ご報告

こういう事は此処で書いたものか迷ったのですが、前回の記事を書いたことも有り、書いておかないと今後ブログを続け辛いと思い、ご報告する事にしました。

実は先日入院していた姉が容態が急変し亡くなってしまいました。
当初は2ヶ月余りで退院、その後、年内自宅で療養リハビリで回復すると思っていたので、今は唯唖然とするばかりで、どうにも実感が沸かない状態です。
元々心身の弱い人だったので、三度目の入院に耐えられなかったのかもしれません。

思えば私の描くCGの作風は姉の影響が大きいです。
と言うのも子供の頃、姉の読む漫画を読ませてもらって夢中に成っていた時期があったからです。
竹宮恵子とか青池保子、萩尾望都と言った、そうそうたる作家の名作に触れる事が出来たのも姉の影響です。
また姉の持っていた少女趣味の絵本や画集、綺麗なお人形さんにも仄かな憧れを抱いていました。
時折、三児は実は女性ではないかと勘違いされる事がありましたが、そのようなCGや、フィギュアを作成することが有るのはそのためです。

姉は私の扶養家族と言う事に成っていたので、今は事後の公的処理やあれやこれやで忙しくしております。
それ以外はポカンとしておりましたが、遠方から来た親戚が私のCGを見て大いに驚いて、之はいい趣味だから絶対続けるべきだと励ましてくださいました。
リップサービスも有るかと思いますが、やっぱり褒められるとこんな中でも嬉しいものです。
まだ創作意欲は沸きませんが、なるべく早く当ブログやCG創作を再開させたいと思っております。

当面は以前からしたかった、今までのマスコットや桜吹雪など配布物を、分り良くまとめたホームページ作りをはじめたいと思っています。
之は創作意欲が沸かなくても、有る程度機械的にまとめていけそうなのと、心機一転、再開には良いきっかけに成りそうだからです。

それと今まで漢字では三児としていましたが、之も変えてみようと思っています。
之は三児の子を持つお母さんではないかと勘違いされた事が有ったからです。
もうちょっと先に成ると思いますが、再開の折は宜しくお願いします。

コメントの投稿

非公開コメント

お悔やみ申し上げます

お姉様が急逝されたとのこと、心よりお悔やみ申し上げます。身内を亡くすと、呆然としてしまいますよねえ…
殺伐とした事務処理が続いて大変だと思います。どうか、sannziさんも心身が癒えてから、ゆっくりと復帰されてください。

No title

心からお悔やみ申しあげます。私にはお慰めするすべもありませんが、お姉様のご冥福を祈りあげるばかりです。

お悔やみ申し上げます。

この年になると訃報に触れることも皆無ではないのですが、私の身辺では血のつながらない叔父や叔母でした。
お姉様というごく身近な肉親を亡くされた三児さんの心中はいかばかりか、察するべくもありません。
竹宮恵子や青池保子、萩尾望都といった漫画家がお好きだったというお姉様の人物像に、お会いしたら楽しく話が弾みそうな方だったのだな、と思いました。
ただただ、ご無理をなさらず、お気持ちのままにお過ごしください。
気が向かれましたら、また大らかで楽しい三児さんの作品を発表していただけることを願っております。

お悔やみ申し上げます

お姉さまがお亡くなりになられましたそうで、さぞやお力落としのことと深くお察し申し上げます。
復帰されるのはまだ先だろうと思いつつ、久しぶりに何気なくお邪魔したのですが・・新たな出発をお待ちしております。

No title

お姉様が急逝されたとの事、あまりに突然のことで信じられません。どうぞお気を落とされませんように…
ご冥福をお祈りいたします。
命に別状は無いと言うお話だったので、びっくりするばかりです。

しばらくは大変かと思います。三児さんの気持ちが安らぎましたら復帰をお待ちしております。


HONEY様

わざわざお言葉をいただき恐れ入ります。
姉もきっと喜んでいる事と思います。
事務処理は一つ一つ片付けていけるので達成感すら感じるくらいなのですが、思わぬ役所巡りをしないといけない事も有ったりで、結構体力も要ったりします。
夜はぼんやりしていると、かえって心が萎えてしまうような気がして、なるべく早くブログも再開したほうが良いかなと思っています。

藤枝らんまる様

わざわざお言葉をいただき恐れ入ります。
姉もきっと喜んでいる事と思います。
私は昼間は結構あちこち走り回って、お昼は始めて入るランチ店で食事をしたり気もまぎれて良いです。
唯夜に成ると今でもフワフワと夢の中にいる様で現実感が乏しく成ります。
親戚の勧めも有り、早くCGやブログを再開して心身共に充実したほうが良いかなと思っています。

milura様

わざわざお言葉をいただき恐れ入ります。
姉もきっと喜んでいる事と思います。
葬式の時は流石に悲嘆してまいってしまいましたが、今は現実感に乏しくぼんやりしてしまう事が多く成りました。
親戚の勧めもありましたが、之では自分でもいけないと思い、なるべく早くブログを再開しなければと思うようになりました。
久しぶりに姉の本棚を覗くと、懐かしいポーの一族の単行本が綺麗な状態のまま並んでいました。
又読み返したら、再び自分でも何かしら作成してみたいと言う意欲も沸いてきそうで楽しみにしています。

hidekun様

わざわざお言葉をいただき恐れ入ります。
姉もきっと喜んでいる事と思います。
葬式の時は流石に気落ちしてしまいましたが、今ではフワフワとなんとも言われぬ非現実感に戸惑っております。
まだ新作を考える気持ちは沸きませんが、早くブログを再開して心機一転、新たに再出発した方が良いかなと思うようになりました。

喜多川春望様

わざわざお言葉をいただき恐れ入ります。
姉もきっと喜んでいる事と思います。
葬式の時は流石にいやおうなく現実を思い知らされたのですが、今では不思議な非現実感に本当の事なのかぼんやりしてしまう事が多く成りました。

事務処理は淡々と済ませれば達成感すら感じるくらいなのですが、役所廻りが結構時間も掛かり大変でした。
まだ先は長いですが、今の所できる事は一段落したので、ボチボチとブログ再開も考えようと思っています。

お悔やみ申し上げます

お姉さまのご冥福を心よりお祈りいたします。

tatu様

わざわざお言葉をいただき恐れ入ります。
めったに外に出る事のない姉でしたので、こうして色々な方にお声をかけていただいて驚いたり、また喜んでいる事と思います。

お悔やみ

突然の報告に驚いております。長期の入院だけで回復されるものだと思っていました。
さぞ、お力をお落としのことと存じますが、くれぐれもご自愛下さいませ。

ご冥福をお祈り申しあげます。

No title

御姉様のご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申しあげますとともに、心からご冥福をお祈りいたします。

はる様

わざわざお言葉をいただき恐れ入ります。
数年前からほとんど家を出る事のなくなった姉でしたが、こうして多くの方にお声を掛けていただいて驚いたり喜んだりしているのではないかと思います。
私としては余りの急変に今は力落ちというか、無力感、非現実感を覚えています。
ただそれに囚われていても何にも成らないので、なるべく早くブログや創作活動を再開したいと思っています。

blackjack様

わざわざお言葉をいただき恐れ入ります。
此処で書いて皆様のお心を煩わせて良いものかと迷ったのですが、再出発の為にも書かずにおれませんでした。
今は無力感にどうしても囚われてしまいますが、気力を出してなるべく早くartist sideにも復帰したいと思っております。

心からお悔やみ申し上げます

言葉をしばらく失いました。

年内にご回復されると思っていましたので
ただただ驚いています。

sannziさん並ぶにご家族の皆さまには、さぞお力落としのことと深くお察し申し上げます。

どうぞ、大変でしょうが出来ないことは、すべて後回しにして自愛してください。

お悔やみ申し上げます

お姉さまのご冥福をお祈りいたします。
どうぞ、お気を落とされませんように・・・
しばらく、ゆっくりしてから、ブログとか復帰されることを願っております。

お悔やみ申し上げます

突然の事で驚きました。今はまだ気が張っていると思いますが、少し落ち着いた頃に疲れや悲しみが出てくるので、ご自愛ください。家族が亡くなると喪失感におそわれて悲しいですが、お姉様の為にも元気なsannziさんになられるように願っています。

お悔やみ申し上げます

お慰めする言葉もありません。
どうか、お疲れが一度に出る事のないよう、ご自愛ください。

コメント欄を見ていつも思うのですが、こんなに大勢の方たちがsannziさんを見守っているんですね。
sannziさんの作風や、お人柄を知る人には、その原風景となったであろうお姉さまが、とても素敵な方だったという事がわかります。お姉さまの存在は、sannziさんの中にいつまでもおられる事と思います。

創作は、心が動いた時に。それまでは淡々とその準備を。
でも、色々な人と関わる事はとても良い心の薬になりますから、ブログやツイッターなどで気を晴らしてくださいね。

あおば映治様

わざわざお言葉をいただき恐れ入ります。
私も余り急な事で、その内実感も沸いて来ると思っていたのですが、とっくに初七日も過ぎた今でも夢の中にいるようです。
正確には忘れましたが、遠くの身内より近くのお隣と言うような言葉が有りましたが、今回は遠くの身内がすぐ駆けつけてくれてとても助けに成りました。
お陰で公的にやっておかないといけないことも出来る事はやれました。
まだ民間銀行関係等の手続きなど有りますが、それは後回しにして、落ち着いてから進めるつもりです。
それより早くブログ等も再開するつもりですが、これも意欲の高まりを待って進めるつもりです。

ni_in_b様

わざわざお言葉をいただき恐れ入ります。
姉はここ数年、ほとんど家を出る事もなく、こんなに多くの方からお声を掛けていただいて喜んでいることと思います。
ブログを作ってもこんなにコメントをいただける事は凄いことだから、是非再開したほうがよいと甥っ子に進められました。
元気を出して早く復帰したいと思っています。

hisayan様

わざわざお言葉をいただき恐れ入ります。
hisayan様も経験されて、また多くの方も経験されている事だと思います。
私も悲しみや疲れが出てくるのではと思っていましたが、初七日の過ぎた今でもどこか現実との間にフィルターが掛かったような亡羊とした感覚に囚われております。
しかし今年の和風展はこのような事情で中途半端に終わってしまいましたが、是非来年の展には元気良く参加したいと思っております。
今はそれも目標の一つです。

rose様

わざわざお言葉をいただき恐れ入ります。
幸い遠方の身内がすぐ駆けつけてくれ手助けしてくれたので、余り身体的な疲れはないと思っています。
ただ心情的には何か濃い霧に包まれたような曖昧な感じが続いているので、自分でも気を付けたほうがよいと思っています。

私自身の子供の頃はゴジラやガメラに夢中ながさつな子だったので、今思い返してこの様に姉の影響が大きかったのか思い知らされて驚いております。
姉は村岡花子さんの訳本のファンで沢山の文庫本を収集していました。
お陰で私も赤毛のアン、小公女、秘密の花園、と言った少女文学の基本はほぼ読んでいました。
そう思うといよいよ影響の大きさを感じてしまいます。


まだ新しい創作の糸口も見出せませんが、そう言う事に思いを巡らせると良いヒントを得られそうです。
今は取りあえず配布物のまとめから始める事にしました。
また遠方から来てくれた甥っ子が、ブログにこんなにコメントをもらえるのは凄いことだから、是非再開したほうがいいと励ましてくれました。
実際こうしてコメントをいただけると元気もいただけます。
なるべく早く復帰したいと思っています。

No title

あまりに突然のことで…心からお悔やみ申しあげます。
こうして言葉に書きまとめることで、少しでも三児さんの気が安らぐようであって欲しいと願います。

作風にお姉様の影響があると、ご自身で思われていることはとても素敵なことですね。そしてそんな三児さんのCG(と人柄)も多くの方に影響を与えておりますし、凄いことだなと思いました。

活動の再開を心待ちにしておりますが、どうぞ無理はなさらぬようゆっくりとご自愛なさってくだい。

tweety様

わざわざお言葉をいただき恐れ入ります。
私も余りに予想外の事で、いまだに唖然とした感覚あって信じきれない思いもします。
しかしこうやって多くの方からお言葉をいただいて、私ばかりでなく姉も驚いたり、又喜んでいる事と思います。

今までも姉の影響は少しは有ると思ってはいたのですが、こうやって思い返して見ると少しどころか大いに有る事に気が付きました。
姉の本棚を見てあれやこれや読み返してみようと思っています。

公的後処理はほとんど終わったのですが、民間、銀行等の処理がもう少し掛かりそうです。
それもブログ再開も無理をしない程度に行っていこうと思っています。

お悔やみ申し上げます。

三児さん、
大切なお姉様をこんなにも早く送ることになってしまい、
辛いことでしたね、心中お察しして、言葉もありません・・・
人の運命は計り知れませんね。
本当に思いがけないことばかりです。
だからこそ、今を大切に、
悔いのないように、と
教えてくれているのでしょうか・・・

何よりもお体を大事に、
どんなお名前に改名されるのか
楽しみにしております。

にこーる様

わざわざお言葉をいただき恐れ入ります。
やはり身内の中でも年齢も又生活も身近にあった姉の亡くなった事は、少なからずこれからの生き方、人生観に影響が有るのだろうと思います。
今はそれがどう言う事かさっぱり自覚できませんが、はかなさは思い知らされた感じがします。
確かにそれに囚われないように気を付けて、今を大切に生きる事が大切なのでしょうね。
出来る事ならこれから悔いの無い生き方をしたいです。

体は遠方の身内が駆けつけて色々手伝いをしてくれたので、余り無理はしなくてすみました。
改名は今回の事と関係なく今までも考えていました。
再起の際、良い機会なので変えてみる事にしました。
ただしローマ字のsanzi_sannziは変えませんけど。

お悔やみ申し上げます

お姉さまのご逝去とは驚きました。心よりお悔やみ申し上げます。

病状が急変され、ご逝去されてしまわれたとは、さぞやお力落としのことと、心情お察し申し上げます。
お気を落とされぬよう、ゆっくりとお気持ちの整理をされて下さい。

しばらくの間は何かと大変なことと思います。お体には十分お気を付け下さいませ。

また、復帰されるその時を、心待ちしております。

お姉さまのご冥福、心よりお祈り申し上げます。

お悔やみ申し上げます。

心よりお悔やみを申し上げます。
私の身内もそうだったのですが、回復を夢見ながら急逝されたとのこと。
sannziさんの胸中、お察し致します。
気持ちの整理はなかなかつかないかとは思いますが、お力落しのなきよう。
sannziさんもご自愛ください。

wing-Ao様

わざわざお言葉をいただき恐れ入ります。
私もまだ何でと、どうにも信じられない思いすらします。
又、当初は年内リハビリの手伝いや介護で此処はお休みするつもりだったのでブログで書いてしまって、お騒がせして申し訳ない気もします。
今は結局何も出来なかったという無力感や罪悪感に囚われてしまいそうに成りますが、それだけは落ちいらないように気を付けています。
見取った介護者の心のケアの心理学で、陥りやすい負の心理なので気を付けるように読んだ事があります。
ブログは、ついついぼんやりしてなかなか進みませんが少しづつ再開に向けて準備をしています、気持ちもそうしていると落ち着くと思っています。
姉もここ数年ほとんど外に出る事が無かったので、多くの方にお言葉を掛けていただいて喜んでいる事と思います。

銀狐(Ras)様

わざわざお言葉をいただき恐れ入ります。
こうして姉も多くの方にお声を掛けていただいて喜んでいる事と思います。
やはり私ばかりでなく多くの方が経験されている事なのですね。
今も信じられない思いがして現実を受け入れられない気持ちがあるのですが、現実は一つしかないのですね、受け入れなければいけないです。
事後のやらなければいけない事も徐々に済ませてきました、そうこうしていると気持ちの整理も付いてきたように思います。
また、その為にも此処の再開の準備も少しずつ進めています。

お悔やみ申し上げます。

療養されるとのお話でしたので突然のことに驚いています。
お姉様が回復された後に復帰されると信じて疑っていませんでした。
私でさえそうでしたのですから、三児さんのお悲しみはいかばかりかと拝察いたします。
心よりお悔やみ申し上げます。

アーク様

わざわざお言葉をいただき恐れ入ります。
私も姉が退院してしばらく自宅療養とリハビリをする事になると思っていたので、部屋の支度など考えていたところでした。
急にこんな事になって唖然としてしまいました。
前回今回このようなブログ記事を書いて皆様をお騒がわせして申しわけない事に成りましたが、お陰でこうして皆様にお声を掛けていただいて姉も喜んでいる事と思います。
私も悲しいと言うか無力感、非現実感から、気が付くとぼんやりしている事が多かったですが、お陰で再び此処やCG活動の再開に向けてモチベーションもいただけたように思います。

お悔やみ申し上げます。

心から御姉様の御冥福をお祈り致します。
くれぐれも御身を御自愛ください。

お悔やみ申し上げます。

----驚きました。

ブログをアップされていたので、ほっとしたのもつかの間、
まさか----。

ご冥福を心よりお祈り申し上げます。

sannziさんの美術の素養はお姉さまからの影響がとても大きかったのですね。
それをCGで美しくそして見事に具現化されたsannziさんのことを、
お姉さまもきっと喜ばれていらっしゃると思います。

私もモー様フアンの一人なので、お姉さまに色々と教えて頂きたかったです。

sannziさんはいつにもまして、多忙な日々を過ごされることと推察しますが、
HP作成や、CG制作によって少しでもsannziさんの心が休められればと願うばかりです。
どうかご自愛も忘れないで下さいね。

ずっと走ろう様

わざわざお言葉をいただき恐れ入ります。
姉もここ数年外に出る事も無く、こんなに多くの方に声を掛けていただいて、驚いたり喜んでいる事と思います。
又私も力をいただいているように感じます、ぼんやりしてなかなか集中できずにいますが、早く此処もCG創作にも復帰したいです。

mamomamo様

わざわざお言葉をいただき恐れ入ります。
私もまったく想像もしていませんでした、良く人生は一歩先は分らないと聴きますがまったくその通りでした。

改めて思い返して、私のCG創作の姉の影響の大きさにも驚いております。
すっかり忘れていましたが、漫画ばかりでなく、姉は村岡花子さんの訳本のファンで沢山の文庫本を収集していました。
そのお陰で私もかなり早くに赤毛のアンシリーズ他、多くの少女文学と言われる分野に触れていました。
映画もゴジラやガメラや大魔神ばかりでなく、Disneyプリンセスシリーズ等にも親しんでいたのは姉の影響だったと思います。

今は公的後処理はほぼ終わって、後は銀行など民間処理が残っていますが、まずは一段落してのんびり出来るようになりました。
こうして多くの方にコメントをいただいて、気力もいただいて此処やCG作成の復帰の下準備をはじめています。
ここ数年外に出る事も無くなった姉でしたが、きっとお声を掛けていただいて驚いたり喜んでいる事と思います。

お悔やみ申し上げます。

ご訪問が遅れてしまい申し訳ございません。
突然ですね、本当に。
お姉様の存在が、三児様の頭の中、CG作品の中で安らかに生きて続けてゆく事を祈るばかりです。
また、悲愴や虚無を乗り越えられた三児様の復活作品も楽しみにしております。

h+iro様

わざわざお言葉をいただき恐れ入ります。
新しいお仕事にも邁進されているご様子で良かったです。

私は日にちも過ぎ、だいぶ気分的にも落ち着いて来ました。
思い返して姉の影響が大きいのに気が付いて、我ながら驚いています。
この先CG創作を続けて行けば、姉もその中で生き続けるのかもしれないですね。
此処やメールで自分でも驚くくらいお声を掛けていただいて、是非活動を再開せねばとやる気も大いにいただけました。
悲愴や虚無には、見取った介護者の為のケアの研究書で、陥りやすい負の心理だから気を付けるように教えられております。
はかなさの心情はどうしても拭えませんが、再開の準備をしているうちに元気も出てきて良い趣味を持って良かったと思っています。

お悔やみ申し上げます

ご訪問が遅れてしまい申し訳ございません。
お姉様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

sannziさんの美しい世界観はお姉様の影響だったのですね。
そんな大切なお姉様がお亡くなりになって本当に御辛いことと存じます。

今はゆっくり休まれて、sannziさんが元気になられましたら、作品作りに復帰なさるのを楽しみにお待ち申し上げます。
お姉様の魂の平穏とsannziさんの心のご快復を謹んでお祈り申し上げます。

sasaki様

わざわざお言葉をいただき恐れ入ります。
以前から姉の好きだった物の影響は有ると思っていたのですが、改めて思い起こして見るとその影響に自分でも驚いています。
最初に読んだ絵本や小説、漫画等も全て姉の読んでいたものでした。

今は自分でも之で良いのかと思うくらい淡々とした日を送っています。
時間の感覚が変な感じで、亡くなってからまだ2週間ちょっとなのに、もう一月以上前のような感じがします。
姉を忘れると言うより記憶が遠くにぼんやり感じられると言う感じです。
唯、姉の愛用していた化粧品とか御茶屋のダイレクトメールが届くと、否が応でも亡くなった日の記憶が戻ってしまいます。
勿論そういう会社には姉が亡くなった事はわざわざ伝えないので、之から数年届くのかと思うと空しいというか悲しく成ります。

一時暇があるとぼんやりする事が多かったですが、このブログやCG活動の復帰の下準備で、そ言う事も少なく成りました。
好きな事や趣味を持っていて良かったと思っています。

No title

お悔やみ申し上げます。

私にはきょうだいがいないので、実感がわかりませんが、、
とても月並みですが、時間がある程度解決(?)してくれるかもしれません。

お体お大切にお過ごしください。

舞矢様

わざわざお言葉をいただき恐れ入ります。
私も入院した時、こういう事になるとは全く思っていなかったので、今もって実感が持てないでいます。
小説や映画に出てくるような悲嘆に明け暮れると言う事もなく、唯呆然と、でも静かに時が過ぎていくようで、姉に申しわけないような気さえします。
それでもどうしてもあの時ああしていれば、こうしておけばと後悔の念に囚われそうになりますが、過ぎた時間にIfは無いのだと自分に言い聞かせています。
そう言う囚われも呆然とした感覚も時間が解決してくれるのかもしれません。
身体は身内の者が色々手助けしてくれたので、余り無理をする事もなく過ごしております。

No title

お悔やみ申し上げます。
あまりにもショッキングなことで
言葉を失いました。
sannziさんのことを想うと
どう声をおかけしたら良いのかわかりませんでした。
sannziさんのお姉さまへの深い想い。
それは今までもこれからもきっと変わらないのでしょう。
ご冥福をお祈り申しあげます。

Fancy Pool様

わざわざお言葉をいただき恐れ入ります。
私も今年いっぱいは姉の介護とリハビリのお手伝いをするつもりで、ブログをその間お休みにするつもりで、前回今回の記事を書いてしまいました。
結果的に皆様をお騒がせする事になってしまい、心苦しい思いもしましたが、Fancy Poolさんや、こんなに多くの方々からお悔やみや励ましのお言葉をいただいて、是非復帰せねばと言う元気もいただけました。
姉もきっと驚いたり喜んでいる事と思います。
之からCG創作に復帰したら、意識しないでも姉の好きだった事の影響が出てくるのだろうなと思います。そう思うと私の作品作りの中で、姉はいき続けるのかなと思います。

追記、
WinXp対応で大変ですね。
私とは違った意味で、無事復帰をお待ちしております。

心よりお悔やみ申し上げます。

こんなに遅くなってしまい…
…入院されて回復の方向かとばかり思っていました。
謹んでお姉さまのご冥福をお祈り致します。
病気で逝かれるとは本当に残念で悔やまれます。
暫くは、気持ちも空白で何をするにも滅入ってしまうでしょう。
思い出ばかりが浮かんでしまいますね、私もそうですから…
お姉さまは、漫画や絵が好きだったのですね、三次さんの言葉から心優しい方だったのが伝わって参ります。
色々お忙しいでしょうが、また心が癒えましたら作品再開をお待ちしています、お姉さまも、きっとそう願ってると思います。

(仕事場で徹夜明け、頭がまだボーっとしてまして…言葉に失礼があったらご容赦下さい、お返事は入りません)



Rico様、

わざわざお言葉をいただき恐れ入ります。
私も何で、と今もって信じられない思いに囚われる時があります。
今日は一人でお墓の花を取り替えに行って来ましたが、墓参りにはいつも姉を連れていっていたので、流石に寂しかったです。

まだ新しい創作の発想は出来そうもないですが、前からしたかったホームページの立ち上げをしました。
之は作り方が分った後は機械的作業だったので、有る程度集中して出来ました。
まだ事務的な後処理も続いて落ち着きませんが、こうして趣味の世界に一時でも浸れたので、随分心も癒される思いがしました。
私も気が付けばボーっとする事が多いですが、こういうとき集中できる趣味が有ってよかったと思っています。
モデリングや絵の創作もなるべく早く復帰したいと思っています。

Ricoさんもお辛い事と思います。
義姉様のご冥福をお祈りいたします。
プロフィール

SanziSannzi

Author:SanziSannzi
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード