暗黒の鎧武者 5&6

暗黒の鎧武者は私がごく初期の頃作った和風ファンタジーです。
今日は5話目と6話です。

(第5話)父と子
(実は本当にでかかった)魔人は若武者の父でした。
しかし古代の神に心をのっとられ操られています。
古代の神と魔人は世界を人間が誕生する以前に戻す為に破壊の限りを尽くそうとしています。
若武者は父の心を取り戻す為に唯一人戦います。

(第6話)古代の神
しかし古代の神は若武者までも取り込み操ろと出現しました。
前方に魔人と化した父、後方に古代神、まさしく絶体絶命の若武者です・・・!
・・・・・
しかし、その頃、美胡姫は若武者の為に全身全霊の祈りを捧げておりました。
果たしてその祈りがもたらす愛の奇跡とは!!

550Young warrior versus darkness warrior 56
artistsiderenderosityにも2枚一組でアップしました。

昔書いた日記や作文を読まれるのはとても恥ずかしいものがあります。
今回の絵はさすがにそれに似た恥ずかしさがあります。
記憶の中ではもっとよく出来た大迫力の絵だったのですが、なんだかとても稚拙な絵に見えてしまって・・・
唯、自分で憧れの特撮が出来るのが嬉しかったのを覚えています(^^

・・・・・・

三児のVueコンテスト、チャレンジ日記

さてようやく萌えられる題材が見つかりました。
今回は過去一回だけ訪れた事のある憧れの地を題材にする事にしました。
それに前回ゴミ篭に捨てたアイデアの一片だけ拾い出して入れることにしました。

まだ大まかですが出展しても良いくらいの所まで持ってくることが出来ました、唯今回はこれを新たなスタート地点にしてみようと思います。
まず一応最終的なレンダリングを試しててみたのですが、理想的な設定ではレンダ時間が非現実的に掛かることが分かりました。
朝ポチッとレンダボタンを押して、まだ後二十時間なんて出ています。
今回のコンテストはレタッチが一切使用できないので一発レンダでしなければいけません。
そんなに時間を掛けて部分的に気に入らないからといって、ポストワークの修正や部分レンダして合成も出来ません。
慌てる事はないけどまずそこから解決しないと。

又、この際、今までやりたくても難しかったり面倒だったりで避けていた事を一つ一つ試していく事にしました。
良い機会なので、気になっている設定項目なども出来るだけ調べて行こうと思います。
まず手始めに植物エディタで新しい植物(の種)を育てて作ってみようと思います。
出来れば2~3種類、絵の主役じゃないので出来ればだけど・・・

コメントの投稿

非公開コメント

理力の暗黒面

いい題材が見つかったそうで、めでたしめでたしです。
CGの場合、レンダリング時間の長さがネックでして・・うちのマシンで
も数十時間という数字を見かけます。さらに困るのが途中で固まってしまう
ことが時々あることでして・・(^^)

植物エディターはいじってみたことがありますが・・難しいです。
思い通りの木を作るなんて到底できませんでした。

はるさん、おはようございます!

パクリっぽい暗黒面ですね(^^;
想像力の限界というかどうしても似たストーリーになったようです。
でもこの前三銃士の人形劇をみていたら似たような設定が出てきました。
昔からこの父と子の設定はポピュラーだったのかもしれないです。

めでたく良い題材が見つかりました(^^
以前からやってみたい題材ではあったのですが難しくて頭から候補に上がっていませんでした。
でも気が付けば某hさんやHさんのブログで知った事を参考にすれば充分作成可能であると気が付きました。
無事投稿できたら結果の如何に関わらず書いてみようと思います。
しかしお二方とも頭文字がHなのが面白いですね・・・

私のPCは今では比較的に非力な部類になってしまったようです。
でもレンダできるだけでもありがたいです、レンダ時間はなんとしてもクリアしないといけない課題です。
太陽光の柔らかさを設定するととたんに長くなりますが最終レンダでは絶対外せないし・・・

植物は使うとしてもその他大勢的要素なのですが出来れば使いたいです。
以前rasさんの紅葉講座で随分鍛えられたので交配などすれば、なんとかモデルにした植物に近寄れるのではないかと思います。
プロフィール

SanziSannzi

Author:SanziSannzi
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード