシーンの組み立てに感動。
そうかぁ絵の中に舞台を組み立てて創ってらっしゃるんですね。
だから物語があるんだなぁと感動です。
私もこういう風に考えて絵を描きたい。
ものすごく勉強になりましたm(_ _)m

柚実さん、お久しぶりです(^^

こういう書き割りの舞台みたいな画つくりは以前からしていました。
ただし今まではホトショ等の2D素材等を見繕って並べて使用していました。
今回はほとんど初めて自作した絵を並べて作成しました。
素材集などからイメージに合った絵を探すより、より自分のイメージに合った絵作りがしたいと思ったのと、結構素材を探すのも大変だったからです。
ただこれ以上良くしようと思うと、もっと画が上手くならないといけないのが不可欠だし、大きな課題です。
柚実さんみたいに2D絵が上手くこなせれば、もっと作れる世界が広がるのですけど。
私こそ柚実さんの壁紙等の絵を見ると、いい影響も受けるし勉強になっております。
今月の壁紙もとてもセンスが良くていい刺激になっております。

こっそりと・・

ふと、私も疑問に思ってきました。この二胡はかなり昔に作ったので
はたして実物と寸法が合っているのだろうかと・・
ネットで調べて画像を合わせてみるとかなりずれていました。
これはいかんです。。現在形状を修正中であります。

なんとはる老師!

修正中とのこと、恐れ入ります。
私も二胡を知らずして二胡画は作れないとばかりに、二胡の構造など調べております。
はるさんの二胡もチントウ、チェンジン、チンマー等、流石よく調べて作成されているなと思っていました。
その上、修正版が完成すれば心強いことこの上ないです。
どうかよろしくお願いします。

二胡姫と白いブーツ

二胡姫が、まるでコスプレした外人さんみたいです!

それに白く柄のついたチャイナドレスに白いブーツが、似合ってカッコイイです!!

もう、そんな二胡姫を拝めただけでハッピーでした!!

それと、背景も書き割りに挑戦ですか?
意欲的ですね!

宝塚とかだと豪華ですし、
ドリフとかチャンバラの書き割りも意外と魅力的ですよね。
書き割りも奥が深そうです。

ご完成おめでとうございます^^)

三児さん、お疲れ様^^)
ワクワクしてましたよ。
発表されるたびに前作より良くなるのはさすがです。
その一つ目は、表情がよく出ているなと思いました。

二つ目、両手の構えが自然。
右手はすでに自然でしたが、左手の形は横から握るのではなく、
手の甲を上に向くように構える・・・これをどう説明しようかと
思っていましたが、今回の二胡姫は完璧です。
三児さんの観察眼にあっぱれです。
私はもう何も言うことはありませんね(^^)v

三つ、立体紙芝居のような背景が不思議な今風の山水画に。
横から見た絵でびっくりしました!
こんなに複雑な作りになっていようとは・・・(*_*)

一枚目の絵を見て、二胡の竿が短いなと思いました。
はる老師のご助言、さすがです。
私の二胡を測ったら全長810ミリ、弓は825ミリでした。
千斤は口のあたりにきますが、千斤の位置はそれぞれなので・・・
二胡をそのまま拡大すると、琴筒が大きくなって、
中胡という楽器のようになってしまいます。
今の絵のバランスでギリギリOK?という感じでしょうか。

また、拙ブログの方でご紹介させてくださいね。
すみません、ニ胡弾きの方も多く見られると思いますので、
こちらでは2枚目の絵をお借りします・・・^^)
中華展の方でもきっと評判になりますね。

No title

突撃中華展、面白そうですね。
その中でも、この絵は一番の作品ではないでしょうか。
sannzi さんの想像力は素晴らしいですが
その想像をこんなに綺麗なカタチにされたことは
もっと素晴らしいことです。
セットもなかなか考えられていて興味深いです。
Fancy Pool は
二胡のことを見たことも聞いたことも
ほとんどありませんが
なぜかその音色が聞こえてきそうです。

あおば映治さん、今日は(^^

髪が青みがかった銀色なのでコスプレ外人さん、というか無国籍キャラにみえるのかもしれないですね。
元々私の中では二胡妖精という茫洋としたイメージで作っているためもあります。

白いブーツは以前mamomamoさんが配布されていたものですが、これが意外とチャイナドレスに似合うし、かっこよくて驚いております。

背景は自分で自由に描いて作ってみたいという野望(^_^;)を以前から持っていたのですが、何しろ絵がうまく書けないといけないというのが大前提です。
それが、これから続けるには大きな壁だと思います。

私も小さい頃、子供用演劇や歌劇団の舞台をみて、その美しさが忘れられません。
今ではTVの歌番組のセットを見るのが、歌を聴くより楽しみになってます。

にこーるさん、今日は(^^

お祝い有難うございます(^。^)
言われてみると、表情はようやく男前二胡姫から脱却できたのかも(^_^;)

二つ目の左手ですが、今回は初めて斜め横から二胡姫のポージングをしました。
正面からこの角度に体を回転させると、どうも手の角度がしっくりきません。
そう言えば今までにこーるさんが右手だけは良いと言ってくださいました。
これはきっと何かあると思い、左手に集中して調べてみました。
>手の甲を上に向くように構える・・・
横から撮した画像がそもそも少なくて、なかなか理解出来ませんでしたが、確かにその通りでした。
その通りにしたら、自分でもえらくしっくりきて、ポーズが自然にかっこよく決まったように思えました。
思うに、綺麗な音を出すポーズも、自ずと美しいのかもしれないですね。
まだまだ演奏を見たり聞いたりして、かっこいいポーズを決めようと思います。

背景は以前から思い切りやってみたいと思っていたことでした。
今後続けるには、もっと絵が上手になることが不可欠だと思っています。

私も調べてみてわかったのですが、二胡には先祖を同じくする似たような胡が沢山あるのですね。
きっと二胡をよくする方から見たら一目瞭然でその違いがわかるのだと思います。
書かれてることは今後の参考に致します。
ブログでご紹介くださるとのこと、有難いです。
そういう訳でどの絵にするかは、にこーるさんにお任せします。
よろしくお願いします。

Fancy Pool さん、今日は(^^

中華展は毎年行われていて、その題材に毎回迷うのですが、二胡絵を始めたことでその悩みが無くなりホッとしています(^。^)

絵の構想は空山鸟语という二胡の名曲から想像を膨らませて得ました。
やっぱり何か良い刺激を受けないと想像力も膨らみません。
書き割りの背景は以前から興味があったし、また山水画風の絵もなんとか自分で描けないかなと思っていました。
もっとうまく描けるようになりたいです。

二胡は数年前、本場の美しい二胡奏者が中華催しに呼ばれてやってきて、それを聴いてからすっかり好きになってしまいました。
その時は、二胡を初めて聞く人たちの為に、日本人の耳に馴染みのよい曲を練習して来たらしいです。
あんまり記憶力は良くないのですが、その時の音色を思い出し思い出し絵にしています。

こんにちは(^^)

最後の奥行きがわかる画像にびっくりしました。最初の絵からはこんな風になっていようとは想像がつきませんでした。2.5DCG(?)みたいになっていて面白いですね♪
私はPOSERで背景まで組み立てたことがないのでとても勉強になります。

二胡姫の衣装や髪型も素敵です。二胡の大きさもそう言われて比べたら二枚目のほうがしっくりくるような気もしますが、私なんかは言われなければ全く気付きませんでした。本物へのこだわりが感じられますね。

tweetyさん、今晩は(^^

レース、テクスチャ頂きました、有難うございます。
しかもリアルでもあの細かいレース編みをされるとは、すっかり感服いたしました。

私も一旦絵を仕上げてから、さてどう見えるのだろうと、最後の絵の俯瞰角度にカメラを変えました。
そして自分でも立体感にビックリしました(^_^;)
仕上げの絵は正面からなので、なかなかこの立体感が出ないですね・・・ちょっと悔しかったです。
その後、いいヒントをいただけたので、次回書き割りの絵を作成するときは試してみようと思ってます。

二胡の大きさは私も二胡をモデリングされたはるさんに指摘されるまで気が付きませんでした(^_^;)
試しに大きくしたら確かにしっくりきます。
はるさんにはこの後、もっと二胡を作りこんでいただきました、今後はその二胡を使うので、もっとよくなると思います。

No title

オリエンタルで幻想的な絵ですね。
山水画の世界に飛び込んだようです。

背景はこんな風になってたのですか。
僕はPoserは後で合成する使い方が多いので、あまり背景に力を入れてなかったのですが、なるほどこういう方法もあるのですね。

ところでV4って180cmもあるんですか!?
でかい!

かめととさん、今晩は(^^

背景は日本の水墨山水画を見ながら渋く決めるつもりでしたが、いつの間にかカラフルグラデーションになってしまいました(^_^;)
モノクロ白黒がどうにも我慢できない性格なようです。

自分は逆に、どうもフィギュアより背景に比重を置きがちで、主役の二胡姫が背景に溶け込んでしまわないように気をつけねばなりませんでした。

たまにTY2とか、国産フィギュアと並べると、V4はでかいなと思っていました。
調べてみたら180cm!
念のためkyotaroさんのPoserスケールで測ったら確かに180cm。
白人種は皆そんなに大きいいのでしょうか@@?

舞台演出の技

おはようございます!

二胡画を拝見して、深遠な調べが聴こえるような気がしました。
とても美しいですね。
又、ブーツを使って頂いて光栄です。
チャイナ衣装との組み合わせは思いもよりませんでした。
これも参考になります(So cool!^^)

そして背景パーツの作成が見事だと思いました。
やはり舞台装置が魅力的ですと、
演出がより活きてくる気がします。
この辺りもsannziさんアートの真骨頂ですね。

mamomamoさん、今晩は(^^

新作アップ、おめでとうございます(^^
今回は花の髪飾りまで付いて華やかなビキニになってますね。
私も今再びレンダロアップに向けて絵を作成中す。

まずお詫びを(^_^;)
ブーツは肝心の中華展のアイテム欄に書き忘れていました。
どうも寝ぼけ眼で書いたのがいけなかったらしい(T_T;)
後から修正ができないので、コチラにマモさんブーツと書きました。

私もチャイナドレスにマモマモさんのブーツがこんなに似合うとは思いませんでした。
試してみて良かったです、足がすらっと見えてかっこいいブーツですね。
二胡弾きにこーるさんにも好評でした、自分でもチャイナドレスを着たとき履いて見たいとのことでした(^。^)。

書き割は絵が肝心なので、手書きばかりでなく、色んな方法で作成方法を考えています。
写真も使えないかなと思ったり。
それと立体感が出たらいいなとか、之からも面白い事ができないか試してみます。
プロフィール

SanziSannzi

Author:SanziSannzi
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード