エッシャーの描く手、3D習作

(7月20日追記(artistside)でウイクリー一位に選定されました。)

久しぶりのトリックアートであります(>_<)
今、やりたい事の整理をしております。
と言うのもやりたい事は後から後から出てきても、結局時間が無かったり、実力が無かったりでやらずじまいで終わっている事が多く、自分でも分けが分からなく成っていたからです。
その全ては無理でも、出来る事はやって、幾分でもすっきりしておきたいと。

まずブログ名のトリックアート、最近お休みしているので、ここらでやっておかないとブログ名を変えねばならない。
それはまずい。
という訳で、以前からやりたかったエッシャーのDrawing Hands (描く手)の3D模写をやってみました。
模写は今一違うような気もするので習作と言いましょうか。
今回はレンダリングはPoserPro2014で、エッシャーバードのテクスチャマップはIllustratorで、そしてphotoshopでトリックアートにしあげました。
(クリックで大きくなります)(artistsideにもアップしました)

1024Eschers Drawing Hands07

右手の絵が左手を描き、其の左手が右手を描き、
さらに両手が2次元の絵から浮き出て見えると言う、もうエッシャーの名作、トリックアートの古典であります。
結果的に手順として以下のようになりました。

bEschers Drawing Hands02

①まずPoserで基本になるペンを持った両腕の絵をレンダリング。
手は色々なフィギュアで試してみましたが、以前一時的にフリー配布されたcontentparadiseのTylerが一番良くできているように思いました。
今は有料に成っているようですが、いわゆるパーツモデルとして、これからも用途が広がりそうです。
②はスケッチ用紙だけ
③は背景のピンボード、之はIllustratorでエッシャーバードを描いて、Poserの平面詳細に貼り付けて使いました。
④と⑤は左右の腕をそれぞれ。
スケッチ用紙と手に持ったペンはMetasequoiaでそれぞれモデリングしました。

これらバラバラにレンダリングしたパーツを、主にマスクに使って透明度を変えて、トリックアート風に仕上げました。

bEschers Drawing Hands03-2

とても全てを説明できませんが、基本的な部分を説明すると、
①のPoserの元のままのレンダリング画像を、
②photoshopのフィルタなどを使って手書き風にし、
③それらを上記パーツを使ったマスクを使って透明度を変えて合成しトリックアート風に仕上げました。
photoshopやGIMPを扱う方なら、大方どう言うことかお解かりになると思います。

終わってみると之だけの事で有りましたが、このパーツ分けが分かるまで、何度もPoserとphotoshopを行き来して試さねばなりませんでした。
また、トリックアートの場合、特にライティングしだいで、微妙にトリック度、と言うか不思議さが違って見えるので、その微調整に気を使いました。
最初このエッシャーの元絵を見た時、面白さと共に、不気味な印象を強く感じたのを覚えています。
それで出来たら怖い感じもあるライティングに出来ないか試しました。

やってみて改めてエッシャーの画力の凄さと、こういうオリジナルのトリックを考え付くのが信じられない、やっぱり天才だと感じました。
と、感心ばかりしていないで、自分でも少しでもこうしてエッシャーの絵に教えられた事を活かせる絵が描けたら良いなと思う事でありました。

それと、之でブログ名を当面変えないですむぞ、とか・・・

・・・・・・

冒頭でも書きましたが、いざやりたい事をしようと思うと、どれにしようか迷ってしまって優柔不断になり決められないものであります。
忘れているものさえあるし、
そこでざっと書き出してどれにするか決める事にしました。
(↓一部抜粋、順不同)

bEschers Drawing Hands04-2

こんなことでも随分考え易くなりました。
全部は無理、いや一つで二つでもいいから実現出来たら良いなと思っております(゜-゜)

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

今晩は^^)

久しぶりのトリックアートなんですね!
なんだかとても新鮮な感じがします。
デスクの上に置いた紙から、ニョキッと手が2本出てきて
お互いを描き始める・・・陰影の強さがシュールさを
強調していて、不気味な雰囲気です。
こちらのブログの一番最初の記事に、
額縁から飛び出した男の人達の絵があって、
すごく面白いな~と思ってたんですが、
三児さんはもともとトリックアートを
CGで作りたいというのがこの世界に入る
キッカケだったんですか?
私もエッシャーの不可思議な世界は好きです。

No title

実はこのブログを始めた当初、トリックアートを中心にしたブログにするつもりでした。
今となってはトリックアートを甘く見ていたのですね(T_T)
そんなに簡単なものじゃないと分かってブログ名を変えようか本気で悩んだ事もありました。

思えばこのエッシャーの絵は最初にトリックアートに興味を持った作品だったかもしれません。
美術界からは異端で、教科書ではなく子供雑誌の不思議な絵特集か何かで見たのだと思います。
初見では不気味さも感じて、と言っても面白い不気味さで、強いインパクトを受けました。
陰影は其の時感じた不気味さを表現したいと試みた結果です。

そうそう、このブログ最初の絵は2次元の絵からマイケル3ダンサーズ?と言うのが飛び出る絵でした(^。^)
言われて久しぶりに見てみたら、自分でも面白い絵だなと思いました。
あれも充分トリックアートですよね、カテゴリーをトリックアートに変えておきました。

No title

ブログ名のトリックアート?
ふむふむ、たしかに・・・
ブログタイトルがトリックアートなのは
今では、ぜんぜん気にならなくなっていましたw

トリックアートは見る立場なら
とても不思議で素敵な世界ですが
もしつくる立場に立ったら大変だなってのが
正直な気持ちです。
こういうのを考えるのって
普通の頭の人ではまず出来ないでしょう。
それにそれなりの根気も必要ですし。
とても Fancy Pool には出来っこないので
sannzi さんには、がんばってとは言いません。
楽しめれば、それでいいのではないでしょうか。
今回の絵の解説を読んでみても頭の中は
なぜかまだ不思議感でいっぱいです。

Fancy Pool さん、今晩は(^^

ブログ名、余り気にならなかったとの事、私の気にしすぎだったのかもしれないですね(^_^;)
ともかく良かったです。

意識して新しいトリックを考えようと思うと、確かに大変です。
まず上手く行かないことが多いです。
でも時折ふと思い浮かんで上手く行った時は、そりゃもう快感と言うか、楽しいものです。
滅多にないですけど・・・
確かに楽しめれば、と言うのが一番大切なのかも。

今回のエッシャーの絵は斬新なアイデアに、ほとほと感心するばかりです。
自分でもこういうアイデアの絵を作れるよう頑張って・・・
いや楽しんで続けて行きたいです(^^

トリックアート

不思議絵で有名なオランダの画家、そして版画家のマウリッツ・エッシャー のCG版なんですね。

本家の『描く手』は、手が、ゴツクて確かに不気味な感じ。
それに比べて、sannziさんの『描く手』はカラーな上に、
手が二十代の男性のようで、いかにもイラストなんかを描く絵師さんの手のようです。

それと、やりたい事ですか?
持ち時間は、無限じゃないですからねぇ・・・
できること、やれる事を計画どうりにできれば
いうことなしなんですよね。

それにしてもやりたい事がモザイク?
秘密ってことですね!

あおば映治さん、こんにちは(^^

知っている人は知っている、知らない人は知らない、いわゆる知る人ぞ知るエッシャーです(^^?

実を言うと、モノクロにした方がより自然にリアル度が増すように思えたのですが、夢までフルカラーで見るのがあたり前の自分としては、カラーで仕上げました。
エッシャーがこの絵を描いたのは50歳頃で、多分自分の手を見ながら描いたので、もうちょっと老け手にした方が、より元絵に近づけたかもしれないですね。

何か絵やモデリング作成をしている時、今度は之をやりたいとか、不意に思いつく事が有ります。
でもいざやってみようと思うと、忘れてしまっている事が多いです。
之では堂々巡りだと思ってメモしておく事にしました。
モザイクは見た目に面白いかなと思って(^_^;)
別に秘密にする程の事は書いてないのですが、そのままでは面白くもなんとも無い事ばかり書いていたので。

なるほど!

立体では不可能な状態を2Dで表現しているエッシャーのトリックアートを、逆に3D化してみようなんて凄い発想ですよね。
今でこそ3DCGは誰でも気軽に始められますが、以前は3DCGというジャンルそのものがトリックアート的な印象が私にはあったものです(^^;)

しかし、このような芸術的な作品を観ては「同じツールを持っているはずなのに自分は何を作っているんだろうか」と微妙な心境になることもありますが…(笑)

やりたいこともいっぱいあって素敵ですね。
一部モザイク掛かってますが、各々の経過のご報告を楽しみにしております(^^)

製作過程を拝見。

難しいので理解できたことは「よくわからないけど、たくさんの高度な合成が
必要である」・・という事です。(^^);
凄い技であります。制作方法がトリックのようです。

ネタ帳・・・楽しそうな課題が満載ですね。
③のマトリョーシカは以前の物の改良版でしょうか。新アイデアでしょうか。

tweetyさん、今晩は(^^

>逆に3D化してみようなんて

う、う~む、自分がやろうとしている事を端的に言うとそういう事だったのですね。
過去ペンローズの三角やありえない物体を3Dモデリングした事があります。
不可能と思えるモデリングをしようとした時、とても燃えました。
出来た時の達成感、快感はかなりなものでした。
簡潔な言葉でまとめていただいて、あんなに燃えた正体が分かった気がします。

芸術的といわれると恐れ多いですが、最初レンダリングした時、エッシャーの元絵と比べると、どうも絵が軽く感じられました。
なんというか、その重みに少しでも近づけようと、背景や照明設定をじたばた頑張ったのが良かった、自分でも収穫だったと思っています。

一部モザイクは唯面白いかな、と思ってしただけで、あんまり意味ないです(^_^;)
やりたくても出来ない事が多いですが、今回の描く手みたいに、過去出来なかったことがある日突然出来るようになるのではと思っています。

追記、夏祭りセットいただきました、有難うございます(^^

はるさん、今晩は(^^

技術的には難しい事は余りやっていないのですが、説明が下手で分かりにくくなったと思います(^_^;)
レタッチ部分はホトショなどが手馴れた方だと、Poserで私が作った絵のパーツを使えば、あっという間に、もっと元絵に近づけて作成できたと思います。

ネタ帖は忘れそうなのをとにかく書きつなれてみました。
マトリョーシカは以前ののを作った直後から、また作り変えたいと思っていました。
今はイラレが使えるようになったので、思い切りイラレで模様描きをしてみたいという思いもあります。
プロフィール

SanziSannzi

Author:SanziSannzi
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード