スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モミリータゴスロリ衣装【Gothic&Lolita for MOMILITA】

今回は、前々回でもご紹介しました3Zi_MOMILITA用にtweetyさんが作成されたゴスロリ衣装の追記記事です、。
(クリックで大きくなります)

Idle stage03

絵のステージは、PSVRの『初音ミク VRフューチャーライブ』の中の、ミクと二人だけのアンコールステージを真似してモデリングしました。
女の子は私の(3Zi_MOMILITA)です。
そして衣装はtweetyさんの【Gothic&Lolita for MOMILITA】です。

bIdle stage02

詳細や解説、またダウンロードは、今回もtweetyさんの【Gothic&Lolita for MOMILITA】記事ブログでどうぞ。
↑私が解説するより分かりよいと思います(^^;

絵の中や上図の左側のモミリータがお姉さんに成っているのは、tweetyさんによる調整で、手足や頭のサイズを調整してあるからです。
私は最初拝見した時、手塚治虫の名作、不思議なメルモを思い出しました。
アイドルステージにはお姉さんモミリータの方が良くに似合います。
前々回も書きましたが、この衣装で名前のモミリータから連想する通りのゴスロリ人形になりました。



ステージは、今の所VRで一番感激したPSVRの『初音ミク VRフューチャーライブ』の中の、ミクと二人だけのアンコールステージを真似してみました。
ゲームレビューはなかなか難しいので、興味のある方はyoutubeで『初音ミク VRフューチャーライブ』、またその中の【初音ミク】愛の詩【VR Future Live】等を見てもらえれば雰囲気は分かってもらえると思います。
元々ミュージカル映画等のダンスシーンの背景セットが大好きだったので、すっかりはまってしまいました。
Poserでポーズを造り、
Metasequoiaでステージや浮遊物やハート等もろもろをモデリングし、

bIdle stage01-1

それらをVueに読込んで質感設定とレンダリングをしました。

bIdle stage01-4

元より一枚絵でVR空間を表現する等と無茶な話では有りますが、あまりにその美しさ楽しさに圧倒されたので、作成したいという衝動に駆られました。
Metasequoiaで、どうやれば不定形の三角の組合せで出来たドームを再現出来るかとか、Vueで不思議な色彩をどう設定するかとか、工夫するのがとても楽しかったです。

背景はドーム状に成っており、光源もVueの360度天空光なので、もしVueがVRに対応すれば、この中に入る体験が出来るのではと思います。
今の所、自分には自力でこの絵をVRゴーグルに読込むすべはさっぱりわからないので、VueやPoser,またShade3Dが対応すれば良いなと言うのが夢で有ります。

余談ですが、
初音ミクを最初に注目したのは、ニュースで流れたNYでのライブ映像でした。
電子の歌姫が海外の聴衆の中に出現して歌う、しかも聴衆も違和感も持たず熱狂している。
なんだ之はと、とても驚いたのを覚えています。
最近では故冨田勲さんが開いたミクさんと共演のクラシックライブコンサートです。
冨田勲さんをもってして引かれる魅力がある、VRミクを見て、いずれ電脳世界の歌姫として大成していくのではと感想を持ちました。



さてVR(バーチャルリアリティ)を実際体験した感想は・・・

名作ウルトラQの石坂浩二さんによるナレーション、(あなたの目はあなたの体を離れて、この不思議な時間の中に入っていくのです。 )の世界。
そういう事は、おおよそ予想はしていたものの、自分の想像を軽く凌駕する世界が広がっていました。
VRは体験しないと分からないとよく言われます。
私見ですが、紹介ビデオ等では分からない大きな部分は、その空間表現ではないかと思います。
大空や海中、宇宙空間等の広がりが実感できる、その中にいる感覚、之は予想以上でした。

それと音のVR化、これも体験するまで、その重要さ不思議さが分かりませんでした。
ヘッドホーンで聞くのですが、空間の音源の有るべき場所から音が聴こえる。
頭を上下左右に振っても音源の場所がゆるぎない、だからより現実感を感じられるのではと思いました。



今日の後書き
情けない話ですが、先日まで目がメバチコ(ものもらい)を患ってしまい、余りCGやVRは出来ませんでした。
今後もどのくらい出来るか分かりませんが、少しづつVR関連を書いていこうと思います。
勿論中心はPoserを中心としたCGや自作モデリングの発表ブログで有ります。

おっと和風展、そろそろ和風展も考えておかねば・・・


テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

夢の中の世界みたいに綺麗ですね

こんばんは。
月川です。

パステルカラーの煌めきが宝石みたいで、とても綺麗ですね。
Vueは、私も持っているのですが、まだあまり使っていません。
RenderCowという、外部PCを使うレンダリングは、使われていますか?
これを使うとレンダリング時間は短縮できるそうですが、レンダリングの質は同じですよね?

それはそうと、三次さんもPinterestのartistside Memorial (https://jp.pinterest.com/takumitsukikawa/artistside-memorial/)に、ご参加願えませんか?

できれば、3~5作品(http://blog.livedoor.jp/tsukitaku/archives/2017-02-06.html)提供していただけるとありがたいのですが。

月川拓海さん、今晩は(^^

実はVueを使うまでに、まずPoser次にShadeでも絵作りを試したのですが、結局Vueでのレンダリングが、一番イメージに近かったのでVueにしました。

artistside Memorial、ぜひ参加させて頂こうと思います。
今、青色申告のまとめに入っていて、じきそれも終わると思うので、しばらくお待ちくださればありがたいです。

モミリータVRフューチャーライブ

『初音ミク VRフューチャーライブ』をイメージした舞台ですか。
綺麗ですね!
モミリータちゃんもミクのようなダンスっぷりです!!
ちょっと大人になったんですね!!

初音ミク が登場してから随分たちますが、
まだまだ人気で、衰える気配なしです。

SEGAのPS VR『初音ミク VRフューチャーライブ』公式プロモーション映像 見ました。

これゲームなんですか?凄いですねえ!
くっきり細かい描写です。

【初音ミク】愛の詩【VR Future Live】 も見ました。

PS4®Proは、VR2160p(3840×2160)の4Kクオリティの解像度に対応だそうですね。

PS VRはディスプレイの解像度が1080p(1920×RGB×1080)のため、4Kには対応しないが、PS4®Proの高度な処理性能によってグラフィックや映像表現の高品質化や、フレームレートの安定といった恩恵を得ることができるとの事。

どうりで画質が、良い訳です。

元が良いのでPS VRも進化するのでしょうか?

名作ウルトラQの石坂浩二さんによるナレーション、(あなたの目はあなたの体を離れて、この不思議な時間の中に入っていくのです。 )の世界・・・
どんな世界が広がってゆくのでしょうね?

VRは、ゲームで終わりそうにないです!!

sannziさんも刺激を受けまくりで、創作意欲も
湧いてくるのでしょうね。

それとも、創作時間を奪っちゃうんでしょうか?

あおば映治さん、今晩は(^^

『初音ミク VRフューチャーライブ』の美しさに感激して背景は作ってみました。
モミリータはミクさんの決めポーズだけ真似しました。
プロの造ったVR画像を再現したいなどと無茶な話ですが、元々ゴスロリモミリータがアイドルみたいだと言う発想が有って、作ってみようという気に成りました。

VRでミクさんを見て、この子はいずれ電脳世界の歌姫として、大成していくんだろうと感想を持ちました。
技術が発達して之からも進化を続けるのだと思います。

『初音ミク VRフューチャーライブ』はゲームと言うよりVRコンサート鑑賞ソフトだと思います。
たぶんライブでミクさんコンサートを設営している技術者が、未来はこういうミクさんコンサートを開きたいという夢を形にしたのではないかと、まあ私の想像ですが。

私のPSは幸いPro版です。
なので今までのPS4では分かりませんが、VRでも違和感なくミクさんを鑑賞できました。
技術関連の方によるとぼやけが有るとかいう事ですが、素人目にはほとんど気に成らない範囲だと思います。
4Kディスプレイにに比べると、さすがそこまでは行きませんが。

ウルトラQはウルトラマンより好きなんですが、残念ながら特撮本やYouTube等で断片的にしか見た事が有りません。
以前再放送が有ったらしいですがこちらでは有りませんでした。

>創作時間を奪っちゃうんでしょうか?

確かにVRからおおいに刺激を受けて創作意欲は湧くのですが、之はジレンマですね。
ただし幸いと言うか、VRは長くても1時間ぐらいしか続けられません。
やはり疲れは感じますね、やたら彼方此方キョロキョロ見回すからかもしれませんけど。。

綺麗なステージ

ですね!この中に入れると思うと、VRはとても楽しい世界だな~と期待が膨らみます。ご紹介いただいている映像もこれはVRで見たらライブ感(臨場感)が凄そうですね。
蛇足ですが私はいつだったかミクさんが歌舞伎界と舞台で共演というニュースが衝撃でした。伝統芸能がハイテク融合…。

モミリータちゃんのアイドルっぷりもお見事です(^^)可愛い♪
ステージの色味がオーロラのようでとても素敵です。

音のVR化という存在に今回の記事を読んで初めて気が付きました。私が体験したことがあるVRと言えば音のないホラー系VRと仮想住宅の内覧(?)くらいだったので、そんなことまで出来るんだなぁと。

しかしやはりVRはちょっと目が疲れるのかもしれませんね(^^;)ものもらい、大事にならなくて良かったです。ハマりすぎるのも禁物ですね。御大事になさってください(^^)

tweetyさん、今晩は(^^

モミリータのアイドルステージを造ろうと思っていたのと、余りにVRの中のステージが綺麗だったので、色々工夫して作成してみました。
三角形の軽く凹凸のあるドームを造るのが難しかったけど、面白くも有りました。

>ミクさんが歌舞伎界と舞台で共演

慌てて検索して動画を見てみたら、中村獅童さんと見事に舞っていましたね。
恐らくこのVRゲームを造った技術者も関与しているのではないでしょうか。
もう世界の歌姫だよ~といった貫禄すら感じました。

モミリータもアイドルデビューです(#^.^#)
tweetyさんの衣装のおかげです。
なかなかプロの造ったステージには及ばないので、色味だけは満足行くように頑張ってみました。

音のVRと言うのは、実際試して見るまで想像すらしていませんでした。
いずれ私みたいなプログラム音痴でもVRを造れる時代が来ると思いますが、一番の難関は音のVR化だと思います。
仮想音源からいかにして音を出すか、さっぱり想像すらできません?

目は突然限界が来る感じですね。
内容にもよると思いますが、もうどうして続けられない限界が来ます。
その昔、高橋名人と言う人が、ゲームは一日30分なんて言ってまして、そんな短さで楽しむのは無理だと思っていましたが、VRはその通り30分が一番快適に遊べるかもしれません。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます、さん、今晩は。

掲載、また、ご連絡有難うございます。
タイトルですが、そのままで結構です。

追加分に付きましては題名も書いてお知らせします。
決まり次第此方から伺います、宜しくお願いします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます、さん、今晩は(^^

了解いただき有難うございました(^^
お手数をお掛けいたしました。

アイドルみたい。^^

三次さんこんばんは。^^
このところ確定申告の書類作成に追われご無沙汰しておりました。^^;
ようやく終わった~。\(@^0^@)/やったぁ♪

モミリータちゃんのお姉さん仕様も良いですね~。
ゴスロリ衣装とステージで本当のアイドルみたい。とっても可愛いです♪

アイドルステージも作っちゃったんですか!
淡いパステルカラーの色彩や配置された小物がとってもメルヘンチックでファンタジー感満点です。v(。・・。)♪

このドームをVRで体感出来たら楽しいだろうな~って思いますね。

いろいろ試行錯誤され、楽しまれているのが伝わってきます。
ちなみに、不定形の三角の組合せのドームは Blender でも マグネット を使うか、リトポで出来そうですよ。

私の方は、年明け不調になったCG用のPCが先週ようやく使えるようになりました。^^;

大分コメントが遅くなってしまったのですでに完治されていると思いますが、メバチコとは大変でしたね。
眼帯とかすると本当に不便ですものね。(^^;

wing-Aoさん、今晩は(^^

なんとwing-Aoさんも確定申告に追われていらっしゃいましたか。
私は昨年泣く泣く税理士に頼んでしまって、今年は自分の経理に戻すべく、2年分作成しなければいけませんでした。

アイドルステージは流石世界のセガ技術者が作成しただけあって、美しさに目を奪われてしまいました。
NHKのドキュメントで、冨田勲さんとミクさんライブステージの作成状況を見た事が有ったのですが、セガの技術者がかなり活躍したようです。
何とか真似してみようとして、いろいろ勉強に成りました。
何時かこの中にVRで入って見回してみたいです。

不定形の三角の組合せのドームは、メタセコの三角形化や凸凹処理を使って出来ました。
本物はどうやって作ったんでしょうね。

CG用PCの回復おめでとうございます(^^
和風展にも間に合いますね。

青色申告を済ませた後、すっかり体調を崩してしまって、メバチコに続いてインフルで高熱で寝込んでしまいました。
なんで税金を払う為にこんな思いをしないといけないのか(T_T)
とわ言え、普段まじめに帳簿付けをしていなかった付けが回ったのが大きいのですが(#^.^#)@@!
此処数日で、ようやく創作意欲も戻って来ました、もう大丈夫です、新たなモデリングを始めています。
プロフィール

SanziSannzi

Author:SanziSannzi
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。