花魁ちゃん!?

(11月14日、artist sideのウィークリートップに選出されました。)

可愛いフリーフィギュア(Pippin Basket)を花魁人形にしてみました。
(artistsideにも大きな絵をアップしました) (renderosityにもアップしました)

s600OiranDolly07.jpg

artistsideyや和風展のkoutyaさんの絵でお馴染み、フリーフィギュア(Pippin Basket)です。

(Pippin Basket)は此方から。
ShareCGのキャラクターセット(Twinkle for Pippin Basket)も使用しました。

上記ページは今までも目にした事はあったのですが、何しろ赤ちゃんフィギュアなので、自分としては使うことはなかろうと思い込んでいました。
でも導入してみると、とてもフリーとは思えない完成度のフィギュアでした。



その他使用アイテム。
江戸暦HONEYさんのV4用花魁衣装・数奇屋座敷-華・衝立2・髪飾り。

花魁衣装や障子はテクスチャを張り変えております。
衣装のテクスチャは素材集を使いましたが、花魁特有のまな板帯は、ロリポップキャンディーに似合いそうな、ちょっと間違えた和風に描いてみました(*^。^*)

Fujikoさんの花魁ヘヤー。

電脳箱庭はるさんの竹の花立て。

tweetyさんのロリポップキャンデー。

ガザニアの花は三次のマスコット動物園内(植物・小道具・etc)にあります。



今日の覚書、その一。
今回はHONEYさんのビクトリア4用の花魁衣装を、あの手この手のローテクを駆使して、ちょっとハイテクも使ってPippinに着せ付けました。
基本の方法としては随分以前から有ったローテクです。
まず
bOiranDolly01-1.jpg
①DAZのビクトリア4にHONEYさんのV4花魁衣装(cr2_v4oiran)を着せつけポーズを取らせます。
それをPoserの「グルーピングオブジェクト」にまとめます。グルーピング機能はPoser9、Pro2012から付いた機能なので、此処の部分がちょっとハイテクなのであります。
以前それがない時は、全ての衣装や装身具をV4にペアレントして移動や拡縮等していました、所が今回のようにDC衣装まで使うと複雑になって、とても面倒でした。

bOiranDolly01-2-2.jpg
②その「グルーピングオブジェクト」を拡縮してPippinのボディーに大まか似合うようにし、V4だけ非表示にします。
それに頭と手だけ表示したPippinを合体させます。

bOiranDolly01-3.jpg
③最後にグルーピングしたV4花魁衣装をPippinの頭部に合わせて再調整し終わりです。

何だこんなのはインチキではないかと思われるかもしれませんが、例えば之を使うとネコにだって紳士服を着せられる、非常に有効なローテクなんであります!

bOiranDolly02-2.jpg

(追加、もうちょっと悪乗りしてどこかで見たようなネコにしてみた"^_^")
bOiranDolly02-5.jpg
モミモミ、このネコでVueでイバラードっぽい背景を造って絵が出来ないかな、言うは易しだけど・・・。
(衣装はhisayanさんのM3用燕尾服です)(roseさん謹製のテクスチャ)

ポーズ変えがちょっと面倒とかありますが、今回のように特定のフィギュアにどうしても着せられない衣装を着せる場合、とても便利な手段だと思います。



今日の覚書、其の二。
今回の絵は、小さな人形という事で、被写界深度を狭く、浅くしてみました。
カメラの被写界深度の事はあまり詳しくないので、あくまで自分の為のまとめ覚書という事で記しておきます。
今まで被写界深度の設定の仕方は分っていても、どの程度設定すれば良いものか考え方が分らず、適当に決めていたので自信が持てず、あまり使わずにいました。

そんな時、artistsideでMORIニャンと言う方に「被写界深度の設定によって対象物がどんな大きさなのかを表現することもできます」というコメントをいただきました。
今までそういう考え方で被写界深度を考えた事がありませんでした。
そこで難しい事ではありますが、自分なりにこの絵の場合、どの程度に決めれば花魁人形の大きさを表現できるか考えてみたわけであります。

カメラの撮影では小さい被写体を撮る為にカメラを近づける程、被写界深度が浅く、つまりピントの合う範囲が狭くなるのだそうです。
そこで被写界深度を浅くしボケを心持強めにしてみました、あまりこれ以上強くすると、昆虫写真のようなマクロモード撮影のようになってしまうので、この程度にしました。

以下は被写界深度を設定する時の自分用覚書です、普段設定しないのすぐ忘れしまいます。

bOiranDolly03.jpg
まずメインカメラの設定です。
①は日本語版だと焦点距離です。このダイアルをクルクル回すと、標的マークが出て来るので、大まか顔と重なるところに合わせます。
②は日本語版ではそのものズバリ被写界深度です。この値を小さくすると被写界深度が浅く、つまりピントの合う範囲が狭くなり周辺のボケが強くなります。

次はレンダリング設定。
bOiranDolly04.jpg
①ボケが強くなると画像が荒くなります。その場合は①の日本語版だとピクセルサンプルを大きく設定します。ただし大きくするとレンダリング時間が飛躍的に長く掛かるようになるので、最終レンダリングの時だけ大きくしました。どの程度にすればよいのかまだ分らないので、今回はとにかく大きめにしました。

②は日本語版では被写界深度なので、チェックを入れました。



今日の後書き。
先日掲載した羊マスコットの下書きを仮組程度にモデリングしてみました。
bSheep02.jpg
ゾエトロープにも使いたいので、とにかく単純なマルで構成した訳でありますが・・・
ウ~ム勿論まだ頭部を詰めて羊らしくするつもりではありますが、まだなんとも言えません。
と迷っていてもすぐ時間は過ぎていくので、之で物になるか進めてみようと思ってます。

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

パンプキンプリンセス

(10月29日、artist sideのウィークリートップに選出されました。)

はてさて今年もハロウィンがやってきました。
毎年思うのがハロウィンってなんなの、でいつなのという基本的な疑問なのであります。
それらは調べるとすぐ分るのですが、それらを毎年忘れてしまうのがハロウィン・・・
しかし、!@@!
ポザラーにとってハロウィン絵を作成するのはもはや義務、作成しないのはポザラーにあらず←そこまで言うか(-_-;)
かように普段縁のない、知識も無いハロウィンなので、アイデアには毎年腐心するのですが、今年は素敵なプレゼントがあったのでサクサク作成できました。
(artistsideにも大きな絵をアップしました)

9j6Halloween2014.jpg



PoserPro2014レンダリングです。
キャラクターはpinoさんの(babyfaceA4)です。
衣装・・・と言うかツタは、POSER++内Yamatoさんの名作Vineです、PoserのWW2でV3用ののをV4用にコンバートしています。
葉っぱはカボチャの葉のテクスチャを作成して差換えました。
カタバミは3Zi_Oxalis(3Zi_オキザリス)です。
背景のレンガ壁、ツル、カボチャの葉っぱはShadeでモデリングして、Poserに読込み使いました。



さて肝心の素敵かつタイムリーなプレゼントはtweetyさんのニュー ジャック・オ・ランタンです。

tweetyさんのブログ記事は此方。

bHalloween2014-01.jpg

上の三つのカボチャは皆同じpumpkin_toonです、なんと目と口のモーフで表情が色々変化します。
口の中が光って見えるのは、中にPoserのマテリアル設定で発光して見える球体を入れているからです。

bHalloween2014-02-2.jpg

ちなみに、マテリアル設定は以下の様にしました。
(↓クリックで倍になります)

bHalloween2014-03.jpg
エッジブレンドは数値演算ノード内にあります。

で、このモミモミとチュウ吉がトムとジェリー状態になっている↓の絵はどういう状況なのでしょうか(^^?

bHalloween2014-00-1.jpg

答えは是非上記tweetyさんのブログ記事でお確かめください(^。^)

その他、お菓子等ハロウィンセットもtweetyさんです。



今日の無駄話・・・

さて何故リトルカウがひっくり返って寝ているのかtweetyさんのブログ記事を見たらお解かりだと思います。
カウくんはカボチャの目や口が動いたので、ビックリしてひっくり返ってそのまま寝てしまったのですね、なんと呑気な"^_^"
このお話を見て思い出した事があります。

小学校2~3年生の頃、夜寝ようとした時、幽霊を見ました。
まあ、それが本物か唯の思い込み勘違いの幽霊かは別にして、その時は完全に本物の幽霊だと思いました。
怖くて布団に潜り込んだのですが、そのまま眠くて寝てしまいました。
怖さより眠さが勝って寝てしまったのですね(-_-;)

それだけの話なので無駄話なのですみません(*^_^*)



今日の後書き。

来年の干支、羊のマスコットですが、一応下描きが出来ました。

bSheep01-3.jpg

今回は前回書いたゾエトロープも造ってみるつもりなので、とにかくデータを軽くしたいため、単純な丸で構成してみました。
之でモデリングしてみて、はたしてうまく出来るかどうか試してみようと思います。

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

モフネコとゾエトロープ

(10月14日、artist sideのウィークリートップに選出されました。)

まず先日知ったPoser用のモフモフぬこの事から。
(余談ですが最近猫好きの方々の間ではネコをぬこ、さらにぬこ様と言うらしいです(^.^)。知らなかった、でも語感的に分るような気もします。)
artistsideにもアップしました

J600mofumofu03.jpg
(女性フィギュアはDAZのビクトリア4、衣装もDAZです。)
(メガネはsharecgのPtropeさん作GlassesV3です。)

何か再び三次にパクリ疑惑が(^^ゞ
いやいや、分らない方には分らないで良いです(^^ゞ

・・・と言う訳にもいかないので、記しておきますと。日本画家の藤田 嗣治画伯の自伝映画が、日仏合作で映画化されるのだそうです。
私はNHKの日曜美術館で永遠の異邦人と題した特集を見るまで、変な画家、位の認識しか持っていなかったくらいで、映画化される程フランスでは高名な画家だったのかと大層驚きました。
(映画の記事、オダギリジョー、日仏合作映画で初欧州)
上記記事中にあるオダギリ氏のポスターが藤田 嗣治画伯の肖像写真を元にして作成されていて、私もその写真は過去何度か見た記憶がありました。
改めて元写真を見ると、さぞ腕のある写真家によって撮影されたのか、構図とか猫を掲げるポーズなどとても優れて感じました、そこで私もパクっ、いあいあ、今回もインスパイアして作成しました(^。^)
・・・・・・・
ところでこの絵のフワフワした猫は、はるさんのtwitter等で興味を持ち、とうとう入手してしまいました。
所が導入するにはインストール方法からしてハードルが高いアイテムでした。
Fluffy Cat for the Millennium Cat
幸い舞矢さんがブログで丁寧にファイルのデコード手順方法を解説されていてました。
舞矢の写真日記内の2014/09/26(Fri) の記事。
デコードとやらをしないといけないPoserアイテムは始めて目にしたので、この記事が無ければ、インストールもおぼつかなかったと思います。
その他商品ページに英文で書いてありますが、DAZの Millennium Cat や別売のテクスチャセットも必要です。
幸い私は随分以前それらを入手していました。

注意点ですが私の場合、舞矢さんの解説通りしてもデコードできませんでした?
よくよく商品ページをみたらDAZの Millennium Cat を最新ののに更新していないとデコードができないと分りました。
今まで不自由なく使えていたので更新していないのに気が付かずにいて、更新後無事インストールできました。

その他ライティングも難しく感じました。
同梱のライトセットを使えば簡単、間違い無いと思うのですが、この絵のように自前で照明をした場合、又この絵くらいに大きくレンダした場合は、毛の生え際など部分的に細かい黒い斑点が出るようで、その修正にレタッチが必要でした。



次に此方はまだまだ途中経過のご報告ですが・・・。
先日ブログ記事をアップした後、しばらくの間、Poserでゾエトロープ(Zoetrope)が出来ないか実験を繰り返していました。
ゾエトロープと言うのは、映画やアニメの原点になったと思われる覗きカラクリです。
単なるローテクとは思えない、スチームパンク的な不思議さや面白さが有って、以前から好きでした。
(ゾエトロープ の検索結果)

結論から言いますと、割と簡単にPoserで再現できると分りました。
下図の様に羊(DAZ羊)がピョンピョン飛び回る走りポーズを今回は30匹の羊にそれぞれ付けて、円盤状の台座上に順番に配置しました。
(クリックで大きくなります)
bZoetrope05.jpg
円盤の中心をY軸で回転させると、まるで羊がピョンピョン走り出すアニメになります。
下に動く様子をPoserのFlash書き出しでアニメにして張ってみました。
動画を張るのは初めてなので、もし上手く再生できないときはご容赦ください。
右クリックで出るFlashの設定はループ再生になっていると思うのですが、もしなっていなければ、ループ再生設定にしてご覧ください。
bZoetrope06.jpg
上は動画にしましたが、最近のPoserはプレビュー画像も綺麗なので、リアルタイムでこのように動く様子を見る事が出来ます。

以下ゾエトロープに興味のある方だけでもどうぞ。
最初に簡単に再現できると書きましたが、それが分るまで勘違い等で空回りして、随分時間を費やしてしまいました(T_T)
と言うのも、現実にあるゾエトロープを真似して、筒状の壁に細いスリットを造り、そこから回転する様子を覗いてみるようにしていました。
所がそれではなかなか思うようにアニメに見えません。
そこで再度ゾエトロープの仕組みを検証してみたところ、細い覗き穴はリアルの世界ではアナログに連続して回転する絵(私の実験の場合は、連続的に走る様子を再現して置かれた羊フィギュア)を、アニメフィルムのコマのようにデジタルに断続的に見るための仕組みだと分りました。
そうしないと壁に描かれた絵が、唯単純に回っているようにしか見えません。
最近では昨今ノーベル賞で話題のLEDで断続的にフラッシュをたいて、断続的に回転が見えるようにしているようです。

所がそういう仕組みはPoserの場合全く不要だと分りました<(`^´)>!
と言うのも元々デジタルのPoser空間で円盤を回転させると、それはアナログではなく、もとよりデジタルに回転しているからです。
つまり細いスリットなど要らず、回転させてその様子を見るだけで良かった訳です。
なので結論から言うとPoserでゾエトロープを再現するのは簡単だった訳です。
それは他のCGソフトを使っても同じなのではと思います。



今日の後書き、
ゾエトロープを試そうとした事の発端は、来年の干支羊マスコット作りからでした。
まだ早いかなと思ったのですが、巷をみるとすでにおせち料理の予約も始まっている、決して早すぎる事はない。
と言う訳で、ぼんやり想像を巡らしている時、想いうかんだのが、羊が一匹羊が二匹、というマンガやアニメでよくみるシーンでした。
之はもしかしてPoserでゾエトロープを造ったらリアルタイムで再現できるかもしれないと思ったしだいです。
まだ羊マスコットはデザインのヒント集めをしている最中です。
羊はリアルでは動物園で見た記憶があるくらいで、あまり馴染みがありません。
なのでまだ先の事になりますが、無事羊マスコットが出来たら、その後それを使ってゾエトロープを造り、おまけで付けても良いかなと思っています。

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

マリンブルー サンセットの幻想

(9月1日、artist sideのウィークリートップに選出されました。)

つい先日の夕暮れ、日が沈んだ刹那の時、町並みも空もマリンブルーに染まって、まるで世界が海の中に包みこまれたように感じました。
その時、この様子をVueで絵に出来ないか試してみたくなりました。
少し夢想もして、
果たして彼女の泳いでいるのは空中なのか、海の中なのか、それとも・・・
(クリックで倍になります。)(artistsideにもより大きな絵をアップしました)

1200jSky Swimmer01

久しぶりにrenderosityにもアップしました。
又、今年初めて(水着まちゅり)という展示会にも参加してみました、人体モデラーの方々の展示会で敷居が高いと思い込んでいましたが、そんな事もなさそうでした。
(水着まちゅり会場)
此方はmamomamoさんの新作ビキニ(MMBD-BikiniSetForV4-Elite-A4)です。

1200jSky Swimmer02

キャラクターはpinoさんの(babyfaceA4)です。
スケボーはtweetyさん
レトロバスは江戸暦HONEYさん。
男性衣装は、いろは雑記すいさん
ナンヨウハギとクマノミはバーチャル博物館さん
その他購入品各種です。




先日artist sideのお友達のsutechinさんのお誕生日でした。
今年のバースデイカードは(日傘を差すsutechinさん、お誕生日おめでとうございます(^^))です。
モネの日傘を差す女性をパクッ・・・いやリスペクトして絵にしました(^_^;)。

1200sutechin Happy Birthday01-4

元絵と比べたら全く違うのですが、そこはなんとか脳内補完して見て頂けたらと思います(^_^;)
絵中の(マイマスコット、アイプー)はsutechinさんのマンガ、デカプーどん日記の主役であり、sutechinさんのお友達の愛犬のデカプーちゃんをモデルに作成したマスコットフィギュアです。
アイプー帽子はマダムさん作です。
日傘は江戸暦HONEYさん作です。

尚、sutechinさんには今年も素敵なお誕生日プレゼントのアニメを作成していただきました。
(三次さん、お誕生日おめでとうございます)
自分でも失念していた位なのに、こんなに丁寧なアニメにしてくださって、もっと自分の誕生日を大切にしなければと恥ずかしくなりました(T_T)




それではお楽しみ、お知らせコーナーです(^^
此処ではすっかりおなじみtweetyさんが、今回は驚きのトランスフォーマーソードを作成されました@@!

26-8-b03.jpg

なんと一本の剣が短剣、長剣、槍へとトランスフォーム変形します。
私はそれ程Poserの武器関係に詳しくないのでなんと言えませんが、少なくとも私の知る限り、変形する剣を見たのは初めてです。
その中で一番のお気に入りは槍変形です(^^

26-8-b01-6jpg.jpg

何でもPoserのトゥーンレンダリングに対応との事、私はトゥーンレンダリングは苦手としておりますが、普通のレンダリングでも充分通用しております。

ダウンロードや詳細は下記tweetyさんのブログでどうぞ。

POSER用【TransformingSword】




後書き。
時々今回の絵のような空の色は見る事があります、明方など特に。
でもその日の夕暮れ時は本当に海の中に入った様で、驚くくらい印象的でした。
そこで今回は、その様子を景観ソフトのVueで表現出来ないか試してみたいと思いました。
写真を取っていなかったので見比べる事は出来ませんが、私の印象としては本当にこんな感じでした。



テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

氷のお城の演奏会、暑中お見舞い申上げます。

(8月23日、artist sideのウィークリートップに選考されました。)

暑中お見舞い申し上げます。
暑さ厳しい折柄、皆様の楽しいCGライフ(それ以外のライフも)をお祈りいたします。

今年の暑中お見舞いの画は、氷のお城の演奏会にしました。
きっと画の中のチュウ吉三兄弟はレット~イット~ゴー~♪と歌っているに違いない、かも。
(クリックで大きくなります)(artist sideにもアップしました

1200-2014Summer16.jpg

まあ、どうせなら凍りつく(Frozen)くらい涼しげな画が良かろうと思い、氷のお城の演奏会の絵にしましたがいかがでしょうか(^^ゞ
(Frozen・冷凍)と言うのはアナと雪の女王の原題なんだそうです。
ビックリしてしまいましたが、アンデルセンの童話の雪の女王とは違う、オリジナルの物語だとはっきりさせるための原題なのではと想像しています。
唯日本では(アナと雪の女王)だったから之ほどのヒットになったのだろうと思っています、良く言われますが洋画の日本語題名は映画ヒットの為にも大切だと聞いています。

(使用アイテム)
二胡姫の二胡は電脳箱庭はるさん作です。
momimomiモミナとモミザ姉妹の中華衣装とオダンゴヘヤー及びハイビスカスの髪飾りはtweetyさん
浮世絵ウサギシャラクンとハニワ君魔人は附締太鼓(つけしめだいこ)篠笛 (しのぶえ) と江戸暦HONEYさん作の和楽器でコラボ参加しております。
尚、シャラクン用助六鉢巻もHONEYさん、そしてハニワ君用魔人鎧はniseisyaさんです。
中華椅子とマイクスタンドはkyotaroさんです。
天蓋は+αさんです。
その他、マイマスコット達やモミモミパンツ、バラの髪飾りは三次マスコット動物園内にあります。
氷の舞台セットはShadeでモデリングし、レンダリングもShadeで行いました。



頂き物。
真仁堂さんからカワイイ?パンダの着ぐるみさんを頂きました。
何ゆえ?マークが付くのかと言うと・・・
bkigurumi01.jpg
シュタッと手足から剣呑な武器が飛び出すからです(゜-゜)!!
武器の出し入れの操作は簡単でポーズの付け方もスムーズに行えました。

ところで着ぐるみと言えば思い出すのがkyotaroさんのBunnyTanです。
DAZのM3用着ぐるみとなっていますが、単体でも使えます。
(DownloadはPhase of InterplayExtraコーナーにあります。)

bkigurumi02.jpg
此方もカワイイウサチャン着ぐるみが怖くなります。
ホラーにしてもサスペンスにしても着ぐるみは怖い、不気味というイメージが付いてまわるようです。

ところでtweetyさんがブログで、着ぐるみさんの頭を利用して変な・・・もとい、面白い試みをされていました(^.^)
(着ぐるみさんの頭部、被り物化)
早速着ぐるみさんとバニタンで試してみました↓。

bkigurumi03.jpg

パンダの着ぐるみさんヘッドは可愛いですね、之らはモミモミに限らず、他のフィギュアにも使えそうです。



すっかり遅くなりましたが電脳箱庭はるさんがこっそり遊園地にある回転コーヒーカップを配布(部品2)されました。

cafe-cup02.jpg

現実のコーヒーカップは、「遊星歯車」と言うので、結構複雑な動きをしているみたいです。
その動き方もtweetyさんがブログで動画を使って、楽しく表現されていました。

次に豪華な花と言えばの胡蝶蘭も配布されております。
お祝いなど、それこそシーンに華を添えたい時良さそうです。

bkigurumi04-3.jpg

背景もはるさん作、町屋です、文化人形は私です。
時折世界蘭展とか番組を見るのですが、蘭ばかり種類により形が様々で良く分りません。
例えば桜や菊などは、どんなに品種改良されていても之は菊、之は桜と分りますが、私など蘭は見ただけで蘭と分らないのが多いです。
でも之で胡蝶蘭だけは覚えました(^.^)



テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

プロフィール

SanziSannzi

Author:SanziSannzi
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード