マトリョーシカ作製日記

前回書いたマトリョーシカ作製がほぼ半ばになったので、一旦ご報告します。
入れ子人形は初代マトリョーシカと同じ5個にする事にしました。

最近3D関係でない方にもご覧になっていただいているので、簡単に手順を書いておきますと。
下のようにIllustratorで顔や模様を描きまして・・・
時折Poserという3DCGソフト内のマトリョーシカに貼り付けて、様子を見ながら進めています。

bMatryoshka doll13-0-2

なにしろ平面に描いたのを立体物に貼り付けるので、どうしても歪が出て、そのつど細かい修正が必要になります。

・・・・・・・

マトリョーシカは全5体なので、頭巾の色はゴレンジャー色にする事にしました(^。^)
まず一個目は赤い頭巾でエプロンの柄はバラにしました。

bMatryoshka doll13-1

2個目は緑頭巾で花はガザニアです、キク科の花で公園の植え込み等で良く見かけます。

bMatryoshka doll13-2

今の所この2種だけ出来ています、あと3種です。
一応全5種出来てから、並べて見て再調整するつもりです。

・・・・・・

模様描きとは別に、入れ子にする為に、大きさを変えて5個のマトリョーシカも造りました。

bMatryoshka doll14-1

それぞれPoserフィギュアなので勿論動きます。ジオメトリーは大きさが違うだけだけど、ボーンの調整が違ってくるので多少の調整が必要でした。

bMatryoshka doll14-2

そしてそれぞれのマトリョーシカは、最初のマトリョーシカの衣装にもなっているので、コンフォーム(着せ付ける)する事が出来ます。
(最初のマトリョーシカを造った時、之で謎に満ちた、Poserのコンフォーム衣装の正体を知ることが出来ました。
つまりコンフォーム衣装とは、本体となるフィギュアのボーンと、基本的に同じボーンを持っていて、本体にコンフォームさせる事により、本体のボーンを共有し、本体と同時に動かせる仕組みだった訳です。)
全部着せて頭と胸を非表示にするとこんな具合。
詳しくは完成した時、書くつもりですが、一々非表示にするのは面倒なので、表示非表示にするポーズファイルを作りました。

bMatryoshka doll14-0

・・・・・・・

所で、マトリョーシカを造っていて、今回も初代も、たらこキューピーに似ているとか、オマケで造ってみればとか言う感想を、幾人かの方にいただきました。
自分でも気になって、ただ顔以外を赤く塗るだけで良いので、たらこバージョンマトリョーシカを造ってみました(^_^;)
すると・・・

bMatryoshka doll15
(マイクはkyotaroさんです。)

何だか良い・・・
シンプルイズベストと言いましょうか、
一生懸命花柄やら頭巾やら描いたのよりインパクトがあって、之で良い様な気も・・・
そう問題になるほど、たらこキューピーに似ている訳でもないし・・・・・・。

・・・・・・

いやいや、勿論後三種の花柄マトリョーシカも造ります(^_^;)
後は色と花の模様を描き変えるだけなので、今までより早くできるかも。
今回はテクスチャマップの模様作製が主な作業になりまして、あえてIllustratorのみで行っています。
今後、2D絵と3Dの融合を模索、目論んでおりまして、それには2D絵が描けないことには話しにならない。
2D絵だと自分はphotoshopなどペイント系は苦手なので、どうしてもIllustratorをもっと使いこなせるようになりたいな、という衝動に駆られての事でありました。
それと今回は関係ないですが、後々Illustratorのスプラインを3D化する時、便利そうという思いもありました。

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

わー!眩しいっ!

マトリョーシカ
赤いのも緑のも、これだけ並んだら
何だか目に焼きつきそうな光景です。
もちろん、たらこのも良いです。
そんなことより
製作の手間が、すっごいかかりそうで
その苦労を思うとね。

ところで、コンフォーム衣装の正体なるもの。
Fancy Pool は、一度も服をつくったことないので
ほとんど何もわかっていません。
そういう解説は、是非参考にさせていただきたいです。

それから、新しい目論見のほうも
楽しみにしています。

Fancy Pool さん、今晩は(^^

確かに之だけ同じ顔形のマトリョーシカが並ぶと、それだけでシュール、というかインパクトがありますね(^^
製作の手間は掛かりますが、出来た時の満足感もそれだけ大したものになるので、始めたからには止められません(^_^;)
手馴れた人なら一日もあれば、全てのマトリョーシカの模様を描いてしまうと思うのですが、試行錯誤しながらなので、上手く描けない時は時間ばかり掛かってしまい、めげてしまいそうになる事もあります。

コンフォーム衣装の正体は、このマトリョーシカが出来た時、扱ってもらえれば、なんとなく解るのではないかと思います。
何しろ単純な仕組みのフィギュアなので、そこがかえって解り良いのでは。

新しい目論見を持ったのは、新しくなったShadeが実装した新機能で、Illustratorで描いた絵が3DCGの中に取り込みやすくなるのではないかと期待しているからです。
まだ暇を見て色々試し中ですが、大いに期待しています。
それにはもっと絵が描けるようにならないと・・・

うわ!!。色鮮やかで、きれいです。花のデザインもお見事。
残りの三色が楽しみです。どんな花かなぁ・・・(^^)

はるさん、今晩は(^^

模様や色合い等は、5体揃ってから並べて再調整する事になると思います。
次の・・・と言うか今作製中の花模様はチューリップです(^^
なにしろ大概の子供が始めて描く花はチューリップなのではないかと思います。
それだけに、子供の頃描いたような絵になりがちで難しいものがあります。

今晩は^^)

可愛いマトリョーシカですね❤
配色がとってもキレイです。
お顔の向きが少し変わるだけで表情が変化するような感じで、不思議。
あと3パターンどんな感じか楽しみ~♪
マトリョーシカは大→小、柄違い5種類で1セットなのでしょうか・・・?
タラコキューピーは笑えました!
そういえばキューピーのCMってわりと
ブキかわなのが多いような・・・

デザインや配色、お顔の描き方など、
初代のマトちゃんとくらべて、やはりすごく進歩しているような。
(昔、ああいう顔の漫画があったような・・・)
時をおいて同じテーマに挑戦すると、
進歩のほどがよく分かりますね、
素晴らしい(*^_^*)

にこーるさん、今日は(^^

マトリョーシカ、まだ途中ですが、気にっていただいたようで嬉しいです(^^
配色は全部出来てから見直そうと思っています、勿論このままが良いかもしれませんが。
確か能面の解説番組で、観客視線で表情が変わって見える秘密の解説がありました。
ほとんど忘れてしまった(^_^;)録画していれば良かった・・・

マトリョーシカの模様は之と言った決まりが無い様に思えますが、大概5~6種類の柄違いの入れ子人形で構成されているようです。
最近では各地ご当地キャラや、ミッキー等のキャラクターものも人気が有るようです。
私のは頭巾5色と花5種の組み合わせで、1セットにする事にしました。

初代マトちゃんを作った時、たらこキューピーみたいと感想をいただき、それまで知らなかったTVCMを始めてみました。
本当に面白いCMシリーズですよね(^^
シュールなのに可愛いし(^^

初代マトちゃんはロクロクPCでのお絵かきも出来ない頃作成しました。
其の上モデリングも精一杯だったし。
似たような形でも、自分で見て、随分進歩しているなと実感しました。
又何年か経った後、同じように進歩したなと思えるようなのが出来れば良いなと思います。

マトリョーシカちゃん

マトリョーシカちゃんカワイイですね! ヽ(*^∇^*)ノ 
赤もいいけど黄緑もなかなか。

そして、たらこバージョンマトリョーシカは、
確かにたらこキューピーにそんなに似ている訳でもありませんね。

でも、たくさん並べるとあの少しうるさい、
たらこキューピーの歌が聞こえてくるようです。 (´∀`)

行列というのは難しいんでしょうが、インパクトが出ますね。


それと、平面に描いたのを立体物に
貼り付けるというのは、大変そうです。  (|||´д`)

「デカール」という 模様をよりリアルに
再現するためにプラモデル・模型に
貼るものが、あるんですけど
チョットでもプラモが凸凹だと上手く貼り付けられない・・・

それのパソコン版のような物なのでしょうか?
大きいとさらに難しそうです。   (゚Д゚|||)

可愛いですね!

色違いだけじゃなくお花の柄まで違うとは、手が込んでますね。
ヒョコヒョコ動くというのもとても可愛いです(^^)

表示・非表示もポーズに入れられるんですね!良いことを教えていただきました。そして衣装という捉え方も「なるほど~」と勉強になりました。
上下の継ぎ目がリアルで良いですね(^^)

そして、たらこマトリョーシカ!!凄くインパクトあります。
確かにこんな感じだったような…「た~らこ~」の歌が脳内再生されました♪

あおば映治さん、今日は(^^

マトリョーシカちゃんの色は、一応全部揃ってから調整しようと思ってます。
たらこマトリョーシカは簡単なのに、花柄バージョンと比べて結構良く見えてちょっとショックでした(^_^;)
ご本家たらこキューピーにそんなに似ているわけでもないので、オマケで入れても良いかもしれません?

私も初代マトリョーシカを作った時、教えてもらってCMを見ました。
しばらくあの曲が頭の中でリプレイされてマイってしまいました(^_^;)

行列は3DCGだとデータを何回か読み込むだけなので、2Dで描くより簡単かも。
ただしセンス良く並べるのは難しいです。

そうそう、そのプラモデカールです。
電脳空間とはいえ、2D絵を貼り付ける感覚はデカールそのものです。
プラモのように直接本体にペイントするのではなく、デカールに絵や模様を描いて、本体に貼り付ける感覚です。
細かい凹凸はプラモデカールより貼りやすいかもしれません。

大きいと言うより、複雑な形状になると、細かくデカールを切り分けないと歪が大きくなります。
でも切り分けすぎると、描くのが大変になります。
其の辺りの按配が難しいです。

tweetyさん、今日は(^^

今回は次にやりたい花のモデリングの練習のためにも、花柄を描き分けてみました。
昨日描き終えたチューリップの難しかった事(^_^;)
ちょっと簡単だろうと、たかをくくっていたのがいけなかった・・・

表示・非表示はmamomamoさんの衣装のスカート用のハンドルに、そのポーズファイルが付いていたので、Pz2を見て参考にさせていただきました。
今回のモデリングで一番てこずったのが上下の繋ぎ目でした。
全体がシンプルな曲面なだけに、繋ぎ目がちょっとでも歪んでいると目だって、何回か修正が必要でした。

私も最初教えてもらってたらこキューピーのCMを見た時、インパクトがあって驚いてしまいました。
久しぶりにyoutubeで見たらさらにインパクトあるのが増えていて、どれを見ても飽きません。
おかげでマトリョーシカが出来るまで、ず~っとあの曲が脳内再生されていそうです(^_^;)
プロフィール

SanziSannzi

Author:SanziSannzi
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード