ジンタイリング01 (永遠不変)

先日(陰陽太極図を描いてみた。)でも書きましたが、今暇を見てIllustratorの勉強をしています。
特にエッシャーの書くようなタイリングアートはどのようにすれば描けるのか興味を持ってやってます。

それで作品を作ろうと言う訳ではなくどうやれば同じ形を敷き詰めるタイルが描けるのか好奇心からです。
でも勿論それを応用して作品が作れればと言う下心もあります。
今回はPoserフィギュアを使って同じ人体をタイルに見立て並べたら面白い絵になるのではないかと思い試しました。
(画像クリックでわずかに大きくなります)
800Zin-Tiling01.jpg
大きな絵はartistsiderenderosityにもアップしました。

題名のジンタイリングは人体(ジンタイ)とタイリングを合わせた私の造語です。
下絵の陰陽マークの勾玉を並べたような所はIllustratorで描き、Photoshopで仕上げました。

ポーズを変えずにV4を複製し90度づつ回転させながら4体並べました。
左手で前方のV4の右足爪先をつかむようにして4体を繋げるようにしたのですがポーズ付けが予想以上に難しかったです。
最後の一体だけは少しだけ腕の角度の調整が必要になりました。
理屈では全く同じポーズなので調整なしで繋がるはずなんですが違うという事は何か間違いがあるということだと思います、これからの課題です。

ついでに今作っているエッシャー風鳥のタイリングです。
550Tiling01tori.jpg
え!鳥に見えない、ごもっともです(^^!
しかしながらとりあえず左右上下対象でない形状のタイリングに成功しました。
エッシャーの場合鳥と魚とか人とトカゲとか、違う物の組み合わせ、しかも大きさを変えたり形を変化させたりなので、やっぱり凄いなと思うし、どうやれば自分でも作る事が出来るのか興味の尽きないところです。

ついでにもう一つ、Illustratorで描いて背景の下絵にした(4連勾玉模様)です。
前々回の陰陽の書き方を応用して書きました。
550rinne01.jpg

何ゆえ急にこういう事に萌え始めたのかというと類さんのHPで紹介されている(ずばり、あなたの理系度チェック!)をしたからです。
なんと80点でした。
自分でもあるいは他の方にもそう思われていなくても立派な理系なんだそうです。
自信を持つようにわざわざアドバイスまで書かれていました。
にわかには信じられませんが(自分でもまだ言うかと思いますけど)信ずる者は救われるです。
こういう理系の絵作りも進めていこうと思います。





コメントの投稿

非公開コメント

こりゃまたすごい

なんと、4体のフィギュアを実際に組み合わせたものだったのですか。
てっきり、一人だけをレンダリングしてペイントソフトで切り貼りして
合成したものかと思っていました。
確かによく見てみれば、一人ひとりの影の付き方が違っていますね。
すごいです。(*o*)/
さすが、3Dエッシャーのsannziさん。
そういえば人の配置が卍の形にも見えます。

タイリング・・みごとですね。これはイラストレーターとかで制作する
のでしょうか。私にはどうすれば作れるのか見当も付きません。
確かに「鳥」には・・・(笑)

理系度60点の「はる」でした。。おかしいなぁ・・

はるさん、今晩は(^^

>なんと、4体のフィギュアを実際に組み合わせたものだったのですか。

実はそうなんです。
そういうのが得意な方はコラージュでいくらでも繋いでしかも正確作られてしまうのだと思いますけど、私には難しく思いまして。
これだけの数なら一発レンダも可能なんですが、これから先多くの人数でパターンを組まないといけなくなったときどうしようと悩みどころです。

>さすが、3Dエッシャーのsannziさん。
そういえば人の配置が卍の形にも見えます。
タイリング・・みごとですね。これはイラストレーターとかで制作する
のでしょうか。私にはどうすれば作れるのか見当も付きません。

うわ!ありがとうございます(^^
このタイリングデザインはエッシャーの本を参考にしています。
でも解説書ではありますがハウツー本ではないので、此処まで来るまでかなり志向錯誤が必要でした。
自分で作ってみてますますエッシャーに対する畏敬の念が大きくなりました。
絵を見ると、とても真似できないなという諦めの思いと、ますます頑張ろうと言う励まされる相反する思いがします。
勿論後者の思いを大切にて頑張ろうと思います。

はるさんが60点(^^?
う~ん、余りあてにできないのかな~
でも私は都合の良い結果なので信じ続ける事にします(^^

No title

和風展ではお世話になりました。
前々回の陰陽太極図の描き方勉強になりました。
陰陽太極図まさか陰陽太極図がこんなに風に描くと上手く描けるとは思いませんでした。
そして今回のジンタイリング!
発想がもの凄いですね~。
そしてポーズの組み合わせ。
POSER空間の魔術師ですね~。

中華展は最近知ったので参加できないと思いますが(努力はしてみます)、拝見しにまいります。

真仁堂さん!いらっしゃいませ(^^

なんと和の絵描きさんですね。
和風展のとき絶対歴史の知識や絵心のある方だと思いブログを拝見した事がありました。
本格的な和のモデリングもされているのですね、驚きました。

私の場合やりたくても出来ない事の方が多いです。
結局頓挫して時間をつぶしてしまってクラクラする事もあります。
そんな出来なかった事には口をつぐんでいるので何でもやってしまうみたいに嬉しい誤解をしてくれている方もいらっしゃるみたいです(^^;

タイリングは子供の頃から興味があって試していました、といってもノートで落書きする程度でしたが。
なかなか上手く行かずこの年になってようやく形にする事が出来ました。
3Dの方がおろそかになってしまいますが、ついついはまってしまいます。

中華展はぽざくらの管理人のMUKAさんという方が開催されています。
MUKAさんとは直接お知り合いという訳ではないのですが、何しろぽざくらでCGの事を覚えて行ったので、そのご縁で参加させていただいています。
チャイナドレス推奨となっていますが私は過去ネコだけで参加した事もあります(^^?
もし機会がありましたら参加してくださいませ(^^

No title

すばらしいですね。sannziさんの本領発揮ですね!
できれば、フィギュアのポーズがもっと「芸術的」なものだったら、なお見事だったのではないかと。
陰陽の描き方ですが、私はこのサイトを参考にしてます。
http://dearbooks.cafe.coocan.jp/paint/kamon-indx.html
普段は感覚でいい加減に描くことが多いですが、きっちり割付をしたいときもありますので(^^

No title

こんばんは。
なんだか最近、sannziさんのアートっぷりに磨きがかかって来てますね。中華展の作品もそうでしたが、こういう作品はただモデリングがうまいとかライティングがうまいとかではなく、シーンを構成するイマジネーションが必要だと思うのでそこに惹かれます。私もいつかはそういう境地に到達したいものです…。

HONEYさん、今晩は!

いらっしゃいませ(^^
>できれば、フィギュアのポーズがもっと「芸術的」なものだったら、なお見事だったのではないかと。

私も後からつくづく眺めて、なんだかインドの山奥の妖しい古代遺跡の壁に描かれた妖しい●◎壁画に見えてしまって、ちょっと失敗したかなと思っておりました(^^;
ポーズはデッサンの練習や人体工学の知識がさっぱりなので弱点だと思っています、なんとか克服していかないと・・・

とても良いサイトを紹介していただいてありがとうございます。
本題の家紋の描き方もさる事ながら基本の幾何学図形の描き方もとてもありがたいです。
イラレだと勿論数値入力だけで正確に描けるのですが、こういう基本を知っていれば随分自作模様を描く時、発想力の助けになると思います。

家紋の描き方、眼から鱗で素晴らしいですね、基本をしっかり押さえた方の発想は素晴らしいです、とても良い刺激になります。

又、小紋、和の文様の素晴らしい事!
エッシャーよりはるか以前にこのようなタイリングアートが確立していたのですね。
今ちらりと見たのですが紗綾形とか角繋ぎなどどうやれば描けるのかとても良い練習問題になりそうです。
私でも知っている千鳥格子など全くエッシャーのタイリングアートそのものみたいです。

そういえばHONYEYさんも小紋を描かれていたなと思い出し小紋雅話を覗いてきました。
ご存知虚無僧が面白いし眼に優しいので壁紙にしました。
山東京伝はお江戸の手ぬぐいコンテストの解説を見た事があるのですが粋で良いですね(^^

niseisyaさん、今晩は(^^

いらっしゃいませ!

お褒め頂いてほっとしております。
と言うのも、今回は後から見るとインドの山奥にある妖しい遺跡の壁画みたいに見えてしまって多少オロオロしておりまして(^^;
なんとか弱点のポージングを克服しなければと思っています。

niseisyaさんのモデリングまで丁寧な絵作りを見ると恥ずかしく思うことがあります。
ライティングなどもどうにも苦手でついつい解説書のIBL解説に頼り切った設定をしてしまいます。
ちょこっとアイデアを思いつくとすぐ飛びついて作ってしまうのですよね。
見習ってもう少し落ち着いた絵作りをしなければと思っています。

No title

面白い絵ですね。パズルみたいです。
背景のクリーム色のところが、なんかいい質感ですね。大理石みたいです。これは薔薇の柄ですかね。
指で触ってみたくなります。

polin さん、おはようございます(^^

>面白い絵ですね。パズルみたいです。

体のポーズを同じにして全て繋がるようにするのが確かにパズルっぽかったです、今度は前後左右にも組み合わせたいですね。


>背景のクリーム色のところが、なんかいい質感ですね。大理石みた  いです。これは薔薇の柄ですかね。
 指で触ってみたくなります。

ありがとうございます、実は自分で一番気にっているのがこの背景でした。
なんか良い質感になったなと思って。
基本的にホトショのフリーのスタイルを使ってバラの柄を貼り付けて有ります。
なんと言ったらいいのか・・・バラの柄に影とか艶を出すスタイルという機能です。
ホトショにこんな機能があったのかと驚いております。
プロフィール

SanziSannzi

Author:SanziSannzi
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード