スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モフネコとゾエトロープ

(10月14日、artist sideのウィークリートップに選出されました。)

まず先日知ったPoser用のモフモフぬこの事から。
(余談ですが最近猫好きの方々の間ではネコをぬこ、さらにぬこ様と言うらしいです(^.^)。知らなかった、でも語感的に分るような気もします。)
artistsideにもアップしました

J600mofumofu03.jpg
(女性フィギュアはDAZのビクトリア4、衣装もDAZです。)
(メガネはsharecgのPtropeさん作GlassesV3です。)

何か再び三次にパクリ疑惑が(^^ゞ
いやいや、分らない方には分らないで良いです(^^ゞ

・・・と言う訳にもいかないので、記しておきますと。日本画家の藤田 嗣治画伯の自伝映画が、日仏合作で映画化されるのだそうです。
私はNHKの日曜美術館で永遠の異邦人と題した特集を見るまで、変な画家、位の認識しか持っていなかったくらいで、映画化される程フランスでは高名な画家だったのかと大層驚きました。
(映画の記事、オダギリジョー、日仏合作映画で初欧州)
上記記事中にあるオダギリ氏のポスターが藤田 嗣治画伯の肖像写真を元にして作成されていて、私もその写真は過去何度か見た記憶がありました。
改めて元写真を見ると、さぞ腕のある写真家によって撮影されたのか、構図とか猫を掲げるポーズなどとても優れて感じました、そこで私もパクっ、いあいあ、今回もインスパイアして作成しました(^。^)
・・・・・・・
ところでこの絵のフワフワした猫は、はるさんのtwitter等で興味を持ち、とうとう入手してしまいました。
所が導入するにはインストール方法からしてハードルが高いアイテムでした。
Fluffy Cat for the Millennium Cat
幸い舞矢さんがブログで丁寧にファイルのデコード手順方法を解説されていてました。
舞矢の写真日記内の2014/09/26(Fri) の記事。
デコードとやらをしないといけないPoserアイテムは始めて目にしたので、この記事が無ければ、インストールもおぼつかなかったと思います。
その他商品ページに英文で書いてありますが、DAZの Millennium Cat や別売のテクスチャセットも必要です。
幸い私は随分以前それらを入手していました。

注意点ですが私の場合、舞矢さんの解説通りしてもデコードできませんでした?
よくよく商品ページをみたらDAZの Millennium Cat を最新ののに更新していないとデコードができないと分りました。
今まで不自由なく使えていたので更新していないのに気が付かずにいて、更新後無事インストールできました。

その他ライティングも難しく感じました。
同梱のライトセットを使えば簡単、間違い無いと思うのですが、この絵のように自前で照明をした場合、又この絵くらいに大きくレンダした場合は、毛の生え際など部分的に細かい黒い斑点が出るようで、その修正にレタッチが必要でした。



次に此方はまだまだ途中経過のご報告ですが・・・。
先日ブログ記事をアップした後、しばらくの間、Poserでゾエトロープ(Zoetrope)が出来ないか実験を繰り返していました。
ゾエトロープと言うのは、映画やアニメの原点になったと思われる覗きカラクリです。
単なるローテクとは思えない、スチームパンク的な不思議さや面白さが有って、以前から好きでした。
(ゾエトロープ の検索結果)

結論から言いますと、割と簡単にPoserで再現できると分りました。
下図の様に羊(DAZ羊)がピョンピョン飛び回る走りポーズを今回は30匹の羊にそれぞれ付けて、円盤状の台座上に順番に配置しました。
(クリックで大きくなります)
bZoetrope05.jpg
円盤の中心をY軸で回転させると、まるで羊がピョンピョン走り出すアニメになります。
下に動く様子をPoserのFlash書き出しでアニメにして張ってみました。
動画を張るのは初めてなので、もし上手く再生できないときはご容赦ください。
右クリックで出るFlashの設定はループ再生になっていると思うのですが、もしなっていなければ、ループ再生設定にしてご覧ください。
bZoetrope06.jpg
上は動画にしましたが、最近のPoserはプレビュー画像も綺麗なので、リアルタイムでこのように動く様子を見る事が出来ます。

以下ゾエトロープに興味のある方だけでもどうぞ。
最初に簡単に再現できると書きましたが、それが分るまで勘違い等で空回りして、随分時間を費やしてしまいました(T_T)
と言うのも、現実にあるゾエトロープを真似して、筒状の壁に細いスリットを造り、そこから回転する様子を覗いてみるようにしていました。
所がそれではなかなか思うようにアニメに見えません。
そこで再度ゾエトロープの仕組みを検証してみたところ、細い覗き穴はリアルの世界ではアナログに連続して回転する絵(私の実験の場合は、連続的に走る様子を再現して置かれた羊フィギュア)を、アニメフィルムのコマのようにデジタルに断続的に見るための仕組みだと分りました。
そうしないと壁に描かれた絵が、唯単純に回っているようにしか見えません。
最近では昨今ノーベル賞で話題のLEDで断続的にフラッシュをたいて、断続的に回転が見えるようにしているようです。

所がそういう仕組みはPoserの場合全く不要だと分りました<(`^´)>!
と言うのも元々デジタルのPoser空間で円盤を回転させると、それはアナログではなく、もとよりデジタルに回転しているからです。
つまり細いスリットなど要らず、回転させてその様子を見るだけで良かった訳です。
なので結論から言うとPoserでゾエトロープを再現するのは簡単だった訳です。
それは他のCGソフトを使っても同じなのではと思います。



今日の後書き、
ゾエトロープを試そうとした事の発端は、来年の干支羊マスコット作りからでした。
まだ早いかなと思ったのですが、巷をみるとすでにおせち料理の予約も始まっている、決して早すぎる事はない。
と言う訳で、ぼんやり想像を巡らしている時、想いうかんだのが、羊が一匹羊が二匹、というマンガやアニメでよくみるシーンでした。
之はもしかしてPoserでゾエトロープを造ったらリアルタイムで再現できるかもしれないと思ったしだいです。
まだ羊マスコットはデザインのヒント集めをしている最中です。
羊はリアルでは動物園で見た記憶があるくらいで、あまり馴染みがありません。
なのでまだ先の事になりますが、無事羊マスコットが出来たら、その後それを使ってゾエトロープを造り、おまけで付けても良いかなと思っています。

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

すごい!

もふもふ猫の質感がすばらしいですね!
もふ猫セット、実は2年前のクリスマスフリービーで配られていたときにゲットしていたのですが、まだ解凍すらしていません(>_<)
みなさんの猫を見て、トライしてみたくなりました。

ジブリ美術館のゾートロープ(という表示でした)は、「アニメの歴史」コーナーで説明されていて、その先に実物例(?)がありました。かなり大きなもので、トトロの登場人物オンパレードで、飛んだり跳ねたり走ったりしていました。
sannziさんのマスコット軍団もフル出演で動くとすばらしいなあ、と思いましたが、ちょっとデータ的には重くて厳しいかな…

HONEYさん、今日は(^^

なんとフリーで配布されていたこともあったのですね!
全く知りませんでした、さすが動物フィギュア収集家ならではのHONEYさんです。
コレだけ大きくレンダリングするとポストワークも必須に思えるのですが、程よい大きさなら大して労せず使えると思います。
そう言えば江戸時代の日本画かなにかで、こういうフサフサの猫を描いた絵を見た記憶があります、その方面はHONEYさんのご専門ですが、お暇なときにでも是非 お試しを(^^

ジブリのゾートロープは、 ピクサーの立体ゾートロープの解説ビデオで一部見る事が出来ました。
凄いなと思ったのは、猫バスは前進し、トトロや縄跳びをするサツキやメイちゃんは一所に留まって動いている事です。
この一所にぴたっと留まって見えると言うのが、デジタルソフト上で再現するのは、リアルより難しい事に思えました。
もしマイマスコット軍団で総登場となると、皆一定の方向、あるいは任意のキャラだけ逆回転させる位なら出来そうです。
でも確かにデータ的に無理が出そうです(^_^;)

トリック

モフモフぬこ素敵です。「ぬこ」と聞いてえ!幼児語?と思いました。最近は日本語がだんだん通じなくなって自分が世間から離れてきたような気がしています。まぁ年だからしょうがないでしょう。はるさんも悩まれていたようですが、うまくいってよかったです。それにしても三次さんの絵はきれいです。
猫のふわふわ感がたまりませんし、メガネをかけた少女、猫を持ち上げたしぐさが素敵です。
また聞きなれない言葉が。ゾエトロープ、絵を見てみたことがあると思いました。三次さんの発想は凡人ではありません。このプログのタイトルのまま「トリック」です。私は原理的には何とか理解できますが、それを分解、再構築は出来ません。
三次さんが作っていただけるのを心待ちにしています。

koutyaさん、今晩は(^^

私も最初ねこをぬこと打ち間違えたのだと思ってしまいました(^^ゞ
Twitterやっていると、最新口語を目にする機会が増えました。
唯、良く知った仲間内でだけでぬこと言うらしくて、普段はやっぱりネコと言うらしいです。

私もはるさんのブログで舞矢さんが解説を書かれていると知って、それなら自分もインストールできるかもと思い購入を決めました。
もしそれが無くて、その上デコードとやらをしないといけないと分っていたら買わなかったかも。
ふわふわ感は添付されているライトセットを使えば簡単でしたが、自前のライトセットで、しかもこの大きさだと綺麗にレンダするのが難しかったです。
女性のポーズは藤田画伯の写真を参考にしましたが、そのままのポーズにはどうしてもならず、なるべく写真のように見えるように工夫しました。
ネコを持ち上げるしぐさは思った以上に難しかったです。
そうか、今回のブログ記事の分野はトリックアートでも良かったですね(^^
ゾエトロープは3Dトリックアートとも言うようですし。
早速変えておきます(^^
まだ羊マスコットも出来ていませんが、なるべくゾエトロープの配布も実現させたいです。

もふもふ

藤田 嗣治さん・・ちょび髭、おかっぱ頭で丸い眼鏡をかけた画家。
・・と、しか知りませぬでした。(^^);
おフランスでは有名な画家だったのざんすね。

リスペクトされた元写真の猫は「タマ」とか呼びたくなるような日本的猫
だったのに・・まぁ!なんということでしょう、これからの季節にぴったりの
スリスリしたくなるような、ふわふわのペルシャ猫になっているでは
ありませんか。ペルシャ猫にすると太って見えないですね。なるほど。

「ゾエトロープ」・・何ざましょ・・と検索してみたら。。
「回転のぞき絵」とか「走馬灯」とか・・あ!!これ何かの本で見たことが
ありました。映画やテレビのない時代、画が動くのはさぞ、不思議だった
ことでしょう。

はるさん、今晩は(^^

私も藤田 嗣治さんは、はるさんと同じようなイメージしかありませんでした、ザンス(^^ゞ
また、おそ松くんのイヤミのモデルになった人かなとも思っていたのですが、それは違うようですね。
フランスでは最高勲章ももらったとかで、そんなに高名な方だったのかと驚いてしまいました。

おかげさまで私ももふもふぬこを導入できました(^^
元写真のネコや白ネコ三毛猫ふうは、どうしても毛の生え際に黒点が目立って、この絵に関しては他のネコは使えませんでした。
ポーズのためか照明の当て具合のためか、この絵の猫でかろうじて使える範囲でレンダリングできました。

ゾエトロープは簡単なのしか見た事が無かったですが、ジブリや、雪の女王を作成したピクサーののは次元が違うようですね。
でも簡単なのも仕組みが単純なだけに不思議さが際立って見えて面白いです。
私もそんなPoserで出来る楽しいゾエトロープを造るつもりです。
でもそれに先んじて羊マスコットを造らねば。

眼鏡のネコ愛好家

猫がぬこ、さらにぬこ様ですか?
ネコ愛好家は洒落てますね。

そのネコですが、オスでもメスのようにエレガントでしなやか。
可愛くもあり、きまぐれ。

絵でも写真でもよく見かける猫ですが、猫を抱きあげる眼鏡っ子とは、凄くリアルで存在感があるなあと感心しました。

それが、藤田 嗣治画伯のリスペクトから生まれたインスパイア(ひらめき)なんですね。・・・それにしてもカタカナ語は、わかりにくいものです。

そのCG絵ですが、やはり男性より絵的には、猫のような女性が猫を擁くほうが綺麗です。

猫を擁く人の服装や色彩、アクセサリー的な眼鏡が様になっています。さすがsannziさんですね。

それと、ゾエトロープに挑戦とは、面白い試みですね。
馬とかをよく見かけますが、羊ができるのでしたら、
動物はなんでもできそうな感じがしますね。

また、ゾエトロープが見れるかもと、密かに期待してますよ!







あ!あおば映治っさん、今日は(^^

私も最初ぬこを見た時、打ち間違いをわざとしゃれでやっているのかと思ってしまいました。
でも愛好家の方々がネコ好きを共有するために使っているらしいですね。
普段はやっぱりネコと言っているらしいです。

元の肖像写真を女性に置き換えてCG模写してみました。
このポーズや構図は、藤田画伯が自ら設定したのか、あるいは写真家が指示したのか分りませんが、とても考えられたポーズに構図だと思いました。
ポーズは私の能力の限界で写真そのままに出来なかったのが残念ですが、その代わり自分なりにかっこよく決めようと試みました。

私も藤田画伯には申し訳ないけど、女性がネコを抱く絵にしました(^^ゞ。

ゾエトロープは色々試して見て、いくらか動くスピードのコントロール方法が分って来ました。
羊マスコットが出来てからになりますが、それを使って新しいゾエトロープを造ろうと思っています。

ゾエトロープ!?

これはまた面白いですね!動画で見ると一体一体を各自動かしているのかと思いきや、少しずつポーズを変えて静止している状態で回転させているわけですよね?まさにトリックですね(^^)Flash動画、とても面白かったです!

羊のデザインと言えば、手芸屋さんだと毛糸や布やビーズで作るような可愛い形の羊の手芸キットとかありますので、ネットショップでも「干支 キット 手芸」とかで検索すれば、陶器以外の形状や質感のヒントにはなるかもしれませんね(^^)
恒例の干支マスコット、楽しみにしています♪

モフネコちゃんはやはりベースが必要なアイテムだったのですね。
三次さんの絵を見てからHivewire3dに行って見ましたが、商品タイトルのMillennium Catって何だろうかと思って購入を見送ってました… 色々ややこしそうですね(^_^;)

tweetyさん、今日は(^^

ゾエトロープのFlash動画、無事再生できたようで良かったです(^^
考えてみれば一体一体動かすより、こうしてゾエトロープで回転して動かしたほうが簡単で良いですね。
その後実験して、羊の数と回転数とコマワリ数の設定で動きのスピードも調整出来るとわかりました。
Poserでレンダリングするためのアイテムではなく、Poser内で遊べる玩具と言った感じで作成してみようと思っています。

と、その前に肝心のゾエトロープに乗せる羊マスコット作りですが、羊の手芸キットは思いもしませんでした。
検索したら可愛いのが沢山出て来ました。
良いヒントになりそうです、ありがとうございます。
さすが編物もこなされるtweetyさんです。

Millennium Catはネコ好きに限らず、動物系ポザラーには必携と言って良い位のネコフィギュアでした。
Millennium 犬というのも人気の有名シリーズでした。
というか、今もってコレを超える犬ネコフィギュアはないのではと思っています。

今回も・・

sannziさん、artistside のウィークリートップおめでとう
ございます。やはりCG関係者には猫好きが多いようです・・

はるさん、お祝い有難うございます(^^

早速のお知らせ、ありがとうございます(^^
今回は絵柄も色調も地味目なので、ウイクリーはまずないだろうと思いつつ投稿しました。
以前からポザラーには猫好きが多いと思っていましたが、artistsideでもとなるとCG全般の関係者にネコ、いやぬこ好きが多いと思ったほうが良いようですね(=^・^=)

No title

わーっ!
猫の描写がすばらしい~!
凄いですねー!
Fancy Pool には、ハードルが高そうです。

藤田 嗣治画伯?
ごめんなさい。知りませんでした。
Fancy Pool は、美術とかは全く無知なんです。

ゾエトロープ?
また不思議なものに挑戦されていますね。
まるで理科の実験みたいで
めっちゃ面白そうですね。

Fancy Pool さん、今晩は(^^

私は元々ミレネコもそのテクスチャセットも持っていたのと、舞矢さんのデコード解説があったのでインストール出来ましたが、それが無ければハードルが高かったと思います。
扱い自体は普通のネコフィギュアと同じだったので簡単でした。

藤田 嗣治画伯はあの特異な風貌というか、ヘアスタイルが印象的で知っている程度でした。
NHKの美術特集番組で見て、フランスではとても成功した画家だと知って驚きました。
ましてや日仏合作で映画化されるほどとは二度ビックリしました。

ゾエトロープは以前からとても興味を持っていました。
羊のマスコットを考えていた時、ふとPoserでも再現できるのではないかと思い、物は試しに実験してしまいました。
大方原理や作り方は分ったので、羊マスコットが出来たらそれを使って造ってみようと思います。
Poser内で簡単に遊べる、玩具みたいな感じで造るつもりです。

みんなで「ふわ猫」?

sannziさん、こんばんは。
お役に立てたのか立ってないのかわかりませんが、(^^ゞ
ふわ猫さんで見事な絵作りをされていて、サスガでございます〜。

私は発売当時にミレ猫を買って以来、特に更新してないですが、
問題なく読み込めました。
Mac環境と窓では違うのでしょうか? わかりません。。(^^;

うちで問題なのは「ふわ猫」を2匹以上シーンに入れると、
めちゃくちゃバギーになることです。
原因不明ですが、かなりのメモリ喰いみたいな?
見た目も、おデブですが、操作も重い「ふわ猫」さんです(笑)。

あ!舞矢さん、いらっしゃいませ(^^

行き違いになりましたが、今舞矢さんのブログをお訪ねしたところでした(^^
おかげさまで無事インストールできました(^^
最初バージョン違いでデコードできないときは焦りました。
所が商品ページを見たらミレネコのバージョンを確かめるように、みたいな事が書いてあります。
それで更新していなかったことに気が付きました。

しかし、舞矢さんが更新無しで大丈夫だったのは不思議ですね。
やっぱりMacの場合とは違うのか、意外と時期によって違うバージョンが一時出てたのか。

ふわ猫2匹入れですが、今確かめてみました。
確かに重くはなったものの、さほど支障もなく扱えてレンダも出来ました。
ちょっと調子に乗って3匹入れてみましたが、Poser内での操作が多少ガクガクしたもの大丈夫でした。
Macの事は良く分りませんが、やっぱり窓との違いがあるのかもしれないですね・・・
そんな事は無いと思いますが、一応商品ページにあるミレネコのバージョンと、舞矢さんのミレネコが同じか確かめられても良いかも・・・
プロフィール

SanziSannzi

Author:SanziSannzi
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。