FC2ブログ

薔薇の絵と、黒ホリ(3Zi_BlackHorizont)の配布に付いて。

花の絵シリーズ第二作を作成しました。
今回の花はtweetyさんの【BloomingRoseFrame】です。

800BloomingRoseFrame07-1jpg.jpg


他、主な使用アイテム・・・
キャラクターはキャラクターはpinoさんの(babyfaceA4)です。
最奥の草は、私の3ZI_Cyperus(シュロガヤツリ、和風展参加賞用)です。

今回はtweetyさんの薔薇に妖精が包み込まれているシーンにしたかったです。
幸い【BloomingRoseFrame】は、多様なモーフで花をシーンに散りばめるのに最適なアイテムでした。
妖精の胸のブラは花冠モーフを応用、頭飾りと腰の花は、本体から一論切り離し、複製を繰返し配置し、開き加減を調整するモーフで変化を付けました。
今後、他の花の絵を作成する時も、シーンのデコレーションとして多様に使えそうです。



次はこの絵の為に作成した黒ホリ(3Zi_BlackHorizont)について。

最初の目標としては、花の写真で目にしていた、黒バックで花が浮き上がるような絵にしたかった、
そこで背景色を黒にしてみたのですが、

BlackHorizont01-1-2.jpg

なんだか折角散りばめた薔薇が、平面的な薔薇の絵を張り付けたように見えます。
何かが黒バック写真と違う、

リアルカメラの撮影法が解れば参考に成るかもしれないと調べたら、、黒バック撮影には、黒ホリゾント、一般的に黒ホリと言う撮影設備が使われていると分かりました。
簡単に言うと室内全てを黒壁にした撮影スタジオです。

黒ホリならPoser11の場合、GROUNDを黒にしたら出来るのですが、残念ながらそれではIBLライトが使えない。
非表示にしないとドーム状の天井が、全天球型ライトをさえぎってしまうからです。
それならばと、メタセコで蓋の無い黒い箱を造りました。

BlackHorizont01-2.jpg

↑、白い線は真っ黒で形が解らないので描き加えました、実物には付いてません。

その中にシーン全てを入れてレンダリングした所、

BlackHorizont01-3.jpg

おわかりいただけただろうか・・・
と言うか立体感に大きな違いが出たので驚いてしまいました。
思うに、まずIBLライトがカメラの有る方向以外さえぎられている事、また壁が黒いので、壁からの反射光が無く、前方向からのライティングの陰影が際立っている事が大きいのではと思っております。

之でかなり思っていた黒バックの花の写真に近づけたので、花の位置や、ライティングを再調整して仕上げました。



之からも使えると思ったので、小道具に仕上げました。
シーンに合わせて、モーフでXYZ方向に拡縮できます。
transformダイアルでも拡縮できますが、動きがちょっと違います。
Yは上方向だけに、Zは前方向だけに拡縮します。

BlackHorizont02-2.jpg

おまけで、四方また背面の色をそれぞれ変えられるようにしたので、CGソフトのマニュアルで見かけるような、こんな絵も作れます(#^^#)。

BlackHorizont03-1.jpg

簡単な小道具では有りますが、興味のある方、色々実験してみたい方はどうぞ。
①黒ホリ(3Zi_BlackHorizont)は、Poserで黒バックでレンダリングする時、使用する小道具です。

②黒壁の蓋無し箱に成っているので、黒バックで仕上げたい時、シーンを中に入れてレンダリグすると、リアルカメラで撮影する時の、黒ホリ効果が期待できます。

③特にIBLライトを使う時、大きな効果が出るようです。

④注意点としては、特にPoser11ではGroundを非表示にする事です。
Groundを非表示にしないと、IBLライトが使えないからです。





黒ホリ(3Zi_BlackHorizont)のdownload。 





今日の後書き・・・
青色申告も予定通り終わり、久しぶりにブログに広告が出る前にアップ出来ました。
又、落着いて絵作りに励めたので、色々工夫する事が出来、純粋に絵作りを楽しめました。
次回も出来たら広告が出る前にアップしたいですが、少し早めに和風展の参加賞造りも始めたいと思っています。
今回はホオズキを予定しています。
もし満足いくよう出来たら、そのホオズキで絵にするかもしれません。

今回もpixivに投稿しました。

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

黒ホリ効果すごいですね

tweetyさんの【BloomingRoseFrame】を使われた作品、とても素晴らしいです。
黒ホリ効果も一目瞭然で、キャラクターの女性の肌や花の立体感が全然違うように見えます。すごいですね。
tweetyさんの【BloomingRoseFrame】も、とても綺麗ですね。

月川拓海さん、今晩は(^^

Poserのカメラはリアルカメラをシミュレーションしているのだから、きっと黒ホリ効果が出るのでは、と思ってはいたものの、私も此処まではっきり違いが出るとは、試した時、本当に驚きました。
それだけPoserのレンダリング(スーパーフライ)が進化しているだと思いました。

tweetyさんの【BloomingRoseFrame】は、まだまだ可能性を秘めていると思うので、之からも活用して行こうと思っています(^^。

黒ホリゾントと褐色の妖精

会心の作ですね。

薔薇の絵と、黒ホリがクッキリ、クリアで花も
美女の妖精も深みのある画像になっています。
その秘密は、黒ホリゾントですか。まるでカメラマンみたいですね。

黒ホリゾントは、壁からの反射光が無く、前方向からのライティングの陰影が際立っている事が大きい・・・

黒バック撮影から試行錯誤で、こんなことまでわかってしまうなんてsannziさん、凄すぎます!!

あおば映治さん、今日は(^^

最近のCGレンダリングは、周囲の反射光までしっかり反映する、と言うのが売りなんですが、その逆を行くと言うか。
周囲の反射光を消すと言う黒ホリ効果が、どれほどの結果を出すのか、試してみるまで分かりませんでした。
グーグル先生に聞いても良く分からないし、でも実際出た結果から、ご指摘の部分を推論しました。
CGとリアル撮影は全く同じではないかと思いますが、当たらずとも遠からずであろうと思っています。
多くの薔薇の花達も一輪一凛クッキリレンダリングされているし、結果良かったです(^^。

なるほど!

最初Pixvで拝見した際に奥行き(立体)感が凄いなぁと思ったのですが、こういう工夫がなされていたのですね!確かにこの薔薇はマテリアルがシンプルな上に作者が主にトゥーンで使っているせいもあってSuperflyでの立体感がイマイチなのですが、見事に立体感が表現されて…う~ん、流石です。
メインの女の子も可愛いですね。アクセサリーも素敵。ここまで薔薇を配置すると一見毒々しくなりそうですが、三次さんの配色&レンダリングが良いのでしょうね。中心の女の子が引き立って立体感があり、シャドーボックスのようにも見えました。

黒ホリはナイスprop!私も基本形状のbackgroundでは側面が足りないと思った時に、その場しのぎで壁用の板を配置したりしていましたがこの「XYZ方向に拡縮できます」というのがあるととても使い勝手が良さそうです(^^)色も変えられて便利。重宝しそうです。ありがとうございます!

tweetyさん、今晩は(^^。

そうです、そうです!
そのシャドーボックスです。
私も完成してからぼんやり眺めていて、あれ、之はシャドーボックスではないかと気が付きました。
それもプロの撮った、シャドーボックスの写真。
以前、シャドーボックスの絵を作成していて、どうしても出せなかったシャドーです。
もう一度CGシャドーボックスを真面目に考えてみようと思ってます。

とわ言え、それもtweetyさんの薔薇有ったればこそですね。
之だけ多くの薔薇を配置出来てレンダリングも出来て、シャドーボックスにはぴったりの題材だったのだと思います。
確かに女の子も、多くの薔薇にくるまれて引き立ちましたし。

黒ホリは之からも自分でも使うと思って、今の所考えれる限り工夫しました。
色ばかりでなく、UV展開してあるので、画像も各面別個に張り付け可能です。
機会が有りましたら実験してみてくださいませ。
プロフィール

SanziSannzi

Author:SanziSannzi
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード