FC2ブログ

ペガサス

tweetyさんのPOSER用【Angel】に入っているガラスの翼を私のガラスの馬にくっ付けてみました。
今回はその他、海底軍艦の続きと、和風展用の参加賞について考えている事が有るので、そのまとめです。
(クリックで大きくなります。)(pixivにも投稿しました。

1200Pegasus04a.jpg

主な使用アイテム。
tweetyさんのPOSER用【Angel】LPG用【SandalSET】
銀弧ras_silverfoxさんの(Vue用ガラス質感)。
私の(ガラスの馬)でした。


本来はtweetyさんのローポリゴンガール用の天使セットでしたが、私のガラスの馬に着用したのも紹介されていたので、私も試してみました。
翼の美しい構造が刻み込まれており何と言ってもカッコ良いです。
Vueの透明ガラスだと、その形状を活かすライティングが難しく、一時行き詰まりましたが、思い出して以前いただいていたrasさんのVue用半透明ガラス質感を使用しました。
オパルセント・グラス、或いは月光色ガラスと言うのでしょうか。
翼の細部も淡いグラデーションも綺麗に表現されており結果成功でした。

雲海上を飛ぶペガサスとLPG天使ちゃんを描きたかったので、背景は雲だけにしました。
取り留めも無い雲だけで遠近感を出したり、ある程度構図のまとまりを感じさせるのは難しかったです。
でもVueの雲は好きなので、その雲を極めようと密かに目論んでおります(#^.^#)。





続いて前回のniseisyaさんから(POSERフィギュア 河底軍艦)の続きです。
その後、海底軍艦VSものを2作造りました。
まずはVSノーチラス号です。
(クリックで大きくなります。)(pixivにも投稿しました。

1200Gyouten05.jpg

続いてVS宇宙戦艦です。
(クリックで大きくなります。)(pixivにも投稿しました。

1200_Y_Gyouten03.jpg

宇宙戦艦ヤマトはshare cgで見つけました。
(Battleship Yamato/Starblazers)
ただしマテリアルが設定されていないので、自分で設定しないといけません。
全部は大変なので、自分の用途に合わせて必要な部分だけ設定すれば良いのじゃないかと思います。

スチームパンクの中でも特に好きなのがレトロフューチャー(昔の人が考える未来の姿)でした。
さらにその中でも好きだったのが海底軍艦、海底二万マイルのノーチラス号、そして禁断の惑星のロボット、ロビー・ザ・ロボットでした。
よくよく考えてみたらレトロフューチャーはロビー・ザ・ロボットだけでしたが、私の気分的には三つともレトロフューチャーです。
(クリックで大きくなります。)

800Gyouten06.jpg

よもやその三つがPoserアイテムとして揃えられるとは!!、とても嬉しかったです。

主な使用アイテム。
niseisyaさんの(POSERフィギュア 河底軍艦)

ノーチラス号はレンダロで購入、ロビー・ザ・ロボットは同じくレンダロのフリーアイテムでした。
入手が随分以前だったので今も有るのか分かりません?。





続いて勝手ながら今年も和風展が開催されると想定して(#^.^#)!。
今年の参加賞は何にしようかと考慮中です。
例年だと植物ですが、今年は準備が整いませんでした。
と言うのも自分の場合モデリングする対象の植物の実物がないと造れないからです(T_T)。

そこでいきなりですが我がブリキロボットの御紹介を(#^.^#)。

600IMG_0628.jpg
600IMG_0629.jpg
600IMG_0630.jpg

自分はコレクターでは無いですが、気が付けばいつの間にか数台のブリキ玩具を収集していました。
いずれも鑑定団に出てくるような大層な品ではないです。
ロビー・ザ・ロボット一体を覗いてほとんどが雑貨屋さんでアンティーク風味のインテリアとして売られていた物で、値段も普通の玩具程度です。
でも肝心なのが、いずれも金属製かつゼンマイや電池で内部の金属機械で動くという事です、なんともこれまたスチームパンク的要素を感じていて、それで好きなんだと思います。

何故ブリキロボット自慢を始めたかと言うと、この中の一台をモデリングして参加賞にしようかなと思っているからです。
何処が和風かと疑問に思われるかもしれませんが、戦後ブリキ玩具こそが復興の一翼を担い、かつ日本の玩具製造技術を世界の頂点に立たせたと・・・受け売りですが聞いていたからです。
今の所、一番上の赤いのか三角頭のいずれかを考えています。
赤い方は(Zippo)さんが可愛いのを既に作成されています。
なのでもし自分が造るとしたら、ある程度アレンジしたロボットに成るだろうと思います。





今日の後書き。
と、此処で自分も、読んだ人の気分もどんよりさせるお知らせが~~(^^♪。
今年も遂に税務署から青白申告のお知らせが。
去年も税理上は之と言って特別な事は無かったので、提出開始の来月18日までには仕上げて提出出来るのではないかと思っています。
従って新たな絵造りやモデリングや上記の参加賞等は、それが終わってからに成ると思います。





テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

雲上の勇姿

満月の光を浴びた満天の星々とその色に染まった上空の綿雲の群れ。

その空間を駆け抜けるペガサスにまたがり、
月に脇を向け、天空を見つめる少女のような天使。

ああ、その先には何があるのだろう・・・

それだけでなく・・・

黄昏にフェードアウトする前の紅の光に包まれた世界。雲上に巨大で無骨な軍艦と万能艦が、蒸気沸き立つ雲を蹴散らすように快進撃する。

最早、誰も止める術などない。

sannziさんの雲はドラマチックです。
あんまり、カッコイイのでこんなん出ました。

あおば映治さん、今晩は(^^。

自分は文章力が無いので絵で表現しましたが、文章で表現するとこうなるんですね、有難うございます。
このペガサスが小さな女の子を乗せて天空を駆けるイメージは、絵で見たのか本の挿絵で見たのか分かりませんが、以前から持っていました。
ガラスの翼を頂いたので造る事が出来ました。

雲の絵はVueと言う景観ソフトで作成したのですが、私個人としては雲造りが得意なソフトだと思っています。
本当は軍艦なので水の方が良いと思うのですが、水は何とも難しいので、雲でごまかしてみました(^^;。

外に出ると時々ドキッとするほど美しい雲を見る事が有ります。
私のは自然の雲に比べるとまだまだだと思うので、少し雲の専門書など見て研究してみようと思います。

こんにちは(^^)

壮大な絵が惜しげもなく並んでおり、どれもこれも圧巻のCGですね。そしてそのままの流れで後のブリキの玩具達も一瞬、CGかと思ってしまいました(^^)
どれもブリキの光沢が綺麗で、大事にされているんだろうなぁと思いました。皆それぞれに味があって可愛いですね。
和風展の時期が近付いているのですね。今年も5月にあるのでしょうか?年々アイデアが浮かばなくなりつつあるのですが毎回参加賞が楽しみなので開催されるならば何とか参加したいなと思います。
無理をなさらぬよう、でもとりあえず税務署への書類づくり、頑張ってくださいませ(^0^;)

tweetyさん、今晩は(^^。

ペガサスの絵はイメージとしてずっと抱いていました。
ガラスの翼で実現できました。
海底軍艦シリーズはやっぱり好きだった特撮映画の影響ですね。

ブリキ玩具は普段棚の中に入れているのですが、撮影しやすいように窓の棚に置きました。
カーテン越しの日差しがバックライトに成って、光沢が良い感じに成りました。
CGでも同じように出来ないか試してみたいです。

和風展、本年もご参加、宜しくお願いします(^^)/。

青色申告は今年は楽勝と思っていたのですが、使っていた申告ソフトが賞味期限切れと言うアクシデントが有りまして、なかなか思惑通りに行きません(T_T)。
でも今は新しいソフトに無事移行出来て、順調にこなしております。

こんばんは

ペガサス、宝石のように綺麗ですね。
VS宇宙戦艦もすごくカッコいいし、ブリキロボットの写真も魅力的です。
私も欲しくなってきました。
ブリキロボットを和風展の参加賞にしていただけるとは夢のように嬉しいです。
楽しみにしています。

ブリキの玩具

sannziさんの絵はきれいで幻想的で癒されます。
現実に戻ると、今にも機械が意識を持つかもしれないと言われています。ブリキの玩具をCGであたかも意識のあるように動かせるのは人間です。
(これからは機械かもしれませんが・・・いや今でもPCがしているのですが)
河底軍艦も含め、ロボットばかりの戦争CGが頭にボワッと・・・

月川拓海さん、今日は(^^。

ペガサスもVS宇宙戦艦も新しいアイテム有ればこそ作成出来ました。
両方とも自分では作成できない完成度なので有難かったです。
ブリキロボットは 月川拓海さんの世界にも似合いそうですね。
イノイドを作っている時、自分でも造れるのではないかと思いました。
どこまで作れるかチャレンジしてみようと思います。

koutyaさん、今日は(^^。

Vueの作る雲は使い方によって幻想的な風景が造れるので好きです。
もっと活かした絵が造りたくて雲の勉強もしています。
いよいよ鉄腕アトムが現実味を帯びた時代がやって来そうですね。
動きだけならもう人間みたいなロボットもいますし。
でも私はブリキロボットみたいにいかにも機械機械した動きが好きですけど。
もしブリキロボットのPoserフィギュアが造れたら、是非河底軍艦とVSさせてみたいです(^^。
プロフィール

SanziSannzi

Author:SanziSannzi
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード