FC2ブログ

第12回和風展出展作のまとめ。



今月15日、無事第12回和風展の出展期間が終わりました(コメント投稿期間はまだ31日まで)。

会場は此方(https://img.forum3d.net/category/wafoo-ten/wafoo-12/



私は2点絵を出展、又、参加賞用にホオズキを作成しました。
今回はこの2作を中心に、普段不思議に思っている事、疑問に思っている事を、つらつらと書き連ねようと思います。
自分でも曖昧な想いでいる事をまとめる事で、今後の自分の絵造りの方向性を探ってみたいと言う試みで有ります。

読者の方からすれば良く分からない、或いはどうでも良い内容の可能性もあります。
なので、読み進めるのに興味を維持できそうな方だけでも読んでくださればと思います。

それではまず一点目、題名は(ほおずき人形)です。
(クリックで大きくなります。) (今回から記録用にpixivにも投稿しておく事にしました。)

1200HoozukiPrincess05.jpg

 
主な使用アイテム。
キャラクターはpinoさんの(babyfaceA4)です。
壷装束はhisayanさんです。
垣根は電脳箱庭はるさんです。
折り鶴と手桶は江戸暦HONEYさんです。
カタバミ・黒ホリ(3Zi_BlackHorizont)・ホオズキ(今回の参加賞用)は三次でした。
レンダリングはPoser11ProのSuperFlyです。


このホオズキは前回のブログで詳細に書きましたが、今回の参加賞用に作成したものです。
この絵はその中の、皮が開閉する実を造っている時、ふと浮かんだイメージを何とかまとめて絵にしました。
まず不思議とか疑問に思う事は、何処からそのふとしたイメージが湧いて出て来たかと言う事です。
しかし之は、心理学や脳科学系の情報番組や本等みておおよそ見当は付いていました。
普段忘れている古い記憶が、風呂に入ってリラックスしている時等に、無意識下で選別され結合して出て来るという事らしいです。
以前から良く知られた事例も有り、
ポール・マッカートニーは(イエスタディ)のメロディーを夢の中で聴き感激して譜面に起こしたそうです。
クラシック音楽では(悪魔のトリル)が似たような経過で作曲されていて、不思議だが本当だ系の本で読んだ事が有ります。
きっと今回のこの絵のイメージも、私の無意識が浮かび上がらせたものだと思われます。

なので不思議と言うより、疑問に思うのは、
こうして浮かんだアイデアは、軽く考えて良いものだろうかという事です。
今まで自分は、それらは白日夢の様な儚い物と思い、そこから何らかの意味を後付けしようとジタバタして、結局形に出来なかった事が何度か有りました。
でも今回は、今までの古い記憶や経験から産み出された物なら、それだけで何らかの意味が有るのではなかろうかと思いました。
例え自分でその意味や価値が分からなくてもです。

なので今回はなるべくそのふと浮かんだイメージを、そのまま形に残せるよう頑張ってみました。
最初に浮かんだイメージが平面的でなく、奥行きの有る3次元でだったので、いざ絵にしてみると、一枚絵では表現しきれない構図だったりして、修正もしていきました。
最初、絵の説明コメントで「月明かりの中、ホオズキ達は地面に降りて歩き回ります。」 と書こうと思っていたのですが、それは後付けです。
下手な説明で自分でも説明しきれないイメージを固定化したくなかったので「ふと浮かんだイメージを」云々と、唯それだけ書きました。
なので、展でこの絵を見た人が、少しでも不思議だとか、面白いとか、可愛いとか、綺麗だとか思ってもらえたら、自分としては有難い事なので有ります。



以下少しだけ技術的な事も。
今回も以前紹介した、黒ホリ(3Zi_BlackHorizont)を背景に使いました。
その際、黒ホリの床部分にだけ地面のテクスチャ画像を貼りました。
所が以前造った黒ホリだと、非常にテクスチャが貼りにくい事が分かりました。
そのUV展開図が以下の通りです。
b02BlackHorizont.jpg
之では非常に面倒だし、また画像も小さくなってしまいます。
そこで各面ごとに、全面に画像が貼れるようUV展開を造り変えました。
b04BlackHorizont.jpg
↑、なんかほぼ真っ白ですが、修正後のUV展開図です(^^;。
お陰で床面いっぱいに地面のテクスチャを貼る事が出来るようになったし、地面の画像も真四角な画像を用意するだけで済むので、随分楽に成りました。
b03BlackHorizont.jpg
折角作ったので、下に修正後の黒ホリ2(3Zi_BlackHorizont2)を置いておきます。
まるで奥の方までホオズキが並んでいるように誤魔化せて・・・じゃなくて見せ掛けられて便利でした。


黒ホリ2(3Zi_BlackHorizont2)のdownload。 




次は二作目(ほおずきの市)です。
今回は主に不思議に思っている事に付いて書こうと思います。
(クリックで大きくなります。)(此方も記録用にpixivに投稿しました。)

1200hoozuki_Festival10-2.png 

主な使用アイテム。
宝蔵門(第11回和風展参加賞、雷門より)・縁台・竹籠(ホオズキカゴに改造)・M3用半纏・股引・腹掛セット・大八車・HONEYさん
縁日の金魚すくいの屋台(ホオズキ屋台に改造)電脳箱庭はるさん
モダンガール(モガ)帽子・kyotaroさん
ホオズキ(第12回和風展参加賞)・モダンガール(モガ)ドレスは私三次でした。
レンダリングはVueです。



何が不思議かと言うと・・・。

去年のHONEYさんの参加賞が雷門で、私が作成した今年の参加賞がホオズキだったので、之はぜひ浅草寺ホオズキ市の絵にしなければと決めていました。
でもいざ造ろうとなると、之と言って(ほおずき人形)の様なアイデアは浮かびません。
潜在意識は気まぐれで、なにかアイデアを浮かべておくれと願っても、そうそう都合良く聴いてはくれませんです。
作成を始めたのが展が始まった5月1日です、待っていてはとても間に合いません。
そこで単なる風景画にしようと決めました。
でも風景写真と違って単にアイテムを並べただけでは、何ともつまらない絵に成ってしまいます。
そこで想ったのが普段不思議に思っている事でした。

時々散歩している時、遠くの山並みや湧き上がる雲などに圧倒的美しさを感じる事が有ります。
似たような感覚をデパートのギャラリーのターナー絵画展を観た時も感じました。
そんな時、何故そのような風景や風景画に美を感じてしまうのだろうと不思議に思っていた訳です。
美人を見た時ならともかく(^^;。
そこで、そのような美を感じさせる風景画が出来たら参加作にしても良いのではと思った訳です。

そこで主にターナーの絵画を参考にする事にしました。
と言ってもとても真似など出来ません、まあ、ターナーはほおずき市の絵など描いていませんし。
ターナーの絵画をつらつら観察すると光の使い方に鍵が有るのではと思い、それを方向性として取り入れてみる事にしました。
まず絵の時刻から決めました。
やはり真昼間より朝や夕方の方が光を特徴的に扱えると思いました。
で、朝か夕かと言うと、夕方は客がひしめき合って、とても自分の技量では扱えそうも有りません。
と言う切実な問題が有り、朝に決めました。
それとは別に、自分は遠い昔、一時浅草寺裏手で暮らしていた事が有り、浅草寺の薄っすらと覚えている記憶の中で、一番印象に残っているのが境内の朝の風景でした。
あのまだ観光客もいない静寂な雰囲気なら、何とか表現出来るかもと思った事も有りました。

そこから想像を膨らませて、職人さんが朝、ほおずき市の準備をしている風景にする事にしました。
実際のホオズキ市では女性の売子さんが職人半纏を着て働いているようですが、ちょうどHONEYさんの男性職人衣装が有ったので、男性にしました。
まあ、売子でなく朝の支度なら男性でも不自然でないかもと思いました、実際は違うと思います(^^;。

不思議に思っていた事は此処までにして、
さてシーンを構成するのに大きな難問が二つありました。
まず一つはホオズキ屋台をどうするか、とても自分では作れそうも有りません。
だがしかし、日本の風景で困った時の電脳箱庭(^^。
はるさんの屋台シリーズが有りました。
その中で一番しっくりきそうな金魚すくい屋台を改造しました、と言っても中身を抜いて文字を修正しただけでしたが。
ホオズキ屋台用に作成された物ではないので、本物と違いは有ると思いますが、そんなに違和感は無いのではないでしょうか。

さて次に問題に成ったのはホオズキカゴをどうするかで有りまして、ホオズキ市では持っ手の付いたカゴに入れて売られているから、カゴが無いと流石に不自然です。
之も困った時のHONEYさん(#^.^#)。
ちゃんと江戸暦に竹籠が用意されていました。
それをグニグニと力業で修正、ホオズキカゴに近づけました。
アップでは違いが分かりますが、今回の絵の場合ノープロブレム、全く問題は有りません。
お陰で無事作成する事が出来ました。
bhoozuki_maturi02.jpg
我ながら良く出来たなと、ちょっと自慢したいです(^^。

之は展示会アップ後に絵を見て気に成ったのですが、
右側で立っている女性は私のモダンガール(モガ)ドレスを着ています。
私が作った衣装の内、一番好きだったからと、何となく絵の雰囲気に合うような気がして。
でもこの衣装、1920年代衣装なのでありまして、もし衣装にシーンを合わせるとなると、ほおずき屋台の文字を左からでなく右並びに書くのが正解だったのではなかろうかとか。
また屋台に電球が設えて有りますが、この時代電球は既に有ったのかなとか。
まあ、衣装は現代でもモガ衣装が好きで着ている人もいるし、自分を許す事にしました、自分に大甘であります。





後書き・・・
文章を書きなれていないものですから、他の方が読んだら何とも取り留めの無い内容だったかもしれません。
やっぱり文章を書く技術とか有るのだと思います、もし、そう言う技術を持った方が書いたら、同じ内容をもっと適切に解り良く、文字数も半分くらいに圧縮出来たとおもいます。
とは言え自分としては今後の方向性を有る程度決める事が出来て良かったと思っています。
一つはふと浮かんだアイデア(インスピレーション)でも大切にする事、
一つはただの風景画でも感動を表現できる絵作りを目指す事、
です。
以前は何も考えなくても次々絵造りしたいという意欲が湧いて来ました。
この頃、めっきりそういう事が減って来てしまいました、でもまだ続けたい、その打開策に成ればと期待しています。

今回は書きませんでしたが、此処のもう一つの柱であるモデリングですが。
和風展でマスコット動物のマメコロとKOROを使っていただいた絵が多数有りました。
之は全く予想外でしたが、自分としてはやはり嬉しかった。
此処はお調子に乗って、新しいマスコット動物を造ってみようと構想中です。

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

まとめ待ってました(。ノ・ω・)ノ

まずは素敵なホオズキありがとうございました(^^♪
開いて中の身が見えたり、まだ青いのや熟れたの、完熟で枯れ色になったのなどバリエーションも豊富でありがたいです。

そして出展作品についても、やはりただそのままレンダではなく、いろいろなところに拘って工夫を凝らされていたのだなあと改めて興味津々。
外の風景だからって、でかいドームやIBLではなく敢えて小さな箱に収めることで反射光やよりイメージに合わせたライト作りもできるんだなあ。
ホオズキ市の絵に関しては、たぶん私が勝手に妄想を膨らませ過ぎて本来のSanziさんの意図とは違う受け止め方をしちゃったかもしれませんが、そういう見た人がイメージを膨らませられる絵というのも素敵ですよね。

私も参考にしたいお気に入りの画家の特徴などはいくつかあるのですが、3Dでそういう雰囲気にしようとしてもなかなかならぬとこもあり(^^;)特に陰影でつぶれがちなのは私の技術不足なわけですが。。

インスピレーションって風呂入ってる時と、寝る前(さらに夢)に舞い降りることが多いですね。だからと風呂に耐水ノート持ち込むようにしたら途端に出てこなくなったり。頭に浮かんだイメージを記録しておける装置とかあればよいのにと思い続けて数十年。

aachanさん、いらっしゃいませ(^^。

ホオズキ見て頂いて有難うございます。
ホオズキは青も赤も、又、枯れて実が見えるように成ったのも面白いと思って、各種造ってみました。

仰る通り、自分の場合、Poserで広大なシーンのライティングより、小さな範囲でのレイティングの方が思い通りの結果が出しよいです。
主に夜のシーンが主に成ってしまいますが、使いようによってはまだまだ可能性が広がりそうです。

ホオズキ市の方は、純然たる風景画を目指したので難しかったです。
何か伝えたい主題が有れば分り良く出来たかもしれませんが、単なる風景なので、見る人それぞれ感じ方は違うだろうと思っていました。
なのでaachanさんが感じられたのも正解なのだと思います。

自分もよもやターナーの風景画の特徴を出せるとか思っていません。
唯、今度の絵を造るための、目指す方向性として捉えていました。
私も一回でうまく行くとは思わないので、之からも続けて行こうと思います。

本当に好きな時、肝心な時インスピレーションが湧いて出てくれれば良いのですけど。
山中伸弥さんもIPS細胞の何かをシャワーを浴びてホッとしている時にふと思いついたとか言っていました。
日記とか付けている習慣が有る人は、意識しないでも記録を日々しているのかもしれませんね。

ほおずき人形とほおずきの市

ホオズキは夏の草花だと思っていたのですが、
6月から7月頃に淡い黄色の花を咲かせる・・・
もうすぐ6月なので時期的には、もうそんな頃合なんですね。

それに合わせてあわせて日本各地で「ほおずき市」が開催され、
東京浅草寺は7月初旬に開かれていて、江戸時代からだそうですってね。

sannziさんは題材の選び方が上手くて、いつも感心しています。

ホオズキは、僕が中学か高校生の時に母が苗を買ってきて
育てたことがありました。
黄緑から赤く色づき、ハート型で提灯状の果実ができ、
中に真っ赤な実がなったのは不思議でした。

長くなりましたが、ほおずき人形の絵はその面妖さをよく表現していますね。
ホオズキのまんまの頭、パカッと割れると実の頭とぞっとするほどの美人の顔立ち。

男なのか女なのか、謎めいた中性的な美しさ。

4月から始まったアニメのゲゲゲの鬼太郎に出てきても可笑しくない
怪異な雰囲気・・・いいですねえ!!

それとほおずきの市ですか、なるほどターナーの絵画の影響なんですね。

ターナーは日本でいう江戸後期ぐらいに活躍し、
自然画に光と空間描写を印象派より30年も前に
先取りした画家だそうで画期的です。

光、特に太陽光は絵をドラマチックにしますからね。

ほおずき人形とほおずきの市は、和風展にぴったりです。

あおば映治さん、今晩は(^^

私がモデリングのお手本にしたホオズキは7月上旬に実を付けていました。
それも緑、赤と揃って実を付けていたので、ちょうどお手本にするには良い頃合いでした。

今回は私が以前浅草寺裏手で暮らしていた事と、私がホオズキを参加賞用に作成していた事と、昨年の参加賞で宝蔵門を頂いていたと言う偶然が重なって、このような題材を選ぶ事に成りました。

ホオズキの果実は本当に不思議で、子供心にも面白いですよね。
きっと育てたあおばさんには尚更そう思われた事だと思います。
私が小さい頃は、中身の実を取り出して、更にその中の種だけ捨てて、ホオズキ笛成るものを造っていました。
手慣れた子が造ると、ブーブー愉快な音が出たのですが、私は難しくて一回も成功しませんでした。

ホオズキ人形はモデリングをしている時、ふと浮かんだイメージを絵にしました。
でもそのままでは2次元の絵に収まらなかったので、一枚絵に収まるよう脚色しました。
でも、割れた実の中から女の子の顔が覗く部分はそのままです。
私もきっと妖怪ホオズキちゃんとかにしたら、新しい妖怪物語が出来るかもと思いました(^^・

ターナーはデパートで、ターナーの絵を元にしたエッチングとか、版画展が有った時知って、すっかり魅入られてしまいました。
それからターナーとは、と調べてすっかりファンに成りました。

ホオズキ市の絵は風景だけに難しかったです。
私がどんなに美しいと思った風景も、他の方には全く普通の風景に思えるかもしれません。
なので方向性としてターナーの絵を参考にしました。
それが成功したら、他の方が見ても美しいと思ってもらえるかもしれない。
勿論それは見る人次第なので、展に出すのにはある程度勇気も要りました。

お疲れさまでした(^^)

和風展お疲れさまでした&素敵なほおずきをいただきましてありがとうございます!
ほおずきちゃんは潜在意識からふと浮かんだイメージでしたか。色んな見方があるのはきっと色んな意味が含まれているシーンだからなのでしょうね。
そういう夢の中の出来事や無意識のうちのイメージは大半が自然と忘れ去られるものなので、こうして形に現せるのはとても大事なことであり、素晴らしい才能でもあると思います(^^)
私も一時は夢の中で閃くなんてこともありましたが今や全く…(・_・;)

何か影響を受けたものがあったり、どういうイメージで作られた絵なのかとか、ご本人の解説で理解した後にまた絵を見ると違った視点が見えてきて面白いです(^^)

ほおずき市のほうはターナーの風景画の影響を受けたということで、なるほどなぁ~と思う反面、三次さんらしく見応えもある風景画でもあると思いました。ほおずきの籠までこだわっていたり、色々意味や考えがあってその絵が出来あがっているんだなぁと改めて感心したり。

最近絵やブログを次第に止めてしまう方が増えてきて寂しい限りです。まぁ元気にお過ごしなら良いのですが…(^-^;)
三次さんのマスコット達はファンもたくさんいると思うので是非これからも作り続けて欲しいです。応援してます(^^)♪

tweetyさん、今晩は(^^

tweetyさんも、ご参加、また色々試作もされていてお疲れさまでした。

ほおずき人形のイメージは0から生まれて来る訳ではないので、きっと何かの物語とか映像作品の影響が有ったのだろうと思います。
でも本当にふっとそのイメージが湧いてきて、之は逃してはならぬと一生懸命形にして行きました。
仰る通り、このような曖昧なイメージは、大半が生まれては消える泡のように忘れてしまう物かもしれません。
そう言えば子供の頃は毎晩面白い夢を見ていたような。
それこそ内容はほとんど忘れてしまいましたが、たまに思い出すと、本当に現実で有ったのかと間違うような面白い夢も有りますね。

絵の解説を書いていてこれ程語彙の少なさを思い知った事は有りませんでした。
何でも語彙の多さこそが知性の大きさだと言う説も聞いた事が有ります。
まだぴったりの言葉が有るはずなのだけど、その一言が思いつかず、随分遠回りをして解説したような部分も有りました。

ターナーは描かれた当時だと思いますが、今で言う普及版として、エッチング等で刷られた絵が残されていたようです。
それを観たのが最初だったのですが、一般受けするようにだと思いますがより感動的に見えるよう作成されていました。
それから元に成った水彩画や油絵を本等で観てすっかりファンになりました。

ほおずきの市はただの風景画なので、いくら自分が良いと思っても他の方が見たらそんなでもない可能性も有ります。
リアルの自然でも人によって感動したり、何事も感じずに見過ごしたりする事も有るので仕方ないと思っています。
なので見応えを感じてくださって嬉しいです。

私も最近制作意欲の低下を感じざるおえなく成る事が有ります。
でもこのブログを続けている事で、何とか保っていられると思います。
それとtweetyさんの新アイテムも絵に使う事で新しい作成意欲も湧いてきます。
早速リンゴ頂きましたし(#^.^#)!。
マスコットも和風展で色々使っていただいて、すっかり気分が乗ってしまいました(#^.^#)。
今新しいマスコットの作成を始めました、まずはデザインからですね。
プロフィール

SanziSannzi

Author:SanziSannzi
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード