スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン

(7月29日、artistsideにて、ウイクリー1位に選出されました。)

今回、Shadeを使ったGC作家、MORIニャンさんとコラボさせていただきました。
よもやコラボさせていただく等、夢にも思っていませんでした、とても光栄なことです。
(クリックで大きく成ります)(artistsideにもアップしました。)

j1200FLY ME TO THE MOON07_image

MORIニャンさんからはピンクのキャデラックとジュークボックスを、そして私の1950年代フレアワンピースとコラボさせていただきました。
絵の主題は名曲(Fly me to the moon )です。

「ねえ、momimomiちゃん、素敵な車ね、私を月まで連れて行って・・・」
「良いぜ、乗んなよ、ニャン」

1950年代に作曲されたオールディーズのスタンダードナンバーで、私のもっとも好きな曲でもあります。
今ではエヴァンゲリオンのエンディング、コアなところではベヨネッタのゲーム挿入歌でも知られています。
その歌を、MORIニャンさんのピンクキャデラックを中心に歌うレトロガールズ、と言うイメージで作成しました。

そしてMORIニャンさんのCadillac。

bCadillac01-1.jpg

私のレンダリングでは、その魅力は、充分伝わらないと思うのですが、それでも完成度は感じていただけるのではないかと思います。
いつもMORIニャンさんの絵を見て不思議に感じるのは、完璧なCGなのに、何故か感じる手描きテイストというか、暖かさです。
2Dもプロ級の絵を描かれるからかなと思っていますが、特に妖精画を拝見すると、CGと手描きの絵が融合したような不思議な感覚に囚われます。

今回コラボを誘われた時、MORIニャンさん級の背景は、私には絶対無理だと思いました、なんと言っても限界は有るものです(^^ゞ
でも私を誘われたという事は、私なりの絵にすればよいのだよと、思われたのだと思います。
そこで思い切り自分なりの絵なら表現できるのではと思い、歌のステージ風の絵にする事にしました。
昔から、TVの歌番組のステージセットや、映画のミュージカルの背景セットを見るのが好きだったかからです。
ジュークボックスも付けてくださったという事は、MORIニャンさんもそう思われていたのだと思っています。



Shadeで歌のステージセットらしいのを組んで、レンダリングしました。
レトロガールズ達とmomimomiはPoserから読み込んでおります。
Vueで宇宙空間のHDR画像を作成し、Shadeの背景とIBL照明に使っています。

主な使用アイテム。
キャラクター pinoさんの(babyfaceA4)を元に調整しています。
髪はstudiomayaさんの(50's PonyTail購入品)です。なんと50年代のポニーテールです。
オシャレメガネはtweetyさんの(Glasses_Retro&Heart)及びmomimomi用トップスとロリポップキャンデーです。
靴はmamomamoさんのMMJacket-OnePForV4A4の靴から。



今日の後書き・・・

所で絵の中の三日月に腰掛けた女性のドレスのスカート部は、私の1950年代フレアワンピースのスカート部だけDC(ダイナミッククロス)化して使っています。

b3Zi_50sFlareOnepiece08.jpg

コンフォーム衣装の部分DC化と言うのは、HONEYさんの文楽人形(和風展参加賞)の袖とか・・・
(クリックで大きく成ります)

800YUKATA-bun4-2_image.jpg

tweetyさんのmomimomi用セーラーセットの襟やスカートがあります。

600SailorForMOMIMOMI2.jpg

今回は急遽作成したのですが、使うと一手間掛かるものの、なかなかポーズの汎用性が高く便利なので、充分検証して大丈夫なようなら、お中元に配布しようと目論んでおります(^。^)

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

きらきら

まるでミュージカル劇のような舞台セットが美しいです。
背景はVueとShadeを駆使。そしてメインはPoserといろいろな
ソフトの合体技なのですね。
主役のアメ車はさすが、Shadeの巨匠が作られただけあって
存在感抜群であります。

Fly me to the moon

Fly me to the moon
それは、名曲です。
そして、sannzi さんの絵も
それにふさわしい雰囲気です。
ピンクのキャデラックとジュークボックスが
フレアワンピースの女性たちを際立たせています。
スカート部だけDC化とは、ちょっとした技ですね。
部分DC化したコンフォーム服は
今まで数度お目にかかったことはありますが
Fancy Pool は、DC服があまり得意ではないんで
今まで避けて来ました。
わからないんで、いろいろ教えてくださいね。
そもそも、部分DC化ってどうすれば出来るんでしょう。
こんな低レベルでごめんなさいね。

はるさん、今晩は(^^

映画のミュージカル、それもちょっと以前の屋内ステージだけで撮られていた頃のミュージカル映画の舞台セットにしたいな、などと思っていました。
所が久しぶりにShadeでモデリングしようと思ったら、すっかり忘れていまして(^_^;)
それでほとんど基本的なモデリングでこなしました、面取りだけは怠らないようにしましたけど。

今回やっていて、これも思い出しましたが、そもそもShadeもVueも、Poserから人フィギュアを手軽に取り込めると言う連携が、共通した売りの一つだったのですよね。

MORIニャンさんの車モデリングは実物を見てもどうやればこんな事が出来るのか解りませんでした(^_^;)
それでもマテリアル設定など、参考に成る事は沢山ありました。
之からCGを続けるうえでも、やって良かったです。

Fancy Pool さん、今晩は(^^

今回作業を続けている間は、常にFly me to the moonをバックで掛けて聴いていました(^^
こんなに色々な歌手のFly me to the moonを続けざまに沢山聴いたのは初めてです。
それでも飽きないし、眠くならないのは確かに名曲だからですね。

ピンクのキャデラックとジュークボックスは、私の衣装とピッタリでした。
作者のMORIニャンさんが選んでくださいました。


スカート部だけDC化は、配布出来るようだったら、そうしようと思っています。
その時、使い方も書いてみようと思います。
ただしコンフォーム衣装と比べて難しいのや、少しめんどくさいのは確かだと思います。
私も今回、どうしても月に座らせたくて、DC化したというのが本心です。
ただし座らせる事ばかり出なく、ポーズ付けの自由度が高いと言う利点もあります。
なので、どうしても使わなければイケない、というシーンが有ったら、頑張って使って見るという程度で良いのじゃないかと思っています。
今回の絵も、他の二名のワンピのスカート部は、コンフォームの方で手軽にすませました。

月まで飛んでいきましょう

素敵なコラボ作品です。宇宙に羽ばたいて行きそうな、というより飛んで行きそうなMORIニャンさんのクラシックカー。
後部のテールランプ部がロケットの羽のように見えて、今にも噴射しそうです。
sannziさんの絵の中ではクラシックカーというよりロケットエンジンを積んだ未来カーのように見えます。
でも、ジュークボックスやフレアワンピース、ポニーテールからは懐かしいオールデーズが彷彿とされて不思議な世界です。
私もDCは苦手ですが、チャレンジしなければ・・・
この絵を見ていると私も絵を作りたくなってきますが、モデリングに自信がつくまでは辛抱です。

koutyaさん、今日は(^^

おお!koutyaさんもそう思われましたか。
私もテールの部分がロケットみたいだと思い、それが空を飛ぶイメージにしようというきっかけになりました。
そして曲はFly me to the moonにしようとも、何しろ50年代の曲でしたしピッタリでした。
それにしてもいかにもアメリカンというか、高級車なのにどこか玩具っぽいユーモアのあるデザインですよね(*^。^*)

ジュークボックスは、MORIニャンさんも、私が音楽シーンに使うのを予想されていたのだなと思って嬉しかったです。
きっとフレアワンピース、ポニーテールとくれば、オールディーズの音楽シーンを連想されたのだと思います。

DCは確かに一手間かかって面倒だし無理して使う事はないですが、なんだか使わないとどうしようもないシーンが有って、知らないと勿体無い気もします。

モデリング頑張っておられるようですね(^^
でも絵造りしていて、此処にこんなアイテムが欲しいなと思って造るのも良いきっかけに成ります。
この絵だと三日月などそうでした。
たまには息抜きに絵作りするのも良いかも(^^

私を月まで連れて行って・・・

Fly me to the moonが、1954年の曲だとは知りませんでした。
なにしろ、エヴァンゲリオンのエンディングが、そんな昔のものだとは
思いもしませんでしたから。

YouTubeにFly me to the moonを歌った動画がいくつかupされてますが、
エヴァンゲリオンのバージョンからアスカが歌うFLY ME TO THE MOON・・・
ジュリー・ロンドン、ドリス・デイ、ABBAなどなど多くカバーされているんですね!

sannziさんのGC画にはジュリー・ロンドンのFly me to the moonがあっている気がしました。
アレンジの感じが1950年代の空気を感じさせる気がします。
懐かしさと豪華さの編曲になってます。

Fly me to the moon - Julie London
https://www.youtube.com/watch?v=BOKZohM7GvU


そして、Cadillacはゴージャスの極みの自動車ですね。
スペックは、ただただ派手さというもの。
今の車にない1950年代の魅力です。

ステージの三日月に腰掛けた女性とかレトロガールズ、ジュークボックスは、
ジュリー・ロンドンの曲のように懐かしさだけでなく、贅沢さがレトロの中心にあったのだと、はたと気づくのでした。


それと、文楽人形はどう展開していくのでしょうね?
楽しみにしています!

夢のステージ

見るだけで歌声が聞こえてきそうです。
黄金時代のハリウッドを彷彿とさせるような…
美しいステージにうっとりしました。
キャデラックがぴったりですね。

あおば映治さん、今晩は(^^

私は、姉の読んでいた竹宮恵子さんの(私を月に連れてって)と言うマンガで曲名だけ知って、その後ラジオか何かで聴いて良い曲だなと思ったら、それがマンガで出てきたあの歌の事だったのかと気が付きました。
それ以来すっかり夢中に成って、色んな歌手や、当時の他の曲も知って、沢山好きに成りました(^^

なので、最初エヴァンゲリオンで聴いたときは何で@@!と驚きました。
でも今では出演声優さんが三人で歌うバージョンが甘く切なくて、一番好き成りました(*^。^*)

最近Twitterで、編曲前のオリジナルのワルツバージョンを聴いたのですが、それを聴けば聴くほど不思議な事に、最初に聴いたFly me to the moonがJulie Londonだったのだと確信が持てて来ました。
今まで最初に聴いたのは誰の歌だったのか忘れていまして・・・
なのであおばさんがジュリー・ロンドンが合っていると書かれて驚いたし嬉しかったです。
私にとってのFly me to the moonはジュリー・ロンドンの歌うFly me to the moonだったのだなと思いました。

このCadillacは凄いし面白いですね。
後がロケットみたいに成っているし、いかにも大らかなアメリカンテイストというか。
明らかに高級車なのに、どこか玩具っぽいユーモラスな所も合って。
またトップクラスの方がモデリングされているので、きらめく質感設定も豪華そのものでした。

当時作成されたミュージカル映画を何本か見た事が有ったのですが、それこそ夢の世界の具現化。
贅沢そのものでした。
レトロの時代はブラックマンデーとか、多分不況にあえぐ時代も有ったのだと思うのですが、それだけに贅沢なステージに、皆酔いしれたのだと思います。

文楽人形は袖の所が、自由に動きに合わせて形を変えるように出来ています。
私もそれを取り入れて、よりレトロドレスのスカートが、自然に動くようにしたいと試みています。

HONEYさん、今晩は(^^

HONEYさんに絵を見てもらって、うっとりしてもらったなんて、とても嬉しいし光栄です(#^.^#)
今の自分が一番影響を受けているのが、黄金時代のハリウッド、中でもMGMのミュージカルの舞台セットです。
当時ブラックマンデーとか戦争とか有って、現実的には辛い時代も有ったそうですが、それだけに映画の中は夢に溢れていました。
最近、ショービジネスの内幕を描いた映画も見ましたが、夢を描く人たちは、けっして夢の世界に住んでいなかったようですね・・・
その映画の中でも、キャデラックは当時の世相を象徴するアイテムとして使われていました、本当に夢の舞台にピッタリです(^^

ウィークリー☆

おめでとうございます☆こちらへのコメントが遅くなりまして失礼しました(^^;)
迫力あるキャデラックと優雅なワンピースがどのようにコラボされるのかなと思っていたら、よもやこんな幻想的な世界観になろうとは…!!と驚きの御作品でした。
MORIニャンさんの車は内装までモデリングしてあったりするのも凄いですね。そしてその車に乗れちゃうモミモミくんが羨ましいです。

artistsideのほうで「しゃらくん使えば良かった、月の絵だし」とのコメントを聞いてからはどうもしゃらくんの幻影が見えるというか、この絵のどこかに隠れているような気がしてしまいます(^_^)

tweetyさん、お早うございます(^^

お祝いいただきありがとうございます(*^^)v
よく考えてみれば、tweetyさんとのコラボでもありました。
オシャレメガネとロリポップを持ったモミモミ君がいなければ、此処までレトロモダン感が出なかったと思います。
おっしゃる通り、内装も造りこまれていたので、どうしてもモミモミを乗せたくなりました(^・^)
モミモミ君がレトロガールズを乗せて、月まで連れて行くと言う設定にしました。

しゃらくんだけが心残りです(^_^;)
せめて隠れキャラとして星の間にピョンと飛ばせてあげれば良かった。
でもtweetyさんの絵で、カワイイ女の子達と競演させていただいたので良かったです(^^
プロフィール

SanziSannzi

Author:SanziSannzi
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。