スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Poser8のユーティリティWardrobe Wizard 2を使ったコンフォーム衣装造り

前回配布したAiko4専用レトロスーツ(A4 Retro Suit)はメタセコイヤで自作した衣装データを、Poser8のユーティリティWardrobe Wizard 2(以降WW2)でンフォーム衣装に変換しました。
今日はその過程をまとめてみました。
Poser8は日本ではこれから普及していくと思われますがもしWW2を使おうと思われたとき観ていただけたら少しは参考になるかと思います。

尚WW2は本来(特定のPoserフィギュア用に作られた衣服モデルを他のフィギュアにも着られるようにするユーティリティです。)←Forum3D Wikiより抜粋。
私はほとんどその目的で使ったことがありません。
もっぱら自作の衣装をコンフォーム衣装に変換するために使っています。
本来の使い方についてはForum3D Wiki _WardrobeWizard2ページを参考にされてください。
又、以下に書く事は自己責任にてお試しをお願いいたします。

・・・・・では本文です・・・・・

まず以下の説明用にPoser8標準女性フィギュアAlysonをマネキンにして作成した、簡単な衣装objデータを作りました。
以下の説明は全てこのAlysonDress01.objをコンフォームフィギュアに変換する事を前提に書いています。

実験用Poser8 AlysonDress01.obj ←Download
↓こんな感じの衣装です。

WW2_06
↓仕上がるとこんな感じになります。

WW2_11-2

まずPoser8メニューWindowからPython Scriptsを選びます。
出てきたPython Scripts WindowのWardrobeWizardを押します。
さらに出てきた新たに出てきたメニューからConvertをおします。
するとWardrobe Wizardの設定Windowが開きます。

WW2_01

次はそのWW2本体の設定方法です。
上で提示したAlysonDress01.objの場合の設定方法です。
①にはAlysonDress01.objを置いたリンク先を挿入します。
②にはコンバートしたデータの置き場所、この場合Poser8をリンク場所に設定し記入しました。
③は衣装が誰用の衣装か指定する欄です。P8Alysonで造ったobjなのでP8Alysonを指定します。
④は誰用に変換するかですがこれもP8Alysonにします。
尚、P8Alyson用は当たり前ですが最初から使えるようになっています。
V4などはPhilc Designsで(WW2 Support for V4, V41, V42, V42 Male )と言うのを購入してPoser8にインストールしないと使えません。

大変いい加減な説明ですが⑤~⑧は今回この通り設定します。
尚これは自作衣装をコンフォーム化すのに最適と思った私の方法であり、本来のコンバートの方法ではありません。
(ちなみにClose Fitにもチェックを入れると、このようなスカート形状の、ほぼ通常のコンバート設定として使えると思います。)
又、これにAdd Full Body Morphs設定ボタンを使うとより完璧になりますが、今回は説明が煩雑になるので最小限設定にして有ります。
詳しくは上記(Forum3D Wiki _WardrobeWizard2)を参考にされると良いと思います。
何か色々説明した後、結局専門医に行って検査してもらうように結論して終わる医療番組みたいですみません(^^;

WW2__02

↑の⑨convertボタンを押すと↓のようなWindowが開きいよいよ計算が始まります!

WW2__03

計算が終わると先ほど設定したPoser8のLibiaryのFiguresにWW P8 Alysonという新しいフォルダが出来ていて、その中にコンフォームフィギュアにコンバートされたAlysonDress01が作製されています。

WW2_04

これを読み込みAlysonさんに着せてみました。
変なポーズですが上手くAlysonさんに追従して動くかテストする為です。

WW2_05

問題なく作動しています。
スカートはスカート用のボーンのガイドの丸い玉を動かして調整しています。

以上で一応終わりです。
以下にその他気が付いた事を書きとめておこうと思います。

(予談その一)
まず前回何故(A4 Retro Suit)がAiko4専用になったかと言う事ですが、それはひとえにモデリングの際、Aiko4をマネキンにして作ったからです。
あとでV4.2をマネキンにして作っておけばいくらでもやりようがあったものをと気が付いたのですが、その時はほとんどモデリングを終えていたときでした。
少し試したのですがAdd Full Body Morphs設定ボタンを使って入れたAiko4モーフを使えばV4.2用の衣装をAiko4用に変形できるようです。
又T2さんに教えていただいたのですがその方法で入れたAiko4モーフを入れたまま配布可能だそうです。
その事では他にも注意点があるので、前回のT2さんのコメントをお読みください。

今回はモデリングの事は省きましたが肝心な事はマネキン造りです。
その事はaioさんがF3Dで初心者のためのぽざ服講座としてまとめていらっしゃいます。
メタセコ用として書かれていますが、他のモデリングソフトでも大体分かるのではないかと思います。
例えばshadeだと直接Poserデータが読み込めるのでやりやすいのではないでしょうか。

(余談その二)
今回最初テスト用の衣装を長袖で造っていました。
すると腕の所が上手く追従出来ませんでした。
どうやらPoser8Alysonさんの場合WW2でコンバートした後、球状影響範囲(カプセル状影響範囲?)の調整が必要なようです。

WW2_07

そんな時はセットアップルームで球状影響範囲(カプセル状影響範囲)の調整をします、球状影響範囲を切ってしまう方法も有りますが衣装の場合やはり調整しないといけないようです。

WW2_08

大ザッパーに調整してみました。

WW2_09

かなり大ザッパ~でも調整は可能なようです。
この調整方を書くのは今回以上に大変だし、何しろ私自身へたくそで上手く書けるわけがありません(^^;
根性なしですがあっさりテスト用衣装を短い袖に作り変えました。
尚、この長袖の方をV4.2用にWW2でコンバートしてみました。

WW2_10

腕はなにも調整しなくても上手く動きました。
但し胸やスカートの形状が綺麗に整形されていません。
単に私のWW2の設定が間違っている可能性もありますが、大人用の衣装を子供用にといった様な極端に体型が違う場合はあまり上手くいかないようです。
コンバートするフィギュアによって相性があるようです。

(余談その三)
もしWW2を使ってフィギュア化した衣装を配布しようとする時の覚書を書いてみます。
WW2を使ってコンバートすると以下のフォルダにobjデータが自動作成されます。

Runtime→Geometries→WardrobeWizard→P8 Alyson(此処は各フィギュア別のフォルダ)

このWardrobeWizard→P8 Alyson部分をGeometriesのデータとして入れないといけません。
尚、WardrobeWizardの中にl_ShinBH.obj他、全部で四つのobjデータが出来ています。
これらはスカートのボーン用のガイドの玉です。
配布の時は忘れないように入れないといけません。

余談の余談です、以下は間違いの元なので、勿論そのまま入れてしまってもかまいません。

・・・WardrobeWizardを自分の名前のフォルダ名にすることも可能です。
私は見栄っ張りなのでそうしました(^^;
その時はCR2をCR2Builderなどテキストエディタで開いて書き換える必要があります。
その方法だとobj名を分かり良い様に変える事も可能です。

ついでに書くと靴は全てのボーンが組み込まれたままコンバートされているので、これもテキストエディタで不要な部分を削除してしまいます。



(もうほぼ書き残しは無いと思います。もしあったら追加と書いて日付など付けて書き足そうと思います。)
あ!もう一文書き添えておかねば!
今回の覚書を終わる。(^^

コメントの投稿

非公開コメント

No title

詳しい説明ありがとうございます。参考になります。
モデリングの手間がかなり省けそうですね。パーツ分けがいらないのは楽そうです。試着後の修正も楽だし。

わかりやすい説明!

sannziさん こんにちは^^

WW2 って、名前だけは知ってたのですが、
V3→V4 といったコンバートにしか使えないと思ってました。
この記事を読んで 試してみたくなりました^^

polinさん、おはようございます(^^

リアルタイムで書いていったのでまとまりの無い文章ですがそれだけに確かに出来る説明にはなっていると思います。
私もパーツ分けの必要がなくなるのでとても助かりました。
なんと言ってもモデリング最中に何度もコンフォーム化して動きを確かめられるのが画期的だと思います。
もしpolinさんの鈴音さん衣装の参考にるれると嬉しいです。

Fujikoさん、おはようございます(^^

実際この方法で上手くいくか試しながら書いていったので出来るのは確かだと思います。
分かりやすさは自信は無かったのでそう言っていただいて良かったです(^^

確か2年くらい前、WW2が発売になった時、理屈からいってきっと自作objもコンバートできるに違いないと思い試しました。
予想通り上手くいったときは自分でも本当に驚きました。
あまり衣装のモデリングは熱心でなかったのでWW2を使った配布は今度で3度目ですが自分では結構試していました。
Fujikoさんだと、モデリングもされるので理想の自作衣装を絵の中のフジコさんにすぐ着せる事が出来るようになられるのではないでしょうか。

No title

WW2ほとんど使っていなかったので 参考になりました。
sannziさんのところを見て面白そうだったので poser8買ってしまいました(笑)

なんとsione さん!お懐かしいです(^^!

お久しぶりです・・・と言ってもわずか半年もたっていないのですけど、お名前を見たとき思わず胸が熱くなってしまいました(^^;
またゆっくりとPoser再開されたみたいですね。
すぐ感は取り戻されるのではないかと思います。
私も本当に久しぶりに服つくりしました。
sioneさんにいただいた宿題のいらないモーフのダイエットも果たせずに配布などしてしまっています。

sioneさんだとWW2より綺麗にパーツ分けされるのではないかと思うのですが、そこにいたるまでテスト的にWW2でコンフォーム化して動かしてデザインを確かめるという事も結構役立つかな~などと思っています。

いそいそと・・

「衣装」いただきました。ありがとうございます。
A3は持っていないので、とりあえずDC化してTenTenに着せてみようかと
計画中であります。
解説を拝見したところ、P8のWW2があればメタセコで作った衣装も
簡単にコンフォーム化できるのですか。便利なソフトですね。

うーーん、Poser8が欲しくなってしまう・・(^ ^)

はるさん、今晩は(^^

お持ち帰りありがとうございます(^^
でもこの前も書きましたがカフスの所が完全に腕と分離しているのでDCは難しいかもしれません。
無理はしないでくださいね!

>P8のWW2があればメタセコで作った衣装も
簡単にコンフォーム化できるのですか。便利なソフトですね。

はるさんだと衣装も作製されているのでWW2ですぐコンフォーム化できると思います。
自作の服をフィギュアに着せて動かせた時は感動物ですよ~~(^^
でもはるさんだとTenTenなどP4系フィギュアですよね。
P4フィギュアはデフォルトで腰の位置がずれているからマネキンを作るときそれを0にして作らないといけなかったように思います。
それと今回分かったのですがWW2との相性があってフィギュアによっては球状影響範囲の調整が必要になるかもしれません。
まあ、はるさんならすぐマスターされるかもしれませんがそうなると結構面倒です。
プロフィール

SanziSannzi

Author:SanziSannzi
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。