FC2ブログ

アジサイ姫はいつでも気だるい。

今回は時節的な絵と、その作成種明かしと、ジェンツーペンギンマスコットのモデリング開始について。




アジサイ姫はいつでも気だるい。
(クリックで大きくなります。)(pixivにもアップしました。)

1200azisai-princess05.jpg

POSER用【OrientalLily】はtweetyさんです。

アジサイの妖精です。梅雨空の下、いつも通らない道で見事に咲いたアジサイを見ました、その時イメージしました。
花はもうじきしぼむか摘み取られて、やがて真夏色の花に咲き替わります。
その時この気だるい妖精は消えて、真夏のアジサイ姫が新たに生まれるのです

(注)紫陽花は梅雨の花ですが、上手に管理すると、或いは逆に下手に管理しても、夏には夏色の、秋には秋色の花が咲きます。
ただし翌年の開花の為に、大概梅雨が過ぎると新しく芽吹いた芽は全て剪定するのが常套手段とされています。
私はかつてそれを知らずに失敗してしまいました、今はもうその紫陽花は有りません。


それではこの絵の種明かしを
まずポーズですが、先日NHKの「日曜美術館・アートシーン」で放映されたバルテュス 「美しい日々」に描かれた少女のポーズを参考にしました。
なんでも描かれたのが第2次大戦中の激動のさなかだったという事で、少女は外出する事が出来ず、一日中家に籠っていて、それがコロナ禍の今と似ているという事でした。
部屋に籠って気だるい様子が表されている不思議なポーズだという事で印象に残っていて、之だと思いました。
描かれている椅子をアジサイに置き換えてポーズを取らせてみました。

ライティングはライセンスフリーで古典美術を公開していてダウンロードもできる(https://artvee.com/)と言うサイトから頂いたアデルハイド・ディートリッヒ作の花の静物 (1868)を参考にしました。
600-16sl.jpg

印象的な立体感が美しいですね、一目でこういう具合にライティング出来たら良いなあと魅入られてしまいました。
Poserで色々なライトを試した結果、スポットライトを正面から一灯だけあてる事にしました。
下、斜め横からの俯瞰図。

azisai-princess02-1.jpg

之をPoser11ProのSuperflyでレンダリング、さすが「物理ベース」のレンダラである( `ー´)ノ。
「物理ベース」と言うのが理解できているわけではないが、一世代前のFireflyレンダリングした画像と並べるとその差は歴然でした。
↓Firefly。
azisai-princess02-3.jpg
↓Superfly。
azisai-princess02-4.jpg
(注、仕上た絵はレンダリング後、レタッチで明るさを調整しています。)
陰影が一目瞭然違います、リアルです、前述した花の絵のライティングに近づけたのではないでしょうか。
今回の場合、沢山のライトを並べなくても、一灯だけで充分でした、之が「物理ベース」レンダラの実力なんだろうなあ、と思います。





次にやっとジェンツーペンギンマスコットの下絵が出来たので、モデリングを始める事にしました。
側面図は迷いなく出来たのですが、正面図がなかなか納得出来ませんでした。
今まで造った馬とか犬とかは、側面図より正面図が難しかったです、今回もそうでした。

gentoo penguin03-1

なかなか写真等参考にしてもうまく行かないので、それは無視してあくまで側面図に合わせて、正面図は自由に発想してデザインしました。
それがうまく行き、何とかこれならモデリングしてみたいという下絵が出来ました。
下絵をMetasequoiaに読込んでモデリング開始です。

Bgentoo penguin06

モミモミが読み込んであるのは大きさを合わせるのと、パーツ名を合わせる為です。
Poserフィギュアのパーツ名は何でも良いですが、ポーズの左右対称等、利弁済を考慮すると、決められたパーツ名にした方が良いです。





今日の後書き、
今回紫陽花の妖精の絵を造って、結構面白かったので、出来たら毎月季節ごとに花の妖精の絵が出来たら良いなあと思っています。
モデリングだけだとアキてしまうし。
作ると言い切るとプレッシャーに成るので、あくまでモチベーションが上がるアイデアが浮かんだらという事で。

最近の近況ですが、
先日健康診断を近所の町医者にお願いに行ったら、コロナでしていないという事でした(+_+)。
大きな病院とか、保健所の施設なら受け付けるかもという事でしたが、面倒なので血液検査だけしてもらいました。
皆さんの所はどうでしょうか。
結果は血糖値が要注意に成っていました、医者は自粛で運動不足に成っていたので、それが原因だろうと言っていました。
けれど私は知っています、甘いものの食べすぎです(>_<)。
医者は之から運動量を増やしていけば大丈夫だろうと言っていましたが、思い切って甘い物断ちをする事にしました。
白状すると今までも甘い物断ちした事が有ったのですが、気が付けば元に戻っていました。
でも今回はキッパリ止められそうです、2週間くらいたちますが、今の所禁断症状みたいのは出ていません(^^♪。

運転免許の更新にも行きましたが、此方もコロナの影響で屋内に入れず、順番が来るまで車の中で待たされました。
まず車内で待機、後車を出て、屋内車庫(勿論冷房無し)で待機、その後ようやく屋内へという手順でした。
視力検査で毎回の更新時に眼鏡付と無しを繰返していたので、今回も気がかりでした。
でも無事眼鏡無しで通ったのでホッとしました。
以前は運転用の眼鏡を掛けていましたが、最近では文庫本の小さな文字を読む時辛くて、読書用のリーディンググラス(老眼鏡ともいう(^^;)を使用するようになりました(#^.^#)。






コメントの投稿

非公開コメント

アジサイ姫はご機嫌斜め?

最近、蒸し暑い日が続き、しかも外出も控えめとなると、
アジサイ姫でなくてもご機嫌斜めになりますね!

「つまんない!つまんな~~~い!」
「姫、またワガママを!」
「じいや、これじゃあ籠の鳥じゃないの!?
 こんなのイヤ!!」

すねるアジサイ姫、すると、じいやはすかさず、
「レクリエーションをなさいませ」
「何それ?なんなのソレ?」

・・・となりそうなほど部屋にこもるというのは退屈なのです。
マンガ的にするとこんな感じですが・・・

バルテュス 「美しい日々」に描かれた少女のポーズを参考にしたそうですってね。
第2次大戦中に描かれたという事で、少女は外出する事が出来ず、まさに今のコロナ禍ソックリですね。

sannziさんの選ぶモチーフは、いつもタイムリーでエスプリがきいてます。

バルテュスを調べていたら、妻は日本人画家の出田節子であり、驚いたことに勝新太郎はバルテュスの山荘に招かれたとかで、かなりの親日家のようですね。

まだ終息の目途の立たないコロナ禍も後世では、第2次大戦のようにある時代という歴史の1ページになるのでしょうか?

運転免許の更新もいつもと違う様子だそうで、
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は日本ではもう、6か月ぐらい、騒ぎだして3か月ぐらいですか。
早く終わってほしいものです。

ジェンツーペンギンマスコットの下絵が出来ましたね。どんなふうになるか楽しみです!!

あおば映治さん、今晩は(^^。

早速物語風に!、さすがイチゴなっつの作家さんです。
なんだかももみちゃんとかが姫役をやっているような絵が思い浮かびますね(^^。
私は梅雨空の下でアジサイを見たので姫の気だるい様子を思う浮かべただけでしたけど。

鹿児島はそれ程でもありませんでしたが、東京にいる親戚によると本当に部屋に籠るしかなく退屈でたまらなかったようです。

なかなか自分でポーズを取らすのが難しくて「美しい日々」は良い参考に成りました。
東京都立美術館にも展示された事があったそうですが流石名を残す画家の作なんですね。

なんと妻が日本人画家、しかも勝新太郎とも親交があったとか、本当に驚きです。
絵は見た事があったのですが、バルテュスの事はほとんど知りませんでした、良い事を知りました有難うございます。

日曜美術館で「美しい日々」の解説をしていたのも美術家のアーティストでした。
コロナと第二次大戦と結びつける、そう言うのがアーティストの視点というのでしょうか。

運転免許会場は驚きました。
あらかじめマスク着用の事と注意は受けていたのですが、まさかこれ程厳重に対処されていようとは。
自分など知らない非日常が彼方此方で生まれていそうです、早く日常が戻りますように願いたいです。

ジェンツーペンギンは哺乳類系マスコットと違って、骨格から違いますからデザインが難しかったです。
今モデリング中ですが、やはりくちばしが哺乳類の口と違って難しいですね。

とても綺麗なシーンですね

気だるそうな表情のアジサイの妖精さん、とっても綺麗ですね!
アジサイもtweetyさんのOrientalLilyもすごく鮮やかで素晴らしいです。
DAZ StudioのIray対応なら、ぜひ欲しいのですが、Poser対応だけのようですね。

私はバルテュスのことはかなり前から知っています。バルテュスの若い時から最後の日本人の奥さんとのなれそめや晩年までを再現したテレビ番組も見ましたし、展覧会にも行ったことがあります。
展覧会では、バルテュスの同棲相手や、姪や隣の娘さんや自分の奥さんの際どいポーズやヌードを描いた絵はたくさんあったのですが、娘のハルミさんの際どいポーズやヌードを描いた絵は1枚もありませんでした。
やっぱり娘は性的な対象ではないのだな~と感心したのを覚えています。

月川拓海さん、今晩は(^^。

このPoser用のアジサイは毎年梅雨時になると活躍してもらってます。
アジサイだけだと如何にも蒸暑く見えてしまうので、tweetyさんのOrientalLilyも出てもらいました。
花びらの開き具合がモーフで自由に設定できて良いですよ。
梅雨空の下で見たアジサイは妖精が出てきても良い位色鮮やかでしたが、それでもその妖精は気だるそうにしているのが似合うと思いました。

バルテュスは私が思っている以上に有名な画家だったのですね。
しかも日本と深い所縁が有ったとは少しも知らず意外でした。
テレビ番組も有ったとは、見たかったです。
娘さんだけは際どい絵に描かなかったとは、面白いエピソードですね。
プロフィール

SanziSannzi

Author:SanziSannzi
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード