肥大するTempファイルの謎!と、ミュシャ風フレーム

昨日人をテーマにしたVueコンテストに応募しました。
自信がさっぱり持てず受からなければ時間の無駄ではなかろうかと弱気と迷いを振り払いつつのチャレンジでした。
が、結局例えそうでも全く無駄という事はありませんでした。
少なくとも今回二つの得る事がありました、最初の一つが

☆いつの間にか肥大化したローカルディスク(C)の使用領域の原因と対策が分かった!事です。
Vueやおそらく他のCGソフトにも関連する其の意外な事実とは!!!(^^

(最初に書いておきますとWindows Vistaの場合で、多分他のWindowsでも同じなのではと推測します。
マックの方は関係ないのでは・・・
又、隠しファイルを扱うのでお試しになる時は自己責任にてお願いします。)

経緯)
Vueの作製も終盤に差し掛かった頃突然Cディスクの空き容量が少なくなったので対策を実行するようにという警告がでました。
以前から妙に使用領域が増えていくのが気になっていたのですが、そう深刻な状態ではなかったのでついついほったらかしにしていました。
それがなんとディスク容量232GBが残り680MBとなってVueの操作にも支障をきたす状態になっていました。

そこでディスクのクリーンアップをまず実行しました。
結果、一時フィルが約330GBと異常に肥大している事が分かりました。
(Cディスクの容量が240GBなので何故それより多いのかは今だに謎です?もしかして単にWindowsフォルダ内のTempフォルダの使用メモリ33.0を330と読み違えただけかもしれない。)
Windowsのヘルプによると一週間経過して更新の無い一時フィルは削除しても安全だと言う事です。
そこで一時ファイルの収まっているWindowsフォルダ内のTempフォルダを見てみたのですが大して容量は喰っていませんでした?
他にも一時ファイルの収納場所は有るのでありましょうか?!

元々Cディスクには必要なソフトしか入れていなくて、VueやPoserなどのセーブデータなどは外部HDに入れています。
なのでこれ以上削る事もできません、でもなんとか空き容量を開けないと事実上Vueでの作業も続けられません。
一時作業を止めて原因を探る事にしました、その結果Vueに関連する意外な事実が分かりました。

事実)
まずTempフォルダが以下にも存在する事が分かりました。

Cディスク→ユーザー→ユーザー名フォルダ(例えばsnnziフォルダとか)→AppData(隠しファイル)→Local→Temp→eon

そのプロパティーをみると約180GBと原因が此処にあることが分かりました。
更にフォルダを開いて中のフォルダ名を見て行くとeonと言うのを見つけました。
プロパティーをみて見ると160GBを越えていました。
中には明らかにVue関連らしい一時ファイルが消えずにたっぷり詰まっておりました。
こんな感じです↓

s-burogu01.jpg

下のテクスチャ関連のイメージフィルは其の時Vueに読み込んでいたものです。
Vueは作業の時、此処のTempフォルダに一時的にJpegファイルなどを読み込んで作業効率を上げているようです。

対策)
本来消えるはずの一時ファイルが何故消えずに残っていたかは後回しにして・・・

一週間更新の無いTempファイルは削除しても安全と言う事なので、取り合えず古いファイルを選んで削除して、兎に角今回の作業を終えることにしました。
恐る恐る30GBばかり削除したのですが、Vueの動作になんら支障も無く無事絵作りも終えることが出来ました(^^
其の後、思い切って全てのTemp→eon内のファイル(eonフォルダ自体ではなく其の中のファイルを)を削除したのですが、今の所何一つ差し障り無くVueは動作するようです。

原因)
さて何故一時ファイルが消えずに残っていたのか?!
実験をして其の原因が分かりました。
まず普通にVueを使って終了した場合、一時ファイルもそれに伴い消える事が分かりました。

そこで心当たりがあるのは、ついついVueに色んなものを詰め込みすぎて不正な終了をする事が多いと言う事です。
フリーズして応答しなくなり仕方なくシャットダウンしてしまう場合です。
そこで実際わざとフリーズさせて強制終了させてみました。
思ったとおり其の時使用していた一時ファイルは消えませんでした。
つまり不正終了→一時ファイルは消えるプロセスが無くなってしまうので残ってしまうという訳です。

ソフトの仕組みにより違いはあるのかもしれませんが、他にも不正終了してしまう事が多い(主にCG)ソフトなどでも同じような事が有るのではないかなと推測しています。
もし異常にディスク容量が減っていたら覗いてみる価値はあると思います。
私は上記の一時ファイルを消した事によってCドライブの空き容量を三分の二ほどにする事ができました(^^
(冒頭にも書きましたがくれぐれも慎重に自己責任にてお願いします。私は以前ディスククリーンアップで一時ファイルを全削除した所、不都合の出るソフトがありました。)

☆ミュシャ風フレームのモデリング

もう一つコンテストにチャレンジして良かった事です。
以前にも書きましたがIllustratorで描いたベジェ曲線をShadeに読み込んで立体化を試していました。
今回の絵は優勝者が決まるまで他でアップしてはいけないと言う規約があるのでまだ此処に表示できませんが、どうしてもミュシャ風フレームが必要でした。

そこでIllustratorでミュシャの絵を下絵にしてフレームを描きました。
↓初めてだったので結構手間取りましたが、やり方が大体分かりましたので良かったです(^^
Illustratorburogu02.jpg

↓これをShadeに読み込んで立体化しました。

Shade-burogu03-2.jpg

なんだかこの程度だとアルファ画像でくり抜いた方が良い様な気もしますがやっぱりコダワリと言うか、出来た事が嬉しいわけで(^^;
それに厚みの無いアルファ平面でなく、ちゃんと厚みがあるので仕上がり感も違ってくるのでは、
部分的にShadeだけでやった方が綺麗に出来そうな所もありますが、私だと全体的にはIllustrator使わないと出来なかったと思います。
もっと工夫次第で面白いモデリングが出来そうです。
Illustratorは私でも綺麗な線が引けるので結構好きなソフトです。
でも難しくてまだ上手く絵が描けません。
Shadeとの連携と言ってもまずそこが一番の前提になると思うのでIllustratorで絵を描く練習もして行こうと思っています。

コメントの投稿

非公開コメント

無事完了ですね

コンテストの作品制作お疲れさま。確かに、どのような結果がでても
決して努力は無駄ではないと思います。次の作品の糧(かて)になるでしょう。
↑なんだか、落ちることを前提みたいな文章で御免。(^^)

一時ファイルの肥大化は経験ないのですが、なるほど・・と思って
調べてみました。
うちのWin7ではC:\Users\***\AppData\Roaming\e-on software
\Vue 8\Temp\Data(***はユーザー名)に53個29MBのファイルが残って
いました。日付はすべて8/4日なので問題なかろうと消去してみました。
その後、Vueを起動させてみましたが大丈夫でした。時々は検査したほうが
いいようですね。

イラレの額縁は見事ですねぇ・・やはりsannziさんは2Dでもセンスが
光ります。才能をひしひしと感じます。

はるさん、こんばんは(^^

そう言って頂くとありがたいです。
こんなに弱気では通るものも通らないと思うのですが、どうしても強気になれないですね(^^;
何しろ半分くらいフリーズしてやり直しの繰り返しでしたし。
そろそろ新しいパソコンをという考え方もあると思うのですが、考えようによっては以前の今から見ると随分非力なパソコンで素晴らしい絵を作成していた方はいくらでもいるし、パソコンとVueに無理をさせない絵作りもあるかと思っています・・・

はるさんの一時ファイルは29MBでしたか!
そのくらいであれば気にしなくても良いですね、私の場合と比べればですけど。
なにしろ160GBとGが付きましたから。
いかにVueに無理をさせてフリーズを繰り返してきたかと言う証拠だと思います。
やっぱり新しいパソコンにするまでは、Vueに優しい絵作りを考えて行こうと思います。
同じソフトなのにWinのバージョン違いで一時ファイルの場所が違うのですね、面白いです。

え~今回のイラレの絵はミュシャの絵をなぞっただけなので本当にセンスの証明になるのかどうか(^^*
そうだと嬉しいのですが、
でもやり方の目処が立ったのは本当に嬉しかったです。
自分でもどうだと胸を張れる様な2D絵を描けるようになりたいです(^^

デザインセンス

おはようございます!

Vueはやはり重いのですか--私のロースペックPCでは
無理っぽい気がしますTT

ミュシャ風フレームのモデリング!
IllustratorとShadeは相性が良いのですね。
特にアクセサリーなどにも威力を発揮できそうで
強力なツールだと感じました。
でもなによりsannziさんのセンスが光っています。

HEXAGONにもライン系のツールがあるので最近
使用することが多いです。
ただレンダリング機能がついていないので、
Carraraに読み込んだりして確認しています^^;

mamomamoさん、いらっしゃいませ(^^

今晩は(^^
一概にVueが重いというのではないと思います。
Poserで何回かに分けてレンダしないといけないようなシーンをそっくり持ち込んでもVueだと軽くレンダできる場合も有りますし。
全く違うソフトだから単純に比較は出来ませんけど。
唯、私みたいにPoserの人を何体も読み込んで使う場合が多いとVueも無理をするようです・・・

意外ですがIllustratorのベジェ曲線を使ってShadeでモデリングした作品は余り見ないですね。
実際やってみるとShadeにエクスポートするのを前提に描かないと上手くモデリング出来ないので、そこがネックになっているのかなと思います。
Shadeに持ち込んでからのモデリングはまだ研究中です。
今回のフレームもまだ良く出来ないかと思っています。

センスはついつい限界を感じてしまう事が多いです(^^;
たまに自分も此処までかな~と思うことがありますが諦めたらそこまでと自分を奮い立たせつつのチャレンジの毎日です。

HEXAGONもライン系モデリングが出来るのですね!
DAZのセールの時入手していたのですがそれすら分かりませんでした。
それを使いこなしてやっぱり凄いです。
前回のアイプーの絵もCarraraだったのすね。
mamoさんの絵を観るとCarraraも良いなと思います。



見ました

Cornucopia3Dのコンテストの画を拝見しました。
sannziさんのお得意の3D額縁シリーズだったのですね。奥行き感が
以前より更に増しているような気がします。今回は画が三層か四層に
なっているのでしょうか。まさにトリックアートです。お見事。

はるさん、わざわざ見つけ出してくださって

ありがとうございます(^^
額縁の中に立体的な世界を描きたくて始めた絵でした。
ところが途中上で書いたようなメモリー不足で随分無駄な時間をとられてしまいました。
最初は額縁の奥に広がる山や木や家などを置いて風景画にしていたのですが、何しろテストレンダをしただけでフリーズすると言う状態で泣く泣くそれらを削りました。
例えそういうことが無くても受からなかったと思いますけど、
受かるにはもっと根本的な何かが足りないのだろうな~と思案しております(^^;
そうそう、奥行き感を出す為に被写界深度を使ってみました。
額縁は本当は壁に開けた窓なんですが一枚絵に見えてしかも立体的に見えるように工夫したつもりでした・・・
プロフィール

Author:SanziSannzi
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード