和風展第一作「子ザル達の三番叟」

一昨日、和風展用の第二作(若の初陣)を出展したので、一作目をブログ記事にまとめる事にしました。
一作目は「子ザル達の三番叟」と言う題名で、niseisyさんに作成していただいた、モミモンキー用の三番叟セットを使用させていただきました。



「子ザル達の三番叟」

今年の干支の子ザル達、
夜毎々々集まりて、目出度き祝儀の舞いは三番叟。

大幸ありや
慶びありや
我が思うこの処より
他へは 遣らじと 御申す~~~

600jWfu01sanbasou05.jpg

(もっと大きな絵は和風展会場でどうぞ。)
(追記、展の解説コメントで書きもれていましたが、レンダリングはVue11です。)




さて、絵を作成するにあたって、まず三番叟とは何かを調べました。
舞は五穀豊穣を願い、その動作は農事の所作、例えば地固めに足を踏み鳴らす等の動作を顕しているとの事。
また何かの事初めの祝言として舞われると言う記載も有りました。
そこで前の二匹にはそのようなポーズを取らせました。

後方の4匹は(能の楽器は四拍子(しびょうし)といわれる笛、小鼓、大鼓、太鼓の編成)という事だったので、
それに習い、向かって右からHONEYさんの篠笛、小鼓、大鼓、附締太鼓を演奏しています。

舞台はhisayanさんの六条院・春の御殿の釣殿です。
なんでも釣殿は文字通り釣りを楽しむために造られたらしいですが、そのほか演舞の舞台としても使われたと聴いた事が有りました。

参加賞のチューリップ作りに夢中に成って、絵作りが遅くなり、日程的に和風展初日には間に合わないと思っていた所、何と今年はうるう年、2月が1日長く成りました。
その一日で間に合わせることが出来ました(^^



主な使用アイテム。
六条院・春の御殿より釣殿、調度品の灯台、hisayanさん
篠笛、小鼓、大鼓、附締太鼓、HONEYさん
おサルの三番叟衣装、niseisyさん
子猿たちは私の3Zi_momiMonkeyでした。





今日の後書き。
冒頭でも書きましたが、一昨日、和風展に二作目の(若の初陣)を出展しました。
アイデアやそれに使うアイテムは全て揃っていたので簡単だと思っていましたが、さにあらず、とても難しかった。
一作目の三番叟は演者が架空のモミモンキーでは有ったものの、題材そのものは現実に存在するテーマです。
調べればイメージもおのずからまとまりました。
所が(若の初陣)は全くの私の空想の世界感です。
ただアイテムを並べただけでは・・・・

おっと、続きは第三作目を発表してから、又ブログにまとめす(^^
でも参加賞用のチューリップのまとめもまだだし、それ共々間に合うよう、よっぽど気を引き締めて掛かろうと思います。



全く上記と関係ない後書き追記・・・
一昨日PlayStation 4 用のバーチャルリアリティシステムPlayStation®VRの発売日や価格が発表されました。
もうゲームをやらなくなって久しく成りますが、是非入手したいと思っています。
なぜなら、ワタクシ、ミーハー(死語か?)だからです(*^。^*)
ゲーム云々と言う前に、今までに無かった正真正銘、革新的映像世界を体験出来るのではないかと期待できるからです、好奇心には勝てません。
何しろゲームをやらないのに好奇心から3DSLLを入手してしまったくらいです。
頭にあんなに大きなヘッドマウントディスプレイを被って煩わしくないのかとか、多少不安は有りますが、PlayStation®VR用のプレミアムメールマガジンにも登録してしまいました。
発売10月、まあ先延ばしに成る可能性も有りますが、お陰で大きな楽しみが出来ました。
唐突ですが、嬉しかったのでついつい書いてしまいました。





お知らせ、ただいま第10回和風展開催中です(^^
作品投稿期間 は2016年3月1日(火)00時00分 - 2016年3月31日(木)23時59分 です。
まだまだ余裕があります、宜しかったらご参加宜しくお願いいたします。
(バナーをクリック)

Wafu10L[1]

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

子ザル達の三番叟

第10回和風展をちらりと見てきましたよ!

子ザル達の三番叟は、荘厳な雰囲気な中で可愛いモミモンキー達の子ザルの舞。
構図も構成も抜群ですね!

そして、ファンタジーだなと思って見たら、くるくる回る回転木馬もsannziさんの作品だったのですね。
天空の回転木馬で若は初陣?を目指していたのですか~?

それにしても、芸達者なアーティストのバラエティー溢れる和風展ですね。
sannziさんは、大蛸退治とか春の津山城、風神雷神などは、お好みでしょうか。

あおば映治さん、今日は(^^

和風展ご訪問ありがとうございます(^^
この一作目は三番叟衣装をこしらえていただいたので、構図や構想も迷うことなくまとまりました。
今までTVやおサルさんの置物で見た事は有ったものの、三番叟と言う名前すら知りませんでした。

回転木馬の方がまとめるのは難しかったです(^^ゞ
私の全くの空想、絵空言の世界なので、どうまとめるかギリギリまで迷いました。
なんとか目標にしていた15日に間に合って良かったです。

あおばさんは大蛸退治とか春の津山城、風神雷神等に目を止められたみたいですね(^。^)
本当に和風と言っても十人十色、バリエーションが有って、それが毎回楽しい展だと思います。

その後お加減の方はいかがでしょうか。
もう寒さも和らいで来たようですが、充分ご自愛してお過ごしくださいませ。

あと10日・・

和風展の作品出展、参加賞の製作おつかれさまです。
PS4のVRって何かしらん・・と検索してみたら。面白そうですが
いかんせん高額な玩具なのですね。入手したら、ご感想感など
おしらせください。

素敵な舞いですね。

三番叟の舞いの振り付けもいろいろと勉強され意気込みが感じられますね(^^
子ザル達の力強い地固めは、きっと五穀豊穣をもたらしてくれるに違いありません♪(^O^)

舞台である hisayanさんの「六条院・春の御殿の釣殿」も雰囲気にとても合っていてまるで近くで拝観ているかのようにも感じます。
御殿の釣殿が演舞の舞台としても使われているとは初めて知りました。

うっすらと漂う靄や情景の灯りのとりかたなど臨場感が感じられてとても素敵ですね。
ゆっくりと「舞い」を堪能させて頂き、今年の豊作を祈願したいと思います。(^O^)/

はるさん、今晩は(^^

あと10日、それを長いと見るか短いと見るか、いや私には間違いなく短いですね(~_~)
やはりモデリングと絵作り両立は私には難しいです。
でも期間が延長されたので、なんとか両方手抜かず納得行くよう仕上げるつもりです。

PS4VR、ゲーマーにとっては高額も何のそののお値段みたいです。
例えば2Kテレビが4Kに成ると言っても唯画質が綺麗に成るだけですが、VRは全く違う次元の映像変革だと思っています。
あの大きさだけが気に成りますが、それでも期待感の方が大きいです。

wing-Aoさん、今晩は(^^

三番叟は衣装だけは見た事が有ったのですが、舞いやその意味までは知りませんでした。
衣装を造っていただいたので絵も造れて、お陰で良い勉強に成りました。

「六条院・春の御殿の釣殿」の前方は池に成っていて、釣殿から糸を垂らして釣りを楽しんでいたそうです。
でも以前、饗宴の舞台としても使われていたと聞いた事が有りました。
そんな時は池に小船を浮かべて舞いなど鑑賞していたのかもしれないですね。

アイテムは全て揃っていたので、改めて造ったり捜したりする必要は有りませんでした。
その分、雰囲気作りに工夫を凝らしました。
自分としては幽玄な感じを出したかったです。

No title

こんばんは。
モミモンキーの三番叟、独特の清らかな感じがしていいな~と思ったら、色々とリサーチされたのですね。実は私は民芸品の名前(たしか年賀切手の題材になったことがあるはずです。昔切手収集をしていたもので)で知っていただけで、それほど深くは知りませんでした。楽器や釣殿までリサーチされていて流石です。
「若の初陣」も幻想的で壮大な光景と荘厳な光が素晴らしいですね。第3作共々、こちらも解説を楽しみにしています。
私もあと一作いけるか、微妙なところです…。

niseisyaさん、こんにちは(^^

おかげさまで良い絵ができました。
niseisyaさんの三番叟衣装の完成度ゆえだったと思います。
そう言えば私も年賀切手か葉書かでおサルの三番叟人形を見た記憶が有ります。
やっぱり申年だったのでしょうね。
私も初めて三番叟を調べて、それにより絵のアイデアや舞台をどうするかも決められたと思います。

その点「若の初陣」は私の全くの空想だったので絵柄が決まるまで難儀しました(^_^;)
アイテムは全て揃っていたので、その分で助かりましたけど。
私も後一作気を抜かずに仕上げようと思ってます。。
もし行けるようならniseisyaさんの次作も楽しみにしております。

和風10

記念すべき第十回の和風展幕開けにふさわしい豪華な楽しい作品です。三次さんには絵も作品投稿の早さも負けました。
私は最近頭が固くなって空想(夢)が描けなくなり、題材をウェッブや本に求めてしまうようになってしまい、絵の説明が長くなってしまっています。
三次さんの柔軟な頭がうらやましいです。
悪性の風邪で少しこの世界から遠ざかっていましたが、がんばって復帰しますのでよろしくお願いいたします。

koutyaさん、今日は(^^

和風(10)で和風(展)なるほど気が付きませんでした(^。^)
いや私もアイテムが有ったからアイデアも浮かんだようなもので、でも私やkoutyaさんに限らず絵のアイデアとかネタ探しには皆さん苦心されているのではないでしょうか?
koutyaさんも風邪だったのですね。
此処にコメントいただいている方やhisayanさんもブログに風邪をこじらせたと書かれていました。
寒さが峠を越えつつありますが、私も気をつけたいと思います。
koutyaさんの早いご回復を願っております。

No title

sannziさん
たいへんご無沙汰していました。

子ザル達の三番叟!
この絵は何て幻想的なの!
まるで夢でも見てるかのよう。
和風展にとても相応しい絵です。

Fancy Poolさん、お久しぶりです。

ブログが更新されないので気に掛けておりましたが、体調を崩されていたのですね。
ご回復されてきたと言うことですが、無理はせずに、しばらく此処やお友達のブログを見て回られるのも良いのではと思います。

私の子ザル達に素敵な三番叟衣装を造っていただいたので、結構短時間で迷わず造ることが出来ました。
衣装を見るまで三番叟という名前すら知りませんでした。
今年は和風展も10周年、お陰でそれに相応しい絵が出来たと思っています

本格派

こんばんは!

モミモンキーさんを頂ました、ありがとうございます。
可愛いルックスとは裏腹に、造りは本格的なフィギュアに仕上がっていますね(驚きっ)
手指まで稼動出来る点など、素晴らしいナと思います。
マットファイルもsannziさんのデザインセンスが活かされていますね。

私はようやく冬眠から覚めたところです(熊かあんたはっ^^;)
熊ではなく亀な私ですが、本年もどうぞよろしくお願い致します。
v-526

mamomamoさん、今晩は(^^!

モミモンキーお持ち帰りありがとうございます(^^
ブログ拝見してびっくりしてしまいました、mamomamoさんが使うとモミモンキーもすっかりマモタ印特有の可愛さに成ってしまいますね。
手指はマイマスコットの簡単操作を保てるよう、ギリギリの範囲で動かせるようにしました。
マットファイルはもうmamomamoさんの衣装のデザインには到底及ばなく成ってしまいました・・・
というかそれは以前からだったですけど(^_^;)

私はこの所、和風展に取り掛かりで、それが終わってしばしボ~と成ってしまいそうです。
でもmamomamoさんのお陰でまた新たに何か始めてみようと意欲が持てて来ました、ありがとうございます(^^
プロフィール

SanziSannzi

Author:SanziSannzi
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード