3Zi_MomiPlus(モミモミ_プラス)の配布

魔法使いは最先端呪文、AR(拡張現実)を唱えた。
すると魔法の絵本の中のmomimomiが3Zi_MomiPlus(モミモミ_プラス)となって飛び出した!
(クリックで大きくなります)(artistsideにもアップしました

12003Zi_MomiPlus04.jpg

と言う訳で、絵のmomimomiを見てもらえば分ると思いますが、方目を瞑ってウインクしたり、、眉毛が少し変形したりしています。
実はmomimomiをプチマイナーチェンジしてこれらが出来るようにして、3Zi_MomiPlus(モミモミ_プラス)としてまとめました。

主な変更はHeadのモーフの追加です。

bMomiPlus01-00.jpg

最大の目的は、とにかくウインクできるようにしたいという事でした、今までは両目同時にしか開閉できませんでした。
この方法は以前tweetyさんに教えてもらったモーフのパラメータタブ内にある「モーフの分割」という項目で行いました。
英語版POSERpro2014では、(Split Morph)となっています。

bMomiPlus05.jpg

尚、tweetyさんによると、日本語版POSERpro2014ではこの「モーフの分割」が見当たらなくなってしまったという事です。
日本語版Poser8には付いているという事ですが、マイフィギュアを造るときは非常に便利な機能だと思うので、このまま日本語版で無くなってしまうとしたら残念です。

ウインクだけでは物足りないので下図のモーフも付け加えました。

bMomiPlus01-02.jpg

わずかな変化ですが、コレにダークサイドモーフも付け加えて、それぞれ左右別々に動かせるようにしたので、かなり表情に変化が付けられるのではないかと思っています。

又、マテリアル変えもマットポーズで変えられる様に、Poseフォルダ内に付け加えました。
これは自分でマテリアル変えをやっていて、Poseフォルダ内に有った方が利便性が高いと思ったからです。



宜しかったら下記リンク先のskydrive、或いは三次のマスコット動物園の(Mascot_etc )からどうぞ。

3Zi_MomiPlus(モミモミ_プラス)のDownload  

3Zi_momimomiをマイナーチェンジしたフィギュアですが、単独でも使えます。
もし3Zi_momimomiをインストール済の方は、上書き保存でも大丈夫です。





絵の使用アイテムは今回もtweetyさんの新作、momimomi用【knightSET02 for MOMIMOMI 】です。

tweetyさんのブログ記事は此方。

前回ご紹介した驚きのトランスフォーマーソードのmomimomi版ですが、それにプラスしてカッコいいマントと肩当てが付いています(*^^)v

bMomiPlus04.jpg

他に、Qipao&ChinaHairモミモミプリティーパンツを使用しています。

さて、今回のこれらの絵(一番上の絵は本の中のmomimomi)はPOSERトゥーンレンダリングと言うのでレンダリングしています。
その方法は・・・下記tweetyさんの解説でどうぞ、人任せ(*^。^*)

tweetyさんのブログ記事は此方。

付記
(尚、ちょっと気が付いた事があるので付け加えておきますと、tweetyさんの記事中にある「影用のテクスチャ」の場所ですが、PoserPro2014の英語版の場合、ユーザー内パブリック内のドキュメント内のRuntimeにある「影用のテクスチャ」を描換えないといけませんでした。
何故Runtimeがこんなややこしい場所にあるのか分りませんが、tweetyさんによると日本語版ではCドライブのプログラムファイル内(POSERのフォルダーの中にしっかりあるそうです。
英語版だとそんなややこしい場所にインストールされるのかなと思ってます?
私は普段、以前から構築しているPoser8のRuntimeを使っているので、最初その中の「影用のテクスチャ」を一生懸命描変えて、変化無いのは何故、と、間抜けな事をやってました(^^ゞ)



後書き。
Poserに関しては後輩になるtweetyさんに教えていただいてばかりです(*^。^*)
実はmomimomi自体、トゥーンレンダリングを意識して作成しています。
しかし、自分がトゥーンレンダリング出来ないのに無茶な話でした。
でも今回、立派にトゥーンレンダリング対応になっているのが分ってほっとしました。





テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

big change

tweetyさんのプログを見て心待ちにしていました。完成したのですね。
3Zi_MomiPlusはアニメーションをするものにとっては大変ありがたいバージョンアップです。三次さんは「マイナーチェンジ」とおっしゃっていますがBigChangeだと思います。
トゥーンレンダリングは簡単に見えて大変奥が深いように感じています。

koutyaさん、おはようございます(^^

tweetyさんのプログでウインクさせる方法は教えてもらったので、それはすぐ出来たのですが、欲が出てきて色々入れたので時間が掛かってしまいました。
自分ではアニメはやらないので分りませんが、そう言う事でも役立てば有難いです。
今回は自分ではプチマイナーチェンジだと思っていますが、その分今まで作成していただいた衣装やアイテムがそのまま使えるので良い事もあると思っています。
トゥーンレンダリングはtweetyさんの方法意外にもあるようで本当に奥が深いです。
私はもうtweetyさんの方法で充分なのですが、どう絵に活かすかと言う、その使いどころが難しいと思ってます。

ありがとうございます☆

楽しみにしておりました!早速頂きました(^∀^)

本の中の絵だけをトゥーンにするとは上手いアイデアだなと思いました。
でも本から立体映像が飛び出すなんて、以前は本当に魔法の国のお話だったのに、ARとして実現している現実も凄いですよね。

今回のファイルでモミモミくんと、モミプラスくんが使えるようになるんですね。下がり眉のトホホなお顔も可愛いです(*^_^*)
こちらこそいつも可愛いフィギュアやアイテムを頂いたり、色々教えて頂いたりもして大変お世話になっております。今後もどうぞよろしくお願いします。

ところでモーフの分割以外に、日本語版のセットアップルームにおいて問題(球状影響範囲が編集できないこと)を確信したので、数日前にイーフロのサポートにメールしてみました。何かお返事&解決策が得られると良いのですが…実は編集ロック機能とかあるんでしょうかね?…トホホです(´А`)

tweetyさん、今日は(^^

今回も素敵なアイテムや、又色々と教えていただいてありがとうございました(*^。^*)
お陰でモミモミのプチマイナーチェンジも今回の絵も思いのまま出来ました。

ARを使った絵本をニュースの特集で見て、コレはもう電脳魔法の世界だと思いました。
さらにコレはトゥーンレンダリングとレイトレースレンダリングを合わせて使うのにピッタリのアイデアだと気が付きました。
今回はまだ、レイトレの方の比重が高いですが、もっとトゥーンの方をクローズアップした絵造りも面白いのではないかと思っています。

映画など見ていると名優はみな眉毛の使い方が上手くて特徴があると感じてます。
そこに個性も出るのではないかと。
tweetyさんのお陰でウインクはすぐ出来たのですが、この際眉も(ネコの場合眉みたいな斑紋かもしれにけど)も動かす事にしました。
此方こそコレからもよろしくお願いします(^^


球状影響範囲の事ですが、英語版Proでも私もチュウ吉を造っている時気が付きました。
仕方が無いのでポーズルームでジョイントエディターを出した状態で球状影響範囲の調整をしました。
それでも出来たので、もしかしてそのように仕様が変わったのかもしれませんね?
モーフの分割の事もサポートに問い合わせて見ると良いかもしれませんね。

立体的

「momi君・改」の製作お疲れさまでした。さっそくいただきました。
調整可能パーツが増えたことにより、表情が豊かになりました。
momi君もどんどん進化していきますね。すごい!

最先端呪文の画・・これぞ「トリックアート」立体感溢れる作品で
ございます。

はるさん、今晩は(^^

早速お持ち帰りありがとうございます(^^
tweetyさんにこのモーフの分割を教えていただいてから、いずれプチ改しようと思っていました。
ぐずぐずしていましたがようやっと思いが果たせてほっとしています(^^
今まで、はるさんや色んな方に作成して頂いたアイテムを活かしたいので、コレ以上のモミモミの改造はもう出来ないかなと思ってます。
次回もしマスコットを造るとしたら、全く新しいマスコットフィギュアの作成になると思います。

私も最先端AR絵本を見たときは、リアルの世界にトリックアートが出現した様で驚きました。
私はこうして一枚絵しか造れないけど、あの不思議感を表現出来ないか又チャレンジしてみたいです。

No title

> 魔法使いは最先端呪文、AR(拡張現実)を唱えた。
AR(拡張現実)?
初めて聞いた言葉です。
流行りの言葉なのでしょうか。
Fancy Pool は、流行りものが苦手な方です。
Twitter や LINE すら全く未経験なくらいですから。

のっけから難しい言葉から始まりましたが
この絵は理屈抜きにおもしろくて
よく考えられていると思いました。

Poser の英語版と日本語版が違うのは納得できませんが
日本語版の対応の悪さは昔から変わりませんね。
イーフロが悪いんでしょうか?

トゥーンレンダリングに関しては、Fancy Pool も苦手です。
難しそうなので今まで避けてきましたが
いつかトライしてみたいです。

使わせて頂きます。(^^

先日は当ブログへのご訪問と暖かいお言葉を有難うございました。

momimomi くんのパワーアップ おめでとうございます♪

昨年の、「黒モミくん」から、今年は黒毛和牛の「黒カウくん」・・・と
目論んでいたのですが、これは予定変更ですね~。(笑

素敵なバージョンアップを有難うございます。
早速使わせて頂きたいと思います。m(_ _)m

Fancy Pool さん、お早うございます(^^

AR(拡張現実)は、白状すると私もニュースや特集番組でみただけで良く分らないのですが、かっこいいので使いました(^^ゞ
流行と言うより今から世に広がるであろう新技術です。
知らない間に身の回りに広がっているようで、気が付けば街中の広告等に使われていたりします。
この絵はその中の一応用例として紹介された、キャラが絵本から飛び出して動き回る使用例をヒントに作成しました。

飛び出す絵本の絵は以前にも造った事があります。
でも今回はAR絵本という事で、なるべくモミモミたちが飛び出る動きも表現できないかなと心がけてみました。
でも理屈抜きに面白いと言うのが一番大切だと思うので嬉しいです(^。^)!

Poser の英語版と日本語版の違いは、例えれば海外小説の翻訳みたいな物で、どうしても日本語化するスタッフの個性みたいなのが出るのかもしれないですね。
私は自作アイテムが造り易いので英語版を使っていますが、それが出来るのは以前日本語版を使っていて慣れていたからです。
特に使い始めは日本語版が良いように思ってます。

トゥーンは私もようやく使えるようになりました(^^
ただ使うセンスはまだまだ不足しているようで、どう絵に活かすか、使いどころが難しく感じています。

Wing-Aoさん、おはようございます(^^

ブログ開設おめでとうございました(^^
ブログは自分で構成など設定できる自由度が何より良いと感じてます。
例えば一旦アップした解説絵も、もし間違いや修正したい部分があったら後で幾らでも再アップできますし。

モミプラスはプチバージョンアップですが、今まで通り楽しんでいただけると有難いです。
黒カウくん!思ってもみませんでしたが成る程それも面白そうですね!
黒モミくんもすっかり驚きましたが黒カウくんも面白そうです。
もし機会があったら見せて頂くと嬉しいです。

此方こそ早速のお持ち帰りありがとうございます。
少しでもお役に立てれば幸いですm(_ _)m。

魔法マシン

以前からパソコンは魔法に似ている点が多いなとは思っていたのですが、
AR(拡張現実)ですか?バーチャルリアリティ(VR)の変種だそうですね。
意味が良くわからないのですが、どんどん面白くなりそうです!

sannziさんのCG絵のように本やノートを開いて呪文(コマンド)を打ち込めば、異世界の住人を召喚できるような日がやって来るかもしれませんね!

最先端の技術で、恐ろしく古代のファンタジーを実現する!
それが人々の願いなのかもしれませんからね!

それにしても、momimomiくんのウインクは可愛いです!!

こんばんは(^-^)三次さん。

冒頭の絵は、アニメ映画のワンシーンのようで、
これから何か冒険が始まる感じでワクワクしますね!
モミモミ君の表情も深みが出て、
立派に主役のキャラクターがつとまりそうですね。
モミ君の眉毛、麿みたいで可愛いです。
ほんのちょっとの角度の変化で表情が変わるので面白いですね。
昔、花マルに顔を描いたら、小学生の子達が
「悲しそうな顔してる」と言いました。
スマイルマークのような簡単な顔なのに、
ちょっとした目の角度で泣き顔に見えたりするのが
不思議ですよね〜
しかも、小さい子供から、誰が見てもそう見えるというのが…^_^
人間にとって人の表情って大事なんですね。
なんか、脱線しましたが…すみませんね(汗)
おやすみなさい^_^;

あおば映治さん、今晩は(^^

私もARはTV特集で見た位で詳しくは知らなかったのですが、そうと分るとチラホラ身の回りで実用化されていました。
特にAR絵本は衝撃的と言って過言ではないくらいでした。
おっしゃるように、昔の人が夢で見た空想や魔法を、実現させようと言う願いを、科学者や技術者やクリエーターが叶えてきた結果が、最先端ARや人型ロボットなのかもしれないですね。

その内あおばさんの描く少女達が、一こまの中で自動的に台詞に合わせてポーズを取ったり口パクするような事が、案外早く実現するかもしれないですね。
私もこの先、使っているCGソフトがどこまで進歩してしまうのか想像も出来ませんが、それに自分の想像力が振り回されないようにするのが肝要かなと思ってます。

momimomiくんのウインクは自画自賛で恥ずかしいですが確かに可愛いです(*^。^*)
コレから作成するキャラにも使えるし、方法を教えてもらって良かったです。

にこーるさん、今晩は(^。^)

モミモミ君に作成していただいた新しい衣装やアイテムを着せて見て、ファンタジーゲームの主人公みたいだと思いました。
ドラゴンクエストと言うゲームのオープニングテーマを脳内再生しながら絵を作成したので、そのわくわく感が伝わったみたいで良かったです(*^。^*)

映画など見ていたら名優はみな眉が良く動き、細かい感情を表現しています。
モミ君の眉はそれにはとても及びませんが、造っていてその大切さを実感出来ました。

花マルに顔を@@!
それは楽しい試みですね、きっと生徒さんたちも喜ばれた事と思います。

人間の脳は人の表情を読み取る能力を、幼い頃に真っ先に得ると聞いた事があります。
花マルの絵は単純な顔だったと思うのですが、それだけに案外感情を的確に表すのは難しいのかしれませんね。
私も花マル顔を描いて訓練してみようかな(^^ゞ
今、へのへのもへじ、とか、子供のいたずら描きは、もしかして絵を描くとても効果的な訓練になるのではと思いました。

何かとお忙しいところ、コメントありがとうございました。
なにとぞご自愛しておすごしくださいませ。
プロフィール

SanziSannzi

Author:SanziSannzi
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード