2014年干支マスコット作製開始。

毎年造り続けている、恒例干支マスコット造りを始めました。
来年は午年、という事で馬マスコットです。
実はモデリングを始めて、最初に造ったのがハニワ君でした(後に(ハニワ君初号)としてリメイクしました)。
そしてそれに対になるように造りたいと思ったのが埴輪の馬でした。
好きだったNHK教育テレビの(おーい!はに丸)の影響も大きかったです。
その時造ろうとしてみたのですが、まだまだそれだけの技量が無く、すぐ諦めて止めていました。
そこで、この際、来年の干支マスコットは、ハニワの馬に再チャレンジする事にしました。

出来たらniseisyaさんの(ハニワ君鎧セット)を着せたハニワ君初号を乗せたり、他のマスコット達を乗せて遊べるようにしてみたいです。

まず鉛筆で下書きをしました。
東京国立博物館のブログにハニワの馬の解説があったので参考にしながら描きました。
↓下手だから例によって小さく(^_^;)

b3Zi_HaniwaHorse00.jpg

それをIllustratorに取り込み、モデリングの下絵にまとめました。
まず、はだか馬の下絵から。
最初本体、装具、鈴等装飾品を一体で仕上げるつもりでしたが、こうして下絵を描いているうちに、分離して作製した方が良いと思うようになりました。
こうしてIllustratorで下絵を描き始めた時点から事実上のモデリングの開始です。

b3Zi_HaniwaHorse05-1.jpg

次に装具、装飾品などを描きました。
埴輪の解説によると、埴輪の馬が作製された頃、モデルになった馬には結構オシャレな格好をさせていたらしいです。

b3Zi_HaniwaHorse05-2.jpg

上の二枚を合わせるとハニワの馬の完成です。

b3Zi_HaniwaHorse05-3.jpg

装飾品は詳細に描いてないですが、モデリングしながら作製して付け足していこうと思ってます。
以上Illustratorで描いた手順で3Dモデリングをしていこうと思う訳です。
今回は本体と装具装飾品の一部をMetasequoiaで、
装具の紐類をShadeで作製しようと思ってます。
やってみないと分かりませんが、紐類は体に密着させねばならないので、ラインフィットが使えるのではないかと期待しての事です。

之を元にしてMetasequoiaではだか馬をモデリングしました。

b3Zi_HaniwaHorse05-5.jpg

之に装具や装飾品を付けたら、ハニワの馬っぽくなるのではと期待しています。
首や足は球体関節的にクルクル動くようにするため、少し埴輪と違う形にしました。
今の所、こんな感じです。

・・・・・・・

今後は一旦間を置いて、形を見直し、それをPoserでフィギュア化し、関節の動きなど見て、巧く行かない場合は修正したりします。
之で良いとなったら、装具装飾品の作製になります。
装身具を造ってから本体を修正するのは大変なので、慎重に進めようと思ってます。

・・・・・・・・

おまけ、今回作業前にMetasequoiaのバージョンを3から4に変えました。
その覚書です、興味のある方だけでもどうぞ。

今まで無料だったのが今回から有料になりました。
それでも変えたのは、今まで覚えたノウハウがあったからが大きかったです、有料になったからと言って、それを捨てる訳にはいかない。
それに特にPoser用のモデリングをする時、親和性が高かったし。
エディションは自分には充分に思えたのでスタンダードの方です。

直接のきっかけは、試用版で試したサブディビジョンサーフェス、ウェイトを使ってみたいなと言うのがありました。例えば鞍を造る時、初期では丸みを帯びた造形を↓
(図はEX版使用中のものです)

b3Zi_HaniwaHorse02-1.jpg

部分的にウエイトを掛ける事により、任意のエッジや丸みを出す事が出来ます↓

b3Zi_HaniwaHorse02-2.jpg

之を使ってみたいと思いました。

其の他、良かったのが、突然異常終了した時の、其の時点での作業内容の自動保存です。
Vueにもありました。
一度だけ経験しましたが、Vueのそれと比べるとデータが少ないためか、確実に回復するようでした。

それと、曲面をフリーズする時、新規オブジェクトとして作製できるのも意外と使えました。

残念だったのが、従来のプラグインが64ビット版では使えないと言うことです。
例えばアンドゥの使用メモリが64ビット版だと8182MBなのに32ビット版だと最大で512MBしか使えません。
プラグイン必須のモデリングもあるので、今の所32ビット版を使わざるおえません、大きなデータを扱う時不自由しそうです。

それと、今まで出来た、オブジェクト名や材質名のコピーペーストが出来なくなった事です、之は結構不自由に感じました。

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

マスコットのお馬さん

干支のマスコット、お馬さんが埴輪さんに戻るとは夢にも思いませんでした。マスコットだから普通のお馬さんでは面白くないと思われたのでしょうか?でも、三児さんの頭の中は過去も未来も詰まっていてすごいですね。私も今何も出来ないと指をくわえていないで少しずつでもモデリングをしてみようかなと思わせていただけるエピソードです。やはり、メタセコがいいのでしょうか?最近、ポーザーのサイトが閉鎖されるのが目立ってきて、取り残されている私ですが・・・

今晩は三児さん(*^▽^*)

いよいよまた、
干支のマスコット作りが始まりましたね。
三児さんの線画のデッサン、可愛いです。
きっと出来上がってくると、
生命が吹き込まれたみたいになって、
魅力的なお馬さんが生まれるのでしょうね。

前回の2次元のイラストを基にした作品も、
三児さんの手にかかると
独特の感性が吹き込まれて素敵でした。
ところで、三児さんはよくバースデイ画を作って
祝ってくださっていますが、
ご自身のお誕生日はいつなのでしょうか???
・・・って、うかがっても、
あんなに素敵なカードは作れませんが(^^;)
お祝いぐらい言わせていただけたら・・・と(*^-^*)

koutyaさん、今晩は(^^

埴輪の馬は、実はずっと作って見たいと思っていた夢でした。
なので、今回は干支マスコットだから、と言うよりは、昔からの夢を一つかなえたいと言う意欲も大きいです。

私はメタセコでPoser用のフィギュア作りを習いました。
当時はPoserとメタセコが一番親和性がよいと言われていました、最近ではそうでもなさそうですけど。
なので一概には言えませんが、本屋で教則本が手軽に買えるソフトがよいと思います。
優れたフリーのモデリングソフトもありますが、なかなか使うのが難しいようです。
確かにPoserサイトの閉鎖は、今からモデリングを始める方には痛いですね、
私もそうしたサイトが無ければ、モデリングすらしていなかったと思います。

にこーるさん、今晩は(^。^)

今回はいつもより早く作成を始めたので、早くも一年経った感が強いです(^_^;)
元が埴輪なので、どこまで活き活きと出来るか難しいかもしれません。
でも此処まで来て、ようやくエンジンが掛かってきたので、いつもの感じで作成出来そうな気がしてきました。

私の誕生日は7月20日でした。
artistsideでは毎年とあるイラストレーターの方に、ウレシハズカシのお祝いカードを作成していただいています(^^
今まで久しくバースデイカード等頂いた事が無かったので、最初もらった時は、すっかり戸惑ってしまいました。
やっぱり前回の柚実さんもですが、女性クリエーターは、色んなお祝いカードを作成するのがお好きなんだと思います。
私もすっかり感化されて作成するようになりました。
もし来年憶えておられたら、コメントだけでも良いのでお祝いしていただけたら、とても嬉しいです。

ハニワのお馬

早いもので、今年もあと二ヶ月を切ったんですね。
来年は午年ですか。

もう来年の準備なんですね。
恒例干支マスコット造りだそうですけど、
sannzi さんの埴輪馬超かわいいです~♪♪
特に、目が眠そうなのがキュートです♡
(^o^) ノ

どんな埴輪馬のCG絵が出来上がるか楽しみにまってます!!
いや~、埴輪って人も馬も愛嬌ありますね♪♪
( ´∀`)

No title

「来年のことを言うと鬼が笑う。」ってよく言いますが
来年と言っても、もう残り少ないですね。
もっと遅く時間が進まないものかなって思います。
さて、来年の干支は馬なんですね。
恥ずかしながら、気にもしてませんでした。
装飾品を別のパーツに分けてモデリングすることは
なるほど凄く合理的なような気がします。
どんなものが出来るのか楽しみです。

ところで、DAZ には Hexagon というモデリングソフトがありますが
これって使ってる人はあまりみかけませんが
どうなんでしょう?
Fancy Pool は、この間インストールしてみましたが
Metasequoiaとは画面がかなり違うので、使い方がよくわかりませんでした。
でも、最初から日本語化されているのはとても良い点です。
Metasequoiaって、バージョンアップした方がいいんでしょうね。
でも、モデリングは、あまりしないから宝の持ち腐れになっちゃいそうです。

あおば映治さん、今日は(^^

今年も早、と言うか無事すごせて、来年の干支マスコットを造ることが出来そうで、なんだかほっとする想いもします。
と言っても完成すまで気は抜けないですけど(^_^;)

2Dのキャラ作者でもある、あおばさんに埴輪馬のデザインを認めてもらえると、何だか大船に乗ったような安心感があります。
お蔭で迷わずモデリングを続けられそうです。
目は、動かしてみないと分からない部分もあり、最後の最後まで修正するかもしれません。
それでも、なるべく最初のイメージを崩さないように進めて行きたいです。

私もしみじみと埴輪の馬の画像や動画を見てみたのですが、意外と可愛いので驚きました。
きっと埴輪を造った人が、馬をとても可愛がっていたのだと思います。

Fancy Pool さん、今日は(^^

本当にちょっと前にびっくりヘビ卵を造ったと思ったら、たちまち来年の干支作りと言う感じです。
早かったです。
私も干支は年賀状を書く時以外、気にしていなかったのですが、モデリングを始めた時、干支マスコットを造ろうと決めてから、毎年気になるようになりました。
何でも埴輪馬には裸馬と言うのもあるらしいので、出来るだけ裸馬でも使えるようにしたいです。
其の上で馬具を装着して、本来の飾馬埴輪になるようにしたいなと。
当時は馬に金銀の装飾品を付けて、かなりオシャレな格好をさせていたらしいです。

Hexagonはmamomamoさんが使っていると書かれていた事があります。
かなりPoserやDS用の衣装作りには適しているらしく、フリーなので本来はもっとモデラーとして普及しても良いと思うのですが、
かく言う私も一度や二度はチャレンジした事があったのですが、やっぱりてこずって止めてしまいました(^_^;)
私は新しいもの好きで、しかもお調子者だから、好奇心でMetasequoiaのバージョンアップをしましたが、今までのバージョンで不自由なく動いているのなら、無理してアップすることはないと思います。

年末恒例・・

お、メタセコ4にアップされましたか。おめでとうございます。
使い心地はいかかでしょうか。私も悩んでいるのですが・・
上のクラスにしたいけど、高いし・・もう少し様子見しようかと。

はるさん、今晩は(^^

メタセコ4は、オブジェクト名や材質名のコピーペーストが出来なくなった事が、Poserフィギュアを造る時のネックになりそうです。
部位の名前に決め事があるので、それの一覧を造り、コピーペーストするようにしていました。
それが出来ないと言うのが残念ですが、それ以外は不自由は無いです。
でもはるさんだと、64ビットが従来のプラグインの関係でまだ使えないと言うのがネックになりそうですね。
巨大建築物を扱う時、アンドゥの使用メモリーが俄然64ビットの方が多いですから。

おぉ!可愛いですね♪

なるほど、埴輪の馬とは思いつきませんでした。
本体が早くも出来上がってますね!良い感じですね。可愛いです♪
しかし下絵もとても綺麗に描いていらっしゃるんですね。それはそれで素敵なイラストに仕上がりそう…というか線が綺麗なので塗り絵してみたくなりますね(^^)
飾りも難しそうですが、カッコイイ&可愛いマスコットが出来そうですね!楽しみにしています♪

tweetyさん、今日は(^^

埴輪の馬はモデリングを始めた頃からの夢でした。
当時は全く出来そうも無く、いつか作ってみたいなと思っていました。
下絵は、鉛筆で描いた、不安定に揺れる線を、Illustratorで一本の線にきっちり決める感じです。
多少製図的な絵になりますが、モデリングの下絵としては都合がよいです。
また線をまとめている間に、頭の中で3Dのイメージも浮かんできます。
当時はモデルにした馬に、金銀の飾りを付けて、かなりオシャレにしていたそうです。
どこまで出来るかまだ見当も付きませんが、そう言う飾りはモデリングをしながら付けていこうと思ってます。

今年もいよいよですね

こんばんは。新PCが届いて復活しましたniseisyaです。
今年も恒例のsannziさんの干支マスコット製作開始ですね!毎年のアイデアとアレンジの多彩さには感心しきりです。埴輪の馬もかわいらしくアレンジされていて、デザイン画の段階ですでに魅力的です。期待せずにはいられません。
メタセコイアは私も4のスタンダードに更新しましたが、やはりプラグインの問題で32ビット版を使っています。すでに作者の方のHPが消滅している古いプラグインもあって、将来に少し不安もありますが、メタセコイア以外でのモデリングは考えられないぐらいなじんでしまっていますので…。

niseisyaさん、お早うございます(^^

新PCおめでとうございます(^^
私は去年でしたが、今まで出来なかった事が出来るようになったり、やっぱり嬉しいですよね。
埴輪の馬は、niseisyaさんのハニワ君鎧セットを着せたハニワ君を乗せて使えるにしたいと、奮戦中です。
 
私もPoserフィギュアの場合、他のモデラーでは考えられないので、多少の迷いはあったもののメタセコ4にしました。
今の所、プラグインの関係で64ビット版が使えない事より、オブジェクト名や材質名のコピーペーストが出来なくなった事に不自由を感じてます。
とはいえ、プラグイン作家さん達の好意で造られてきた感のあるメタセコなので、そういう方々のHPの消滅は確かに不安はありますよね。
プロフィール

SanziSannzi

Author:SanziSannzi
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード