Poser 8の新機能、法線マップを描ける・・・のかな?

Poser8は英語版を買っていたのですがe-frontierで日本語版発売が決まり、それとともに新機能も日本語で紹介されました。
英語の専門用語でよく分からない・・・というか私にはさっぱり分からない用語も分かって良かったです。
その中で(レンダリング時の法線マップ対応)というのがありました。
私には初めて聞く用語でしたが、自分なりに調べると3Dゲームで高速なレンダリングを実現する技術らしいと分かりました。

ポリゴンの向きは法線で定義されますが、その方線をテクスチャマップの各ピクセルのRBGで定義できる技術という事です。
つまり一枚のみのポリゴンでもそれに貼られたテクスチャマップのピクセルの数だけ法線、ポリゴンの向きを持てるという事です。

自分でもよく理解できずに書いております(^^;
多分某kyotaroさんなど専門知識を持った方が、私にだって分かる図版など添えて解説してくださるのではないでしょうか。
と、詳しい事は人任せにして今日は法線マップの描けるPhotoshopのWindows用のプラグインを見つけたので紹介してみます。
私が持っていても宝の持ち腐れになりかねませんが、詳しい方なら大いに役立ちそうな気がします。
NVIDIAがフリー配布している「NVIDIA Tools」の中の「NormalMapFilter」というプラグインです。

「NormalMapFilter」

CS2の場合のインストール方を書いてみます。
(以下は自己責任にてお願いします)
一番下のDownload Current Version (8.23.1101) というのをDLしてみました。
DLしたPhotoshop_Plugins_8.23.1101.1715というアプリケーションをクリックするとインストールが始まります。
終了するとProgram Files:NVIDIA Corporation:NVIDIA Photoshop Plug-insフォルダの中に三つの説明PDFが出来ています。
その中のPhotoshopNormalMapFilterの説明に眼を通しましょう。
(尚、同時インストールされるらしい他の二つは良くわかりません、使える方ならこれらも便利なのかも)

さてそれとは別にAdobe Photoshop CS2のフォルダの中にPlug-Insというフォルダが出来ています。
もしかして英語版Photoshopならこれで終わりなのかもしれません?
しかし私のは日本語版Photoshopなので後は手動でこの中のFiltersフォルダをプラグインフォルダに入れてあげます。
これでPhotoshop CS2を起動するとフィルタの中にNVIDIA Tools→NormalMapFilterという順番で入っています。

フリー素材の石壁で法線マップを作ってみました。
とりあえず先ほどの説明用PDFのまま設定してみました。

NormalMapFilter00
果たしてこれで良いのかどうか分かりませんが下のような法線マップが出来ました?

NormalMapFilter01
早速メタセコイヤで一枚ポリゴンの板を作りPoser8Eに持ち込みマテリアルルームで設定してみました。

NormalMapFilter02

Gradient_Bumpに繋げてその下のGradient_ModeのNomal Mapにチェックを入れました。
その結果のレンダリング画像です。

NormalMapFilter03-2

これで良いのかどうか自信はないです。
Gradient_Bumpというからには従来のグレースケールBumpと似たような使い方であろうとは思うのですが。
自分の感じではこのプラグインを使う限りでは作るのが楽だし、結果もより効果的に綺麗に出来たように思います。
尚、ポリゴン板は拡散色を白に設定しています。
山勘で使いました、本来の使い方かどうか色々試して頂けたらと思います。

・・・

今アールヌーブォー調の小物など作れないかな~という以前からの望みを試し始めました。
きっかけはniseisyaさんのニア☆みい用フリルワンピースnm_frill_onepieceです。
ぽざくらぶのフリースタッフにあります。
頭の丸い帽子がキノコ型ガレランプのシェードみたいだと思いshadeでガレランプっぽい形に作ってみました。
単純な形ですのでshadeの使い方を思い出すのに最適でした。
それをPoserに読み込み、マテリアルルームでglassのステンドグラス質感を充て私のイメージに合うように調整して使っています。
↓(画像クリックで大きくなります)
B800Galle Lamp01

次にティファニー調のランプも造りました。
此方は流転四界ぶろぐで紹介された那須ステンドグラス博物館で知って良いなと思い作ることにしました。
衣装のDCPajamasM3とKyotaro_sailor-set-for-scampixie-pranx_59258ともども同じく流転四界ぶろぐでいただいております。
ランプの明かりのフレアもkyotaroさんのフレアのマテリアルTIPSを使用しています。
Poserで明かりをほんのり灯す時、重宝しています。
↓(画像クリックで大きくなります)
b800Galle Lamp02
変な絵ですがF3Dのお題光にアップした絵です。

結果2個のランプが出来ました。

550Galle LampBurogu01

この絵もPoserでレンダリングしています。
これからステンドグラス風の格子が全部四角なので六角や三角など自由な形に出来ないか、又、shadeで作ったモデルのUV展開など研究してみようと思っています。

コメントの投稿

非公開コメント

新技術?

法線マッピング・・ってVue8にもありますが説明によると・・
「Vue 8 では、RGB 法線マップを使ってバンプチャネルが制御できるように
なりました。法線マップは面の外観を極めて精細に生成するマッピング技術
で、CG やゲームアプリケーションで広く用いられています。」
・・と書いてあります。バンプ、ディスプレイスメントと何が違うのか、
よくわからない機能ですが新しい技術なので何かいいことがきっとあるのでしょう。(^ ^);

アシュラが!

こんばんは。先ほど帰宅して、イーフロからPOSER8発売告知メールが来ていたので開くとsannziさんのアシュラがど~んとアップになっていました。もはや公式アーティストですね!ひょっとしてPOSER9日本語版のパッケージはsannziさんの作品になったりして…。
実はPOSER8まだ注文していないので、GW明けにでも注文しようかと思ってます。法線マップとは全く無関係のコメントで失礼します…。

はるさん、今晩は(^^

おお!Vueにも法線マッピングが取り入れられているんですね。
今F3DでT2さんに教えてもっらたHP見ながら実験中です。
色々分かってきたので、自分でこれは使えるかな~と思った所だけでも書こうと思っています。
はるさんも自作のモデルにバンプマップを使用していらっしゃいますが、それが高品位になった感じです。
多分此処で紹介したプラグインで自作可能ではないかと思います。
フリーソフトだから出来るマップもそれなりですが、従来のグレースケールマップより良いのが出来そうです。
つまりグレースケールマップより上等でディスプレイスメントより計算が速い~でもディスプレイスメントは全く別物の感じもします・・・。
明日にでもこの続きを書いて見ますのでチラッと見ていただけたらと思います。

niseisyaさん、早速にありがとうございます(^^

実は前もってDesignPlexのメインビジュアルにアシュラを使って良いですかというオファーを頂いていました。
私としてもう良いどころの話ではないのですぐ了承しました(^^
ただ掲載時期はその時になってみないとはっきり分かりませんという事でした。
それが先ほどお知らせが入り、よもやP8発売お知らせ号になるとは思ってもいなかったので驚いている所です。
今までは素人だからとお気楽な面もあったのですが(これからもアマチュアだけど)、これからはちっとは自覚してますます精進したいです・・・などと書くと自分でプレッシャーになりそうだけど(^^;
あす法線マップの続きを書こうと思うので、その時この事も書こうと思ってます。
プロフィール

SanziSannzi

Author:SanziSannzi
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード