ガラスの馬、作成途中経過。





(5月3日、急遽、お知らせを追加。 )

第11回和風展
期間:2017/05/14(日)-2017/05/31(水)

Wafu11L.jpg
↑roseさんの所からちゃっかり頂いたバナー( ◠‿◠ )

☆第11回和風展投稿規定
https://img.forum3d.net/wafoo-kitei/

☆作品投稿期間が、2017年5月14日(日) ~ 2017年6月11日(日)。
コメント投稿機関が2017年5月14日(日) ~ 2017年6月25日(日)と変更に成りました。

☆和風展会場は此方。
https://img.forum3d.net/category/wafoo-ten/wafoo-11/

☆旧和風展登録ユーザーはログイン画面の「パスワードを忘れました」のリンクからパスワードを再設定してください。
https://img.forum3d.net/

尚、ytetsu さんが、今後も開催設営を担当されるようです。






前回、ブログ記事で作成するとご報告したガラスの馬のモデリングが、ほぼ終了したので、様子見にPoserに入れてみました。
↓、Metasequoiaでの作成画面です。

b3Zi_GlassHorse05-9.jpg

Poserに入れるとMetasequoiaで観るのとは違った印象に成ったりするのですが、今回はほぼイメージ通りに読み込めました。

b3Zi_GlassHorse06-1.jpg

まだPoserフィギュア化の為のパーツ分けはしていませんが、簡単なマテリアル設定はしたので、kyotaroさんのPoser11用のSuperflyレンダマテリアル集を色々試してみました。
http://rutenshikai.blog63.fc2.com/blog-entry-556.html

まずGlassカテゴリーのFakeCausticsとGlass 02 Volumeを主に使って、
ガラス質感は照明や背景設定が難しい、もっとこだわれば、まだまだ良くなると思います。

b3Zi_GlassHorse06-2.jpg

次はガラスにこだわらず、FabricカテゴリーのSpangle 01 Shaderを主に、
之はtweetyさんがpixivで自作衣装に適用されている(マテリアル重要)を見て、馬に使っても面白いかもと、試してみるのを楽しみにしていました。
なんだか、インカ帝国の秘宝展で出ていそうな馬に成りました、確かに面白い・・・。

b3Zi_GlassHorse06-3.jpg

次はMetallicカテゴリーから、金属質感各種です。
ガラス質感と違って、簡単なライティングでも、綺麗に仕上がる質感だと思います。
実は扱いやすさで、一番のお気に入りです(^^

b3Zi_GlassHorse06-4.jpg

最後に意外やLeather and PlasticカテゴリーからSuedeです。
スウェードと言うくらいだから、革細工でこういう馬の置物が有っても良いような気がします。
試してみて思った以上に気に入ってしまいました。

b3Zi_GlassHorse06-5.jpg

このマテリアル集のおかげで色々試せて、完成への楽しみが増えた思いです。



しかしPoserフィギュアは動いてこそ!
之からパーツ分けやPoserの関節設定をします、その間に修正などしないといけないと思いますが、ほぼ造形はこのままで行けるのではと思っています。
ただ動かしてみないと、その通り行けるのか分からないのも確かです。



今日の後書き。

作成中に色々試してみたい事が出て来ました。
まず、この馬や動物達をキュビズムで作ったらどうだろうという事です。
自分は余り抽象画は好みませんが、キュビズムだけは引かれる物がありまして、
キュビズムの馬や動物をシーンに配置して、色々な質感を与えてライティングすると、さぞや綺麗ではなかろうかと、想像を膨らませております。
ただ造形は単純なようで非常に難しいのではと思っています。

次に、この馬の作成が終わったら、スカルプトモデリング(CG粘土細工)を試してみようと思ってます。
以前、Sculptrisと言うフリーのソフトを使って、私のガラスのクロヒョウをリアルタイプにしてみた事が有ったのですが、確かに細かいデティールアップには、効果抜群でした。
ただし、一からスカルプトモデリングだけで仕上げるのは、余程イメージを高めておかないと、自由度が高いだけに難しそうです。
でもこればかりはやってみないと分からない、もしかして私でももっと早くモデリングが出来るようになるかもしれない。
そこでZBrushCoreという、有名なジーブラシというスカルプトモデリングソフトの廉価版を購入して試してみる事にしました。
廉価版とは言え、之はれっきとした有償ソフトです。
扱えるように成ったら、もっとCG造形が楽しく成るのではと期待しています。

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

いよいよ

これは見事な馬になりそうですね。ガラスの質感も綺麗ですし、
インカ風の質感もお見事です。

今年も和風展がやって来るらしいです。5月14日~31日
うーーん、困った。どうしましょう。。
参加賞は準備できそうもないし、作品も・・・・

はるさん、お知らせ、

有難うございます(^^!
いよいよ和風展開催ですね。
私のは絵も参加賞も、ある程度用意が出来ているので、早速仕上げに取り掛かろうと思います。
絵は今月中にもう一枚は出来ると思っています。

ガラスの馬の仕上げはその分遅れるかもしれませんが、出来たらちょこっと和風展ににも登場させたいです。
詳細なマテリアルの良いお手本が有るので心強いです。

カッコいい馬ですね

こんばんは。
カッコいい馬ですね。
私は、インカ帝国風の馬が特に好きです。
金属やガラスの質感もきれいですね。
和風展はちょっと心配しましたが、無事に開催されるようで、よかったです。
ZBrushCoreは、福井信明さんが公開されている「ZBrushCore超入門講座」というチュートリアル動画がとてもわかりやすくて役に立ちます。
ただ、ZBrushCoreではテクスチャをエクスポートできないので、私はZBrush4R8の発売を待ち望んでいます。

月川拓海さん、今晩は(^^

貴重な情報、有難うございます。
ZBrushCoreはやってみたいけど、海外ソフトだと自分に使いこなせるか、一番不安でした。
でも「ZBrushCore超入門講座」を知ったので、安心して導入に踏み切れます。
私としてはZBrushCoreで作成したモデルが、メタセコにインポート、そこからPoserにフィギュア化等して読み込めたら良いなと思っています。

和風展ははるさんに教えてもらって開催を知りました。
これからytetsuさんが引き継いで続けられるそうなので、一安心です。

ガラスの馬のマテリアル

sannziさんの馬は、なかなか凛々しい顔立ちですが、
マテリアルを変えると、なおいっそうイメージが変化しますね!

純白の馬も良いですが、ガラスの馬は光と影がきらびやかです。

これが水晶だったら、インカの水晶髑髏なみの値が付くかもしれないでしょうか?
でもまあ、最近ではインカの水晶髑髏は、古物商によりドイツで作られた可能性が高いという話も・・・

なんにしても、ガラスの馬は魅力的です。想像力を搔きたてますね。

インカ帝国の秘宝展風の馬もインパクトがあります。
これもお宝って感じです。
たしかに、これはカッコイイですね。

金属質感の馬を、もうゴールドにしちゃったら、
拝みたくなるレベルです。

スウェードは、色をそれらしくしたら剥製みたいになるかもしれませんね。

どんな作品になるか待ち遠しいです。

あおば映治さん、今晩は(^^

馬はやっぱり美しくカッコ良くが良いかなと思いまして、頑張ってみました。
特にインテリアとしてのガラスの馬だったので。

ガラスのマテリアルは、背景やライティングで、もっと見栄えが良く成るのではと思ってます。
今回使った絵だと、確かに水晶のようにも見えますね。
NHKのミステリアと言う番組だったか、水晶髑髏が近代に作られたと完膚なきまでに証明されていて、がっかりしました(T_T)

インカ風馬は、衣装用のスパンコールマテリアルだったのですが、まさかインカの秘宝風に成るとは、やってみるまで分かりませんでした。
面白く成るとは予想していたのですが。

ゴールドは、ベテランの方が作成したマテリアルを組み合わせて、そのまま使ったのですが、流石の仕上がりで満足しています。

スウェードも意外でした。
リアルな馬にするつもりは無かったのですが、そのつもりでモデリングしたら、リアルタイプの馬にも成るなと思いました。
目さえうまく出来たらですけど。

後はPoserの中で動かせる様にして、色々なポーズを取らせたいです。
私も完成が楽しみです。

お久しぶりです。^^

三次さん こんばんは。

しばらくご無沙汰しておりました。

和風展の開催準備が整ったようですね。^^
皆さんの作品が今年も楽しみです。
参加賞の作成もあって大変かと思いますが、楽しみにしております。
頑張ってください!
私は、一作品出せるかなぁ~(^^;)と言った状況です。

ガラスの馬ですが、ラインがとっても綺麗ですね。
安定感もあってすごく良いです。

それにしても本当に色々な質感が似合っており選ぶのも楽しそうです。^^
ガラスの質感の屈折率を変えて水の質感なんてどうですか?
あまり代わり映えしないか。^^;www

スカルプトモデリングも始められるようですね。
私も今年はスカルプトに挑戦しております。(進んでないですけど)
3D-Coat と Blender を試しております。
Blender の スカルプト機能もなかなか良い感じです。
スカルプトを覚えると次はリトポも覚えたくなりますよ~!^^

ZBrushCore と言えば、ワコムの最新のタブレット(Wacom Intuos 3D)にも付属しましたね。

上のコメントで 三次さんの ZBrushCore の使い道が書いてあったので、ご存知かも知れませんがご参考までに書いておきます。
ZBrushCore で エクスポート出来る形式は OBJ と 20万ポリゴンまでの制限付の STL と VRML。
インポートは OBJ のみと言う事です。
メタセコにインポート させるには OBJ 形式になるのかな?^^

wing-Aoさん、今晩は(^^

ご無沙汰です(^^

和風展の会場開設の事はさっぱり分かりませんが、その準備や維持管理だけでも相当な知識が必要なのだろうと推測しています。
私の参加賞は微々たるものですが、自分が参加できるのはそれ位しか無いので今年も作成してみました。
絵の方は、今年も3作品を目指してはいます。
でも無理やりアイデアを捻りだしても仕方ないので、もしかして2作品に成るかもしれません。

馬は動物の中でも特に美しい種だと思います。
ガラスの馬は、インテリアと言う設定もあり、やはりそこを意識して造形しました。
外形のラインはかなり創作しましたが、骨格だけはリアルにデザインしたので、安定性が感じられるのではと思います。

Poserに入れて動けるように成った後に、カッコいいポーズ付けと共に、質感を整えるのが今から楽しみです(^^
出来たらスーパーとファイアーの両レンダ用のマテリアルを入れたいです。

wing-AoさんはBlenderを相当使いこなされて凄いなと思います。
スカルプトまで出来るのですね!

ZBrushCoreは、Shadeやメタセコの解説本を書いている、ぽんさんに個人的にお勧めしていただきました。
それで自分でも使いこなせるかもと決意する事ができました。
まず買い方から分からなかったので調べてみたら、ソフト単体と、ワコムのタブレットのおまけとして買う方法が有ると分かりました。
しかもワコムの方だと、今や値下がりして、ソフト単体より千円位しか変わらないと分かりました。
海外サイトから直だとまだ安価なのかもしれませんが、それでもそんなに変わらないようなので、ワコム版を購入する事にしました。
なんでもワコム版はインストールが相当複雑なようですが、散々Vue等の海外ソフトで難儀した経験が有るので、何とか成るだろうと思っています。

果たしてPoserに入れて動かせるモデルが作れるかどうかですが、之ばかりはやってみないと分かりません。

おぉ!

ガラスの馬はもうこれだけでも立派な置き物に仕上がっていますね。マテリアルでこんなに楽しめるとは面白い!
更にその後のコメントの「キュビズムで作ったら」という発想が凄いと思いました。まさにトリックアート的な物ができそうですね(^^)

スカルプトモデリング、最近になってようやく私も気になっております。粘土細工のようにとか描き込むように造形できるそうで…表現の幅は確実に広がりそうですね。今後のレビューも楽しみにしております(^^)

和風展のお知らせもありがとうございました。roseさんのバナーも格好良いですね。私もいただいてきました。年に一度の和風展ですので、皆で盛り上げていきたいですねp(^^)q

tweetyさん、今日は(^^

まだPoserフィギュア化していないので分かりませんが、色んなカッコいいポーズを付けたら、もっと置物として使えるのではと期待しています。
tweetyさんの衣装絵のスパンコールを見て、之を使えば面白いかもと思い試したら、全く予想通りの結果が出ました(^^

ZBrushCoreは一応導入に成功しました。
本格的に試すのは和風展が終わって、さらにガラスの馬の完成後に成ると思いますが、息抜き程度に触っていこうと思ってます。
まだ良く分かりませんが、もしキュビズムの動物などが早く出来るようなら、沢山作ってシーンに並べて、ガラス質感等与えてレンダしてみたいです。

roseさんのバナーは助かりました(^^
有ると無いとでは大違いです。
不得手な分野なので自分ではなかなか作ろうという意欲が湧きませんでしたし。
tweetyさんの和風展参加作、楽しみにしております、私のは勿論番傘を・・・おっと此処まで(;^_^
プロフィール

SanziSannzi

Author:SanziSannzi
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード