スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トイプー(作製)日記 shadeに挑戦!

640syotyuu02.jpg
まずは暑中お見舞い申し上げます。
本年も宜しくお願い申します・・・あれ~、暑さで頭がぼ~としております。
せめて絵の中で究極の暑さしのぎをしました、電脳箱庭のはるさんが配布された氷柱付きタライセットとソフトクリームと風通しの良い破れ堂です。

・・・・・・・

さて本日の本題のトイプー(製作)日記です。
まずその前にデカプーどんをご紹介します。
artistsideをご覧になっている方はご存知と思いますが、マンガを主に描かれて人気の作家sutechinさん作デカプー日記の主役です。
実に活き活きとトイプードルのデカプードン(メス)と彼女を取り巻く人々の日常が、爽やかに描かれています。

先日私の誕生日に一生懸命走り回ってくれたけなげなワンちゃんでもあります!
↓クリックするとアニメがはじまる(はず)です、始めてなのですが上手く行くかな・・・

☆ 三児さんへのバースデーカード(sutechinさん作のアニメ)

一体どうやればこういうアニメが出来るか分かりませんが、あっという間にこの技術を体得されました。

さてこのアニメを頂いた頃、何か久しぶりに動物マスコットを作ってみたいと思っていました。
冒頭の暑中見舞いの小さなネズミの置物ちゅう吉が第一作でした。
2作目が氷柱にくるまれて涼しげなリトリカウです。
sioneさんにマフラーを作っていただいたり、はるさんに半纏を作っていただいた幸せ者です。

さて何が良かろうかと思っていたときこのアニメを見たものだからトイプードルにしてみたらと閃きました。
sutechinさんに相談した所、トイプードルやデカプーどんの特徴を的確に捉えた絵を数枚描いて送ってくださいました。
これだけの参考資料を自分でそろえるとなるとどれだけ時間が掛かったことか、感謝です。
私のPoser人形は人形劇で下から棒で操る操り人形を意識しているので余り似ていませんがおかげでトイプードルの特徴を捉える事が出来たと思います。
ToyPoodle03.jpg

又その頃、コンテストの賞品shadeの最新版11スタンダードが届きました。
どんなに素敵な賞品でも使わないと宝の持ち腐れです。
この際操作を覚える為にもshadeで作製する事にしました。
今の所↓のようになってます、さすがペジェ曲線を引くだけで出来る自由曲面だけあって早く出来ました。
此処までは・・・
1100ToyPoodle04.jpg

実はこの後どうやれば細かい口や手足などの造形が出来るか見当も付きません。
ペジェ曲線の組み立てが間違っているのかなと思います。
尻尾の綺麗な巻き方も分からず研究中です。
でもこの状態でメタセコに持ち込めば充分継続作製可能だと分かりました。
でも今回はshadeの操作に慣れるのが目的の一つなので、この先shadeの擬似ポリゴンに切り替えて進めることにしました。
メタセコは最後にマテリアル名を付けるのやUVのアジの開き展開の為に持ち込むことになると思うのですが、モデリングで使うのはあくまで最終手段だと思っています。

又shadeデータをPoserで使うための心強い教科書も見つけました。
kyotaroさんのShadeの形状集をPoserで使うです。
次回の日記で書いて行こうと思いますが、これを始める前に読んでいて本当に良かったと思っています。

・・・・・

お約束のVueコンテストの絵です(^^;
気が付いた事など書こうと思っていますが、今晩はもう時間切れなので、明日からでもおいおい書き足しておこうと思います、すみません。

1100Forest with Eternity03

はるさんから質問のあった8の字のオブジェですがこれはいわゆるメビウスの輪になっております。
(8月3日追記)
○ この絵の題名は、無限の有る森、でした。
太古から変わらず存在し続ける屋久島のコケに覆われた森林をイメージしていました。
もっとはっきり言うと、もののけ姫の森のイメージです。
その無限の象徴として表と裏の繋がったメビウスの輪をイメージしモデリングしました。
ただそのままでは見た目がただのワッカに見えて弱い気がしたので、さらにそれを捻って、無限∞記号に見えるようにしました。
(8月4日追記)
○ このコケに覆われた森の題材は以前からやりたかったのですが、なかなか良い木の根っこが見つからず手を出せずにいました。
そんな折、HONEYさんが紹介してくださったのが高精細の無料植物モデルでした。
これらの植物を見て注目していたのが根っこの見事な張り具合でした。
もしかして以前から作りたかった奇妙な形をしたしかし力強い形の根っこの世界が描けるのではないかと思っていました。
そこで主に同じヒノキ科の杉、檜の中から根っこぶりの良いのを数種選んで、メモリーの関係で葉っぱや細かい枝を削除して並べました。
表面はコケでモコモコした感じに質感調整しました。
(8月5日追記)
○ 植生エディタで何種類ものコケを作りました。
主に種の交配と言った感じのやり方です。
例えば大胞子とスゲを組み合わせて質感もそれらしく換えてタマコケを作りました。
↓一個一個見るとよいかげんな物ですが群生させるとそれらしく見えるのではないかと期待しました、
tamakoke.jpg

元々土の少ない屋久島であのような大森林が育ったのは、多くのコケが多くの水を含んでいるからだそうです。
話に聴くと屋久島には700種を超えるコケが群生しているそうです。
こんな具合でこさえたコケはどんな形でも大概屋久島には存在しています。
それが面白くて20種類ばかりコケを作りました、思えばこれに時間を掛けすぎたのかも。
結局使ったのは5種類でした・・・
(8月6日追記)
○後、効率のよいレンダリング設定も探ってみました。
今までザラツキが気になり最終設定より上のスペリオールと言うので仕上げレンダをしていましたが、はるさんやniseisyaさんなどベテランの方が最終でレンダされていたそうです。
取説にも最終が静止画では理想的とあるしそれを信じる事にしました。
そこで他は最終(Final)設定にしてアンチエイリアスだけ上げる事にしました。
HONEYさんによると90と80では見た目に違ってくるそうです。
出来るだけ90でやろうかなと思います。
ちなみにFinalでは60、Final - Vue 7では40でした。
尚これもHONYEさんによるとテクスチャベースのアンチエイリアスは特に必要ないみたいです。
私はPoserフィギュアなどテクスチャが大切なのは入れるのかと思っていましたが勘違いをする所でした。

以上で大体気が付いた主な事を書きました。
少しショックだったのは最初構想した通りの絵が出来たのに、何か物足りなさを感じてそれが何か最後まで分からなかった事でした。
困った事です・・・・・

コメントの投稿

非公開コメント

早いですねぇ

暑中お見舞いの画はすごいことになっていますね。
牛君は本当の「霜降りお肉」になりそう・・(^^)

Shadeの勉強もすいすい進んでいるようで、早くもこんなにかわいいワンコを
自由局面で製作されるとは、さすがsannziさんです。おみごとです。
私の使っていた頃のMy-Shade2からは、ずいぶん進化しているようですね。

おお、あれはメビウスの輪でしたか。なるほど。

はるさん、こんばんは(^^

おかげさまでCGワールドの私の仮の姿、牛君は凄く涼しく過ごさせていただいています。
また欠けたガラスがこれほど凍りに見えるのかと驚いてもおります。

Shadeはおそらく、はるさんが取り組まれていた頃と比べると・・・・・
まず、リンク、これはメタセコイアの鏡面設定にあたると思います。
またモデリングの各図形ウインドウで角度を自由に回転させて作業できるようになった事が大きく違うのではないかと思います。
これがわかった後、自由曲面作製が随分早く出来なりました。
此処までは(^^;
効率だけ考えると自由曲面でアウトラインをしっかり取れたら、メタセコイアでポリゴン編集に写るのが良いように思いました。
Poserに持ち込むことを前提にするならマテリアル名のインポートなどの事もあり将来はそうするかもしれません。
でもいつか、shadeだけでモデリング、レンダリングする事もあると思い、今回はやれるだけshadeでやることにしました。

今日、本文に書き足しましたが、久しぶりに不思議な物体的モデリングをしました。
ただのワッカのメビウスより一ひねりして∞記号のメビウスの輪にしました、久しぶりに夢中になりました(^^

スーパーsannziさん!

こんばんは!

なんと涼しげな----!
私もlittleCowちゃんになりたいと心底思いました。

それとShadeでトイプーちゃんのモデリングまで
着手されたのですね。
凄いです。

Vueの絵では幻想的な森の雰囲気と、
特にメビウスのモニュメントが神秘的で面白いですね。
映画「2001年宇宙の旅」に登場するモノリスを思い出しました。
このメビウスをトリックアートの要素として強調された作品も
是非拝見したいナと感じました。

mamomamoさん、今晩は(^^

氷漬けのカウは私の願望です(^^;
こんな時はアイスを舐めてウトウトお昼寝してこんな夢を見ている時が一番幸せですね・・・

折角shadeをもらったので意地でもshadeで仕上げてやると思っていたのですが、もうすっかり慣れてマテリアル関連以外はshadeでいけそうです。
但し亀のごとくノロノロやっております。

確かにメビウスのモニュメントはモノリスを彷彿とさせますね。
私は今だにあの物体は良く分からず何なのだろうと想像しながら見ているのですが、アナザー世界のモノリスだと思ってこのメビウスを見ると違った面白さがありますね・・・
鹿の変わりにチンパンジーにしたらもっとメッセージ性が強くなったかも。
又、メビウスの輪を地形にした絵も面白いかも知れないですね。

こんばんは

毎回興味深く読ませていただいてますが、暑さに参ってついコメントが途絶えてましたniseisyaです。
前回コメント後に思ったのですが、sannziさんはV4やA4といったリアル系キャラを使われるので、特に肌の質感をきれいに出すには設定を上げる必要があるのかなという気がします。なまじリアルなだけに、実物とのちょっとした違いが違和感を感じさせることがあるでしょうし。(いわゆる「不気味の谷」という感じで…。)私はもっぱらにあ☆みぃなので、そのあたりがあまり気にならないのかな、と。それと、たとえ2枚並べて見せられても細かな違いはわからないという「違いのわからない男」である私の感覚の鈍さも原因でしょう(笑)。
ですので、sannziさんのお勧め設定が出るのを虎視眈々と狙っておりました。今度試してみようと思います。

niseisyaさん、今日は(^^

私も気が付けば暑さでぼんやりしている事が多いです(^^;
こうしてブログやっていなければお昼寝ばかりしていたかも・・・・・

肌がと言うより髪がザラザラして気になって仕方なかったです。
肌はPoserの設定をそのまま持っていけないので仕方ない部分もありますが、それにしても綺麗に出るものだなと感心したりしてました。
その点髪のザラザラ感は何とかできないかなと思ってました。
にあ☆みいは髪もアニメ調なのでその心配は無いですね。
それとか細い草なども綺麗に出したいときは高めにしたいと思ってます。

他にグラスなどのコークティクスなどを綺麗に出したいときなど特別な設定が必要なようです。
今回そういうことも分かってきました。

「不気味の谷」は私も興味あります。
何かそれを逆手に取ったような絵が出来ればそれはそれで面白そうなんですけど・・・と言うのは難しすぎますけど。
プロフィール

SanziSannzi

Author:SanziSannzi
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。